Loading...Loading...

にわには池があってだんだんと浅くなってくる
こんなに寒いのに水の面が緑一色になっている
「なんとかしなければ」と言うだけで
すぐに動いてくれる人がいる

道具の準備と
仕事の段取りと
スケジュールの調整
お役所なんかじゃ真似できない素早さ

 

 

 

 

 

 

 

水中ポンプで排水するのも
ヘドロをすくう道具を見つけるのも
それもこれもknow-howっていうか知恵っていうか
私なんかじゃ絶対真似できない三本多いか不安になる

下働きに徹します
バケツでヘドロを運びます
針金10センチもう一回でも取ってきます
暖かくなったらまた金魚救いに行くんだからね

 

如月や池の澱みに深くをり   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 二月は逃げる”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2018年2月25日 at 1:04 PM :

    惠さん こんにちは。お庭の池の大掃除ですか。この寒さの中で大変ですね。道具の準備、仕事の段取り、ポンプで排水、ヘドロの排出と大仕事、社長さんは「下働き」がとてもありがたいですね。また、子ども達は水遊びが大好きです。縁日、お祭礼、盆踊りなどお孫さんとの金魚すくいが楽しみです。ところで、わが家でも亡き父が金魚を飼っていました。五十歳台、単身赴任から返ると早速半ズボンに着替えてて池の掃除でした。懐かしいですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月25日 at 1:35 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      池の掃除は結果も目に見えるのでうれしいですね。底に積もったもろもろのものはすくえば取り出せますが、心の中はなかなか掃除が難しい〜。貯まってゆく一方のようで困っています><
      きれいな水の中をすいすいと泳ぐ金魚を思い浮かべて、もう少し精を出すことにいたしましょう。
      今日もありがとうございます。笑顔の日曜日となりますように。

      • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年2月26日 at 11:59 AM :

        めぐみさん、こんにちは。私の場合は池の中に入ってブラッシング掃除に汗を流しますと、うっすらと心に積もった塵芥が少しましな方向に改善されます。そして、更に、大衆酒場、回転寿司屋さんなど非日常の世界への逃避です。また、私は今昔の大きな火鉢の底に小さな穴を開けてメダカを飼っていますが、冬眠に近い状態で餌も週1程度。春になったら水をきれいにしてメダカの学校を楽しみたいと思います。K眼科医から返りましたが、風は冷たいですよ。ところが、日曜日は19度とか。春ですね。今日一日をお楽しみ下さい。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月26日 at 12:31 PM :

          火鉢にメダカはとってもお似合い。夏は涼しげでいいですね。今は冬眠状態ですか。メダカさん、もう直ぐ水も温かくなるからね〜。
          池の掃除も私の中では非日常と言えるのかもしれません。普段はあまりやらないので‥‥。
          日差しが柔らかく感じますね。冷たい風に油断をしないようにいたしましょう^^

  2. 佐藤 千四 on 2018年2月26日 at 9:58 AM :

    おはようございます。
    私の脳味噌の池もずいぶん緑色になっている
    何とかしなければ でもその思いも次第に薄くなる
    周囲の誰も気付かない
    頭の体操で回復 いや先ず今宵のヘドロ浄化剤
    役所も医者も当てにはすまい
    頼みの綱は近所のお酒屋さん

          養老のお池を一つ持ちたいな

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年2月26日 at 12:00 PM :

      千四さん こんにちは。ご謙遜ですね。年老いても「脳味噌」そのものはまだまだ捨てたものではありません。パソコンの買い換えのときのように、蓄積された知識、経験などのデーベースを移せないかと考えます。兜太さんの俳句に関する蓄積など何とかなりませんかね。「養老のお池を一つ持ちたいな」、養老の滝はお薦めできません。きっと、長生きが出来ませんよ。今日も有難うございます。この冬の寒さも、きょうが峠とか。最後の寒さをご堪能下さい。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月26日 at 12:41 PM :

        茂男さん、こんにちは。歳を重ねたおかげで身につくものがたくさんありますね。越えてきたあれこれも今ここにいるための大事なステップだったのたと思います。
        疲れてきたパーツを労わりながら自分に優しく過ごしましょう。明日はどんなイイコトがあるかな (^o^)v

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月26日 at 12:37 PM :

      千四さん、こんにちは。
      百薬の長という最強の味方があれば心も身体もスッキリ!いいお付き合いで健やかな毎日を過ごしてくださいね。
      浄化剤といえば、バイオの力で水をきれいにするというよく分からない薬を入れてみたのです。心なしか水が澄んできたような気もします。でもよく考えると生き物も沢山いるスペースですから多少濁っている方が自然なのかもしれません。人間の都合ばかりを言ってはいけませんね。
      今日もありがとうございます。春の一日を気持ちよくお過ごしくださいね。

