Loading...Loading...

 

Takashi Nagatuka はこの土地に来るまで正直知らなかった

「土」を書いた人くらいは知識としてあったはずだが・・・

 

何年か前から地元主催の全国大会ということで

毎年の文学賞に短歌と俳句で参加している

 

  身の内に星の生れたる心地して娘が母になりたる夜明け

 

心をどう表現しようか

言葉でどう伝えようかと

川柳とまた違う世界で遊ばせてもらう楽しみの最終形を

少しだけ褒められてとてもうれしい

 

テーマにたどり着いて

作品が生まれてくるまでのプロセスが

私にはいちばん大事いちばん楽しい

そしてだから清書する時には手も心も震えてしまう

 

四世代小さく小さく雑煮餅   めぐみ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
p.s.

ご褒美に新しい iPhone 買ってもらいましたという報告でした



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 報告します”にコメントをどうぞ

  1. 佐藤 千四 on 2018年2月19日 at 9:46 AM :

    おはようございます。そして入賞おめでとうございます。
    第20回長塚節文学賞短歌部門でしょうか、やりましたねえ。恵さんの文学才能は「節」と共に常総市の宝物ですね。お孫さんのお誕生を喜ぶ姿が見えるようです。お母さまと4世代のいいお正月もあらためておめでとうございます。
    私もせめて作品に辿り着くまでのプロセスを楽しめるような、そんな姿勢であるよう残り少ない川柳人生でありたいものです。

          プロセスを楽しむ恋も川柳も

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月19日 at 12:17 PM :

      千四さん、こんにちは。
      参加することに意義があるというオリンピックの精神でした。でも選者の先生が佳作の中でも気になる作品として取り上げてくださったことが嬉しかったです。心の動きに耳をすませることは難しいですね。穏やかな心で自然体でいられたらいいのですが‥‥。
      一週間の始まりが気持ちのよい日になりますように。一番にメッセージをありがとうございます。

      ハッピーエンドヘ手順は多い方がいい

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年2月19日 at 9:58 AM :

    惠さん おはようございます。「長塚節文学賞」の短歌部門に応募され2,820首の中から「身の内に星の生れたる心地して娘が母になりたる夜明け」がご入選されましたか。娘さん、お孫さんへの何よりのプレゼントになりますね。そして、社長さまからご褒美に真新しい「 iPhone」を 買ってもらったのですね。誠に、おめでとうございます。また、漠然と茨城県の人と承知しておりましたが長塚節氏は常総市のご出身でしたか。郷土の誇りですね。いいニュースですね。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月19日 at 12:23 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      長塚節の生家にも行ったことがあります。愛用の机や歴史のある梅の木が印象的でした。でも貧しい雰囲気の小説を書きながら本人は裕福な家の育ちということで少しギャップも感じます。
      新しい iPhone がメインのご報告でありました。久しぶりにカバーも新しくて嬉しい毎日です。歩きスマホには気を付けましょう^^
      今日も川柳の一日ですね。明日からも健やかな毎日でありますように。いつもありがとうございます。

  3. このみ on 2018年2月20日 at 12:45 PM :

    めぐみさん、こんにちは
    短歌入賞おめでとうございます♪とても美しい歌だと思いました。

    表彰式も無事に終わり(とても素敵な時間を過ごすことができました)やっと少しは落ち着いた生活に戻れそうです。

    まだなんとなくバタバタしていますが、2月ももうあと8日で終わり。リラックスした日々を過ごしたいです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月20日 at 5:19 PM :

      このみさん、こんにちは。
      表彰式はいい時間になってよかったですね。今度の週末かな〜と思っていました。暖かい日でお出かけ日和でしたね。おめでとうございます。
      言われて気がつきました。2月は油断していると色々間に合わなくなってくるのです。月末の締め切りとか、慌てないように気をつけないといけませんね。
      家の不具合などにも一つずつ手をかけながらの毎日です。普通に暮らすための土台をキープするのは大変‥‥。私たちは自分の身体もいたわってあげましょうね。
      今日もありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2018年2月20日 at 9:17 PM :

    めぐみさん おめでとうございます!!

