Loading...Loading...

IMG_2013

 

それぞれの思いが空から降る

厚い雲は夕暮れを早め

水滴のプリズムさえも消し

また今日が終わっていく

 

半歩さえも進めなかったと

恨むことより自虐の道を

今宵の夢の中までも

辿り続けようというのだろうか

 

そんな私を私は許さない

たとえ明日晴れなくても

空高くは秋の気配のはず

きっと幻ではない晴れの日は来る

 

赤とんぼの歌が聞こえて

金木犀がくすぐってくれたら

肩の力を抜いて上を向こう

ありがとうが言える日には

 

IMG_2014

 

 

風立ちて窓も心も開けてある   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 この雨が上がれば”にコメントをどうぞ

  1. てじま晩秋 on 2015年10月4日 at 7:24 AM :

    めぐみさん、おはようございます。

    葉っぱからすると大根ですね。カミサンの手伝い(=肥料、器具の運搬etc)をしてるうちに段々覚えてきました。当方も赤トンボ、糸トンボ(黒トンボ)が沢山舞ってます。全国的に数が減ったとの声もありますが、当方ではまだいっぱいいます。

    炬燵出す頃、大根おろしで秋刀魚・・ですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月4日 at 8:46 AM :

      晩秋さん、おはようございます。
      炬燵と言えば、この水害で掘り炬燵がダメになってしまったのです。すっかり水に浸かって、残念でした。何とかしないといけないのですが、大工さんも大忙し・・・。困ったなぁ。寒くなるまでに直りますように。
      今日もありがとうございます。晩秋さんにとっては久しぶりの運動会ですね!かけっこにも出場しますか?楽しい一日になりますように。

  2. このみ on 2015年10月4日 at 9:06 AM :

    おはようございます
    まだまだ水害の爪あとは残っているのですね。
    災害被害に幸運にも会わずにすんだ者は本当に申し訳ない気持ちになります。
    どうか一日も早く復旧しますようにお祈りします。
    東北の大地震があったとき気持ちの整理がどうしてもつかなくて何年か前の「あなたのさくら色」の歌詞部門に気持ちをぶつけてみました。
    長い長い歌詞。二次予選を通過したのでこの長ったらしい歌詞も全文載せていただいていますが、この歌詞だけは私にしては珍しくすごくすごく推敲した文です。
    たまたま白石市の表彰式の帰りで、あのへんは電車の乗り継ぎ時間がメチャクチャ不便で車なら1時間もかからず帰れるのに待ち時間や鈍行のおかげで思いがけずたっぷりの時間が天から降ってきたのでした。それで心置きなく自分の気持ちと向き合える時間を持つことが出来ました。そういうことってホントないですよね。いつも何かに追われていて。
    なのであの詩は突然いただいたポッカリの時間の中でゆっくり温めることができた詩でした。(もしお時間が許せばのぞいてみてくださいね。とはいえ自分ではもう読めません。あまりにも赤裸々で)

    めぐみさんの今回の詩も深いですね。あらためてめぐみさんの言葉の宝石箱を感じます。
    昨日、別の文芸祭さんから「詩部門」入選のお知らせが届きました。もちろん何を書いたかまったく覚えていません。なので作品集を楽しみにしているところです。
    「愚陀佛庵」さんへも問い合わせたのでちゃんとプリントできました。本当にいい記念です。あと2枚がんばりますよ~~~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月4日 at 1:32 PM :

      このみさん、こんにちは。
      長い歌詞は「さくら・レクイエム」でしたね。♪ごめんなさい、何の力にもなれなくて・・・召された命はさくら、そして千年花を咲かせる。♪言葉が先にあるのではなくて、あふれるような思いが手触りとして伝わってくるような気がします。メロディーがついたら楽しいですね。これを短詩型に凝縮するのだもの。高評価をもらうのも当然です。でも最近はすっかり詩人のこのみさんですね。
      自分の気持ちと向き合える時間は貴重です。そんな中から生まれた言葉は本物です。細切れでもいいからそういう静かな時間を作る努力をしないといけないと思ってはいるのですが、気持ちばかりで空回りするばかり。困りました。
      入選記念のイラストはもうすぐ十枚ですね。一体どれだけ増えるのかな。お部屋におしゃれなギャラリーを作りましょう。
      今日は久しぶりに息子と一緒に採れたてのエダマメお味見会でした。優しい美味しさに癒やされます。そして、このみさんのメッセージにもホッとします。決して何の力にもなれないなんていうことはありません。いつもすごくたくさんのパワーを頂いていますよ。ありがとうございます(๑′ᴗ‵๑)

  3. 夢香 on 2015年10月4日 at 7:57 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    写真から前に向かって進もうとされる想いを感じでおります。 
    朝、少し栗拾いをしました。
    父が栗の苗を植えてくれたので、家の近くで栗拾いができます。
    めぐみさんに早く当たり前の日常が戻ることんお祈りします。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 4:13 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      栗拾いをやってみたくても、日本中の土地は誰かの私有地ということですから、思うようには出来ないものですよね。自分の栗の樹があるって何てうらやましい環境なのでしょう。お父さまに感謝ですね。イガイガは痛そうですが革手袋が要るのかしら。ケガには気をつけて下さいね。
      おかげさまで久しぶりに静かな日曜日でした。ありがとうございます。夢香さんにとっても充実の一週間になりますように!

