Loading...Loading...

火がつけば戻れないと知っている
片隅でもいい燃え尽きたい思いを抱えて
せめて刹那の輝きを吾にと求める

 

 

 

 

 

 

生まれついて大輪の花であるはずは無く
何処まで弾けることが出来るのかも約束はされていない
望むことから生きる苦しみが始まるのだと言い聞かせてはいても
いつか来るその時に完全燃焼の自分に出会いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移り行く時だけに委ねてばかりはいられない
私は誰と尋ねることは無しにして
残り一本の花火
それが確実に私であると火をつけたい
燃え残ろうとするものには別れを言おう

 

 

 

 

 

 

たとえ燃え尽きた後に落ちて行くのだとしても
届くはずの所までは存在し得ない
燃えかすなど残らないのだから

 

 

わたくしはゆっくり酸化する花火   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 夏が行ってしまわないうちに”にコメントをどうぞ

  1. 進水 on 2013年8月3日 at 6:47 AM :

    気が付けばサマージャンボ宝くじも昨日で終わり
    松山土曜夜市も今日が最後
    高校野球の予選も終わり
    知らない間に夏が終わろうとしています
    家の前の畑では赤トンボが舞ってます
    今日から3日間孫台風が上陸します
    今日の夜市と
    明日の花火大会で
    夏の思い出を作っておきたいと思っています

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 7:29 AM :

      進水さん、おはようございます。
      暦の上ではあと何日の夏ですね。でも進水さんのように毎日を大切に過ごしていれば、いつ振り返っても悔いは少ないような気がします。日々の暮らしの中に何かを発見することや精一杯楽しむこと、毎日進水さんのブログで元気を頂いています。ありがとうございます。

      夜市に花火大会ですか。夏も最高潮。そんな時期を可愛いお孫さんと過ごせるなんてうれしいですね。体調を整えて迎えてあげて下さい。夏休みの絵日記には、大きくおじいちゃんが登場することでしょうね。充実の三日間でありますように。

  2. いたやん on 2013年8月3日 at 6:56 AM :

     おはようございます。今朝は涼しい風が吹いています。
    手花火の尽きて悲しい貌をあげ 脇屋川柳
    線香花火果てし意中の火玉かな 櫛原希伊子 (俳句)
     線香花火は情緒があっていいですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 7:32 AM :

      いたやんさん、おはようございます。
      花火を詠った作品はたくさんありますが、”意中の火玉” という表現は見事ですね。大きいものでももちろんそうですが、自分の手に持って火をつけてみるまではどんなふうに咲くか分からない線香花火にはとても魅かれます。

      日本中がお待ちかねの川柳句集「悔い」ですね。本当におめでとうございます。スターマインのように、いたやんの持つ幾つもの顔を楽しめる一冊だと思います。

      ところで、お勧めいただいた本は只今クライマックスです。他の用事が後回しになって困っています。八月にふさわしい読書ができました。ありがとうございます。

  3. 竹内いそこ on 2013年8月3日 at 7:49 AM :

      めぐみさん 線香花火は人生に似ていると思いませんか。
    あの過程のどのあたりが今の自分かな とよく考えます。
    後半のはじける前の火の玉が出来つつあるあたり・・(だといいな)

     そう思うと日常が役作りのようで生き生きとしてきます。
    さあ、今日も楽しんで、・・いまからお墓の掃除に出かけます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 9:29 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      日常が役作りのよう、という考えはいいですね。見習いたいです。心の底から強く願っているとその姿に近づいていく気もするし、笑顔一つで周りも自分も明るくなるように思えるし。お墓の掃除さえも立派にこなしてみれば、先祖代々数えきれない人たちが味方になってくれそうですね。

      いそこさん、これから、もっともっと大きく弾ける花火になって下さい。

      ところで、前回のコメントにも書き足しましたが、”かもめ食堂” とても良かったです。人は食べなくては生きていかれないのですね。同じ女優さんが朝のドラマにも出てて不思議な感覚でした。まるで素のままに見える人ほど演技が上手ということなんですね。

      • 竹内いそこ on 2013年8月3日 at 9:01 PM :

