Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(19)

拙著のシリーズを紹介し始めて19回になる。当初20回も続ければ良しとしていたが、だんだん楽しくなってきた。写真があって句を付けるのは割と易しいが、逆はなかなか難しいがそれだけに面白い。ご迷惑だろうがこのシリーズ50回くらいは続くかもしれないがお許し願いたい。

この句は句集のなかでも気に入っている句であるが、写真を見つけるのに苦労した。学校の運動会に行ってみたりもしたが、これといった写真を撮ることができないでいた。上の写真は「群馬の森」という近くの公園に出かけた際に出合った幼稚園児のかけっこ!

そうこうしているうちに娘からバスケに熱中している小六の孫娘の試合の勇姿が送られてきた。少年ではなく、少女ではあるが、この写真もじいは気にいっているのであります。この孫娘とは今はLineで繋がっているが、そのうちに相手にしてもらえなくなるかと心配している。

少年が駆けると風がついてくる   潤

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

少年が...”にコメントをどうぞ

  1. 久美子 on 2018年6月5日 at 1:59 AM :

    かっこいいねぇ~!

    しかも美人!!

    こりゃ将来が…心配だ…(^_^;)

    • 勢藤 潤 on 2018年6月5日 at 6:33 AM :

      横浜じゃ結構強いチームらしいよ。
      じいはこの子にLINEを教わったのじゃ、今度スタンプも教えてもらおう。

      「頭の悪い男の子は嫌い!」となかなか手厳しいよ。
      可愛いのはじいのDNAだろう…。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K