Loading...Loading...

☝ 旧川越街道の路地、真昼間の飲み屋横丁。

☝ 向かいの路地もパチリ。

パチリの後に、「もしもし」と声を掛けられて振り返ると、年の頃なら17,8を70は越しただろうご婦人が、にこやかに立っておられる。「あの奥のママの店によく来たものです」「もう、亡くなられたかしら」もう少しで、「いっぱい如何です」と言われそうになったが、今日は幸い隔日の休肝日。失礼をした。

☝ 平成を振り返って、三句。掲示板NO6.

控えめな歩幅を笑う万歩計

 わがガラケーについている万歩計。どう割り出すのか、歩数のあとに歩幅と距離、消費カロリーまでが表示される。一万歩を超える日が続くと、歩調が良くなって、歩数以外の数値も上がるよう。「おや、お忙しいと伺っていましたが、お散歩ですか?」と町内の衆に皮肉を言われる。散歩は暇人がすると思っていらっしゃる。

これから、川柳研究の月例会 団扇は「泡」の選者。終わるや否や水道橋へ、鶴彬のシンポジウム、各地からゲストのみなさん多数。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K