Loading...Loading...

一昨日は東葛川柳会例会(大会並)だった。
川研の渡辺梢さんをメインゲストに迎え、少々雨模様の中
80数名が参加した。梢さんの 選も披講も好きだ。
選はすっきりしていて、披講ははっきりしていて、
選者として、披講者として、恰好のお手本であり、
何より お人柄が素晴らしい。ファンが多いのも頷ける。

昨日は 野田川柳会の大会、兼ねて 野田市民文化祭だった。
野田市教育長がお見えになって、ご挨拶を頂いた。
大物は、千葉県川柳作家連盟副会長、松戸川柳会会長の米島暁子さんが、ご近所の誼で、一族郎党を引き連れてご参加を頂いた。
選者は、丸山芳夫さん(みなと番傘、川柳研究社などの要職にある)
    駒木香苑さん(能因川柳会会長、各地の勉強会を主宰)
    中澤巌さん(東葛川柳会・幹事長)
    本間千代子さん(東葛川柳会幹事)
    それにかく言う 由宇呆 である。
 今回の一つの目玉は、昨年の本会大会での津田暹先生の講演録を、皆さんに配布出来た事。成島静枝さんがテープを興し、野田川柳会有志が校正し、由宇呆が編集製本を受け持った。暹先生にも再度朱を入れて頂いた。評判は概ね良かったようである。

台風が近づく雨模様の中、東葛傘下の勉強会から大勢のご参加を頂き、各会長さんから、ひと言ずつお言葉を頂いた。お陰様で参加者も50名を超えた。

とりわけ、野田市駅から車での送り迎えが有り難かった。若干早めに終わったので、二次会に参加しなかった由宇呆など、5時半に帰宅出来て、久しぶりの「笑点」に間に合った程。

連荘で疲れたが、心地良い疲れで、6時間ぐっすり寝た。

    台風が早足で去り秋が来る   由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

東葛例会へ、野田大会へ”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 on 2017年10月30日 at 10:48 PM :

    連日の大会は疲れますよね。
    東葛、野田と、お世話さまでした。
    小生も岩手から帰って、今日はさすがにぐったりでした。それでも出勤。
    まぁ、仕方ないですよね。好きでやっているんですから。
    諸事、有難うございました。

    • 山本 由宇呆 on 2017年10月30日 at 11:59 PM :

      江畑代表  遠路はるばるお疲れ様でした。
      東葛は 幹事長が仕切って、恙なく。
      野田は 静枝会長、遊人さんの指導宜しく、
      幹事(実は全員)さん方のチームワークよろしく、
      無事に終わりました。
      東葛はぬかる道で、野田はひばりで、詳細が報告されるでしょう。
      特筆は、 東葛で 二宮千恵子さんが 市長賞に輝いたこと。
      思い起こせば、双葉の二宮啓市さんの奥さんで
      啓市さんが 亡くなってから、川柳を始められたこと。
      啓市さんが あの世で、驚いて、笑っていることでしょう。
      一杯飲んでいるかも。
      こんなことを 思って、千恵子さんには 敢闘賞でも差し上げたいですね。
      では、また  由宇呆  拝 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K