Loading...Loading...

新コロナに国民性を教えられ という句に出会いました。 

参加者が揃って、大きく頷きました。いわゆる自粛要請に対する国民の律義さの違いへの共感ですね。他国への批判や疑問ではなく、日本人としての誇りを感じました。

 整列乗車の行儀の良さも有名ですが、スーパーのレジでのソーシャルディスタンスも、「軍隊的な規律」ではなく科学的な認識と人権尊重の結果と考えたいものです。災害に対する対応も、ボスへの服従ではなく、仲間のリーダーへの協力一致であるべきですね。

「気をつけィ!頭~右ッ!」と「みなさん~、お手を拝借!イヨッ~ちょちょちょんちょんちょちょちょちょんちょん!有難うございました!」の違いを正しく認識したいものですね。

 「きりつ、きをつけ、れい、やすめの号令も、相互尊重の思想に相応しい、合図に変更したいものですね。表彰台に上った勝者に、メダルを渡す〇〇長は、下から見上げて称えます。朝礼台から見下ろしたりしません。

曜日がずれる隔日の休肝日

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K