Loading...Loading...

先日隣り町に住む孫娘を一日預かった。春休み中で普段は近所に住むママの実家で面倒を見てもらっているのだが、用事があるというので我が家にやってきた。ちょっと古風なところがあって、百人一首を持って来た!小5になったが、学校で百人一首を習っているという。30首ほど覚えたそうだ。早速ジイジ、バアバとかるた取り。ジイジは負けるのが嫌で読み手を兼ねてみる。百人一首なんて何年ぶりだろう、高校時代もあるかないか、それでも読んでいると記憶が蘇ってくる。楽しい!!群馬では上毛かるたがポピュラーだが、百人一首の復活も楽しみだ。こんな古風な孫娘にお昼は何を食べたいかと聞けば「お蕎麦!」とまた古風なお答え…。そこでジイジも一首「春休み預かる孫は少女なりお昼は蕎麦が食べたいと言う」おそまつ。

久し振り孫と楽しむ百人首   潤

今日(4月4日)は、

【アンパンの日】【どら焼きの日】甘党ですか?



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

久し振り...”にコメントをどうぞ

  1. 隆雪 on 2021年4月4日 at 5:51 PM :

    短歌 いいね!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K