      覗かない方がよろしい池の底

  3. AKK on 2018年2月26日 at 4:44 PM :

     この二月の寒い時、池の澱みの深いところに生き物たちはそっと春を待っているのでしょう。めぐみさんの心もそんな場所にあるのかと心配しちゃいますよ。「や」があって俳句なのですよね。もしかすると枯葉なんかが積もっていて、居心地がいいのかもしれませんね。下手に寒い思いをするくらいなら、息を潜めてじっとしているのもいい考えでしょうか。
     石組みの立派な池は庭の主役の一人ですね。綺麗にするっていうのは本当は池ではないのでしょうね。気持ちの良い春を迎えるための要素がめぐみさんには人より余計にあるということです。それにまた二人仲良く仕事をしているとすると、もう春は来ているってことかな?
     なんならアルバイトにエムでもやりましょうか。私はそばでお茶でもすすりながらタバコでもふかします。日本庭園のあるお屋敷の旦那さんになった気分を味あわせてください。庭池の管理はとても大変なのは知っていますが、また金魚を救ってきたら報告してくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月27日 at 5:52 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      泥だらけにかきまわしても次の日の朝にはきれいな水になっている池でした。バタバタと動き回らずにじっと静かに考える時間も大切だよ〜と無言で教わっているような気がします。生態系を乱さずになるべくきれいに保っておくのは難しいものですね。生き物たちに恨まれない程度にがんばります。
      日差しが明るくなったら、もっと澄んで見えるかしらと楽しみにしています。ぜひゆっくりとお茶でも楽しみにお越し下さいませ。そのうちに金魚たちも入居予定になっていますから^^
      いつもありがとうございます。残り少ない二月も楽しくお過ごしくださいね。

  4. このみ on 2018年2月26日 at 6:11 PM :

    めぐみさん
    池をきれいにしてくれる魔法使いさんがいてくださって本当にありがたいです。
    わが家の魔法使いさんもとっても器用なので店が広すぎて寒くてたまらないので温室を作ってくれました。廃材でパパッと。まさに魔法です♪
    家も古くていつ壁が崩れるかわからんね~~とか言いながら日々を過ごしています。できるなら私たちが滅びる日まで持って欲しいものです。

    2月ももう終わりですね。しんどいながらとても幸福な2月でした。3月はもっとぼやぼやっと過ごせたらいいな~~と思っています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月27日 at 5:57 AM :

      このみさん、おはようございます。
      温室の住み心地はいかがですか。やさしい魔法使いさんは頼りになりますね。いつもこのみさんのことをしっかりと見ていてくれるんだなぁ〜と思いました♡ 建物も人間もケアしながら長持ちさせていきたいですね。
      いつにも増してこのみさんにとっては Happyな二月でしたね。でも来月はもっとビッグなことがあるかもしれない…。楽しみに待っていることにしましょう。
      朝がとっても早くなりました。今日も元気な一日になりますように。ありがとうございます。

  5. 竹内いそこ on 2018年2月26日 at 9:10 PM :

     こんばんわ めぐみさん
     池のお掃除ご苦労様でした。
     終わった後のおやつタイムはさぞ美味しかったでしょうね。
     きれいになった成果を眺めながら、ここに金魚を何匹入れようか、なんてお話しているのは楽しそう。きっと小さい人たちも(いや、どんどん成長してもう小さくなくなっているかな)金魚の餌まきを楽しみにしているのではないでしょうか。

     今日は小学校二校目の川柳教室でした。
     三年生たちをお相手にお題は「かがやき」
     この時期だから 金メダル とでてくるかな?と予想していたのですが、三十人クラスで一人もいなかったのです。閉会式が終わったら、さっさと次のことを考えているのでしょうか。 切り替えの早さがちょっと寂しかったです。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月27日 at 6:02 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      川柳教室はお疲れさまでした。もう二校目なので余裕だったことと想像します。でも子どもたちに見つめられるとドキドキかな。三年生くらいだとお題に向かって一生懸命考えてくることでしょうね。切り替えの早さは発見でした。現代っ子は刺激も多いからそうかもしれませんね。大人はいつまでも金メダルのあの演技…なんて振り返ってしまいます。いつも前を見ている証拠なのかしら。でもそんな生き生きとしたハートに直に触れられる体験は貴重ですね。
      当日はどんなかがやきが集まったのでしょう。私たちも小さくていいから輝いていたいですね。今日もありがとうございます。充実の一日をお過ごしくださいね。

  6. 竹内いそこ on 2018年2月27日 at 10:51 AM :