      • 夢香 on 2015年10月5日 at 5:48 AM :

        めぐみさん、おはようございます。
          だいじょうぶ火箸一つで栗拾い
        手袋は要りませんね。
        たまに素手でイガイガに当たると「あっ痛!!」という感じですがー。
        また、新しいワクワクの一週間が始まります。
        赤とんぼ、秋桜、きんもくせい、実った稲穂・・・季節は確実に巡ってきますね~!!。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 6:31 AM :

          そうでしたか!火箸を使うんだね(^o^) ますますチャレンジしてみたくなりました。
          新しい一週間・・・良い言葉ですね。実りの秋を楽しくすごせますように!

  4. さくら草 on 2015年10月4日 at 7:58 PM :

    めぐみさん
    お手がすかれたら紋章川柳ブログちょっと覗いてね(〝⌒∇⌒〝)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 4:14 AM :

      さくら草さん、おめでとうざいます。
      10月3日のお誕生日に合わせて川柳句集「さくら草」のご上梓、心からお祝い申し上げます。まるで息をするように川柳と共に歩いてこられたさくら草さんの立派な記念碑ですね。今年のお誕生日は忘れられない記念日になりましたね。
      お母さまがご覧になったらさぞかしお喜びでしょう。素晴しい形の親孝行になりそうです。
      これからも読む人の心に届く作品をたくさん見せて下さいね。ますますのご活躍を祈念いたします。
      Congratulations ! ( ^^)Y☆Y(^^ )

  5. AKK on 2015年10月4日 at 8:03 PM :

     なるほど金木犀はくすぐってくれますね。我が家ではくすぐられて咲いたことに気づかされ、あっという間に散っていきました。
     移ろう季節に目を向けてくれためぐみさんに私からありがとうを贈ります。傷んだ心が癒されていくプロセスは、上辺だけの「がんばって」などでは先へは進まないものです。本当に見舞う心とは一体なんでしょう。実祭に役に立ち救いになるために私には何ができるのでしょうね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 4:22 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      本当に金木犀は短い期間のお楽しみでした。慌ただしく過ごしているうちに、ちゃんと写真も撮れないうちに次の季節の準備に入ってしまったようです。
      季節は移ろい私の心も少しずつ変わってきました。何人もの人たちに実際に大きな力を貸してもらって目の前のものが片付いていくだけで、重荷が減っていきます。やっと粗大ごみを受け付けてもらえたのですが、次の日にはその場所が満杯のため閉鎖というお知らせ。危機一髪の滑り込みセーフでした。
      みなさまのひと言ひと言は、目には見えなくても、カッコ良く言えば何よりの力になります。AKKさんにもたくさんの御礼を申し上げます。季節の変わり目、どうぞご自愛くださいね。いつもありがとうございます。

  6. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2015年10月5日 at 4:51 AM :

    恵みさん、おはようございます。不安定で、気ままな大気のお陰で、辛い思いをされましたね。何も出来ませんでした。ご免なさい。私は、子どもの頃ひどい貧乏を体験しました。食糧難、極度の栄養失調、リューマチ熱、心臓弁膜症、二十歳まで、生きられないと学校医に宣告されました。が、病は自然治癒。いっときの心身の辛いこと、それを、心の染みにして残してはいけないと思いました。大根も、着実に伸びています。恵さんも、「だいじょうぶ雨のち晴れハはずれない」と、雲の上の太陽を信じましょう。今日は、晴れのようですよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 6:29 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      昨日は宝探しにご出場ということで、お疲れさまでした。ちょうどサザエさんでも運動会の宝探しのお話でした。茂男さんはどんなお宝を見つけたかしら?見るだけでなく運動会はやっぱり参加するのが楽しいですね。曲題目の練習もあと一回を残して土曜日には本番。早いですね。子どもたちが笑顔で最高の演技ができますようにと祈っています。
      どんな毎日も、朝、茂男さんの言葉が、文字を通してお声で聞こえてくるような気がしました。言霊とは不思議なものですね。今日もいい日でありますように。ありがとうございます。
      Every cloud has a silver lining.

