Loading...Loading...

「ハワイ家族旅行」シリーズ(14)

ホノルルの街角で大きなリムジンを見つけた孫のあお君、電車とか車が大好き。4月から小学生だが、でっかい夢を持って大きく育って欲しい。じいじと仲良しだが、じいじが寝ている時に「オセロしよう」と電話をしてくるのだけは勘弁願いたい。楽しみな孫である。

ボクだっていつかリムジン乗ってやる   潤

 

*新型コロナウイルスの治療薬に思うこと

感染者がどんどんと増えていきますが、一般市民の一番の心配はこれといった治療薬が無いことでしょう。昔勤務していた会社の研究所では当時大問題だったエイズウイルスの治療薬の研究をしていました。現在では良い薬が出来たと聞いていますが、当時は緊急の問題でした。ウイルスに感染した時に免疫機能が対処してくれればそれほどの問題になりませんがウイルスも生き残ろうとします。自己増殖は出来ませんので感染した宿主の細胞に入り込んで宿主の遺伝子に潜入し、大量のウイルス粒子を作成していきます。治療薬としては、宿主の細胞に入り込むのを防ぐもの、細胞の酵素を阻害してウイルス粒子を作らせないようにするものなどを探すことになります。主に遺伝子を構成する核酸の類似物質が候補となります。これまで世界中の研究機関で多くのウイルス治療薬候補物質が作成されています。アシクロビルの様に認可されているものもあります。現在中国では多くの患者さんにありとあらゆる治療薬候補物質が臨床試験のように投与されているでしょう。ただ臨床試験のデータをしっかり纏めて本当に有効かどうかを検討しなければなりません。混乱の医療現場の状態でもしっかり有効な治療薬を見つけて欲しいと思います。治療薬には既に多くの候補物質(有効なものがあるかどうかは別)がありますが、ワクチンの開発にはかなりの時間が必要です。日本でも抗エイズウイルス薬を用いた臨床試験が始まったようですが、エイズウイルスはコロナウイルスではない、感染経路が違う、潜伏期が違うなど新型コロナウイルスとは異なっています。パフォーマンスに終わらねばいいのですが…。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K