Loading...Loading...

冷たい空気と
新しい季節の
せめぎ合いの中
風は運ぶ
虫たちとの出会い

群れて咲いても
一人でいても
ひとつひとつは
咲き誇り

未来を前に
震えもせずに
竦むこともなく
すぐ過去になる今を行く

そこがどこかではなく
今がいつかでもない
在るということ
咲くということ
たどり着くまでは

 

道端の花を走って過ぎないで   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 花の便り”にコメントをどうぞ

  1. 佐藤 千四 on 2018年4月8日 at 12:25 PM :

    こんにちは。

    集団で自己主張するのも
    裏道の片隅にひっそりと佇むのも神さまの思し召し

    赤い花も青い花もその中間の色も何かを訴えている
    同じ季節に同じ思いを一途に

    きれいだねとだけなら言わないで
    そんじょそこらの三文女優じゃないんだよ

          人間よ驕るでないぞ花言葉

           

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月8日 at 5:35 PM :

      千四さん、こんにちは。
      何キロか行ったところに庭一面芝桜のお宅がありまして、まるでピンク色の海に家が浮かんでいるような不思議な光景なのです。先ほど徒歩で出かけて堪能してきました。今は胸の中までピンク色に染まった気分です。さて花たちは何を訴えているのでしょう…。
      千四さんのお庭も春色ですね。今日も穏やかな神事タイムとなりますように。いつもありがとうございます。

      祈りにも似て届くのは花言葉

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月8日 at 12:30 PM :

    惠さん おはようございます。ぶらりと食材の調達に行きましたが、外気はひんやりしていました。ところで、サクラはアッという間に葉桜。この時期の圧巻の芝桜は見に来た人の心まで染めてしまいます。花言葉は「合意」「一致」とか。その他にもたくさんありますね。一方、ひとりぼっちのスミレは可憐ですね。一般的な花言葉は「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」とか。両方好きな花ですがどっちか一つと言われれば「スミレ」です。前にも一度このブログに書かせていただきましたが、少年時代に山から庭に移植を何回も試みましたが、一度も成功しませんでした。やはりスミレも人も「住めば都」自然体ですね。また、二枚目のスミレの写真はお見事ですね。一人芝居の主人公、彼女のつぶやきがここでも聞こえます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月8日 at 5:43 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      スミレの移植は難しいのですか。山で育つくらいだから環境の変化にも適応してくれそうですけれど…。自然体で育ったところが一番いいのかな。俯きがちで控え目で、それでいて凛としていて素敵なお花ですね。一度だけお目にかかった奥さまのイメージと重なります。その後体調はいかがでしょうか。気候が良くなって少し楽に過ごせるといいですね。
      春の美味しい食材は見つかりましたか。今日は春菊を茹でようかしら。日曜日にもありがとうございます。

      • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月9日 at 6:28 AM :

        惠さん おはようございます。その後の体調をご心配いただきますが、すこぶる好調なのでです。今、お世話になっております家庭医のM先生は一度しっかり検査をしましょうとこの24日8時30分予約でにお願いしております。不整脈が治ったのです。18日に依頼中の司法書士と公証人役場に行けば「遺言」もできあがり、いつ、Xデーが来てもいいのですがもう少し生かされます。暫くの間、ぶらりとブログを覗いて下さい。ありがとうございます。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月9日 at 6:39 AM :

          その後も順調で不整脈も良くなられたとか‥‥。本当によかったです。頼もしいお医者さまがお近くにいてくれて心強いですね。
          今日も明るい一日でありますように。

  3. 竹内いそこ on 2018年4月8日 at 9:15 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     一面のピンク!!
     芝桜のカーペットなのですね。
     この中にいると、心の中まで染まってしまいそうです。
     このように広がって咲くまでには何年ものお手入れと時間がかかったでしょうね。

     かと思いきや、一株のすみれ。こぼれ種がたくましく石材の間から目を出しましたね。
     家の庭でもブロックとブロックの隙間に出てきています。群生はしていないけれど、ポツンポツンと庭の各所にありました。白いスミレもたまに見つかります。
     静かに 凛として たくましく 群れずに咲く。
     こうありたいという姿です。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月9日 at 6:35 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      今回の撮影場所は残念ながら自宅ではないのですが、日本中に花の便りの季節ですね。いつもの散歩道もお楽しみが増えてくれて嬉しいです。
      濃い薄い紫に白い花。スミレの佇まいには見とれてしまいます。茂男さんに教えていただいた花言葉も謙虚、誠実、小さな幸せ‥‥お似合いですよね。
      眩しい朝になりました。また新しい一週間の始まりです。いそこさんにとっても気持ちの良い毎日でありますように。ありがとうございます。

