Loading...Loading...

ほころびたと聞けば
夜なべで繕い物などすることもあります
さて赤はどうか白はどうかと思いはあっても
知らないうちに今年も紅が先でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い上に大人しくと言われれば
何か楽しみはと数え直して
行き着くところはやはり
生物学上極基本的欲求充足

 

 

 

 

 

 

 

なるべく人の気配の少ない時間
白いご飯や麺パスタよりもずっと好きなものに
会いに行きます
どれにしようかなと時間をかけて悩みます

 

 

 

 

 

 

 

近頃のお気に入りは
コーヒーの無料サービス
カロリーとお財布のことはしばし忘れて
ピーターパンというパン屋さん

 

パンなのにご飯食べたとこれ如何に   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 暖かい日を選んで”にコメントをどうぞ

  1. AKK on 2021年1月29日 at 6:43 AM :

     どこかダジャレっぽい軽めのブログをありがとうございます。これから少しずつ春になろうとしているのに、みんなして抱えているものはせめて心の中だけでも払拭してしまおうとしているのに、素直に楽しい気持ちになれなかったり、そうではないのに誰かのせいにしてみたり、抑圧を受けた時の公式みたいな行動を取ってしまいそうになりますね。こんな時にこそその人の人間力みたいなものが見えてくるような気がしています。
     美味しいものはいいです。めぐみさんはパンですね。そこに無料のコーヒーとくればコスパもなかなか。おしゃれな感じもあるし誰でも手が届きそうだから、ご一緒しているみたいで楽しいです。
     私なら、、そう、、、カツ丼でしょうか。いつか最高のカツ丼に出会えると信じて生きている、と少しオーバーですけど味だけじゃなくてシチュエーションも含めてそんな野望を持っています。学生の頃のアルバイトのお金が入ってすぐの、少し勝った徹夜マージャンの眠い朝のカツ丼に勝てるものに必ず出会ってやるぞと本切っで思っているのですよ。
     パンの思い出を一つ。もちろん akk だった頃。七輪の網の上できつね色に炙った食パンに、父親が銀紙を向いたバターを手に持って塗りつけて、それだけでも格別においしいのに、そこに砂糖をかけてくれるのです。子供なのに極楽とも思えるようなグルメ。一家に一本しかなかった牛乳も甘くしてくれたのですから、もったいなくて舐めるように味わっていました。網目のついた食パン、あんまりおしゃれじゃないけどまた食べてみたいなあ、あの頃に戻れたらね。めぐみさんにもご馳走したいなあ。大好きなおしゃべりでもしながら、、、

    • めぐみ on 2021年1月29日 at 8:41 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      そうですか、カツ丼に思い入れがおありなのですね。懐かしい思い出ともオーバーラップするのかな。きっといつかその祈りは叶えられることでしょう。その暁には是非ご報告をお願いしますね。
      そして七輪でのトーストは、ちょっと今では難しそう。でも香ばしい香りがしてくるようですね。きつね色に焼いてバターと聞いただけで、もうとろけそうです。うちではつい最近までロースターで食パンを焼いていたのでした^^
      今日も楽しいお話をありがとうございます。元気な金曜日をお過ごしくださいね。

  2. このみ on 2021年1月29日 at 6:55 AM :

    おはようございます
    少し暖かくなったかと思ったらまた寒く、老人には体調管理が大変です~~~。
    とにかく実家へ行くためには風邪をひくこともできず、日々自分の体調が気になります。

    紅い花、可憐ですね。春を告げてくれてるのかな?
    実家の庭も誰も手入れをしないのに、赤と白の山茶花(?)が枯れ枝にけなげに咲いています。

    美味しいパンに巡り合うと本当に幸せを覚えますよね!食べたいパンすべて食べてみたいけどそうもいかず、選ぶのは一苦労です。わかるわかる♪
    昨日は久しぶりに実家で知人と近くの「焼きスパ」を食べました。美味しかった~~♪
    前も書きましたが還暦を過ぎた姉妹さんがやっているお店なのですが、もう50年もされているそうです。お姉さんはきりっとした知的な方ですが、妹さんはまるでそよ風のようにふわりとやさしいメルヘンのような方でとても好きです。声がまたかわいらしくふわっとしていて、何度もお礼を言ってくださり、私はこういう方には初めて会いました。不思議な魅力のある方です。

    1月がもうすぐ終わりますね。コロナが早く終息して春が来てほしいです。

    2年ぶりくらいに弟が来て実家に泊まってくれていました。ほんのちょっとニアミスしただけですが、遠くに離れていると兄弟とはいえ親子とはいえなかなか会えませんね。めぐみさんはどうですか?

