Loading...Loading...

俺らはな 生まれながらの炭鉱夫             俺らはドラマー やくざなドラマー

俺らの「ら」は複数を表します ならば俺らはIではなくてWeでしょうか?         美智也の俺らはIともWeとも解釈できますが、裕次郎のはIに思えるのですが・・・・。

このあたりの曖昧さが日本語の特徴なのでしょうね。

俺は河原の枯れすすき おなじお前も枯れすすき

俺と特定しておいて、お前も特定し、どうせ二人はこの世では  としつこく特定します

君には君の夢があり 僕には僕の夢がある

時代を越えて同じ表現ですね。この世とあの世の対比は別の問題ですが。

僕の名前を知ってるかい 朝刊太郎と言うんだよ

僕らの町の子元気な子はホームラン教室、関西では放送されなかったそうです。「ぼくら」は月刊の少年雑誌でした。「少年画報」「日の丸」もありました。

我は海の子白波の  輝くわれらの行く手を見よや

父はもっぱら「儂」で、母は時折「俺」になりました。団扇は話し言葉では「僕」しか使ったことがなく、「ぼうく」が渾名でした。わたしの「手前」にいるのは「あなた」であなたの「手前」にいるのは「わたし」なのですね。「手前生国と発しまするは」と仁義を切って」「てめえの知ったことか」と悪態も吐きます。IとWeの違いにこだわる英語はYouの単複には無頓着なのですね。今週も新しい仲間にあって「自己紹介」の機会があります。おんなじ「僕」が助詞のつきようでI may meに変貌するのを楽しんで来ます。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K