  4. このみ on 2018年4月10日 at 1:02 PM :

    こんにちは
    お写真、きれいですねえ!
    花ってどうして自分の色を知っているのでしょう。
    鳥たちも何故自分たちの習性を知っているのでしょう。
    人間は生まれてから周りの人たちの援助を得ながら大きくなるのにね。
    あらためて自然界はすごいなあと思います。
    世界は不思議で満たされている。と何もしらない私は感心するばかりです。
    桜もチューリップも一番美しいときを過ぎましたが、これからいろいろな花たちが次々に美しい姿を見せてくれますね。楽しみです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 5:11 AM :

      このみさん、おはようございます。
      世の中はホントに不思議なことばかり…。教わる訳でもないのに花は自分の色を知っているのですね。人間だけがいつまでも自分のことが分からないままで悩んだりしているのかなぁ。大きな自然の一部なのだと心から悟れたなら、もう少し気も楽になるのかと思います。
      名前の知らない花や植物のことも知りたくなりますね。今日もいい日になりますように。ありがとうございます。

  5. AKK on 2018年4月10日 at 5:50 PM :

     心さわがす桜が終わってホッとしましたが、やはり春は花の季節です。スミレってブルーな恋人同士がキスして生まれた花だと思うの、って歌がありましたね。直接花を見なくても「すみれ」という音が素敵です。スミレみたいな女の人、いやスミレみたいな男の人になるのも悪くないかな。
     万葉集にも出てくるというので調べてみましたがピンときませんでした。めぐみさんに一首お願いしたいなあ。まあ、来年でもいいですよ。急ぎませんよ。ほら紫陽花の歌が素敵でしたから

     雨空に明かり灯して紫陽花の濃きも淡きも道しるべかな

    でしたでしょうか。スミレも楽しみにしています。
     もう直ぐですね、って決してプレッシャーかけるつもりではありません。「4月15日にめぐみかすみがうら走ってるよ」からずっと練習してきたんでしょ。トレーニングの成果を発揮してナイスラン!になるように私はお百度でも踏みましょうか。きっと緊張、それさえも力にしてくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 5:18 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      スミレで一首。できたらご報告しますね。思いはなかなか形にならなくて、でもその時間が楽しくて…というわけです。紫陽花もそうですが命ある花は何かメッセージを伝えてくれているような気がします。受け取れるかどうかの問題なのでしょうね。
      日曜日はドキドキの予定ですが、直前にあれやこれやと用事ができてしまってあたふたとしているのが現状です。大人の対応で落ち着いて一つ一つに対処できるかどうか。人間力の見せ所と思ってがんばります。
      いつも応援してくださってありがとうございます。AKKさんにとっても今日が穏やかな時間となりますように。

  6. このみ on 2018年4月11日 at 2:05 PM :

    こんにちは
    いそこさん、えんぴつ社川柳誌本日届きました~~♪(皆さんのところへも到着しましたか?)今日はホントなら実家行きだったんですが、私の風邪の治りかけと主人が夕べ高熱を出したため(今は落ち着いています。熱も下がりました。気管支炎かもしれないということです)とりやめ。先ほどポストをのぞいたら「えんぴつ社」さん♪
    「わ~~い。やっと来た~~」とわくわくどきどきしながら封を切りました。そして!!!正直ぶっ飛びました~~~~~。ま~~~~~~~ったく自分の入選は期待していなかったので、あまりのことに益々ドキドキしてしまいました。「ホンットに私でいいの?何かの間違いでは。。。」と思いましたがありがたく商品券はいただきました(図々しい)。本当にありがとうございます。いそこさん、どうかよろしくお伝えくださいませ。
    いそこさんのご紹介があったときに参加なさるといっていた、いそこさん、めぐみさん、春さん、たかこさん、そしてワタクシ、みんな入選していました♪おめでとうございます。うれしかったです♪
    それにしても富山の川柳誌ということで、ひたすらいそこさんの名前を探しました~~。
    たくさんのいそこさんの作品を読めてお得感もたっぷりでした♪ありがとうございました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 5:58 PM :