         かもめ食堂・・・・私は勘違いしていて食堂かたつむりを連想して???
        となっていました。あれっ女優さん違うぞ  ってところで気付いて、今調べて納得した次第です。こんど本とDVDを探してみます。
         食べ物を描く話ってどうしてこうも惹きつけるのでしょうね。
           (食いしんぼだから  と外野の声)
         

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 6:44 AM :

          そう言えば
          食堂かたつむりという映画もありましたね
          早速リクエストしておきました

          レストランじゃなくて
          食堂っていうところにも魅かれます

          人は食べなくちゃ生きていかれない
          同じ物を一緒に食べて仲良くなっていくような気がします

          • 文海胡 on 2013年8月4日 at 11:09 AM :

            「かもめ食堂」の話題が出たので、ノコノコ出てきました。
            この映画、いいですよね。何度も見ました。
            群ようこさんの原作から大好きです。
            wowowで今夜三話目をやる「パンとスープとネコ日和」も
            同じ感じで、見ていてほのぼのします。
            (原作者や役者さんがほぼ一緒ですもんね)
            「食堂かたつむり」こちらは、小川糸さんの原作がとてもよかった
            ので、映画も期待しましたが、個人的には・・・かな。
            「かもめ食堂」のフードスタイリストさんがうますぎなのかもしれません。
            ところでほっと川柳優秀賞、おめでとうございます。
            一枚の葉書で愛がやってくる
            めぐみさんのところには「愛」ラッシュですね。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 11:30 AM :

            文海胡さん、こんにちは。
            同じ映画が好きだと聞くと文海胡さんとの距離が一気に縮まるような気がします。私はまだ一回しか観ていませんが何度でも楽しいとはうれしいです。元気がなくなったらまた観てみよう。
            “パンとスープとネコ日和” とは面白いタイトルですね。家ではWOWOWが見られなくて残念。原作を探してみようかな。最新情報をありがとうございます。

            文海胡さんの「伝える」佳作もいい作品ですね。

            あれとそれこれで伝わる父と母  文海胡

            こうなるには努力と思いやりと時間が必要ですね。30年経ってもまだその域まで届かないでいます。そのうち咳払いだけで分かるようになるかも! 

            葉書でやってくる愛は何でしょう。文海胡さんにもきっと永久保存版の一枚があるでしょう。私にも大切な秘密の葉書があります。

            さすがに八月、夏らしい陽気になりました。暑さと仲良く楽しくお過ごし下さいね。ありがとうございます。

  4. 二宮茂男 on 2013年8月3日 at 8:08 AM :

    めぐみさん、夏の風物詩の花火。大好き。繰り返し読ませていただき、ふと、三つの花火を思い出しました。小三の春、疎開先の軒先で焼夷弾を頭に受けて散ったNさん。燃える前に水たまりへ投げ込まれた名もない花火。二つ目は、ネズミ花火のように動き回ってどこかへ行ってしまったS氏。三つめは尺玉。現役でT大へ。M社の記者で、自分の才能を持て余すかのように振る舞い天上へ届く前に散った。私は、今、本位ではないが、誰が一番長く持つか競っている線香花火。地面に対して45度くらい傾けるのがポイント。火薬をくるんでいるこよりの根元の部分を軽く巻き直す。今朝も、ご一緒に考えさせていただきました。記憶に残る朝をありがとうございます。

    わたくしはゆっくり酸化する花火   めぐみ
    斜に構え線香花火燃え続け      茂 男

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 10:14 AM :

      茂男さん、おはようございます。

      三つの花火はどれも精一杯に輝いていたのですね。茂男さんの心の中で今も咲き続けているほどに。大切な思い出を聞かせて下さってありがとうございます。現実には火が消えるまでの姿ですが、残像として残る美しさも理屈ではないですね。

      線香花火を長く持たせる秘訣、初めてお聞きしました。ぜひ試してみます。軽くまき直すこと、そして角度ですね。今日コメントを見た人はラッキーですね。花火講座の時間でした ^^

      斜に構え線香花火燃え続け  茂男

      何よりも燃え続けることが大切ですね。たとえ本意に非ずとも。私も肝に銘じて過ごします。今日もありがとうございます。

  5. 山田 こいし on 2013年8月3日 at 8:51 AM :

    お早うございます。

    3枚目の光跡が人間に思えます(^_^)

    線香花火の火玉がポトリと落ちるとき、人の顎を辿り肩をすべって
    手元に落ちていく‥‥そんな気がして(^^;)

