Loading...Loading...

2022年正月10日の成人式会場で和服をたくさん見た後で、指呼の間にあった「畳屋さん」を発見。蕨市で140年続く老舗で4年前に転居されたという。快く撮影を許されたあと伺うと、俳句でも川柳でもない思い付きの文言だと仰る。嘘には聞こえない。七語調は日本人の普通の会話そのものだと改めて思う。俳句を嗜んだ父一露(一郎)の影響で、指を折らずとも「中8句」に尻がムズムズする団扇だが、名刺を手渡し成人式会場の併設施設で行っている「ふれあい川柳句会」のお誘いをしてきた。川柳研究誌の新人教室の前書きにも、いましがた紹介したばかりのニュースでもある。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

恭賀新年 アメ横の混雑だけを見て帰る  目出度さも中くらいなり二度の春 虎よりも猛き苛政に挑む春     2022年 元旦 元旦は弟夫妻と池袋で会食、数キロで行ける浄蓮寺東京大仏は詣でたつもり。 暮れ...「恭賀新年(お年賀横書きバージョン)」の続きを読む
ダウン症の書家,金澤翔子さんの「つきのひかり」展に行って参りました。3年前の夏の建長寺に続く体験でした。六本木の森ビルは、鎌倉とは全く趣を異にする会場です。右下の「字」が読めますか?暫く首を傾げた後...「金澤翔子「つきのひかり」鑑賞」の続きを読む
新コロナに国民性を教えられ という句に出会いました。  参加者が揃って、大きく頷きました。いわゆる自粛要請に対する国民の律義さの違いへの共感ですね。他国への批判や疑問ではなく、日本人としての誇りを感...「似て非なるお手をはいしゃく頭右」の続きを読む
   10月23日(土)東葛創立34周年大会にて  おやおやと気が付いて撮影しました。その後、例の事件が報道されました。演説会に5000円の手当!!ことによるとここでもあったのかな??現職なら兎も角...「全国にその名を馳せた板橋区」の続きを読む
真鍋叔郎氏、日本人最年長90歳ノーベル賞温暖化研究パイオニア物理学賞 VS 国連の気候変動会議COP26 温暖化対策に消極的な日本、化石賞 ...「ノーベルに続き化石を受賞する」の続きを読む
    選択的夫婦別姓には慎重                      改憲には精力的という新政権  選挙の結果、絶対的安定多数を占めた政権党、世論の多数意見と正反対です。不思議な国ですね。次男は...「政権のずっと右にもいる野党」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K