Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(67)

夢のある電車に乗ったことはあるだろうか?サラリーマン時代には新幹線通勤もあったが、夢を乗せているとは思わなかった。電車の旅もそれほどしたことがない…。この句意は子供たちが巣立っていった頃の私の嬉しくも淋しい気持ちを詠んだものである。

旅と言えばすっかり出不精になったが、外国が好きな相方の方はまだまだ意欲十分!明日から10日間ほど友人とデンマークの友人宅へ遊びに行く。旅で知り合ったピーター夫妻、一年おきに日本へ来たり、デンマークへ行ったりを繰り返してる。しばらくの独身生活、食事、洗濯は大丈夫なのだが、掃除は面倒くさい!私の独り身など何方も心配しないだろうけど、まあ川柳でも作って楽しくのんびり過ごさせて頂こう。相方の方も「行ってそれっきり」のつもりではないだろうから…。

夢という電車に乗ってそれっきり   潤



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

先日、近所の方から「下川渕カルタ」の解説本(上毛新聞社出版)を頂いた。現在住んでいるのは群馬県前橋市の南方の利根川沿いの下川渕地区。40年ほど前に県の分譲地を買い、家を建てて住んでいる。越してきた頃...「長年の...」の続きを読む
Senryu in English (5) 拙著「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」の英訳シリーズです。相変わらずの拙い英訳でごめんなさい! “Is your wife absent?” and ...「Senryu in English (5)」の続きを読む
一昨日、昨日と川柳の会二連荘、一昨日のさいたま大会は相変わらずの不成績。体調が思わしくないと川柳の方も冴えないらしい…。 昨日の川柳マガジンクラブ高崎句会は6名の参加、急にご都合が悪くなった方もいて...「人の世は...」の続きを読む
昨日は第一水曜日で地元の前橋句会。 全員互選の課題は「待つ」。新幹線や特急よりも鈍行列車に乗る方が好きな私。田舎生まれで高校時代はローカル線で隣町の学校に通っていた。時間よりもだいぶ前に駅に着き、待...「待つことに...」の続きを読む
「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(66) 久しぶりのこのシリーズの投稿です。英訳シリーズも滞っているのですが…なかなか。若い頃はこの句のような無粋な悪戯もしたような気がしますが、最近は...「悪戯が...」の続きを読む
三泊四日で富士山の麓でのんびりしてきました。 東京と千葉の友人と…。東京の友人が山中湖マラソンに参加した後で、慰労会のようなもの。ここでは友人たちも家内も私のことを「川さん(せんさん)」と呼ぶ。川柳...「川さんは...」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K