    めぐみさん おはようございます

     そうですね。三年生さんたちのかがやきは・・・
       北陸新幹線の「かがやき号」がけっこう多かったです。
       まだ乗ったことがない人も多いのであこがれるのでしょう。
       そして、地元に佐々成正の埋蔵金伝説があるので「小判を発掘!!」
       先生を喜ばせたのは「ウチの学校」
       川柳の先生たちをキュンとさせてくれたのが「いもうと」

        これだから 川柳教室は最高なのです。
     
       
       

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年2月27日 at 12:04 PM :

      いそこさん、早速にお返事をありがとうございます。
      ふるさとの自慢である「かがやき号」は納得ですね。地元の伝説もよく知っている!ウチの学校って先生たちには忘れられない一句になりそう。そしていもうとを詠うとは頼もしいお兄ちゃん!柔らかい三年生のハートを覗いたような気がします。大人も負けちゃいそうですね。
      いいなぁ、川柳教室。指導者がいそこさんだったからこそ、これだけの発想を引き出せたのですね。これからもいい時間を重ねて下さいね。レポートも楽しみにしています。

  7. 夢香 on 2018年3月1日 at 6:33 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    二月は駆け足で逃げて、早三月となりました。
    昨夜は強風で時々目が覚めました。
    手際のいい魔法使いさんのおかげで、生き物たちの居場所がきれいになりましたね♡。
    春を迎える準備が着々と整っていますね。
    本当の春はもうすぐそこまで来ています。
    金魚すくいが待ち遠しいですね!!

    幼子の笑みをワクワク待ち望む

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月1日 at 9:14 PM :

      夢香さん、こんばんは。
      昨日の夜はご心配でしたね。あちらこちらで突風の被害のニュースがありましたが影響はありませんでしたか。こちらも朝方は土砂降りで、すぐに上がって青空の一日。めまぐるしい日でした。
      春といえば土曜日はオープン戦。ルーキーの活躍も楽しみですね。また応援にワクワクのシーズンの始まりです。万全の体調で備えましょう♪
      泥の中にいたはずの一匹の大きな金魚は昨日とは場所を変えて隠れていました。動かないので心配していましたがちゃんと生きていてくれたみたいで、良かった〜。私もそろそろ冬眠から醒めないと…と思います。
      今日もありがとうございます。いい夢をみられますように♡

      楽しみが幾つもあって春うらら

  8. このみ on 2018年3月2日 at 5:01 AM :

    おはようございます。
    ぼやぼやっと過ごしている今日この頃。今週は日々がすっ飛んでいきました。
    昨日「枕」が届いて早速試してみました。よくわからないけどなんとなく調子がよさそうな気がしています。
    1,2月の入選などの作品集や賞品などがあと7つくらいは届く予定なので楽しみに待っているところです。先日届いた草木染の桃色のスカーフはあまりにも素敵でしたので今月バースデイの娘にクッキーと一緒に送るつもりです。
    3月は入選の兆しをまったく感じていません。かえって静かさを楽しんでいるワタクシではあります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月2日 at 6:45 AM :

      このみさん、おはようございます。
      コンスタントに入賞を重ねられて待つ楽しみもいっぱい。まさに春うらら〜ですね。新しい枕も調子が良さそうで何よりです。人生の三分の一ほどは眠っているわけですから枕はとても大事なツール。ぐっすり眠ってスッキリと目覚められたらそれだけで得した気分になれそうです。
      草木染めのスカーフはこれからの季節にもピッタリですね。娘さんも喜んでくれるっことでしょう。優しいお母さんですね♪
      静かな日もありとんでもない日もあり‥‥今日はどんな日になるでしょう。

  9. このみ on 2018年3月2日 at 5:56 PM :

    こんにちは
    今日は「いのちと献血俳句」の入選の賞状と作品集が届きました。
    今回は23万句もの応募があったそうです。めぐみさんと同じ所長賞をいただいたときの作品集を改めてみてみたらその年はなんと40万句の応募!!!すごいですね~~。学校単位のある公募の応募数ってハンパじゃありません。あらためてびっくりしました。
    そんな中で選んでいただけるなんて、これはもう運でしかないとあらためて実感した次第です。先日表彰式に出た公募も私以外の3人は皆学生さんで学校の授業で一句出しただけで選ばれていたのでした。もう一方高齢の方も初めて出された方のようでした。う~~~~ん。。。。選って奥が深い~~~。とても私なんぞには理解できない世界なのでした。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月2日 at 6:34 PM :

      このみさん、今日もおめでとう〜♪
      天文学的な入選確率でスゴいことですね。作品にインパクトがあったのだろうと思います。運を引き寄せるのも実力のうちですから。もう常連さんですね^^

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K