Loading...Loading...

栃木県がいいか

鹿島灘がいいかと聞かれて

ミステリーではないとわかったから

寒くない所と答えた

 

「いちご一会」という名前に

スウィーツビュッフェとくれば

しょっぱい風と砂だらけは

ご勘弁の後回し

 

予約制のイチゴ狩りは

前日ではもういっぱいで

嗚呼、とちおとめ

それじゃ、スカイベリーは

 

ビタミンC か血糖値か

ダイエットかカロリーの上乗せか

何のどんな制限制約も

ドライブ禁断症状と美味しいの幸せに

勝てるものかはの一日でした

 
 

道端の幟が風にひらめいた「いさご」ってナニ?いちごのことよ  めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 いちご畑で食べすぎて”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年1月21日 at 8:30 AM :

    恵さん おはようございます。お日さまのめぐみを満身に受けてのドライブ。イチゴ狩りでしたか。ところで、栃木のイチゴと言えば「とちおとめ」と思っていましたが、「いさご」でかか。少し、考えましたよ。のぼり旗を裏側から読まれたのですね。それにしてもいのちの洗濯。お楽しみでしたね。また、こちら希望ヶ丘近辺はインフルエンザが大流行中です。小学校も、中学校も学級閉鎖が続出。近いうちに学校閉鎖も。息子が休日の早朝に欠かさなかった湘南海岸でのサーフィンも昨日は風邪でお休み。そのとばっちりで我が家の健康管理者(かみさん)から不要の外出禁止令。弱者は自分で自分を守るしかないと。今日の「路」も句会だけでとんぼ返りです。昼食も新年会も我が家でささやかに行います。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月21日 at 10:01 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      ニュースではよく聞きますが、茂男さんのお近くでもインフルエンザが流行っているのですね。気をつけるに越したことはありませんから、外出自粛も宜なるかな‥‥。健康管理者さんのおっしゃることをよく聞いて、みなさまで健康に過ごしてくださいね。
      冬の明け方にも海岸でサーフィンしている人がいますね。息子さんもスポーツマンなのですね。ウエットスーツを着ていても水の中は寒そうです〜。お風邪も早く治りますように。
      とちおとめが有名ですが新しい品種のスカイベリーもとても美味しいです。先日親戚から頂いて、こんなイチゴがあるんだ〜と驚きました。機会があったらお試しくださいね。今朝もありがとうございます。楽しい新年会をお過ごしください。

  2. このみ on 2019年1月21日 at 8:55 AM :

    おはようございます
    雲ひとつない快晴の下で苺三昧。素晴らしい一日でしたね。
    冬はからっと晴れて気持ちがいいですが、空気がすごく乾燥しているので本当に喉や風邪にはご用心ですね。

    イベント今日が最終日ですがトラックで行かなくてはいけないので妹が担当。私は一日店番の予定です。
    土日と二日間でしたが、ものすごくくたびれました。年々疲労度が増していくようです。いつまで続けられるのかな~~。まあ刺激はたっぷりあるのですが、できればもう悪夢のような日々からはオサラバしたいです~~。

    めぐみさん、「きのこ川柳」入選おめでとうございます!ちょっとうれしいクオカードがいただけるのでこの公募は魅力的ですね♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月21日 at 10:08 AM :

      このみさん、おはようございます。
      イベントは最終日ですね。土曜日曜とハードなお仕事でお疲れさまでした。刺激はほどほどがいですよね。なるべく疲れないように毎日を上手くセーブして過ごしたいなぁと思います。
      きのこ速報ありがとうございます。一番上に出ていてうれしかった♪ きのこはホントに大好きで買い物のたびにいろんな種類を買っています。体重は減りませんが体の中から健康になっていてくれるといいな。
      乾いた空気で植物たちもちょっとかわいそう。少しお湿りが欲しいところですね。今日もマイペースで過ごせますように。いつもありがとうございます。