      このみさん、おめでとうございます♪
      先ほど我が家にも届きました。堂々と本名で意気込みを感じましたよ〜^^ 時事川柳の枠を越えた作品という感触です。いい川柳ですね。また記念の一冊が増えましたね。
      このみさんもご主人もお二人で体調が優れないのは心配です…。どうぞお大事になさってくださいね。

  7. 竹内いそこ on 2018年4月11日 at 4:33 PM :

    こんにちは めぐみさん
    やったー✌️‼️ このみさん‼️ 秀句❕

    おめでとうございます。やっと言えます。
    ずっと結果を知っていながら、発表までガマンしていたのは苦しかった。
    でも、 第一回の記念大会を私のミウチ(?)が秀句なんて最高。
    ね、めぐみさんもたかこさんも、皆知っている名前を見つけては喜んでいました。
    打ち込みしながら、その人らしさが感じられて、これは裏方の特権ですね。

    えんぴつ誌も読んでもらえて良かったです。
    字が細かくてごめんなさい。
    あんな感じで、頑張っているのですよ。

    ほんとにおめでとう
    気管支炎とのこと、お大事にしてくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 6:04 PM :

      いそこさん、無事に届きました。ありがとうございます。
      第一回の誌上大会が立派に大成功で良かったですね。お取りまとめもお疲れさまでした。題の語の終わりを結ぶと「川柳えんぴつ社」とは粋な計らいでちょっぴり感動。何か意味がありそうとは思ったのですが解明には至りませんでした。柳社を愛する気持が伝わってきます。
      富山に日本に「川柳えんぴつ社」あり♡ですね。

  8. このみ on 2018年4月11日 at 4:52 PM :

    再びこんにちは
    いそこさん、結果をご存知だったのですね!
    当たり前かもしれないけれど、ちょっと驚き。
    いつからご存知だったのかわかりませんが、本当にいろいろ裏方さんにはお世話になっています。あらためてありがとうございます。
    何はともあれ、いそこさんのお誘いで参加できてよかったです♪
    川柳誌さんは川柳誌さんでいろいろな悩みを抱えておいでのようですが、皆さんで地元の川柳を盛り上げていけたら本当に素晴らしいですね。
    これからも皆様の益々のご発展を陰ながら応援させていただきます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 6:15 PM :

      今夜は嬉しいニュースで最高のカンパイタイムになりそうですね。
      幅広いジャンルに結果を残せるこのみさんはスゴイです。充実の一冊をしっかり読んで勉強したいなと思いました。
      Congratulations♪( ^^)Y☆Y(^^ )

    • 春爺 on 2018年4月11日 at 7:11 PM :

      夕方到着の佐賀より遅い静岡の郵便事情でしたぁ~
      秀句おめでとうございます!。
      流石りゅうせきという感じでした。
      お酒だ図書券だ商品券だ・・実力が実になってるんだね~

      いそこさん、ありがとうございました。
      細かい字でもだいじょうV(古っ)いまだに裸眼で読めます。
      目はいいんです。歯はあしたむし歯の治療予約日です。

      シバザクラの写真、
      無限の広がりを感じさせられる切り取り方には感服です。

      • 竹内いそこ on 2018年4月11日 at 10:14 PM :

        春爺さん こんばんわ!
         
         初めまして、ですね。
         えんぴつ社の第一回誌上句会に御参加くださってありがとうございました。
         えんぴつ誌も読んでいただけて嬉しいです。
         今後ともよろしくお願いします。 

  9. 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月11日 at 9:05 PM :

    春爺さん、こんばんは。
    茨城の配達は大体どこよりも遅いのですが、今日はいつもより超特急でありました。
    目がイイのはうらやましいですね。心の奥まで社会の裏側も見通せそうです…。4月号も情報がいっぱい、字を小さくしないと入りきらないのでしょう。編集も大変ですね。
    芝桜の写真に目を留めてくださってありがとうございます。目で見ても正に無限の広がりという感じです。今夜はピンク色の夢が見られるかしら(^_^)
    今日もありがとうございます。明日もいい日になりますように。

