Loading...Loading...

二月に一冊そして三月に入って一冊

お二人のジェントルメンから

川柳句集が送られてきました

どちらも小さめそれでもずっしり

 

せめて感謝だけでも至急になのか

それとも熟読の後に丁寧にご挨拶か

こんなにたくさんの川柳に出会うと困ってしまう

また「川柳とは」と考えている

 

そうしているうちに新聞の選や俳句や短歌たちも

私の頭をこれでもかといっぱいにして

自分から川柳が出てこない

言葉にならない文字にならない川柳にならない

 

靴を履くときに

真剣に右からか左からか考えていたら

いつまでたってもどこにも行けなくなってしまう

それならサンダル履きででもまずは一歩

 
 

川柳と短歌と俳句まず背伸び   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 川柳はどこへ”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2020年3月10日 at 9:30 AM :

    恵さん こんにちは。「川柳はどこへ」、同じ、フレーズで全く違うことをふと考えました。
    霜月、サロンふる里、白根と月1の学び合いを自らお休みした高齢の私が言えることではないのだが、小中高が一斉休校の2、3月は当然「川柳の学び合い」はお休み。これに、異を唱えるものは皆無。その裏に「ヤレヤレ」と高齢化し、疲弊した巨大な川柳界が横たわる気がしてならない。今、この機会を絶好の好機と捉え前向きな新しいパワーが生まれ出て来ない。吟社の枠を越えた会場のいらない学び合い、短歌、俳句、川柳、合同の学び合い。そう言う企画が躍り出ていい。若い旗振りがいてもいい。そんなことをふと考えました。いきなり、ご免なさい。この書き込みは老人の独り言。ノーコメントで結構です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月10日 at 11:50 AM :

      茂男さん、こんにちは。
      含蓄に富んだご意見をありがとうございます。タイトルは後からのことも最初からのこともあります。どうしても身の回り数メートルの狭い感想が多くて‥‥視野の広さも持たないといけませんね。このままでいいと思った時に進化も止まりそう。個人レベルでも広い意味でも川柳の明日が明るいものでありますように。今日もありがとうございます。

  2. このみ on 2020年3月11日 at 6:16 AM :

    おはようございます
    「俳句』「短歌」「川柳」と並べてみると、これだけ川柳にかかわる人が増えたとはいえ、やっぱり比重としては少ないようですね。どうしてもとっかかりやすいことから「文芸」として意識に根付いてはいないようですし。でもある意味、そこが川柳に参加しやすい一番の理由でもあるのだからそれでいいんじゃないかな~と思ったりもします。大人でも「漫画」を読みますよね。ゲームとか、日ごろから疲れている体や脳は、やはり肩の凝らないストレスが発散できるものへ助けを求めます。出来の悪い私としては川柳はあくまでも「遊び」であってほしい。難しく考えたくない。
    こういうことを言えば眉をしかめる方々も多々いらっしゃるかもしれませんが、大多数の人たちがそう思っているんじゃないかなと思います。
    川柳は高級な脳と心のお遊び。私はそう思っています。でもあれだけ盛り上がったBSの「カシャッと一句」や「デジ川柳」も続編はないし、やはりあの時代は精神的に裕福だったのかなと思います。余裕ゆとりがあったのでしょうね。
    難しい悲しい川柳もありでしょうが、私が欲しいのは笑いの川柳。やさしいこれから前を向けるような川柳ですね。「幸せな人ね」とあきれられても私は私で生きていきたいですね。

    ナマ句会へは一度だけ参加したことがありますが、私には向いていないと感じました。(とてもいい句会だったと思います)時間の余裕もないためもっぱらネットが中心ですが、本当に今の時代ありがたいと思います。でもナマ句会は川柳を愛する方たちのやはり生きがい憩いの場だと思います。あちこちの句会がコロナで中止になって残念ですが、今は静かに収束に抜けて努力するしかありませんね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月11日 at 8:48 AM :

      このみさん、こんにちは。
      それぞれのジャンルでそれぞれの楽しみ方。みんな違ってみんなイイ、ですね。私はまだ自分の形が見つからなくて手探りの毎日です。思い続けていれば、いつか霧が晴れたように何か見えてくるのかな。そんな期待を持っております。あきらめないで細くても続けることが大切なのかなぁ。
      でも、こういうことは心の余裕が必要ですね。おだやかな毎日の生活があってこそです。早く普通の日本に世界に戻って欲しい。専門家や政治家のみなさんにも期待しています‥‥。
      明るい朝になりました。あたたかくなりそうですね。今日もいい日になりますように!ありがとうございます。

  3. aki on 2020年3月11日 at 10:37 PM :

    メグ♫
    お久しぶりです。
    相変わらず頑張ってますね。
    何年ぶりかに突然思い出してブログを訪ねてみたら
    メグが走ってる!
    誠之館の話題なんかで盛り上がってる!