  3. 竹内いそこ on 2019年1月21日 at 3:52 PM :

    こんにちわ  めぐみさん
    きっと鹿島灘のほうにいらっしゃったのですね。
    潮風、砂地ときたら海~~~

  4. 竹内いそこ on 2019年1月21日 at 4:01 PM :

      あらら~
     送信ボタンを押してしまったようです。
     ごめんなさい。
     うらやましいくらいの青空ですね。
     太平洋側はあたたかでしたか?
     こちらも感謝したいくらいの雪のない冬ですが、あたたかとはいきません。
     どんよりとした鈍色の雲。まさに日本海の空です。

     いちご ののぼりが反転すると いさご?と読めたんですね。
     一字ちがいで いそこ・・・・へへへ・・・

     張りきっていたのに、ここせん一月号は迂闊にも出遅れてしまいました。
     このみさん、アラームサインありがとう!
     次回のたかこ選は早めに取り掛かることにします。

      

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月21日 at 5:25 PM :

      いそこさん、こんにちは。
      この青空なら海の方が暖かかったかもしれませんね。でも栃木県もいいお天気で、団体さんが何組もバスで来ていました。予約制のいちご狩りはもう満員でしたけれど、その分は食べ放題で大満足。スイーツまでこれでもかっていうくらい並んでいるのだから、ちょっとコーフンしました (@@) そう、幟の文字は真ん中が隠れたらいそこさんのお名前になったかも。町をあげていちごの応援ムード100%でした。
      日本海の空にも今宵は大きな満月ですね。楽しい夢が見られますように。今日もありがとうございます。

  5. このみ on 2019年1月21日 at 4:48 PM :

    いそちゃん
    多分まだ大丈夫かも?陽子さんに聞いてみたら?出すだけ出すとか。
    今回はたかこさん選ですが、次は特選になった人が選者になるというリレー式の句会です。
    気負わず参加したいな~~と思っています。楽しみましょう♪

  6. このみ on 2019年1月21日 at 7:38 PM :

    ↑めぐみさん、プレッシャーですか~?笑
    無理無理。全然期待していません。ホント、楽しむためだけのワタクシです。
    それはそうと、なんとなく流れで投句料が必要な句会へ続けて出して、5~6こは出したかも。私にしては珍しい現象です。たぶん参加者には作品集がいただけるので、不思議なテーマのところは自分の入選の期待と言うより、このテーマでどんな作品が選ばれているのか知りたくなって参加したというのが本音です。でもそんなにお小遣いがあるわけじゃないのでこのへんまでかな~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月22日 at 12:43 AM :

      川柳は鉛筆一本あれば大丈夫、お金のかからない趣味ですよと言われました。そうもいかないですね。出かけたらそれなりに必要だし、投句だけにしても投句料。大会を運営するには何かとかかりますから仕方のないこと。でも発表誌は後で何度でも楽しめるのでお値段以上の価値はあるかもしれません。
      理想は誰に見せなくても心に浮かぶ本当に詠みたいことを記しておく。でもやはり誰かに見てほしいかなぁ‥‥。

  7. 竹内いそこ on 2019年1月22日 at 9:50 PM :

    こんばんわ めぐみさん  このみさん
     
     なんと陽子さんから「大丈夫だから出してね、待ってます」とありがたいメールをいただいて今ここせんを出したところです。
     次回からはきちんと締め切りを確認して出すことにします。
     このみさん、背中を押してくれてありがとう。
     おかげさまで、陽子さんのお声もきくことができたし、嬉しかったです。

     川柳をしませんか?と人にお勧めするときはいいますよね。
     「えんぴつと紙があればできるから・・・」 と言って会に入ってもらう。
     でもねえ、作れば人に見てもらいたいし、人の評価をもらいたいし。
     入選 ボツ と分けられてしまうなら入選したいのは人情。
     「じゃあ、どれだけ上達したか挑戦してみようか」と大会に誘ってみるのです。
      勝ち負けじゃないけれど、上手い人の句はほんと説得力とか表現力があって上位にいくのが納得。そして、あんな句を自分はつくれるのだろうか とさらに挑戦。
     こんなふうにはまっていくんですよね。

