Loading...Loading...

昨日で すっかり整地まで終わり、スッカラカンになった。
毀した家の残骸を持ち出すのは当然だが、敷地の土をすべて掘り起こして、目の粗い篩にかけ、異物をすべて取り除いて整地する。
金物、ガラス類、木片、石、コンクリート、タイルなど。生えている樹、草なども 例外ではない。篩といっても、パワーシャベルの籠タイプ。機械が勝手にガシャガシャ振るうのだ。早い事早い事。見ていて気持ちが良い。

   ……今じゃ 機械の 世の中で……美輪明宏を思い出した。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

この地、松戸市の郊外に家を建てて50年が過ぎた。由宇呆の家は、20年前に建て替えたが、お隣さんはご主人が器用な人で、建て増しやら、リフォームやらで、今まで保たせてきた。 今度、建て替えるとかで、解体工...「お隣さんの建て替え」の続きを読む
ちょっと油断しているうちに 10月も5日になってしまいました。 先月30日の東葛大会にご参加頂いた皆さま、有難う御座いました。 大会の様子や感謝の気持ちなど 江畑代表のブログで十二分に伝わっていますの...「東葛の大会有難う御座いました」の続きを読む
前項よりの続き。このブログへ久しぶりで立ち寄られた方は、9月19日付の分から ご覧頂ければ、話が続きます。 よろしく。  1898年(明治31年・24歳)、子規の肝入りで俳句文芸誌『ほととぎす』の経営...「高浜虚子の略歴など(3)」の続きを読む
久しぶりに小生ブログをご覧になる方は、19日付「台風の余波・・・能因川柳会90・・」からお読みくだされば 話が繋がります。よしなに。 2、「俳句の隆盛を演出」した高浜虚子の経歴  1874年(明治7年...「高浜虚子の略歴など(2)」の続きを読む
前項に続き、「能因川柳会創立90周年大会」での記念講演「川柳(らしさ)とは何か」(演者・筑波大学人文社会系教授・石塚修先生)に関して。 1、俳句・俳壇に果たした虚子の役割(概論)   子規の没後、五七...「高浜虚子の略歴など(1)」の続きを読む
前項の続き。(9月17日の能因会90周年大会・石塚修先生の講演) 講演の中で、「ホトトギス」の事務所が丸ビルの中にあった。という話が面白かったので、その経緯やら 結果やらを調べてみた。 「丸の内」の意...「俳句隆盛へ虚子の思惑・・・」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K