    運動神経抜群でスポーツ万能のメグだから特に違和感もないけれど、たまたま覗いたページに
    クリック禁止!
    そこからの疾走☆
    面白すぎです(≧∀≦)

    このみさんも変わらずコメント欄の常連さんでいらして、懐かしい気持ちになれました。

    またここに遊びに来ますね。
    頑張ってね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月12日 at 6:00 AM :

      akiちゃん、おはようございます。
      お変わりなくお元気そうで何よりです。
      あの頃の福山から駅前も街並みも随分と進化したことでしょうね。レトロな自転車置き場なんてもうないのかなぁ。akiちゃんのおかげで通学も楽しい思い出ばかりです。先日新幹線に乗る機会がありました。大阪まででしたが幾つか先は福山駅‥‥と想像していました。
      どうぞ健康第一で、ますますご活躍ください。また時々思い出してね。いつでもakiちゃんのお越しをお待ちしています♪ありがとうございます。

  4. このみ on 2020年3月12日 at 5:56 AM :

    akiさん、お元気ですか?超お久しぶりです。おなつかしゅう。。。
    お父様とのドライブは続いているのかな?
    私の両親も二人とも91歳になりました。残念ながら私がペーパーなのでドライブはなし。
    行動的な母はなんとか病院や仕事でまだ出かけていますが、無趣味の父はいつもテレビの番。外に出ることもなくフラフラですが、なんとか家の中ではちゃんと歩行可能ですし、二階へも階段で上がり降りできてます。淡々とした日々ですが(親子ともども)できるだけ長生きしてほしいなあ~~と思っています。
    毎週水曜日には店が休みなので高速バスで片道約3時間日帰りで行ってます。昨日は珍しくバスに遅れたらしく(自分でもびっくり!!)!!)ちょっとあわてましたがなんとか無事につきました。
    akiさんも時々来られてめぐみさんのブログをにぎわせてくださいね♪
    相変わらずおしゃべりおばさんの私はめぐみさんちでいっぱい遊ばせていただいています。感謝感謝です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月12日 at 7:26 AM :

      昨日はバスのアクシデントもあってお疲れさまでした。高校をバスで通った経験から考えると、バスは座ってしまえば楽ですが時間のはっきり読めないところが厄介ですね。ダイヤ通りに動いて当たり前の世界も大変ですけれど。
      お父さまとお母さまとこのみさんファミリーと‥‥みなさまお元気でつつがない春を過ごせますように。最近は祈ることばかりです。

  5. このみ on 2020年3月12日 at 8:27 AM :

    またお邪魔します。
    めぐみさんは高校時代はバス通学だったんですね。
    私が乗るのは高速バスなので時間はとても正確なんです。たぶん昨日は表から出たのでいつもより時間がかかり、行ったばかりだったかと思われます。(残念!)福岡までのバスの行き帰りはほぼ満員ですが、実家の行き帰りは時間帯もあるのでしょうが、たった一人の時もあります!!!なんかいいのかな~~、運転手さんに悪いような、ちょい複雑な気持ちでぎこちなく乗ってるんですよ。以前ある川柳で「客一人バスはまっすぐ行くかしら」という不安句を書いたことがあるくらい。まるで大型タクシー。なのに格安運賃でしょう。だれか乗ってきて~~と心の叫びです~~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月12日 at 11:45 AM :

      そうですね。
      お客さんが一人っきりの貸切状態というのも微妙です。
      贅沢なようで不安なようで〜?
      この次は誰か乗ってきてくれますように^^

  6. aki on 2020年3月12日 at 11:09 PM :

    メグ、大阪まで用事があったのですか?
    あと1時間そのまま新幹線に乗っていて(寝過ごして?)くれたら..。
    あるいは私が大阪まで会いに行くことも出来たのに…。
    有朋自遠方来、不亦楽乎
    ですね。

    ついでに二人で呼子まで行って、このみさんと一緒にイカを堪能するなんてプランも素敵♫
    是非実現させましょう。
    私にとって九州はいつでもビューンと行ける場所なので、メグ次第です(^^)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月13日 at 8:45 AM :

      その時は神戸に滞在数十分のとんぼ返りでした
      せっかくそこまで行ったのにね

      akiちゃんは相変わらずフットワークが軽くてウラヤマシイ〜
      素敵なプランに心が躍ります
      ありがとう♪

  7. このみ on 2020年3月13日 at 5:48 AM :

    おはようございます
    すでに女子会と化しているこちらのブログ。(すみません。。。)
    akiさん、めぐみさんと3人で呼子でイカ三昧!すごいアイディアですね!!!ぶっ飛びましたっ!そしてなんて楽しそう♪(ほかにも参加したい方皆さんOK!ですよ~~~)
    呼子はそりゃあ風光明媚。世界一といってもいい海の景観もあります.(自称)
    イカはもちろん「あのお店」なのですが、いつも超満員なので1時間以上は待たなくてはいけません。なので私たちは客人があったときは近所のお店で活き造りを堪能しています。(もちろんめったにありませんが)。でもあまりの人気故、現在はイカは不足しているらしいです。
    akiさんは行動はなんだな~~。うらやましい。(独身時代の私を思い出す。神出鬼没と言われてました)九州内のイベントにも引っ込み思案の今のワタクシです~~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月13日 at 8:52 AM :