      ところで、2000年発行の「旬」という句集を先輩から頂きました。
     「いそこさん、もっともっと勉強しられ~」というわけなのです。
      すると 恵さんにタイムスリップして出会いました。

        この河のはじめはほんのひとしずく
        新緑がせつない君が好きだから
        言葉より重い無言に責められる
        ハガキきらしてのどがかわいて仕方ない
       
      まさしく めぐみさん。
      初対面のようで、再会のようで、やっぱりみずみずしいめぐみさんの句なんですね。 
      私が川柳をはじめたばかりで言葉を探してウロウロしていたころ、こんな素敵な作品を出しておられたんですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月23日 at 8:08 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      昔の自分が見つかったようで、気恥ずかしいやら照れくさいやら‥‥。旬とは小さなご縁があって短い間でしたがお世話になりました。それにしても進歩が感じられないようで、どうしましょう。今年は殻を破れるような作品作りを目指したいですね。でも見つけてくださってありがとうございます。嬉しかったです。
      ここせんは参加できてよかったです。川柳のおかげで九州も身近に感じますね。
      明るい朝になりました。今日もいい日にしてくださいね。ありがとうございます。

  8. このみ on 2019年1月23日 at 5:40 AM :

    おはようございます
    いそこさん、ここせんに参加できてよかったです。(ね♪陽子さんはやさしいでしょう)
    やっぱりまずは参加しないと始まりませんものね。
    2000年のめぐみさんの作品紹介もありがとうございます!本当に瑞々しくて目が覚めるようです。
    2000年と言えば私は45歳。まだまだ子育てと仕事とモロモロに没頭中で投句もネットも未知の世界でしたね~~~~。(しみじみ)
    上の子が大学進学で上京し、なんとなく心がポカンとして始めたのが2006年ごろ。50歳前後だったかな。
    川柳マガジンもその頃購読するようになって「めぐみさん」は一番のあこがれの存在。こうしてブログを開始され、夢のような気持ちでドアをノックしたのでした。
    あれからもう8~9年になるんですね~~~。(しみじみ)
    いつまで続けられるか未知数ですが、続けられる間、これからもめぐみさん、いそこさん、春さん、陽子さん、たかこさん、皆さん、仲良くしてくださいね。ペコリ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月23日 at 8:16 AM :

      時間の速さに改めて驚かされますね。あまり先のことは考えないで目の前の今日とちゃんと向かい合って過ごそうと思いました。形あるものはいつか消えてしまうけれど、深く心に残る作品はきっといつまでも生き続けてくれると信じます。
      ところで2日前の大きな満月はスーパーブラッドウルフムーンと言うのですね。仰々しいネーミングに感心。昨日は真夜中も明るくてびっくりでした。
      このみさんとの川柳のご縁に心からありがとうございます。こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

    • 春爺 on 2019年1月25日 at 4:36 PM :

      このみさん。
      よろしくお願いいたします。ペコリ
      このみさんらしい、いい味付けの川柳をありがとう。
      近ごろでは直近の記憶もままならぬ状態ではあります~(しみじみ)
       しみじみを三回数え歳をとる

      • このみ on 2019年1月25日 at 7:33 PM :

        ↑???
        なんのことじゃろ?
        私、何か川柳書いてましたか?春さん、教えて♪

        • 春爺 on 2019年1月25日 at 7:59 PM :

           ばあちゃんが 嫁の悪口 嫁に言う
          ↑すきなんだな~~これ。(笑)

          • このみ on 2019年1月25日 at 8:09 PM :

