Loading...Loading...

動物シリーズ(11)チュニジア・ラクダ

横浜から釧路、知床、サハリン、小樽、函館と巡ったプリンセスクルーズから先ほど帰りました!旅の様子はまたのちほど...。

動物シリーズはアラスカから東京経由でアフリカに飛びます!

平成19年、スロバキアの家内の友人スーザンとスーザンのご主人のナダの故郷チュニジアで一週間ほどを過ごした。チュニジアはアフリカの地中海沿岸にあり、首都チュニスから南東へ70kmほどのハンマメットはヨーロッパの避暑地として賑わっていた。タイルのチュニジアンブルーは有名でホテルも青と白のコントラストが美しかった。

ある日家内と「ラクダキャラバン」に出かけた。迎えの車に乗る時、頭をドアの上部に強かぶつけ嫌な予感はしていた。ラクダに乗り、ラクダが立ち上がる時その意外な高さにまず驚かされた。キャラバンは野の道を約90分、目を癒される光景も無くへっぴり腰でラクダにしがみついているだけだった。後ろのラクダにお尻を突かれるしドキドキばかり。高所恐怖症の私だが、家内の方は高い所が大好き、手を振って嫌味な奴である。

余裕のある女余裕のない男   潤

この後、ホテルに戻るととんでもないことが待ち受けていたのだが、キャラバンの時は知る由もなかった...。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

余裕のある...”にコメントをどうぞ

  1. 久美子 on 2017年7月23日 at 12:36 AM :

    お帰りなさいませ(‘ω’)ノ

    どこの盗賊かと思ったら・・・

    ジュンジュンとお姫様じゃないの!

    お疲れ様(●´ω`●)

    • 勢藤潤 on 2017年7月23日 at 6:35 AM :

      楽しい旅だったよ。九州からも沢山の人が乗っていたよ。

      91才の佐賀の人や短歌をやっている大分の人や…。

      短歌・俳句の集いがあったから川柳で殴り込んできたよ。

      大皿に米粒のよう冷や奴 潤

      みんな爆笑だったが、状況を知らないと面白くもないね!

      また川柳旅日記を作ったから、今日クール宅急便で清弘さん宛に送るよ!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K