Loading...Loading...

☝ 徳丸に転居して、40年近く経ちました。こんな蛙も珍しくありません。

保育園に通っていた長男たちが、園庭に表れた大きな蝦蟇を逃がすときに、掛けた言葉を思い出しました。

「おお~いカエルくん、元気でなあー、

  死にそうになったら、屁をこいて知らせらろよ。」 あれから40年、長男も二児の父になりました。

宝島、読み始めました。川柳の選や評が溜まっているときほど、読書がしたくなりますね。明日は川柳マガジン東京句会です。早く休めば良いのに、カエルの写真と遊んでる。深夜便を枕に床に就きます。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K