Loading...Loading...

川柳マガジン誌11月号が届いた!

懸賞川柳も文学賞もさっぱりだったが、時事川柳で思いがけず天位を頂いていた。時事川柳で頂くのは初めてかもしれない…。ということで急遽、予定外にこのブログを作成してみた。今年の全米女子オープンテニス、コロナ禍で無観客であったが、大坂なおみの試合ごとの入場時のマスク姿に注目していた。決勝まで見事に勝ち上がり、七枚の黒人の犠牲者の名前のマスクを披露。大統領選挙の最中、人種差別問題でのアピールは優勝と言う結果も素晴らしいが全世界にこの問題を投げかけたことだろう。自分の肌の色が黒かったらどんな生き方をしただろうかと思いに耽った大会だった。以前に、黒人の知人もいないことはなかったが、やはりちょっと距離を置いていたような気がしている。

七枚のマスクなおみの金字塔   潤

*今日(10月28日)は、

【おだしの日】  江戸時代に鰹節を考案した角屋甚太郎の誕生日。

【群馬県民の日】 群馬県民の休日、子供が小さい頃はディズニーに行きました。

【パンダの日】  1972年、ランランとカンカンが上野動物園にやってきました。

毎回自分の車に乗るたびに「今日は〇〇の日です」とのメッセージが流れる。という訳で詳しい本を買って調べてみた。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

今日は「川柳さろんG」の集い。三密を避けて、参加人数は予約制で8名!コロナ禍前には20人近くの参加者だったのだが…。早く元通りになりたいものだ。 今回の課題は「待つ」。もう誰かを待ってイライラすると...「カップ麺の...」の続きを読む
「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(89) ベストコレクションのシリーズです。長女の結婚式からかれこれ15年ほどになるだろうか。そんな昔の句なのだが、よからぬ息子たちは「お父さんバージン...「バージンロード...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(27) 平成19年の秋田の旅の最終回です。男鹿線で羽立駅に着き、観光タクシーをお願いしてなまはげラインを北へ、満員の「ナマハゲ伝承館」に滑り込みました。満員のお客さんの中には...「沢山の...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(26) 平成19年の「秋田の旅」の続きです。二日目は秋田市内を見て歩きました。千秋公園、秋田城、竿灯関係の資料館など…。三日目は男鹿線に乗って男鹿半島へ、目的地は「ナマハゲ伝...「男鹿線に...」の続きを読む
「川柳漫遊記」シリーズ(25) 平成19年の秋田の旅の続きです。秋田市内のホテルに3泊しましたが、秋田に行く前に角館で降りてみました。「角館」をネットで調べますと、 「角館は戦国時代には戸沢氏の本拠...「角館...」の続きを読む
今日は川柳マガジンクラブ高崎句会。 台風14号の影響なのか、秋雨前線の影響なのか冷たい雨が降り続く中を、8名の方々に参加を頂いた。欠席投句も1名。時間短縮を試みるにも関わらず、話が尽きず、楽しい時間...「主に似て...」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K