Loading...Loading...

長らく ご酢沙汰しました。
年末年始にかけて いろいろあって、1月12日に突然 右眼に異常がきた。
外出から帰って、夕刊の見出しがはげしく歪んだのだ。
その内、視野の殆どが真っ黒になり これはヤバい と感じた。
白内障をフォローして貰っている眼科の診断で、黄斑付近の
動脈瘤破裂で、溢れた血液が 黄斑下に溜まり視野を塞いでいる現象だという。運よく、網膜の専門医を紹介され、その先生の執刀で、
1月28日に 溜まった血液を散らすという手術を受けた。
入院5日、散らした血液を 黄斑付近に近寄せない算段を、
入院中5日と、自宅で6日とやった結果、視野に邪魔物は無くなった。
しかし、黄斑下が健康状態になったわけではなく、網膜が少し
浮き上がった状態なので、見え方に歪みが残った。
縦横とも 直線が曲がって見える。
歩いていて、道路が曲がる。家が、塀が、電柱がまがる。
怖いのは 足元の階段が曲がる。恐る恐る足を下ろすという塩梅。
そんな訳で、読み書きは以前より厳しくなった。

視力は0・5.発症しなかった左眼が0・4なので、
運転免許には ちょっと遠い。

考えてみれば、見えるようになったことで、万々歳。
日常生活が先ず先ず普通に出来ることを 喜びたい。
この件では、皆様にご心配を頂き、本当に有難うございました。
すこしずつ体力と共に回復させていく予定なので、
これからも 宜しくお願いします。

  ミクロンの世界で闇を手懐ける   由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

失明せずに・・・”にコメントをどうぞ

  1. Y.とまと on 2019年3月12日 at 4:38 PM :

    由宇呆様
    よくなられて、よかったですね!
    全然知らなかったので、このブログ拝見して
    ちょっと驚きました。
    あまり目を、酷使なさいませんように・・・
    どうぞお大事になさって下さいm(__)m(^^)

  2. 山本 由宇呆 on 2019年3月13日 at 9:17 AM :

    Y・T さん
    コメント 有難う御座います。
    なんとか、無明から 生還出来ました。
    詳細は お会いした時に。
    由宇呆   拝 

  3. 太秦 三猿 on 2019年4月2日 at 9:28 PM :

    恐いですねえ。小生も黄斑変性と言われ、眼科医から治療方法はないと言われていますが、放っておいていいものかどうか。困ったんなー。別の眼科に行ってみようかな。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K