    何時も楽しい写真を覗かせて戴いています(^.^)/~~~

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 10:35 AM :

      こいしさん、おはようございます。
      いつも写真まで深く読んで下さってありがとうございます。人間のように見えましたか。このあと真っ直ぐに落ちて地面すれすれで急上昇、なんていうウルトラCを見せてくれるのかも知れませんよ。何が起こるかわかりません。

      こいしさんはどんな写真を撮っているのでしょう。風景、お花、人物・・・。専門的になるほどにテーマが絞られるのでしょうか。川柳作家の眼でファインダーを覗いたら、ひと味違う写真が撮れそうですね。

      うれしいエールをありがとうございます。またこいしさんの心に届くようなページが出来たらいいなと思います。

  6. てじま晩秋 on 2013年8月3日 at 9:21 AM :

    おはようございます。
    明日から娘と4歳の孫が、10日程の予定で遊びに来ますので、花火を買っておきます。僕は線香花火は大好きですが、小さい子供は派手な方がいいみたいです。「やはり、大人好みなのかなぁ 」と思ったりしています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月3日 at 10:46 AM :

      晩秋さん、おはようございます。
      明日からしばらくは家族が増えるのですね。にぎやかな夏になりそうですね。可愛い盛りのお孫さんをお迎えするには何よりも体力が大切です。奥さま共々体調を整えて立ち向かってください ♪

      派手な花火になると結構動き回らないといけませんよね。線香花火はじっとその場で楽しめるので、そういう意味でも大人向けなのかもしれません。しみじみとした味わいは子どもに理解しろといっても難しいかもしれませんね。これは大人の味です!?

      晩秋ファミリーのいい思い出がたくさんできますように。

  7. AKK on 2013年8月3日 at 5:38 PM :

    残り一本の花火。
    一度しかない今生と見るか、掛け替えのないめぐみさんご自身なのか。

    悟りきれないのならば、行く先は決まっています。しかし、すべてをその時までにゆっくりと酸化させて完全燃焼できるのなら、閻魔大王も引導を渡すことは不可能です。悟りを越えたところまで行けそうですね。燃え尽きる瞬間にご自分を確認できたら、私のところに合図を送ってください。あれれそうか、それじゃめぐみさんが先で私が後ということになりますね。ちょっとごめんなさいでした。

    我が家では、お盆には提灯を持ってお寺にご先祖様を迎えに行きます。小さな提灯の akk も行くのですが、何かがいっぱい家までついてくるようで、楽しかったり怖かったりでした。今は、大切な人が本当に帰ってきてくれるのなら大歓迎。たとえ私がいたらなくても親父ももうゲンコツでもないでしょうからね。それに親父の歳を越えましたから、何かいい話でも出来そうな気がしています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 6:36 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      お盆の風習は土地によって違うのでしょうね。帰したくないから送らない場所もあると聞きました。私にとっての遠くなった大切な人はいつも心の中に一緒にいます。だからお迎えも送りも要らないかもしれないと思っています。

      小さな akkにとっては夏の大きなイベントでしたね。何かがいっぱい家までついてくるという感覚は分かるような気がします。今でも八月中旬のお墓周辺は、見えない感じないけどぎゅーぎゅーの大混雑なのですね、きっと。

      お父さまのお歳を越えられましたか。これからはお手本も自分で作っていくしかないのですね。お子さんたちに背中で毎日を見せてあげて下さい。AKKさんは自然体のままで素敵なお父さまです。いつもありがとうございます。

  8. エム on 2013年8月3日 at 6:06 PM :

    ダレなんだ?
    キレーな花火にセンコーってメーメーしたのは
    このカンジがニッポンジンのモノノアハレ?
    少しわかるかもシンナイ   ヘー[•w•]フムフム

    オレはカンゼンネンショーには参加しないね  マチガエタカ? 酸化?
    タンジュンにもやすとキケンブッシツでるかもヨ
    カガクハンノーでいいもんにカンゲンしてもらうよ  

    モクモク≈≈[´m`]≈≈dioxin

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 6:40 AM :

      ヘー[•w•]フムフム

      毎日が勉強中のエムらしい
      モノノアハレも分かりかけてる

      モクモク≈≈[´m`]≈≈dioxin

      人間の一番危険な物質は
      口から出てくる猛毒言語

      今度エムも一緒に納涼花火大会しようね!

