Loading...Loading...

今日は4回目の川柳マガジンクラブ高崎句会。

今回は3名の新しい方々にご参加頂き、10名の予定であったがご都合で2名の方が欠席。しかし、待望の二ケタ参加の句会が見えてきた!増々盛り上げていきたい。句評会は相変わらずの討論会、これだけで2時間を費やした。初めての試みとして3分間の即吟で「しりとり川柳」も行ってみたが大好評だった!来月もしりとり川柳のリクエストが多かった。即吟は推敲の時間はないがこれはこれで勉強になる。

句会の課題は「微妙」と「追加」、写真の句は「追加」で作ってみたが、フィクションである。我が家では相方は朝は食べない…。ご機嫌の如何にかかわらず、幣が自分の朝食を作り、独りで食べている。情けないことだが退職後はこんな生活になってしまった。

ご機嫌がいいぞ一品多い朝   潤

句会の特選句は、

「微妙」   湯本良江 選

年金の上で浮いたり沈んだり   潤

「追加」   河合笑久慕 選

百年へ夢のつづきを追加する   悦子

今回も特選句の賞品、「時の扉・万葉を川柳で詠む」(酒井龍一川柳句集)を頂いてしまった! 今夜はゆっくり読みふけってみよう。

*句会結果の詳細は、マガジンクラブのブログをご覧下さい!!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

昨日は地元の前橋川柳会の句会。 全員互選の課題は「丸い」。「丸い」で思い出すのは、学生時代家庭教師をしていて美術大学に進学したT君から随分前に貰った年賀状。赤い円だけが描いてあった!文字も何もなく赤い...「コンパスの...」の続きを読む
「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(43) 自戒の念を込めた句である。化学会社に勤め、化学研究を生業とし、新しい化合物を作ることが人類の発展に寄与すると思い込んでいた。実際、科学(化学)...「便利さは...」の続きを読む
三泊四日で東京の友人夫婦と富士の麓でのんびりしてきました。 今回の棟は冬場には葉を落とした木々の間から富士が望める絶好の場所!四人ここでは気ままに過ごしているが、幣は朝方はベランダで作句…。アイパッ...「至福なる朝...」の続きを読む
「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(42) サラリーマン時代手帳は持っていなかった。会社から手帳を支給されたが、研究職だったので、それほど出張も多くなく、ほとんど使わなかった記憶がある。...「空欄を...」の続きを読む
昨日は「川柳さろんG」の集い。全員互選の課題は「味」。この課題はよくお目にかかる…。「お料理の味」「人間味」などもっとも作りやすい部類に入る課題だ。それゆえに同想句も多く、逆に作りにくいとも言える。...「ひと振りの...」の続きを読む
現在、番傘川柳本社の印象吟の選者を仰せつかっている。 ひと月と思いきや三か月連続でせよと仰る。その三か月目の画像が難しいこの画像!このブログでフォト川柳を紹介させて頂いているが、印象吟もフォト川柳と...「愛憎の...」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K