Loading...Loading...

☝ 石川啄木の歌碑(上野駅構内)

☝ 石川啄木歌碑(上野駅前商店街)

異国の人々の発する言葉の意味は、ほとんど理解できない。しかし、どこの国の言葉かは判別ができる。わざわざ聴きに行くわけではない。聞こえるのである。通行人の言葉は異国語のままである。商店街(アメ横)の売り子の言葉は、異国訛りの日本語である。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

停車場へ異国の訛り聞きに行く”にコメントをどうぞ

  1. 松橋 帆波 on 2018年12月19日 at 10:43 PM :

    異国訛りの日本語というと、ゼンジー北京さんを思い出します。
    異国というのはメリケンだけではありません。
    ニーハオは、ホントに近い異国でしたね。

    東京都北区、某所で、営業中はずーっと片言の日本語で通しておられた、
    中国料理店の店主の事が、忘れられません(帆)

    • 植竹 団扇 on 2018年12月20日 at 1:43 AM :

       帆波さんのコメントは顔写真入りなんですね。国の訛りは恥ずべきことでないのですね。アメリカの友人に電話を掛けたら、息子さんが出て「日本人から電話だよ」と取り次がれた話を聞きました。中国語訛りの関西弁の日本語なんて最高ですね。
       日本語で「駅へはどう行きますか」と聞かれたのに、下手な英語で汗を掻いている日本人。
      「おもてなし」を勘違いしていると思います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K