Loading...Loading...

寒い 冷たい 痛い

冬も来るところまで来ましたね

せめて温かいお料理をと

日向ぼっこしながら考えます

 

筑波颪に奪われていく体温で

魂まで

まだ固い梅の蕾のようになってしまいそう

洗濯物より私の方がお陽さまに恋すてふ


先日は横浜でした

1℃くらいはここよりも暖かでした

天国まで手が届きそうな蒼空でした

今生のお別れのラストセレモニー


命について

生きることについて

凍える心に浮かべてみては

答えを知らない私と向き合う時間でした

 

木枯らしや筑波の峰と日向ぼこ   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 この冬ばかりは”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年2月2日 at 6:17 AM :

    恵みさん おはようございます。一年で一番寒いこの時に横浜・矢部のお母さんと最後のお別れをされましたか。こゝろからご冥福をお祈り申し上げます。お母さまの死について考えることは、自分が生きることについて考えることですね。生きることについて考えることは生身の自分を見つめ直すことと考えます。今朝の一枚の芸術的な素敵な写真は宗教的にも見えますね。私は七人兄弟の長男として父母を自宅で看取りました。生身の親子が同じ屋根の下で介護しながら暮らせばいろいろなことがありました。が、両親をあの世に送ったときマイナーな思い出は総て忘れました。以後、素敵な父母を楽しげに子や孫に語り継いでいます。その度に至らない私が天国の父母に褒められているように感じます。春一番、梅開花も間近。心の中から温まって下さい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月2日 at 7:12 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      お話を伺って、茂男さんがますます大きな存在に感じました。いろいろと思うところの多い秋でしたが、今生きている自分をどうするかが一番大きな課題なのですね。これで、もう自分の両親は二人とも遠くに行ってしまいました。でも幸い長く一緒に暮らす母がおります。私にできることを考えて茂男さんに少しでも近づけるような心持ちになりたいと思います。お父さまとお母さまはその当時も今もきっとお幸せでいらっしゃることでしょうね。
      朝早くから本当にありがとうございます。心が温かくなりました。穏やかな週末となりますように。

  2. 太田 紀伊子 太田 紀伊子 on 2019年2月2日 at 9:17 AM :

    岡本めぐみ様
    おはようございます。つくば颪も厳しい昨日今日です。
    母上とのお別れがあったのですね。青い空のもといろいろな思いが浮かばれたことでしょう。
    めぐみさんは恵さんらしくいいこれからを送られますように。素敵なご主人とお子達の将来を見つめられますように・・。紀伊子

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月2日 at 11:59 AM :

      紀伊子さん、こんにちは。
      昨日はこちらも白い朝で、未だに日陰には雪がうっすらと残っています。寒いですが久しぶりのお湿りで人間も植物も息をするのが楽になったような気もします。
      ところで、17日には茨城県高齢者in牛久という集いで川柳教室があるのですね。川柳仲間がまた増えてくれそう‥‥。それにしても龍ヶ崎や牛久は文化度が高いですね。
      今年も公私ともにスケジュールぎっしりの毎日になりそうですね。ますます充実の一年にしてください。今日もありがとうございます。

  3. あすか on 2019年2月2日 at 9:22 AM :

    恵さんおはようございます。そして初めまして
    横浜で茂男さんにご指導いただいている あすか です。
    私も苗字は岡本なんです。戸塚に住んでます。
    年齢も同じくらいで息子二人

    今朝の読売新聞神奈川版の特選は
    平成の死語累々と追補版

    私には米寿の母が健在です。が、家事はなんとかこなしてますが
    記憶が曖昧になってきました。会いに行って話をするのが辛いです。
    でもお昼ご飯を持って行くと喜んで食べ おしゃべりします。
    同じ話にテーブルの下で指折りながら楽しそうに話す母に合わせて
    笑ってきます。娘の役目ですから。

    これから父の月命日の墓参りに行ってきます。

    またお便りさせていただきます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月2日 at 12:08 PM :

      同じ名字のあすかさん、こんにちは。
      いつも茂男さんのお部屋で川柳に向かう真摯な姿勢を拝見しておりました。直接に尊敬できる先生のご指導を受けられるってとても幸せなこと。羨ましく思います。これからも川柳といいお付き合いができますように。
      お墓参り日和になりましたね。お父さまとはゆっくりお話ができたでしょうか。お母さまはお元気とのことで何よりです。あすかさんに会うのを楽しみに過ごしていらっしゃるのでしょうね。私はもっと母の話を聞いておけばよかったと反省ばかり。離れていることを勝手な理由にしてホントに親不孝な娘でした。
      戸塚はこの秋に何度も通いましたが、あすかさんともどこかですれ違ったかしら。戸塚中学に通ったこともあるのです。駅の周りの開発ぶりは目覚ましいですね。先日は迷子になりそうでした〜。
      またお時間のある時に、いつでも遊びに来てくださいね。心からお待ちしています。ありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2019年2月4日 at 4:18 PM :

      こんにちわ めぐみさん
    今年の冬ももうここまできましたね。
     でも、四日の今日あたりのスーパーは、バレンタインとお雛様で華やかになっているでしょうか。手作り用の素材と、本命用、義理用、職場用の個包装大袋入りなどが一気に並んでいました。
     インフルエンザに要注意だけれど、そういっている間になんだか目がゴロゴロしてもう花粉症シーズンだそうです。温かいって喜んでいる間に、こっちもやってきてしまったかという感じです。
     
