Loading...Loading...

「川柳漫遊記」シリーズ(63)

平成23年の「バルト海クルーズ」の続きです。クルーズ船では「フォーマルディナー」なる日があります。ちょっとお洒落をして食事をする日です。今回家内は着物を用意していました。旅の荷造りにはまったく関与ていませんのでちょっとびっくり!私はスーツを着るだけですので5分で済みますが、家内は2時間前から準備を始めていました。フォーマルディナーでは家内は日本の親善大使のように振舞います。外人客が着物が珍しくて声をかけてくるのです。家内は好きな英語で楽しそうに応対します。そんなこんなでこの旅ではデンマークのピーターさんご夫妻と親しくなりました。このご夫妻とはその後一年ごとにデンマークを訪れたり、我が家に遊びに来たりで親交を深めています。外人さんが好きな変わった女性と一緒になったものです(笑)右の写真はデンマークのピーターさんと家内。数年前からのクルーズでは私も着物を着るようになりました、外国の女性が近寄ってきてもあまり話せないから苦笑いしているだけですが…。

着物など着るとは聞いていませんよ   潤

昨日の五輪開会式、ミーシャの国歌斉唱とカザフスタンの女性旗手は良かったが、何を言いたいのか分からない平凡な式だった。バッハさんと橋本さんの挨拶は長すぎた。長嶋さんを無理に出すのもどうかと思った。皆さんはどう思われましたか?

今日は二回目のワクチン接種日です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「川柳漫遊記」シリーズ(62) 平成23年の「バルト海クルーズ」の続きです。旅に出るとその土地土地のサンライズやサンセットの写真を撮るのを楽しみにしています。この時のバルト海は好天で波も穏やか…。サ...「サンデッキ...」の続きを読む
川柳マガジンクラブ高崎句会は誌上句会を楽しんでいます。 今回の課題は「綻びる」と「ダンス」。「ダンス」で私が思いついたのは「ジュリアナ」。バブル全盛期の象徴としてジュリアナ東京のお立ち台で踊る美女た...「ジュリアナの...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(62) 平成23年の「バルト海クルーズ」の続きです。コペンハーゲンのアマリエンボー城のほど近くに有名な人魚姫の像があります。行きのバスの中でこの像のスポンサーの話を聞きメモ帳...「スポンサー...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(62) 平成23年の「バルト海クルーズ」の続きです。 クルーズ船に乗る前にコペンハーゲン市内を観光しました。アマリエンボー宮殿はkペンハーゲンにある冬の王宮です。この宮殿は、...「アマリエンボー城...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(61) 平成23年の「バルト海クルーズ」です。快適さに味をしめたクルーズ旅、時間とお金を捻り出してこの年も決行しました。バルト海へ、コペンハーゲン(デンマーク)→タリン(エス...「ドルユーロ...」の続きを読む
「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(96) 久し振りのこのシリーズも100回に近づいてきた!句集には250句が収納されているのだからまだまだという気もしないではないが、句に合う写真を見つ...「未来まで...」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K