Loading...Loading...

 上野発8時30分発の勝田行き特急列車は全席指定のガーラガラ。主力部隊は柏駅集合だから、集合時間のはるか前の団扇とは乗り合わせる気遣いはない。石岡のホームに降り立つと、石岡の「雌雄の鐘」の伝説絵巻のような大看板が並ぶ。改札口と反対方向に歩みながらじっくり見学してから改札を出る。

 朝食を摂らずに来たので、何か口にしようと見まわすと「ローズポークと常陸牛」の同じく大看板。しかし、食堂は準備中だし、コンビニ一つ見当たらぬ。

 突如として「団扇さ~ん」呼びかけながら小走りに駆けよる紳士あり、「おや」とばかり目を凝らすと、声の主は桂文生師匠ではないか。いやいや、文生師匠も「東葛吟行に参加されるのか」と思い込んだ団扇に、かなり焦った様子の師匠は、いきなり「バスの乗り場はどこでしょう」と地獄で仏に会ったかのようなお顔付。「えっ、バスが来るという話は聞いてませんが」「いえいえ、宿のバスが迎えにくるはずです。みんなと一緒の特急で来たんだけれど、切符がどっかに行っちゃって、探してる間に置いてかれまして」

 聞けば御一行も団扇と同じ特急の6号車で来たと言う。団扇は4号車で改札から遠い方

それでも、看板を見学していなければ「やあやあこんなところで」と声かけあって、『可笑しなドラマ』の幕は開かなかったはず。

 師匠は、ガラケーを駆使して仲間に電話をかけまくるが通じない。相手も掛けているから、互いに通話中で掛からない。待てば良いのに師匠のせっかちなことと言ったら、団扇が呆れるほどの筋金入り。

 団扇は団扇で、「はて、わたくしが知らぬ間に計画の変更があったのか」と、早とちり。こちらも真相を確かめんと、師匠よりはやや進化を遂げたガラケーを掛けまくるが、相手は車中ゆえやはり掛からない。

 つまらない話に長々とお付き合いいただいた、せっかちでない読者の皆さんに『種明かし』実はこの日4月11日に東葛吟行会(川柳)と、都都逸しぐれ吟社の旅行がかち合っていたのだ。団扇はどちらの会にも時々参加するので、師匠は団扇もしぐれに、団扇は師匠も東葛にと思い込んでの「可笑しな物語」が始まったわけである。

 ドラマには必ずしも優れた脚本家はいらない、登場人物が勝手にドラマを創る。山田洋二監督が言ってたなあ。「ここで寅さんならば、こう言うだろな」でシナリオが進む、観客もそう思って見ているってね。古典落語の世界だなあ。師匠と団扇のドラマには観客がいなかったので、ちょいと悪戯に書いたまで。はい、ご退屈様。

  吟行会の宿題「ノスタルジー」で団扇が抜けた句

          志ん生の江戸の訛りが懐かしい   何日も前の作品

  しぐれ参加者の佐藤孔亮さんの嘱目吟

          ひょんな所で団扇さんと会った師匠の運の良さ

     川柳と都都逸、共通項があるからこその違いの面白さ、どうぞお確かめを。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「世にも可笑しな物語」4月11日石岡にて”にコメントをどうぞ

  1. 太田 紀伊子 on 2015年4月14日 at 11:13 PM :

    植竹団扇様
    「世にもおかしな物語」納得でした。都都逸坊泉扇歌のお墓があるのが石岡です。小さな石塔でしたね。お世話になりました。楽しかったです。16000歩も歩いたのは久しぶりでした。
    落語の師匠もご一緒でしたね。都都逸は川柳と同じです。仲良くしましょう。ありがとうございました。

  2. 上野楽生 on 2015年4月15日 at 6:10 PM :

    団扇さんこんにちは。
    都都逸しぐれ吟社懐かしいです。
    もう10年くらい前でしょうか、1度だけ参加しました。
    ビギナーズラックで3句も抜けて大喜び。
    2次会も会長さんのご厚意で無料でご馳走になりました。
    その時にも桂文生師匠がお越しでした。

  3. 植竹 団扇 on 2015年6月30日 at 10:12 AM :

    紀伊子さん、楽生さん、コメント有難うございます。ずっと後で気づきました。しぐれはなかなか参加できないのですが、英語に触れると日本語の理解が深まるように、川柳と都都逸の比較はためになります。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K