Loading...Loading...

ダウン症の書家,金澤翔子さんの「つきのひかり」展に行って参りました。3年前の夏の建長寺に続く体験でした。六本木の森ビルは、鎌倉とは全く趣を異にする会場です。右下の「字」が読めますか?暫く首を傾げた後で「あめ」と読んだ哲彦(あきひこ)でした。翔子さん36歳、哲彦38歳。

  年男だったと気付く年の暮れ               寅年でなくて残念寅次郎

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K