Loading...Loading...

川柳研究の6月句会の会場は、すみだ生涯学習センター、板橋区徳丸本町公園入口から国際バスで新高島平、都営三田線で巣鴨、JR山手線で日暮里、都営バス亀戸行きで東向島広小路下車、5月の百花園吟行と同じコースです。東京23区は広いのか狭いのか、住まいの板橋や練馬と較べて墨田江戸川江東は雰囲気の異なる町です。日暮里で昼食、気がついたら同じ店の同じメニューでした。トイレの場所を聞くと「地下です」ああ、ここも同じシーン、レジのおばちゃまも同じ人でした。

七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに 無きぞ悲しき

銅像は山吹を差し出した少女像、道灌の像は写せませんでした。碑はピンボケでした。山吹の碑は面影橋にもありますが、まだ訪れていません。きょうは、都都逸しぐれに出掛けます。明日は東葛で今月は打ち止めです。コロナの下火?で今月は句会ラッシュ、11か所を巡りました。往復の乗り物は座れて冷房完備、自宅の机よりも体も心もリラックスできます。 

こわいをしって、  へいわがわかった

     沖縄市立山内小学校2年 徳穂菜さん



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K