Loading...Loading...


ちらり雪降るような朝には

目覚めた時の小さな夢を

占いみたいに読み解きながら

まだ開けない雨戸のようにまた少しだけ目を閉じる

 

夢はたくさん見ることはなくて

見たこともないキャスト

おぼろげなストーリー

色も音も見えない聞こえてはこない

 

起きてしまえばどこを探しても

かけらもなく消え去っていて

夢の話をいっぱいする人のそばで

「ずっと眠って夢を見ていたい」を聞いている

 

もしかしたら

いいこともそうでないことも

映画なんかよりずっと現実的な今日こそが

私に見ることのできる束の間の淡い夢なのかもしれない

 

起きている時に見ている夢もある   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 夢はつづく”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年1月27日 at 6:40 AM :

    恵さん おはようございます。今朝の一枚の写真に魅せられます。寒々とした路地への入り口。手前に転がっているのは何でしょうか。その奥で光っているもの間は何でしょうか。この一枚の印象派の芸術写真。私は情景は「春を待ちわびる現状」、その奥の発光体は「現実の中で息づく果てしない希望」と読み取ります。やがて来る春をじっと待っているようにも見える。淡い「夢」と印象派の一枚の「写真」、触発されて楽しませて頂きました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 8:13 PM :

      茂男さん、こんばんは。
      写真と話をしてもらえて嬉しいです。光るものは、やがてくる春、果てしない希望と捉えてもらえたのですね。前向きに生きる姿勢を感じます。私もそうでありたいと思いました。
      今日は用事で戸塚におりました。お経を聞いたりしていたものですからコレが魂のようなものに見えて仕方がありません。命あるものの儚さを感じますが、だからこそ大切にしたいですね。
      今日も朝早くにありがとうございます。いい夢を見られますように。

  2. AKK on 2019年1月27日 at 2:26 PM :

     きのうの朝方、雪ちらりでしたね。さだまさしの「雪の朝」なら二度寝です。ヘッドライトの中に降れば、ハイビームにしてワープするみたいな気分が味わえますよ。
     ところで写真!とうとう猫の魂を写し込みましたか?私には魂は体の働きでできているとは思えませんからこんなの好きです。まあ魂というものは目には見えないでしょうから写真で見てきっとこんな感じかなあって楽しくなりました。もし魂が抜け出している状態なら猫ちゃんは動けないんじゃないかな。
     「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」信長が好んで演じた「敦盛」の一節です。これも好きです。束の間の淡い夢だとしても、夢ならば苦しんだりすることなく楽しんでと思います。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 8:29 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      そうですね、夢ならば苦しくないはず。楽しく過ごせたらいいなぁ。昔は人間五十年だったなんて、まさに幻のようです。少しものが分かってきてさあコレからという年頃ですものね。
      偶然に撮れた一枚は不思議な写真。猫ちゃんは動かないでじ〜っとしていたのです。だから猫の何かかもしれない。どこかで鑑定してもらえるかな。それにしても最近はノラ猫ものら犬も見かけなくなりましたね。
      AKKさんは今日はしっかりと充電できたでしょうか。また明日から元気な一週間を過ごせますように。ありがとうございます。

  3. このみ on 2019年1月27日 at 2:46 PM :

    「目覚めればすべてが夢と告げられる」
    これは私が短詩創作を始めて間もないころ入選した句ですが、物覚えの悪い私には珍しくしっかり記憶の底に棲んでいる句です。
    それほどこの句は哀しい。そのときの哀しい気持ちを素直に表しました。

    夢はときどき覚えています。時々会う小さな子供も印象に残っています。不思議ですよね、夢って。
    以前夢に出てきた人がみんな亡くなっている人たちだったので、「もしかして私死んだのかな?」と思いました。その時の気持ちを詩に書いたら入選してしまいましたけど、無責任極まる詩に我ながら吹き出してしまいました。

    話は変わりますけど、ふと思いついて2018年に入賞入選した作品の数を数えてみました。
    川柳150句俳句50句短歌33首詩や歌詞など10こ。全部で243作品くらいありました。これって多いのか少ないのか自分ではわかりません。数を数えなくなってしばらくたつので。でもマイペースとしてはそこそこなのかなと思います。数よりも昨年はラッキーがいっぱいだったので幸せな年と言えます。なので今年はぽつぽつでもかまいません。楽しみます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 8:37 PM :

      このみさん、こんばんは。
      入選作品の数はハンパないですね。ほとんど毎日何かしらのオメデトウですね。これがこのみさんのマイペースでは誰も追いつけません‥‥。それもジャンルを超えて全ての分野ですから素晴らしい。今年も私たちにたくさん刺激をくださいね。
      夢を覚えていられたら幾つも作品ができそうですね。私は見ていないのか覚えていないのか、目が覚めた時には何も記憶にないことが多いのです。とても時間を損しているような気分です。
      今夜はご一緒に楽しい夢を見られますように。ありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2019年1月27日 at 11:19 PM :

     こんばんわ  めぐみさん
      枝先についた水滴に光が当たって・・・・
     なんて野暮な謎解きはやめましょうね。
      私が最初に見たものはやはり猫ちゃん。
     この子がみている夢からのメッセージなのかもしれない。
     そんなふうにも感じられます。
      