     テーマにたどり着いて、作品が生まれるまでのプロセスは文字数がちがうけれど、まったく一緒ですね。
     孫が誕生する・・・・
     娘が母になる・・・・
     同じ事実なんだけれど違う。
    気持ちの重心を置く場所がやはりめぐみさんなんでしょうね。
     
     しかし、このテーマにたどり着くというのもまた至難のわざ。
     毎月毎回四苦八苦します。
     二月も飛んでゆく・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月21日 at 7:08 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      ありがとうございます。小さな入選でもうれしい単純な私です。テーマが形になるには時間もかかるもの…。でも文字にしてからあまりいじっても鮮度が落ちる気がするので難しいですね。気持ちの重心という表現はサスガと思いました。自分でそれを意識できたらもっといい作品ができそうですね。
      雪は少し落ち着いてくれたでしょうか。寒さで固まりそうな心もやわらかくほぐれる気持ちの良い水曜日となりますように。

  5. AKK on 2018年2月21日 at 8:11 PM :

    身の内に星の生れたる心地して娘が母になりたる夜明け

     母になる決意なくして、子供を産むことはできないのですよね。そんな娘さんの強い気持ちを、めぐみさんが歌にしたことが素晴らしい。
     知ってますよ、

    新しき命を両の腕に抱きこれから君の母さんになる

     これはめぐみさん自身のことですよね。男に生まれた長塚節も決して追いつくことのできない世界です。もちろん私なんかには到底感じることのできないテーマ。ああ、女の人が羨ましい。どーして男は子供を産めないんだろー。なんとかならないもんでしょうか、教えて下さいな。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月22日 at 5:40 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      母さんになる歌からどれだけの歳月が経ってしまったんだろうと改めて感慨深いものがありました。言葉で思いを記してゆける有り難さも思います。覚えていてくださってうれしいです。この歌は第一回小野小町文芸賞短歌部門大賞という身に余る受賞でした。ちなみにその時のご褒美として土浦市の小野小町文芸館には歌碑が建っています。機会があったら探してやってくださいね。
      AKKさんの望みをかなえてさしあげるのは難しい問題ですね…。大変な事業?でもありますが確かに幸せな体験と言えると思います。それを家族の中で分かち合えたら最高です。
      今日もいい日になりますように。いつもありがとうございます。

  6. 夢香 on 2018年2月21日 at 8:55 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    日中の日差しが暖かくなりました。
    もうすぐ春ですね~♪。
    長塚節文学賞短歌&俳句部門ご入選おめでとうございます。
    心からお祝いを申し上げます。
    あちこちで実力を発揮されていますね。
    めぐみさんには、一足早い春が訪れましたね。
    嬉しい嬉しいご褒美ですね♡。

    ドローンで覗いてみたい胸の内

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月22日 at 5:46 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      新しくなっても支払うお金は幾らも変わらないという不思議なシステム。どこかで上手く言い含められてはいないかとも疑うのですが分かりません…。電話会社としては、とにかく続けてもらうことが第一問題なのでしょうか。表面のかすかなヒビが心配でしたが、大丈夫ですと下取りしてもらえたのでホッとしました。ちっとも使いこなせてはいませんが連絡手段としては便利なものですね。
      夢香さんの周りでも春が見つかりましたか。桜風味のお菓子も目につくようになりましたね。そろそろ美味しい春にも出会えますように。ありがとうございます。

      君にだけオープンにして胸の内

  7. このみ on 2018年2月22日 at 7:46 AM :

    おはようございます
    昨日「赤十字いのちと献血俳句コンテスト」さんより入選のお知らせ電話をいただきました~。(めぐみさんにもあったのでは?)
    表彰式は12月の中旬ですからほぼ2ヵ月後に入選などのお知らせはあるようですね。昨年も入選だったので「いつもありがとうございます」と言われてしまいました。
    こちらの公募にはそんなにたくさんは出してないと思うのですが、先日表彰式に出かけた公募は1年で一番楽しみにしている公募なので相当数出しています。いただいた資料に都道府県の応募数が書いてあって私の住む県の女性のところが「104句」。もしかしたらコレ全部私ではないかしらんと思いました。笑
    選者のお一人からも「あなたからのがたくさん」と言われた迷惑野郎です~~~。
    まあそれでもこんな大きな表彰式に呼ばれるのは最初で最後だと思うので、これからも誰に気兼ねなく命が続く限りバンバン出すつもりです~~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月22日 at 9:18 AM :