            春さん、お返事ありがと♪
            確かに私作だと思うけどどこで書いたのかな~~。思い出せない。
            ???な句だけど、好きと言ってくれてありがとさんです。(ちょっとフクザツ。笑)

          • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月25日 at 8:48 PM :

            いろんなところでこのみさんに会えますね。なんとも楽しい一句。明るい家族ですね〜。ちょっと憧れます。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月25日 at 8:46 PM :

        春爺さん、こんばんは。
        これからもいい感じに歳を重ねられますように。私も、しみじみしみじみとすることの多い今日この頃です‥‥。春さんのようにアンテナの感度が良ければ楽しい毎日になりそうですね。
        インフルエンザにも気をつけてお過ごしください。今日もありがとうございます。

  9. AKK on 2019年1月23日 at 10:53 AM :

     「いさご」と写真にやられちゃいましたねえ。まるでめぐみさんの毎日がこんなに明るくて彩りもよくて、魔女でも住んでいる異世界って感じでしょうか。ドライブ禁断症状はすっかり癒されて、って私までドライブ中毒になりそうです。今回はめぐみさんは行き先を知っていたのでしょうけど、ブログで見ている方はいつでもミステリーなんですからね。
     イチゴ狩りまでできたらよかったでしょうけど、血糖値だカロリーだというのならそれもツアースケジュールのひとつと思えばいいでしょう。こんな素敵なところをどうやって見つけるんでしょう。そう思うと鹿島灘もきっといい所ですね。この次かな?
     私は冷たい風の中で庭木の剪定の真似事です。火の番、水仕事、包丁研ぎの次あたりにランキングしています。知らぬ間に集中できて頭の中が空っぽになります。試験の前になると無性に本が読みたくなる、あの心境に近いかな。しなくちゃいけないことが溜まってきていて、、、まあ逃げ出してるってことです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月23日 at 11:54 AM :

      AKKさん、こんにちは。
      上手な現実逃避の時間をお持ちなのですね。自分の中の空っぽを確認できるひととき〜これは走っている時を似ているかしら。そんな方法をどれだけ持っているかは人間の幅に大いに関係するような気がします。AKKさんのように心豊かに暮らしたいな。
      この日のようなドライブが時々あれば、その他の地味な?毎日も思い出すだけで楽しい気分でいられそうです。イチゴ尽くしのスイーツビュッフェも、お近くの方には是非オススメです。おかげでイチゴがぐっと身近になりました。
      寒い時には庭仕事も気をつけてくださいね。お疲れがたまりませんように。そしてお仕事もはかどりますように。いつもありがとうございます。

  10. このみ on 2019年1月26日 at 9:09 AM :

    すみません~~何度も。
    春さんの書いてくれた句、気になってネットでググッてみました。
    するとありました!2017年12月発表のワキ製薬さんの痴呆症川柳だったかな?
    「ばあちゃんが嫁の悪口嫁に言う」佐賀県古賀様とあったのですが、そのとき、「ハテ?私こんな句書いたっけ?」というのが第一印象でした。せっかく春さんが書いてくれたけど実は「私っぽくない」と思ったのです。(ゴメンネ~~)
    それでメールで問い合わせてみたら、違う古賀さんだったのです!先方さんからも苗字だけで紛らわしくご迷惑をおかけしましたと言われました。(というのを遠い記憶から思い出しました!)
    と~~ゆ~~わけなのです~~。私作なんて書いてしまいましたが、どっかで見た覚えあるな~~というのを脳のどこかがインプットしていたのでしょうね。ホント、すみません。

    朝からお騒がせいたしました。ゴメンナサイ。ペコリ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月26日 at 9:36 AM :

      そうでしたか〜いろんなことがありますね。
      私も昔、同姓同名の方が歌会始に入選されて、お祝いの電話をもらったことがありました。現実になるといいのにな。今日もいい日になりますように。

    • 春爺 on 2019年1月26日 at 10:55 AM :