  9. さくら草 on 2013年8月3日 at 10:32 PM :

    写真の恵ちゃんとっても若いのでめぐみちゃんでいいですね。
    若い人の川柳には、熟女をとっくに通り過ぎた私たちには詠めない
    オーラがありますね。力みがないっていうか。
    ブログも楽しみです♥♥

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 7:07 AM :

      さくら草さん、お久しぶりです。
      写真は少し前のショットでごめんなさい。お会いするとかなり時間の経過を感じることでしょう。だって孫が二人になってしまいましたから。それはさておき、いつも心に懸けて下さってありがとうございます。

      7月31日のブログでさくら草さんのお写真も拝見しました。カッコいい!帽子も素敵!バッグも気になる・・・手作りかしら。

      ところで、じゅぴあ柳壇の特選おめでとうございます。

      風雪に耐えた父権もかくれんぼ  みずほ

      日本中のお父さんが大きく共感することでしょうね。CMでも軽いお父さんばかりが出てきて、何か違うなぁと思います。ファミリーの根幹を支える父としての厳しさや葛藤を分かってあげないとあまりに可哀想。キレもよくリズムも良く、特選にふさわしい作品だと思います。こういう川柳大好きです。

      リアルさくら草の方はお元気でしょうか。程よいお湿りが欲しいところですね。ご訪問がうれしくて長くなってしまいました。お時間のある時に、どうぞまた遊びに来てくださいね。ありがとうございます。今日もいい日になりますように。

  10. 佐藤 千四 on 2013年8月4日 at 4:50 PM :

    お晩でございます。
     こちらはそろそろ夜の始めごろ。生ビールでも飲みにいこうかな。
     花火は線香にかぎります。みんなで演出出来ますもの。それも浴衣でがいい。孫がいればもっといい。
     スーパーのついでに線香と線香花火を求めてきました。380円。
     お盆よ早よ来い。孫よ早よ来い。

          線香花火キスするヒマもありません

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月4日 at 8:09 PM :

      千四さん、こんばんは。
      もうすっかりほろ酔い加減のころでしょうか。こちらはやっと素麵の簡単な夕餉が終わったところです。ちなみに我が家のゴマだれは美味い。胡麻をよくすって砂糖と醤油に自家製味噌を加えます。おかずは要らない、と思っているのは私だけでしょうね。

      線香花火キスするヒマもありません  千四

      う〜ん
      なんて素敵な ♡
      さらりとこんな粋な一句を頂いてしまってはもう何も書けません。とも言っていられないので、私からも一句を贈ります。

      大丈夫回る花火にチューさせて  めぐみ

      失礼いたしました。千四さんには本日のブロガーによる川柳大会大賞を差し上げます。賞品は線香と線香花火、名前は似ていますね。

      のど自慢の司会者が真面目な顔で速報を伝えていましたね。影響がなくて何よりでした。いつまでも落ち着きませんが気をつけてお過ごし下さいね。
      いつも粋なコメントを本当にありがとうございます。いつも楽しみに心待ちにしています ♪ 今宵も素敵な夢を見られますように・・・。

  11. このみ on 2013年8月4日 at 9:58 PM :

    おお。。。情念の女、めぐみ。。。。。

    コメントはこんなに明るいめぐみちゃんなのに

    内面は熱く激しく燃えているのですね!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月5日 at 7:38 AM :

      おはよう、このみさん !

      夏だから燃える女
      そして次の瞬間には・・・どうぞお楽しみに

      窓から見える田んぼが黄色味がかってきました
      近寄ってみるとちゃんと稲穂が育っているのです
      つい最近まで緑一色だったのにね
      日本中のこのツブツブを人間が全部食べてしまうのです
      すごいね

      それはさておき朝ご飯を頂くことにします
      今日もどうぞお元気でね ! ありがとう (^-^)

  12. 藤みのり on 2013年8月5日 at 12:32 PM :

