Loading...Loading...

昨日 気象庁の発表で「今年は木枯らしが吹かない」ということ。
さて、そもそも「木枯らし」とは 何ぞや。
気象庁の定義は下記に。

(東京に於いては)
1、期間は 10月半ばから 11月末までの間に限る
2、気圧配置が 西高東低の冬型となって、季節風が吹くこと。
3、東京に於ける風向きが 西北西~北であること。
4、東京に於ける最大風速が おおむね風速8m/s 以上である。

(大阪に於いては)
1、期間は 霜降(10月23日ごろ)~冬至(12月22日ごろ)まで。
2、気圧配置 西高東低の冬型。
3、風向・風速 北よりの風が吹き、最大風速8m/s以上。

以上の条件を満たした風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを、「木枯らし一号」として発表する。二号、三号については発表しない。なお、「木枯らし一号」は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されない。

上の定義により、今年(2018年)の「木枯らし一号」は、関東地方は 11月を過ぎたので なし。近畿地方は、11月22日 と 発表された。

また 関東地方と近畿地方での 定義の差の理由は、明らかにされていない。不思議なことに、これらの定義に、気温は含まれていない。

    焼芋を喰う半纏に風寒く    由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K