      例のオオハクチョウ君続報です。
     結局仲間がやってきて再会のシーンはあったものの、自然の掟は厳し~い。
     グループにちょっとはなれて行動を共にしていたものの、いじめられて傷が悪化。
    飛べなくなってしまったのです。
     白鳥飛来地の川をちょっと下流に行ったところで、ひとりぼっちでいるようになりました。
     グループのなかに彼のようにハンディを負っているものがいると、全体が外敵に襲われやすいので、追い出されてしまうことが多いらしいのです。
     その傷も回復して、ふたたび風向きのいい日には自主トレの滑走を開始しました。
     なんとも根性のある子です。
     心配して見守る人たちが数多くいて、近くにいけば、彼の近況を教えてくれるようになりました。地元住民にとって、なんとも放っておけない存在になってしまったのです。
     
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月5日 at 5:48 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      オオハクチョウくん、辛い状況なのですね。それでもまた自主トレ開始なんて‥‥。近所で白い鳥を見るたびに、彼はその後どうしているかしらと気になっていました。みんなで応援しているのだから何とか立ち直ってくれるといいですね。私たちの言葉が届けばいいのに!
      春は嬉しいけれど花粉症は来て欲しくないですね。あまり重症になりませんように。今は早めのお医者さんでだいぶ楽になると聞きます。どうぞお大事にしてくださいね。
      季節も周りの状況もいつもずっと同じではないのだと最近実感しています。今日がいい日なら、とりあえず感謝したい気分です。火曜日の朝を気持ちよくスタートしてくださいね。いつもありがとうございます。

  5. このみ on 2019年2月5日 at 9:07 AM :

    おはようございます
    本当に天国に手が届きそうな青空ですね。天国は案外身近なものなのかな。
    朝目覚めると「ああ、今日も生きてるね」と思います。
    眠ったままで亡くなる方もいらっしゃいますよね。
    先日なくなった親しい方もそうでした。
    眠るとき、まさか翌日自分の目が覚めないということをその人は想像したでしょうか。「否」でしょうね。命は寿命と言えばそれまでですが、普段何気なく暮らしている者にとってはやはり一大事かな。突然この世の自分が消えてしまうわけですから。
    そうすると現在進行形のことがらはすべてどうなっちゃうんだろうとハタと考えますよね。
    まあそうなってしまったら考えても仕方のないことではあるのですが。できれば死までの準備時間があるほうがありがたいと思う今日この頃です。

    いそこさん
    大自然に立ついそこさんが見えます。
    白鳥の世界も厳しいのですね。でもがんばることをあきらめない白鳥さんからは学ぶことが多いですね。潔いです。これからも見守ってあげて、また報告してくださいね。待ってます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月5日 at 11:53 AM :

      このみさん、こんにちは。
      潔い白鳥の姿には人間も学ぶところがありそうですよね。我が身を振り返ると、毎日が平和すぎて不満ばかりを探してしまうようなところ、反省しきりです。生きるギリギリのところでがんばる彼を応援してあげたい‥‥。
      この世とあの世とはスムーズにつながっているのではないかと最近思うようになりました。だからきっと大丈夫。そんなオオゴトではなく物事は運ぶと思います。身の回りはできるだけすっきりさせておきたいけれど。難しいですね。
      予報よりも気温が低くなりましたね。油断しないようにいたしましょう^^

  6. AKK on 2019年2月6日 at 1:38 PM :

     雨です。写真の青空は今日は雲の上です。この雨が少しずつ春を呼ぶのでしょうから、植物にでもなったつもりで楽しみたいと思います。
     何事かあるたびに、こんな小さな存在の自分というものの中にいろいろな経験やら思いやらが増えていって、間違いなく減っていく気力や体力では支えきれないことになってしまいそうです。答えの出ないことに思いを巡らせていると、高校生の頃とあまり変わっていない自分に気がついて、あの頃から時間だけはたくさん経ったけど、それだけじゃ成長はしないんだという答えだけが目の前にあります。
     ところで、今は会えない人も青空の上に行くときには誰とでも会えるのでしょうか。酒は旨いネエちゃんは綺麗、めぐみさんにも100年も経たないうちに会えますね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月6日 at 5:41 PM :

      AKKさん、こんばんは.
      そんなに良いところが待っているのなら、少し気が楽になったかも〜? 酒やネエちゃんはともかく、辛いことはなさそうですものね。美味しいものもいっぱいありそうだし。それならもう少し期間限定ですががんばってみましょうか。
      AKKさんほどの方でも成長しないという感覚なら、私が進歩しないのも仕方ない。マイペースとか身の丈でとか、自分に優しくしながら生きてゆきましょう。どうしても下り坂気味の気力体力に喝を入れたいものですね。
      チョコレートの広告ばかり気になる二月も元気に過ごせますように。いつもありがとうございます。

  7. 夢香 on 2019年2月8日 at 6:20 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    暖かかったり寒くなったりを繰り返す日々ですね。
    青い空はもう少しで春が近い予感でしょうね!!

    さよならが言えない花に眠る母   めぐみさん

    時間よ止まれーというご心境でしょう。

    満開の梅にやさしい笑みもらう

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年2月8日 at 6:51 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      昨日は過ごしやすくて大きな洗濯までチャレンジしました。さて今日はどんな空模様でしょうか。天気予報は気になりますが、こればかりは人間の力ではどうにもならないことですね。うまく付き合うしかありません‥‥。夢香さんも体調を崩されませんように。ちなみに日南のキャンプ場は20℃をこえているようで、うらやましいですね。
      ここ数ヶ月は心が揺れるばかりで川柳も形になりませんでした。小さな入選を見つけてくださってありがとうございます。春ですからそろそろ冬眠状態からは抜け出したいですね。
      夢香さんにとっても楽しい週末となりますように。今日もありがとうございます。

      梅の木をつないで今日の散歩道

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K