Loading...Loading...

「忙しないったらありゃしない」は母の口癖。「忙しない」が「忙しくない」の意味でないことは、子供心にも状況で判断できた。大辞林によれば【忙しない】は「忙しい」の語幹に形容詞をつくる接尾語「ない」のついた形だという。接尾語(ついでに接頭語)という「苦し紛れの命名」が怪しげで楽しい。引いてみると接辞の一類・・・・語構成要素と続く。これらは、文法的な説明よりも感覚的な解釈が必要に思える。

そこで、岩波書店発行の、「日本語 語感の辞典 中村 明 著」の登場となる。1181ページに及ぶ大著で価3000円也。年金生活の現在では買えなかったろう。必要に応じで捲るのではなく、端から読破してやろうと意気込んだのだが、時間と視力が災いしてすぐに頓挫した。もっとも、この書籍に限ったことではないが。

せわしい【忙しい】いそがしくて気が落ち着かない意で、会話や軽い文章に使われる古風な和語。・・・・有島武雄の『或る女』に「呼吸は霰のようにー・く」一般的には忙しいより精神的で主観的。・・・・・・。

せわしない【忙しない】・・・・永井荷風の『ふらんす物語』に「ー趣味に乏しい生活」とある。・・・・・・・

いわゆる文法的な説明はない。用例を除いては全く同記述である。しかし、団扇には有島と永井の用例はピタリと嵌まっているように思える。両者とも迷わずに選択しているように思える。

ところで、逆引き辞典で「ない」で終わる語で「無い」や打消しの「ない」は、当然除いて、「忙しない」と同じような接尾語「ない」を発見することが出来なかった。

なにかと「忙しない」暮れが過ぎたら、または暮れでも「忙しい」と感じない方は、面白い例をご教示されたい。

さて、団扇は暇なのか?いえいえ年賀状の構想がまとまらないだけのこと。

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

母の口癖「ああ、忙しない」について”にコメントをどうぞ

  1. 澁谷さくら on 2015年12月28日 at 9:58 AM :

    植竹 団扇さん はじめまして。
    澁谷 さくらと申します。
    はじめてコメントを書き込ませていただきます。
    こちらのブログは、ごく最近から楽しませていただいております。

    大阪でうまれて今はごく大阪に近い兵庫に住んでおりますので
    ずっと関西。
    せわしい、せわしない という表現を日常的に使っているので
    楽しく読ませていただきました。

    わたし個人の感覚だと、
    「せわしい」は、
    忙しいことそのものよりも、気分が落ち着かずあわただしいイメージで、
    「気」をくっつけて、「気ぜわしい」
    と言うことが多いです。
    やることがいっぱいだとか、自分があわてている時などの”心境”として
    「気ぜわしいなあ、もう」
    などと言いますね。

    一方、「せわしない」は、
    本当に自分がバタバタと行動している時や、そういう人を目にした時などに
    使うようにとらえています。

    団扇さんがおっしゃるように、感覚的な要素が大きいように思います。

    年の暮れは、やるべきことがいっぱいで「せわしない」、
    特にすることがなくても「何やら気ぜわしい」
    とは、いまの実感です。

    せわしない と同じ意味あいでつけられる、否定でない接尾語の「~ない」の例は、
    わたしもほかには思いつきません。
    なにかあるでしょうか…
    文法的なことは苦手なのですが、こんなことを考えてみるのは楽しいですね。

    はじめておじゃましますのに、長々と失礼いたしました。

    • 植竹 団扇 on 2015年12月29日 at 12:46 AM :

      済みません。コメントへのコメントが前後致しました。団扇の「発想の動機」も母の日常会話からですから、文法的な説明より労働や日常の生活実感や、感情の起伏や振幅に興味があります。方言や年代の違い、男女や職業や階層の違いとの関連も興味があります。信州弁で「ビー」は女の子「ボコ」は男の子とずっと思っていたら、違うことに最近気づいたりしています。生前に「なんで、そう言うの」と聞くと「昔からそう言っとる」と応えられて閉口しました。もっと、とことん聞いて置けばと悔やむことしきりです。もっとも、そうしていたら「うるさったい」とか「ひつらっこい」と剣突を食らったかも知れませんが。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K