Loading...Loading...

その後 適当にお湿りがあって、良かったなぁ。
適当なお湿り などと言うと、過大なお湿りがあった地方の皆さんには
不遜に聞こえるかも知れません。それほど今年の災害は大きかったですね。
どうぞ ご無事でと 祈ることしか出来ませんが。

11日は、午後から 松戸市の生涯学習課主催の、「音楽の広場~合唱の楽しみ」へ。
毎年募集している合唱練習講座で、300名定員へ400名の応募がある。
昨年も、今年も 抽選に当たった。毎月一回、2時間、松戸市民劇場で開催。毎回、二階席まで ほぼ満席になる。
講師は、久保内 百合子(武蔵野音楽大学・声楽科)先生が指導。
ピアノは、後藤由貴子 先生。テキストは「フラウエン・コール」
その他、テキスト以外の曲目(プリント、10頁ほど)など。
カリキュラムは、発声練習(腹式呼吸~視唱練習・コーリュ―ブンゲン、コンコーネなど)
練習曲目は、歌曲一曲、合唱曲一曲、愛唱歌3曲。
歌曲は、6月「中国地方の子守歌」 7月「カロ・ミオ・ベン」 9月「菩提樹」など。
合唱曲は、6月「大きな古時計」 7月「荒城の月」 9月「アベ・ベルムコルプス」など。2部または3部合唱で 1時間弱でほぼ仕上げる。という事は、参加者の半分以上が 合唱団に所属していて、パート練習でも いきなり音が取れるのが凄い。男声も30~40名程。
愛唱歌は 終りの15分ほどに、楽しみに歌う。「雨」「夏の思い出」「みかんの花咲く丘」「クラリネットをこわしちゃった」「青い山脈」「琵琶湖周航の歌」「北上夜曲」など。

13日は 関宿勉強会。先月は暑気払いで、野田川柳会と合同だったので、久しぶり。

14日は、ほのぼの川柳会へ。会長の庄五郎さんが体調不良で、念のため急遽参加に。15時以降に、15周年の反省や、今後の道について 話し合いの時間が持てて良かった。

15日は、新樹。長老の増田幸一さんが お元気に参加。

23日に セキスイの電気工事(エアコン交換、換気扇交換、など)が一日入ったので、今年の八千代大会は 参加出来ない。 悪しからず。

日記帳ひと月分を纏め書き    由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K