Loading...Loading...

動物シリーズ(39)ユジノサハリンスク・オオカミ

コルサコフからユジノサハリンスクへはツアーバスで。旧式の日本製のバスで安全ベルトも締まらない。道路沿いの家々は簡素で寒々とした雰囲気。そんな街に大日本帝国時代の1937年に建てられたサハリン州郷土博物館がある。

堂々とした外観でその時代の日本の力をうかがい知ることができる。内部はサハリンの先住民の生活等の展示品などで、日本占領時代の歴史も理解できる。そんな展示室の一角に動物たちの剥製!熊もトナカイもいたが、この狼(カラフト犬かも)のもの言いたげな眼にはドキッとするものがあった。日頃の私の行いを諭されているようで…。

狼の眼何かを言いたげに   潤



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

動物シリーズ(38)コルサコフ・ネコ ダイヤモンドプリンセスクルーズで寄港したロシアのコルサコフ、珍しい木造の教会があった。信心深くない幣にとっては教会は縁のないものであるが、木造の小ぶりな教会の内...「教会の...」の続きを読む
昨日の前橋川柳会、全員互選の課題は「ギザギザ」 こんな題に相応しい写真は苦労する...。そこでエイヤッと選んだのがモミジの写真、一応葉っぱはギザギザである。庭で拾って三色を並べてみた。まあなんとか「...「ギザギザの...」の続きを読む
動物シリーズ(38)釧路・タンチョウ 釧路市にある丹頂鶴自然動物園、大きなゲージが十数個並びほぼ自然な状態で丹頂鶴を飼育している。ゲージの上部は解放されいつでも飛んで逃げることは可能だが、ここにいる...「人間も...」の続きを読む
動物シリーズ(37)群馬・コハクチョウ この時期になると家から車で10分ほどの烏川にコハクチョウが飛来してくる。岩倉橋の少し下流の淀みに去年は百羽ほどが来ていた。今年はまだ見に行っていないが、誰かが...「求愛の...」の続きを読む
動物シリーズ(36)前橋・メジロ 11月になると植木屋さんが庭木の散髪に来てくれる。団地の多くの家が頼んでいるようで、親子二人で家々を回っている。素人ではなかなかバッサリと刈り込めないのだが、植木屋...「鳴き声は...」の続きを読む
動物シリーズ(35)山梨・農鳥 「農鳥」をご存知の方は少ないかもしれません。雪解けの山に鳥の形をした残雪が現れ農作業を始める時期を教えてくれるのです。この22日に山梨でテレビを見ていると、「富士山に...「稲刈りを...」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K