Loading...Loading...

先のクルーズ旅の間に届いていた柳誌。開けてびっくり、思いもかけず成績の良い柳誌が多かった。今回は400回目の投稿です!!!!

1)川柳研究誌上大会、合点で3位でした。

「兆す」   手も足も頭も腰も揺らいでる    特選

「どっしり」 生き切って森の巨木と対峙する   秀逸と平抜き

・      大仏さん少し歩ていてみませんか  平抜き

「波」    好不調あれど仕事の靴を履く    秀逸

2)第1回鉄道川柳誌上大会

「春」    桜散るひとの命を問うように    天位と地位

「夏」    エアコンの騒音君も老いたのか   平抜き

「秋」    落葉の想いいずれは私にも     平抜き

3)東松山川柳誌上大会、合点で11位。

「花」    失恋をするたび花になる女

・      花一輪生けて華やぐケアホーム

・      思い切り花を咲かせて散る覚悟   三才

4)川柳マガジン誌

今年度の川柳マガジン文学賞、「遺伝子の仕業」「水の星」という理科系川柳を2編応募してみましたが、2編とも掲載されていた。特に「遺伝子の仕業」は10句紹介され、感激でした!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

生き切って...”にコメントをどうぞ

  1. なごみ なごみ on 2019年11月18日 at 7:17 AM :

    素晴らしい成績おめでとうございます。
    クルーズ旅も楽しかった様子でいいことづくめですね。
    花大好きな私は題「花」思い切り・・・の句に魅かれました。そのような人生が夢です。

    • 勢藤 潤 on 2019年11月18日 at 11:28 AM :

      なごみさんありがとうございます。
      家族に自慢しても誰も褒めてくれませんのでブログに投稿しました。真島家が羨ましいです!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K