    • めぐみ on 2021年1月29日 at 8:47 AM :

      このみさん、おはようございます。
      お気に入りの焼きスパですね。素敵な姉妹さんのこだわりのお味は格別でしょう。料理だけでないひと時はお金では買えないような気もします。
      久しぶりに弟さんともちょっと会えてよかったですね。元気でいてくれたらそれでいいのですが、やはり実際に会うと嬉しいものです。子どもや孫はもちろん妹ともしばらく会っていません。本当に、早く心おきなくいい時間を過ごせるようになってほしいものです。
      明るい朝になりました。今日もいい日でありますように。ありがとうございます。

  3. 二宮 茂男 on 2021年1月29日 at 8:12 AM :

    恵さん おはようございます。戸塚のご実家の山茶花ですか。庭付きの戸建て住まい、これが理想ですが、2カ所に構えるのは大変です。私は昨年、手頃の白梅を切り出して植木屋さんに持って行ってもらいました。そして、この時期小綺きに、紅い山茶と白梅を咲かせるのはそれなりの苦労が必要です。年に、何回か横浜へドライブするようですよ。コロナも正念場です。節分の「鬼は外」も控えめですね。

    • めぐみ on 2021年1月29日 at 8:53 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      節分を過ぎたら春が来るはずなのに、なかなか明るい兆しが見えない日が続きますね。それでも花たちは忘れずに季節になるとほころんでくれるから偉いです。疲れてしまった人間たちはどうしたらいいでしょう。
      庭の梅はなかなか思うように咲いてくれませんが、少し蕾を持ってくれるだけで希望を感じています。散歩道で出会う梅も楽しみです。今日も恙無い一日でありますように。いつもありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2021年1月29日 at 10:43 PM :

    こんばんわ めぐみさん
    私も一時 焼きたてパンにハマっていました。
    焼きたてクロワッサンの焼き上がり時間を駐車場で待っていたものです。
    茶色のパリパリの薄皮をセーターの前にこぼしながら、噛り付く。
    最高!
    かじるときの音も味わいのうちですね。

    このところの陽気で薄紅の梅が開いています。
    白い梅もポツポツと・・・
    白い方が香りが高いような気がしますが、違いはあるのでしょうか。
    黄色い蝋細工のようなロウバイも香り高いですね。
    寒い日もあるけれど、ちょっとずつ季節は動いているようですね。

    • めぐみ on 2021年1月30日 at 6:51 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      雪はおさまってきたでしょうか。生き物にとっては暖かい方が活動しやすくて楽ですね。こんな冷たい空気の中でも忘れずに咲いてくれる花たちは、私たちへのささやかな応援歌のような気がします。
      クロワッサンは自分で焼くのも手間なので焼き立てが買えたら最高ですね。ちなみにこのお店はパン屋さんだからピーターパンなのかどうかと考えています〜。
      28日は大切なお誕生日おめでとうございました♪ みなさまにとって健やかでいい年にしてくださいね。いつもありがとうございます。

  5. このみ on 2021年1月30日 at 9:26 AM :

    いそこさん、お誕生日だったのですね。おめでとうございます!!
    ますますお若い、これからもエネルギッシュないそこさんですね♪
    マガジンでもたくさん入選されていましたね。おめでとうございます♪
    懸賞川柳につられて1年間購読したワタクシも来月の3月号でとりあえずはピリオドです。
    毎月の課題の成績はホントいまいちもいいところでしたけど、なんとか秀作が一度、佳作が数えるほどチラホラありました。懸賞川柳もパッとしませんでしたが、一度は奇跡の「天」をいただいたり、ほかにも何句か選んでいただいたりなかなかスリリングで面白かったです。せっかくだからと参加した「マガジン文学大賞」でも3名の先生方から選んでいただきよかったです。(10句はしんどかったですけど)
    そういうわけで私としてはなかなか楽しい1年間でした。感謝感謝です♪

    今年のワタクシは全くやる気がありませんので、それでもできる範囲でボチボチ楽しめたらいいな~と思っています。
    あ、そうだ。森山さんの句会もあと5回でネットのほうは終了ですね。ボツばかりですが最後まで参加する予定です~。これまでの入選数をざっと見たら最後までボツでも入選率は何とか半分以上いってました(途中不定期参加だったので)。摩訶不思議な句会でしたけど楽しみました。森山さんにも感謝感謝です。

  6. めぐみ on 2021年1月30日 at 1:39 PM :

    このみさん、こんにちは。
    何となく、やる気も下降線になりがちな毎日ですね。昨日は久しぶりに本屋さんに立ち寄りました。本屋というより雑誌とDVD屋さんと言う方が正確ですが。あらゆるテーマの雑誌があります。散歩は本当に体にいいのか、なんていう本もあって。立ち読みしていると時間がいくらあっても足りません〜!?
    狙った句会は外さないこのみさんだから、今年もいいニュースをたくさん届けてくださいね。お福分けで元気になれるかも!と期待しています。

  7. 竹内いそこ on 2021年1月31日 at 1:33 AM :