      このみさんのお近くにもいいところがたくさんありますね
      九州は修学旅行でちょっと覗いただけなんです
      思い出はバスの中と旅館の部屋ばかり‥‥?
      あとは陽水の「能古島の片思い」という歌が大好きだったこと
      いつかゆっくり出かけたいところが日本の中にもいっぱいです

    • aki on 2020年3月13日 at 9:10 AM :

      このみさん、やはりイカは「あのお店」ですよね~。
      でも運が良くても1時間待ちなんて私には無理なので、二番手、三番手のお店にしか行ったことがありません。
      それでも感動的な美味しさでしたが!(^^)!

      世界一?風光明媚な呼子には、呼子大橋、風の見える丘公園、マリンパル、少し走れば波戸岬に七ツ釜・・・綺麗な所ですよね。
      また行きたくなりました!!
      お店に1人で入れない人種なので、このみさん、その時には是非お付き合いくださいね♪

      • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月13日 at 10:11 AM :

        さすがはakiちゃん、よくご存知なんですね。
        素敵な愛車を颯爽と運転している様子が浮かびます。
        これからもたくさん思い出のドライブができますように!

  8. このみ on 2020年3月13日 at 10:17 AM :

    akiさん
    こちらへ来られるときには、是非ともドライブにお誘いください♪
    ただ店をやっているので「その時突然!」では出られないワタクシではあります。
    今も二人は福岡へ商談に行っているので、何時間かは一人店番です~~~。
    不自由なの。でも昔あまりに自由人だったので、不自由を楽しんでいるところも無きにしも非ずかな?ちなみに私は一人で店に入れるタイプです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月13日 at 4:27 PM :

      不自由な毎日をいかに自由に暮らせるか?
      私の現在のテーマでもあります
      せっかくなら楽しみたいですよね♪

  9. エム on 2020年3月14日 at 8:50 AM :

    ナニナニ?
    めぐみさんくらいになると
    本なんかもらえちゃうのか?
    でもホントはヤッカイなんだろー?
    ほらイロイロさ

    センリューばっかなのは
    いただけないなぁ〜
    イチローだって
    マイケル・ジョーダンだって
    そればっかりじゃないはずさ

    でもね
    ある意味ボットーは
    なんか救われるよね
    ナントカザンマイってさ
    「ジンセーとは」なんて考えてるよりはマシ!

    あのね
    オレは
    クツはヒダリから
    キメてるから迷わない
    てか
    クツもフクもカラダに描いてある

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月14日 at 9:31 AM :

      最後まで読んで
      笑ってしまってごめん‥‥
      かたい体でも
      やわらかなハートのエムくんだね

      ボットーする幸せと
      退屈な時間を持てる幸せと
      どっちもありかなぁ

      複雑だから人間は面白い
      よく分からないから
      考える楽しさもあるのでしょう

      明るい話題の少ない世の中だけど
      とりあえず今日も無事に目が覚めてよかったね
      笑顔の週末となりますように!

  10. 竹内いそこ on 2020年3月14日 at 9:30 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     二人のジェントルメンから句集ですか?
     二月、三月というのはそういう仕上がりの時期なのでしょうか。

     なぜか、この私にさえ合同句集に参加しないか、という有り難いお話をいただきました。
     ところが、選び出すというのが難しい。
     だって、自分の句がみんな可愛く見えて、私も私もとみんな手を上げてくるのです。
     座席には限りがあるので、どうしても切り捨てるものがでてくる。
     今回はごめんね、と泣く泣く横によけていく そんな作業のこの頃なのです。
     
     なんか、断捨離に似ていますね。
     ひとつひとつ思い出のストーリーをもっていて、手に取ると蘇ってくる。
     それに浸っているから、なかなか作業が進まない。
     いつの日か、みんなで一緒に暮らせる「句集」を作るからね。
     離散する大家族みたいな気分になって、ごめんねをくりかえし、また次の句をみる。

     二人のジェントルメンもそんなお気持ちで、編み上げた作品集なのでしょうか。

     

     

  11. 岡本 恵 めぐみ on 2020年3月15日 at 6:59 AM :

    いそこさん、おはようございます。
    この春は着々とステキなプロジェクトが進行中なんですね。他の人の句を選ぶのも大変です。ましてや誕生の瞬間に立ち会った思い入れのある自分の作品の中から選ぶのは‥…。でも出来上がりが楽しみですね。そしていつかはみんなが同じ本の中で並べますように。
    息遣いまで聞こえてくるような本は厚みに関係なくずっしりと重い。完成までの道のりを思い、手間をかけて届けてくださったことにも感謝です。一人一人のパワーが川柳を支えていくんだなぁとも思いました。
    東京での開花宣言は出ましたが、まだまだ肌寒く感じる日が続きそうですね。いそこさんにとっても気持ちの良い日曜日となりますように。ありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation




2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K