    こんにちは。
    線香花火、
    不滅のベストセラー。
    打ち上げ花火が皆で楽しむ花火とすると
    線香花火は一人一人が各々向き合う花火。
    夏の勢いや、楽しさ、そして切なさをそれぞれが想う。
    やっぱり、夏には線香花火は欠かせませんね。
    誰もが共通項で持っている
    線香花火を
    さらりと綴ってしまう恵さんは素敵です。
    みのり。
    (上手く投稿できなくて、二重投稿だったらすみません)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月5日 at 1:18 PM :

      みのりさん、こんにちは。
      8月はみのりさんの川柳強化月間とお聞きしました。相続川柳も入選とのこと、おめでとうございます。

      馬車馬でいい柔らかな風を待つ  みのり

      家族の為に自分の為にがむしゃらに生きるいい時期ですよね。30代40代というお題にふさわしい一句です。真っ最中にはそんな自覚はなくても、振り返るときっと誰もが “そうだよね” と思えます。共感を呼ぶ川柳は力強いですね。

      七七句にも挑戦ということで、ますます「みのりワールド」が楽しみです。川柳 “さいたま” に紹介された作品はどれも読み応えがありますね。こんなに少ない文字数でドラマを感じさせる出来映えは素晴らしいと思います。

      ほっと川柳を見逃していたのですが、みのりさんのおかげでテレビを見た気持ちになれました。Facebook での早速の画像紹介をありがとうございます。うれしかったです \ (^0^)/ 
      コメントの投稿にはお手数をおかけしました。これで、大丈夫ですよね。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  13. さくら草 on 2013年8月5日 at 1:30 PM :

    多分めぐみさんはシンプルなお化粧で自然派の爽やか美人(日本的)
    な方だと思います。私も素肌を大事にして老いていきたいです。
    ブログのお写真ポーズが素敵です。(だから川柳もかわいいし若さあふれて・・・)
    私も年甲斐もなく色んなカッコするのでお友達が笑いながら写真撮るとき「あ!!良いよ良いよって」おだてます。調子もんの私はずっこけるまで舞い上がります。あははははぁ(笑う)~わたしめぐみちゃんは30代と思っているのです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月5日 at 2:10 PM :

      さくら草さん、こんにちは。
      めぐみの雨でホッとしましたね。そしてきのうは川南の句会に参加して来られたとか。学び合う姿勢を忘れない、それが上達の秘訣ですね。

      別府と湯布院のポスターを拝見して修学旅行を思い出しました。私も中学の時にお邪魔したことがあるんです。せっかくいい所をたくさん回ったはずなのに、友だちとのおしゃべりやトランプが楽しくて何も覚えていなくてもったいないことをしました。今度行くことがあったら、しっかり見て食べて歩いて遊んで学んで?くるつもりです。

      霧島連山の落日もいい写真ですね。山岳写真家の白籏史朗さんが好きで写真集を大切にしているのですが、雰囲気がよく似ています。さくら草さんはどんなカメラをお使いなんでしょう。

      今だからこそできるオシャレも思い切り楽しめたら素敵ですよね。今日も明日もどうぞお元気で。熱中症にも日焼けにも気をつけてお過ごし下さいね。ありがとうございます ♪

  14. りんご詩姫 on 2013年8月6日 at 5:24 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    宮崎の花火大会は、8月4日(土)でした。私は、お店の仕事があるので、今年もまた行けませんでしたが‥‥。
    小さい頃、大阪の天神祭で、屋形船から見た花火が一番好き。亡父との思い出のワンシーンでもあります。
    あと、線香花火が大好きでした。またいつか、したいな。
    (*^^*)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月6日 at 6:45 AM :

      りんご詩姫さん、おはようございます。
      花火大会は、間近で地面の中からの振動を楽しむのもいいですが、遠くから静かに光の華を眺めるというのも粋なものですね。私も町の花火大会はしばらくご無沙汰です。だんだんと人混みが苦手になってくるせいもあるのかな。

      屋形舟からの花火は素敵でしょうね・・・。お父さまとの思い出なら尚更ですね。天国でも今頃は娘と見た花火を思い出していらっしゃることでしょう。

      川南土の子番傘川柳会例会の様子を詳しく伝えて下さってありがとうございます。票が伸びない理由を忌憚なく話し合えるってうらやましいグループですね。何よりの学び合いだと思います。