      朝、アラームに起こされる直前に見た夢は妙にリアルで、この結末を知りたいのに何で起こしたの!!と目覚まし時計に文句を言ってました。
     ちょっと楽し気な物語に発展しそうな内容だったのに~
     残念ながら 川柳の大会でトロフィーを受けるという夢は一度も見たことがありません。
     大会の裏で、
     「ちょっとアレは誰がもっているの?」
     「○○が見つからない!!」
     「もう・・・時間がない、締め切りなのに」  そんなのばっかり。
     スタッフ後遺症ですか・・・・ 

      このみさん、入選数すごい。集中力の賜物でしょうか。
     いつかその気になったら句集を作ってくださいね。ぜひ読みたいなあ・・・

     
      

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月28日 at 5:48 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      そして今日は特別な朝ですね。お誕生日おめでとうございます。外は寒くても心はホットな1日を過ごせますように。川柳とも仲良くできますように。そして毎日が充実の時間となりますよう祈っています。
      展開に期待できそうだったという昨日の夢は気になりますね。今夜是非続きを楽しんでください。上手く自分を操ることができればそんなことも可能だと聞いたことがあります。嫌な時は別の物に取り替えて気に入ったら続きをお願い。うん、いいな〜。
      スタッフ後遺症はしばらく後を引きそうです。少しでも早くスッキリできるといいですね。お仕事が重責ですからそう簡単にはいかないかしら。
      1月のまとめの一週間。気持ちよくスタートしてくださいね。いつもありがとうございます。

  5. このみ on 2019年1月28日 at 5:49 AM :

    おはようございます
    めぐみさん、いそこさん、私のつぶやきにコメントありがとうございます♪
    そっか~~。どちらかといえば多い方なんですね。
    以前みたいにしゃかりきになってあちこちに参加していないので自分ではだいぶ減ったと思っていました。でも今は本当に無理なく自分のペースでなかなかいい感じです。
    句集ですか?絶対に出す気はありません!笑
    その時その時に自分が楽しんでいるだけなので、それだけで満足してます。
    これからも自作の未知の短詩で好きなものに会えたらうれしいな~~と思っています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月28日 at 11:59 AM :

      どちらかといえば、なんていうレベルははるかに越えていますね。
      私たちも高みを目指して頑張ろう〜!

  6. このみ on 2019年1月28日 at 5:52 AM :

    タッチの差で今めぐみさんのコメントを読みました。

    いそちゃん、ハッピーバースデイ♪♪♪

    益々素晴らしい年になりますように!!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月28日 at 12:03 PM :

      ほとんど同じ時刻の送信だったのですね。
      何百キロ離れていても関係なくメッセージが届くって
      不思議ですごくて有り難い!

  7. 竹内いそこ on 2019年1月28日 at 8:01 AM :

    ありがとう めぐみさん このみさん
    同い年になりました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月28日 at 12:04 PM :

      きっと今が
      とてもいいお年頃なのだろうと思います。
      健康第一でいきましょう♪

  8. このみ on 2019年1月31日 at 6:05 AM :

    おはようございます

    最近は手紙も来ない(文芸祭、全部終わっちゃいましたので)、ケータイも鳴らないで静かに暮らしていましたが、昨日珍しくあるところから入選の通知が舞い込み、ちょっとうれしいワタクシです♪それと昨日発表のあった「ネットで短歌」久々に選んでいただいてました♪

    今日で1月も終わりですね。早いのでしょうが、私的には長かったです~~。お正月なんてはるか昔に感じられるし。でも両親は比較的元気で本当に会うのが楽しみです。母とはしょっちゅうケンカですが、それもまた楽しかな?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月31日 at 7:28 AM :

      とあるところ〜ミステリアスですね〜。
      また春に向けて動き出しましたね〜。
      すっかり冬眠状態の私は、まずはしっかり目を覚まさなくては。

      お父さまとお母さまといい時間を重ねられますように。
      このみさんが元気でいてこそですから、
      健康管理にはお気をつけてお過ごしくださいね。

  9. このみ on 2019年2月1日 at 7:09 AM :

    おはようございます
    私ばかりがノックしています♪

    今日から2月!気持ちを切り換えて過ごしたいです。
    大好きな公募「酒折連歌賞」最終発表があっていましたが、まあなんとか百選に引っかかったと言う感じです。こちらは5回ごとに美しい作品集を作成してくださるのですが、昨年と今年で2作は載せていただけるようです。
    6回から参加しているので自作を載せていただいた作品集はこれで三冊になります。今後も増やしていけるよう、こちらの公募は参加したいと思っています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月1日 at 8:45 AM :

      酒折連歌賞では、もう常連のメンバーさんですね。今年もおめでとうございます。お題もいろいろで楽しいですが、なかなか形にするのも難しいですね。いつかチャレンジしてみたいです。
      朝、窓の外が明るいと思ったら、うっすらと白くなっていました。久しぶりの雪景色です。お昼には消えてしまいそうですが植物も喜んでいることでしょう。今日もあったかくして過ごしてくださいね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K