  10. 竹内いそこ on 2018年4月11日 at 10:34 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     茨城の郵便屋さんも、私たちの気持ちが通じて配達を頑張ってくれたみたいですね。
     めぐみさんブログに載っている皆さんの反響を 坂下会長にメールで送りましたら、喜んでいました。さて、第二回はどうしよう、という話もチラホラ出てきています。
     が、・・・まずは一度に一つずつ。
      五月の北日本川柳大会で 選者をやることになりました。
      六月は全日本熊本大会、今日申し込んできました。
      何だかんだであっという間ですね。

     めぐみさんも来週に迫ってきましたね。
     シューズが地面を蹴る音が聞こえてきそうです。
     準備万端、体調を整えて 今は、そんな感じですね。
     わたしが走る訳でもないのになんだか、ドキドキしてきました。
      お天気になりますように。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月12日 at 5:35 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      北日本川柳大会の選者さんに決まったのですね。大役でドキドキですね。熊本にも参加予定ですか。いそこさんの今年は川柳の色に染まりそうな予感がします。
      ねんりんピックのチラシも拝見しました。富山の川柳は元気だなぁとうらやましく思います。
      今回の発表誌には選評のスペースが大きくて、とてもとても参考になりました。坂下さまにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。ますますの発展をお祈りいたします。

  11. このみ on 2018年4月12日 at 6:01 AM :

    おはようございます
    めぐみさん、春さん、お祝いをありがとうございます♪
    本当に昨日まではついてたなあ~~と思うばかりです♪
    いそこさん
    選者もなさり6月は熊本まで来られるのですね!!(近い私は行かないというのに)
    すごいな~~。すごいバイタリティー。素晴らしい川柳愛。
    だいたい誌上大会なる句会へも今回のようにいそこさんのお誘いがなかったらなかなか参加しないワタクシです。笑
    たぶんしばらくはのんびり過ごすと思います。
    いそこさんのこれからの益々のご活躍楽しみに拝見させていただきますね!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月12日 at 6:39 AM :

      昨日までも今日からもラッキーが続くこのみさんです。「花の便り」にふさわしい一週間となって良かったです。
      みなさまお元気になられましたか。何かと疲れも出るお年頃ですから十分に休養をされてくださいね。

  12. 夢香 on 2018年4月14日 at 5:37 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    久々の雨の土曜日になりました。
    芝桜・・・いいですね。こちらでも今、あちこちで咲いております。
    派手さはないけれど、地に足をつけて咲いている感じが好きですね!!。
    見落としそうな小さなすみれも可憐で力強さを感じますね。

    はなれてもきょうもささやく花便り

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月14日 at 9:19 PM :

      夢香さん、こんばんは。
      今日は雨の一日でしたか…。明日はこちらもそんなお天気になりそうです。週末になると雨模様というのも不思議ですね。
      芝桜は白い花もあるのですね。育てるとなると手入れも大変でしょう。でも見ているのは好きです。あの上でお昼寝してみたら一体どんな夢を見られるかなぁなんて想像しています。
      ところで「コンビニにそのままあった小銭入れ 夢香さん」は実体験でしたか?日本はいい国ですね。明日は楽しい日曜日となりますように。いつもありがとうございます。

      花言葉添えてあなたに贈ります

      • 夢香 on 2018年4月14日 at 9:35 PM :

        めぐみさん、またまたこんばんは♡。
        お花の上でお昼寝がしてみたいですね!!
        小学生の頃、れんげ田で寝そべっていた頃を思い出しましたよ。

        見つけてくださってありがとうございます。小銭入れの川柳は、実体験ですよ!!
        先日、大竹市内のコンビニでコピー機のそばに忘れていました。
        翌日それを思い出してそのコンビニに行ったら、「ありますよ」と言われてとても嬉しかったですね。
        誰が届けてくださったのかわかりませんが・・・。

        やさしくてほっこりさせてくれる方

        応援チームが勝ちました。スポーツニュースをはしごします!!

        • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月15日 at 7:08 AM :

          良かったですね♪ 次の日だったのにホッとしたことでしょう…!
          そんなふうにしてもらうと今度は自分も誰かに優しくしてあげようと思えて、世の中は住み易い方に変わってゆくのでしょう。今は負の連鎖ばかりでコワくなってしまいますね。
          今日の試合も昨日のようにうれしい結果になるといいですね(^o^)v

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K