Loading...Loading...

4日は、東京みなと番傘川柳会へ参加。お約束の選者を勤める。
何時もながら居心地の良い会で、すっかりリラックス。
二次会へもお付き合い。

7日は、野田川柳会へ参加。課題吟の講評をする。
早いもので、来年10年目を迎えようとしている会で、ベテランが多く
自分色が出て、面白い頃合いの会である。講評を楽しめる会である。
帰りに柏の ビッグカメラへ寄って、プリンターのインクを仕入れる。

8日は、野田川柳会が 関宿に作った勉強会「関宿勉強会」へ参加。
互選を中心に、色々な面から川柳へのアプローチを実習している。
この日は、坂牧春妙さんの句と、それにまつわる鑑賞文を味わう時間と
古川柳の史詠吟を味わい、解説する時間を持った。
色々な句を、味わう機会を持つ という経験は、将来きっと役に立つはず。

今日は たまたま何もないので、散髪に行くつもり。

  忙中閑好きな事する日もあって   由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

東京みなと番傘へ、野田川柳会へ、関宿勉強会へ”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年2月10日 at 7:52 AM :

    「色々な句を、味わう機会を持つ という経験は、将来きっと役に立つはず」。
    その通りです。
    いつもご指導、有難うございます。
    本日も(「川柳会・江風」)どうぞよろしくお願いいたします。

    • 山本 由宇呆 on 2018年2月10日 at 5:18 PM :

      川柳会・江風 お疲れ様でした。
      何時も ご声援 有難う御座います。
      昼食会も 11名ほど 参加して、川柳談義など 賑やかでした。
      では、また。  由宇呆   拝  

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K