      日蔭からトップを目指す椅子がある  りんご詩姫
      花嫁募集条件問わぬ過疎の村  りんご詩姫

      さすがの特選句です。私には、日本の南の方から川柳が伸びていくようなイメージがあります。りんご詩姫さんの辛い肩に、ますます責任が重く掛かってきそうな気がしています。あまり無理をなさらずにどうぞお大事になさって下さいね。いつもありがとうございます。

      • りんご詩姫 on 2013年8月6日 at 12:05 PM :

        めぐみさん、いつもエールをくださって、ありがとうございます。
        私の川柳は、まだまだです。
        でも「生涯一句」と考えてますから‥‥死ぬまでに一句だけ佳句を詠むことができれば上出来です。
        「人間が好き、だから、川柳が好き」‥‥ただ、それだけです。
        (#^_^#)

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月6日 at 1:19 PM :

          「人間が好き、だから、川柳が好き」

          大切な、土台になる思いを再確認しました。それを忘れてはいけませんね。

          りんごちゃんのファンの多い秘密が少しわかりました。新聞の選者までされる実力がありながらの謙虚さと向上心ですね。私も見習って、生涯一句を目指します ♪

  15. エム on 2013年8月7日 at 7:12 PM :

    ,.„l„.,  これがセンコーハナビに見えたらゴカッサイ

    あのね オージさまサ
    なまえ アル?
    おしえてほしーナ
    ナイショでもいいからさ

    それと
    ダッコっていうのもやってみたい
    ちっちゃいんだろー
    オモいのか?
    カタいのか?   

    おっぱいあげたらねむっちゃう?  zzz

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月7日 at 9:11 PM :

      ,.„l„.,

      拍手喝采!
      線香花火にしか見えませんね
      おみごと〜

      内緒だけどこっそり教えてあげる
      「た」からもの「い」っぱいやさしい「ち」からもち
      小さくて大きくて軽くて重くて
      柔らかくて丈夫な王子さまです

      子どもたちに人気者のエムが抱っこしてくれたら、きっとご機嫌になりそう!よろしくね ☆

      • エム on 2013年8月7日 at 9:29 PM :

        TAITI か TAICHI か
        「たいち」
        イイねイイね

        カンジはわかんないけど
        ヒビキもイイ漢字 マチガエタ

        予路詩来な たいちクン  
        ダッコシテオンブシテマタアシタ  [・o・]/ オーイ

        • 竹内いそこ on 2013年8月7日 at 9:35 PM :

          たいちくん 将来オオモノになりそうなお名前ですね。
           オージさまだから、当然か・・・
           イイね イイね  でっかいにんげんになあれ !!!

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月7日 at 9:43 PM :

            いそこさん、なんて素早いお返事をありがとう ☆
            3ヶ月で倍になるそうだから、そのペースだと大変なことになりますね。

            今日はイイモノが届いてうれしい日なのです ♡

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月7日 at 9:40 PM :

          エムは漢字の練習中?

          予の路に詩は来る!!

          きっと作家さんになれるね

  16. このみ on 2013年8月8日 at 6:29 AM :

    一つ前の記事↑

    何々~~~~?????
    イイモノって♪

    自分は秘密主義なのに人様の美味しい話はと~~っても気になるな~~~♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月8日 at 7:26 AM :

      このみさん、おはよう!

      イイモノ
      よむもの ♡
      タベラレナイ

      今日から残暑お見舞い申し上げますなんですね
      たくさん水分をとって気をつけていきましょう

      朝からこのみさんの声が聞こえて嬉しい日です
      Thank you so much.
      See you.

  17. 伊東志乃 on 2013年8月8日 at 11:59 PM :

    こんばんは(^^)
    ようやく大会の後始末も終わりホッとしています(^^)

    何故か自分は幼い頃から花火の中で線香花火が一番好きです(^^)
    大輪の花火も美しいですが、線香花火を長く長く持つように静かに持っているあの緊張感がたまらなく良いです(^^)V

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月9日 at 6:53 AM :

      志乃さん、おはようございます。
      大きな仕事が一区切りということで、お疲れさまでした。そしてまた新しいスタート、の前に少しゆっくりできるといいですね。リラックスできる大切な時間に遊びに来て下さってありがとうございます。でも0時になるところですが眠くないですか。
      志乃さんを見習わなくちゃ・・・。ネムイツカレタと泣き言ばかり言っていないで、私も夜の時間をもう少し活動できるようにしたいものです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K