      ごめん御免・・お騒がせの本人からペコリ。
      そのかわりといっちゃなんですが^
      今、おいしいいちご買ってきました。
      「さがほのか」しかもなんと唐津地区の産でした!
       さがほのかこのみさん似の器量よし
      これで勘弁ネ~(笑)

      • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月26日 at 11:01 AM :

        さがほのか探してみよう佐賀県産
        甘さの中にほんのり酸味も感じられるものが好きです♪

  11. このみ on 2019年1月26日 at 7:10 PM :

    こんばんは
    唐津もイチゴは美味で新種なども出ているようです。
    ただちょっとお高いし、女性にしては私はあまり果物が好きじゃない方なので、ほとんど買うことはありません。娘や孫がいるときは買うのですが自分では食べないし。
    でも美味しいと言って下さってうれしいです♪
    果物より私もやっぱり「きのこ派」です。きのこ大好き。毎日買わずにいられないです~~。
    そういえば以前短歌で入賞したとき、地場のきのこをダンボールいっぱい送ってもらったときは、しばらく本当に幸せでした♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 4:20 AM :

      このみさんもきのこ大好きなんですね。
      栄養価とカロリーとお値段を合わせて考えると
      ホントにきのこはエライと思います。
      今日も美味しい日曜日になりますように^^

  12. このみ on 2019年1月27日 at 5:57 AM :

    おはようございます
    「ここせん」発表になっていましたね!
    陽子さんの「ギャッ!」の謎が解けました。笑
    マジ、びっくりです。たかこさん、ありがとうございました♪
    いそちゃんも早速入選~~うれしい~~♪
    めぐみ探偵さんもおめでとです。
    人数あまり多くないけど楽しい句会ですよね。

  13. 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 6:09 AM :

    このみさん、おめでとうございます!
    いい朝になりましたね.
    川柳らしい一句、さすがです。
    ワタシ探偵になれるかな (^o^)

  14. 太陽の陽子 on 2019年1月27日 at 6:33 AM :

    みなさん、ありがとうございました。
    恵さんのつぶやきに、ひったまがりましたよ(@_@)
    このみさん、おめでとう! 次の選者をよろしく(#^.^#)
    いそちゃんもありがとう!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 8:00 PM :

      陽子さん、こんばんは。
      お忙しい中を、日々川柳のために力を尽くされて何人分ものご活躍!遠くからいつも見上げています。無理のないようにお体もどうぞお大事になさってくださいね。楽しい企画に、もっとたくさんの人に参加してもらえるといいなと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

  15. このみ on 2019年1月27日 at 2:34 PM :

    こんな楽しい句会で遊べるのも陽子さんががんばってくれているおかげ。
    本当にありがとうございます♪ペコリ。
    「ここせん」の特選すごく久しぶりです~~。三回目かな。選者がんばります!でもすぐ句が出せないのは残念です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月27日 at 8:05 PM :

      このみさんに大きく同感です。
      句会も大会も、みんな誰かのおかげで成り立っているもの。いい作品で参加することで応援パワーとなりますように。選者さんの軸吟も楽しみにしてま〜す。

  16. 竹内いそこ on 2019年1月27日 at 11:02 PM :

    こんばんわ
     このみさん 特選おめでとうございます!!
     陽子さん 楽しかったです ありがとう。
     がんばって頭をひねって、こうしてみんなの盛り上がりに参加できるって、リアル句会に出席している気分ですね。
    次回はこのみ選なのですね、よ~し 頑張ります。

  17. 太陽の陽子 on 2019年1月27日 at 11:05 PM :

    ありがとうございます!×1000
    雪姫目指して頑張ってくださいね (#^.^#)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年1月28日 at 5:39 AM :

      雪姫のスペシャルなお味は忘れられません〜。
      美味しかったです!
      家中で大好評であっという間に売り切れたのでした。
      またいつかゲットできますように。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K