  7. さくら草 on 2015年10月5日 at 9:21 AM :

    めぐみさん
    大根葉を綺麗に植えてますね。
    こういう根のはいるものは、間隔をきちんとしないと
    大きく太らないですね。母のするのをみてました。
    めぐみさんのは、ちょうどいい具合に間引いてありますね。
    農業?も手慣れたものです。
    私の句集・・実はベストを尽くしたのですが内緒ですが不安です。
    割と神経質なんです。Ψ(´д`)Ψヶヶヶ・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月5日 at 9:27 AM :

      手を離れた子どものような宝物が
      何処でどんなパフォーマンスを見せてくれるか
      創作活動とは別に
      また新しい楽しみが増えましたね
      心からおめでとうございます♡

      大根は土の中が見えないので不安で一杯です
      ちゃんと育っているかどうか
      抜いて確かめたい衝動にかられてしまいます(@@)

  8. 佐藤 千四 on 2015年10月5日 at 5:28 PM :

    こんばんは。
    水禍をくぐり抜けても君は大きくなりましたね。その水もやがて一滴のプリズムとなって君の葉っぱから消えて行ったのですね。プリズムに愛を感じてしまったのですか。そんなに悩まなくてもいいんだよ。みんなそうなんだから。大丈夫、明日は晴れですよと言いにきのですかトンボ君。

    君だって飛べる葉っぱの羽がある

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月6日 at 6:03 AM :

      千四さん、おはようございます。
      やさしいメッセージが届いた彼らも精一杯育ってくれることでしょう。ありがとうございます。それにしても、地上に実のなる野菜と違って、成長ぶりが目に見えないので心許ないですね。早く白い肩がのぞいてくれたらいいのにな。土の表面は乾いていながら、今でも全体にしっとり湿った色をしています。しばらく水やりは必要なさそうです。ほっ^^
      上から見ると、お日さまの愛を受け止めるために、葉っぱは無駄の無い形をしているものですね。自然の造形美に感動します。

      一斉に飛び立つ緑と白の夢

  9. このみ on 2015年10月5日 at 8:49 PM :

    こんばんは
    11月の最初にあるお祭のため町内ではお囃子の稽古がにぎやかです。
    今年はそれぞれの事情でうちの3人の若衆は参加しないので、シルバーを中心にお仲間が集まりそうです。とにもかくにもこのお祭を無事に過ごさなければなりません。
    昨日スーパーで会った知人が「60歳からは1年1年が勝負よ」と言っていたけど、まさしく一つ一つの行事をきちんと済ませないと次へ進めない感じです。

    「あなたのさくら色」の二次通過の発表があっていました。川柳はダメでしたが三行エピソードと歌詞は通過してました。ただ残念なのは例年だと二次通過すると作品が掲載されていたのに今年は名前のみ。最終で残れるはずがないので記録していない作者自身(ワタクシのことです)にも迷宮入りとなってしまいました。(笑)しかたありませんね。通過しただけでも良しとします。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月6日 at 6:12 AM :

      このみさん、おはようございます。
      だいじょうぶ、最終選考に残れば全部見られるよ!それにしても、応募数が半端ではないのに毎年好成績ですね。二次に残っただけでもスゴいことです。おめでとうございます。楽しみに発表を待ちましょう。
      一年一年が勝負、ホントにそうですね。今はもっと短いスパンで一日一日と言い聞かせる毎日です。良い意味で、その日暮らしをがんばります。大きなお祭りが近づくと何かと気忙しくなりますね。楽しく準備がはかどりますように。
      今朝はすっかり涼しい秋の気配です。このみさんも風邪などひかないように気をつけてくださいね。ありがとうございます。

  10. エム on 2015年10月6日 at 1:32 PM :

    愛だよ愛
    マズはめぐみさんジシンを大切にしてあげてよ

    助けてくれた人もソーぢゃないヤツも愛しちゃおう
    傷ついためぐみさんに追い打ちをかけるような言動も
    市民のためと言いながらそんな時には当てにならないギョーセーも
    ミィ〜ンナ許しちゃうぞ

    大根や赤とんぼやキンモクセーだと思えばEよ
    めぐみさんが災害でドーシヨーもなかったのとオンナジに
    もっとココロのちっちゃいヤツらには仕方なかったのさ

    そんで
    オレも愛してよね
    ウンマイえだまめ食わせろ〜
    麦のジュース付きで
    もちろん泡の出るヤツ

  11. 岡本 恵 めぐみ on 2015年10月6日 at 4:28 PM :

    そうだね〜
    愛だね
    どうしても気持ちがかさかさしていると
    周りのあれこれについて何か言いたくなってくるんだ
    気をつけなくちゃいけないね
    エムは偉いな
    乾杯をして一日の一区切りにしましょう
    私も真似して名水で乾杯!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K