Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(24)

サラリーマン生活の後半戦は東京まで新幹線通勤をしていた。ドアツードアで片道2時間、考えてみればもったいない時間である。このような時間を過ごすサラリーマンは掃いて捨てるほどいるのであろう。北陸の田舎育ちの幣にとっては場違いな街であった。若者なら都会の刺激に興味があるだろうが、幣にとっては疲れるだけの都会であった。泳げもしないのにこんな句を作ったりして、その頃は通勤生活に疲れていたのであろう。ITが浸透した現在社会、もっと在宅勤務を多くするのが良いと思うのだが…。

バタフライで泳ぐと疲れそう都会   潤



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K