      このみさん、興奮冷めやらぬうちに次々と嬉しいお知らせですね。おめでとうございます。表彰式も全部出ていたら忙しくてたまらないね^^
      たくさん出せるのも才能の証拠。心に響く大会には思う存分チャレンジしてくださいね。私もがんばろう。(時間の許す限り、と言い訳しながら‥‥?)
      今日も良い作品が生まれる瞬間に出会えますように。

  8. エム on 2018年2月23日 at 3:39 PM :

    アタラシー iPhone はどんな?
    ピカピカ?
    サクサク?

    気がついたかな〜
    デンチナガモチ
    これがイチバンだよね

    デンキのモノって
    ジューデンやカンデンチやコード
    便利バッカぢゃないものな〜

    オレはデンキ仕掛けぢゃない
    モチはおっきくても大JOB
    うまくハシでちぎって食べる

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月24日 at 5:44 AM :

      さすがはエムです
      何より大事なのは電池の部分なんだよね

      もう途中で急に電池がなくなったり
      充電したのにできていなかったりという不具合はゼロ
      ストレスフリーとなりました
      ピカピカ&サクサクだよ

      電気の世の中は便利なようでそうでもないかも
      事が起これば人間など身動きとれなくなりそうです

      お箸の上手なエムと食事をしたら
      楽しいでしょうね〜
      日本人の大発明だと思います♪

      やっと土曜日にたどりつきました
      ゆったりと過ごせる週末になりますように

  9. このみ on 2018年2月24日 at 6:47 AM :

    おはようございます
    めぐみさんもあわただしい毎日を過ごされていらっしゃいますね。
    この年になると上から下から横から後ろから前からとなんだか何でもこちらに回ってくるので本当に気持ちが休まることがないですよね。こうやってあと10年は(生きてれば)やっていかなければいけないのかな~~とため息です。でも皆さん!お互いになんとかがんばりましょうね。
    昨日はNHK俳句と短歌どちらも一個ずつ佳作に入っていてまた図書カードの出番がありました♪平凡な日々に潤いをくれる瞬間。ありがたいです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月24日 at 11:47 AM :

      潤いでいっぱいのこのみさん、こんにちは。
      コンスタントに俳句と短歌もご入選おめでとうございます。今の自分を言葉で刻んでゆけるって幸せなことですよね。課題や締め切りに追われるのではなくて、そんな素晴らしいツールに出会えたことを楽しみたいと思います。
      上から下から後ろから前から‥‥って、まさにそんな感じの毎日ですが健康第一でなんとかやっていけたらいいですね。今日もいい日になりますように。

  10. マサ子 on 2018年2月26日 at 2:31 PM :

    めぐみさん、こんにちは。
    長塚節文学賞 短歌、俳句部門御入選おめでとうございました。
    去る10日表彰式がありました。
    総評に特に印象に残った歌として、めぐみさんの作品がとりあげられている事、我がことのように、うれしく読みましたよ。
    私たちの誇りです。「節のふるさと」

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月27日 at 5:45 AM :

      マサ子さん、おはようございます。
      立派な大会を支えるお仕事もお疲れさまでした。そして俳句部門のご入選おめでとうございます。泥濘と蛍の取り合わせがとても新鮮で、絵になる一句だと思いました。こんなフレッシュな作品に憧れます。いつか表彰式でお会いできたらいいですね。
      常総市が「節のふるさと」として、いい町に育ってほしいなぁと思います。いつも心に懸けてくださってありがとうございます。ものみな芽吹く春には、ますます良い作品が生まれそうですね。今日も笑顔の一日になりますように。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K