Loading...Loading...

☝ 「父ちゃん」より裏の「スパイダーマン」に反応した息子

ずいぶん前に「柳豪のひとしずく」のお誘いを受けておりました。川柳について「ひとしずく」ぐらいはあったにしても、「柳豪」はイカにもタコにもそぐわないので、固くご辞退をしておりましたところ、「そろそろ締め切り」という御連絡をいただきました。「遅くなりましたが送りました」に「えっ」という御返事です。

別の原稿の催促とばかり思い込んでおりました。なにか頼まれると、大抵は安請け合いをしてしまう団扇ですが、「柳豪」に限っては請け合った記憶が全くないのでした。記憶をなくすほど飲むこともないこの頃なのに。

句の方は、川柳マガジンの二年分ほどから、掲載句を引っ張り出してまとめました。それ以外の句も編集部のほうで見繕ってくれたようです。

団扇は「しゃべりっちょ」ですから、30分程度のお話ならば何本でも手持ちがありますが、期限付きで書けと言われると、時間をとれるような生活環境ではありません。過去ものを編集していただきました。団扇の中でも、社会一般、川柳界の中でもそれほど古びた情報、古びた見解ではないと思っております。

団扇をいくらかご存知のみなさま 

 川柳マガジンの読者になってください

  「柳豪」のタイトルに躊躇されているみなさん、 「なんだ団扇でもいいのか」と安心して、編集部の依頼に応えてください。

取り敢えずのご挨拶

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「川柳の豪傑」なんぞじゃござんせん”にコメントをどうぞ

  1. 長島敏子 on 2017年7月1日 at 8:15 AM :

    団扇さん おはようございます。
     マガジン誌届きました。 柳豪のひとしずく  凄いですね。

        あの頃というあの頃がみな違う
     本当に同感の一句です。母はいつも八月になるとあの頃は~~~と
     あの頃の話をしてくれました。ふっと母を思い出しました。
     ゆっくり拝読させて頂きます。またまた~~~お元気で~~~~~。
        長島敏子
     

    • 植竹 団扇 on 2017年7月1日 at 9:46 AM :

       神戸では、お供つきでお世話様でした。
        中学時代のクラス会がいまでも一泊旅行をします。(同期でなくてクラスです)
        「あの頃が同じ」ですから、話は盛り上がります。
        そのうちに、「ところで、おまえ幾つになった?」なんて質問する奴がいます。
        「バーカなに言ってんだ」「あっ、そうか」
        団扇の誕生日は8月18日です。
            八月は六日九日十五日 という句がありますね。
        毎年、6・9・15を体感しないと誕生日を迎えられない団扇です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K