    こんばんは めぐみさん このみさん
    ありがとうございます 周回遅れで後を必死についていきますよ。
    いくつかの大会を選んで今年も挑戦。
    狙った句会は外さないって、ほんとこのみさんの集中力は凄い。
    私はいまだに全没の痛みで落ち込んだりしています。
    やっぱり波がありますね。

    雪はだんだん解けて、道幅が広がり渋滞しなくなりました。
    白鳥たちが土がのぞいた田んぼに.集まってきました。
    たくましい野生が見られます。
    春よ来い 待ち遠しいです。

    • めぐみ on 2021年1月31日 at 6:05 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      花たちもそうですが、忘れてはいけない白鳥くんたち!
      いそこさんのレポートのおかげで、とても身近に感じています。
      少しづつ春の足音が聞こえてきますね♪

  8. 田辺与志魚 on 2021年2月1日 at 1:29 PM :

    恵さんこんにちは~。あちこちに冬のほころびがみえてきましたね。
    今朝は昨日製本した誌上月例句会報をメンバーに送付しました。
    午後から雨の予想なので「せとか」の収穫を急いでバタバタ。
    今年は横着をして袋掛けしなかったら先日来の寒波のせいで
    すこし苦味が入ってしまいました。来年は横着しないつもりです。
    が~私の事です、先の事はわかりません。
    春が来ます。どうぞお元気で楽しませてください。

    • めぐみ on 2021年2月1日 at 4:28 PM :

      与志魚さん、こんにちは。
      誌上月例句会報の発送に、こちらも手塩にかけたこだわりの「せとか」の収穫とお忙しい毎日をお過ごしですね。せとかは初めて食べた時に皮の薄さと濃い甘みにびっくりしました。こんなみかんがあるんだな〜って。やはり一つずつに袋掛けが必要なのですね。デリケートな果物なのですね。でも木にたくさん実った様子はいいものだろうと想像します。瀬戸内の空はとても青いので映えそうです。
      寒さももう少しかな。与志魚さんも美味しい果物で栄養をとって、ますますお元気にお過ごしくださいね。ありがとうございます。

  9. このみ on 2021年2月2日 at 9:43 AM :

    おはようございます
    大したご報告ではないのですが、酒折連歌が発表されていて、今年は百選どまりでした~。(46000くらいの応募があったそうです)
    いつもどなたが入賞されているのかなと楽しみな発表なのですが、今年はなんと!新潟の蝶湖さん(だったという記憶が。。。)が大賞をゲットされていてうれしい発表なのでした。もう一方、北海道の方がデジ川柳でも親しくおしゃべりさせていただいていて、このお二人は年もあまり変わらず、その後あちらこちらでご活躍されていて、お名前と作品に会うたびに、もう連絡する手立てはないのですが、ひそかに拍手を送っています。私もがんばろう~~という気持ちにさせてくれるのです。こういうのもネット社会の楽しみではありますね。デジ川柳では本当にたくさんの方たちとの出会いがあり宝物になっています。

    「狙った句会は外さない」なんて外しっぱなしのワタクシですが、酒折連歌は1年で1番好きな歌会なので本当に半年間楽しめます。5年ずつ入賞入選の百選を集めた美しい本が出ているのですが、次の本にも載せていただけそうなのでがんばりたいと思います。
    これまで17回参加して(すごいですね。もう17年もたっているなんて!)入賞入選が10回。この会がある限り参加できたらいいな~と思っています。

    • めぐみ on 2021年2月2日 at 11:28 AM :

      このみさん、おめでとうございます。
      立派な本に大切な作品が載ることも嬉しいですね。お仲間さんの受賞も良かったですね。見えないところでちゃんと気持ちがつながっているようでうらやましいな。
      今年もあちこちで良い結果を出せますように。世の中も明るくなって欲しいですね。

  10. 夢香 on 2021年2月5日 at 6:04 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    早立春を過ぎました。
    超ご無沙汰いたしております。
    めぐみさんのブログで元気をいただいております。
    ゆったりとした日常を存分に楽しんでおられますね。
    「紅」はやっぱりいいですね!!幸せな気分になります。
    思わず反応してしまいました・・・(ふふふ)
    ところで、川柳マガジンを拝見いたしました。
    同じページの上の段にめぐみさんの川柳がありました。
    嬉しくなりました(何かいいことありそうな・・・)

    最近の嬉しい出来事は、山口百恵の最後のコンサートの再放送を堪能できたことですね。

    先日は、雪がチラチラ・・・。
    まだ寒さは残りますね。
    ご自愛くださいませ。

    • めぐみ on 2021年2月5日 at 7:10 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      百恵さんの活動期間はとても短かったのに、しっかりと足跡を残していてすごい存在ですね。潔い賢い生き方はホントに立派だなぁと思います。いい曲にも恵まれました。毎年のことですが、ここしばらくは「冬の色」がリフレインで聞こえていました。
      センマガの小さな一句を見つけてくださってありがとうございます。夢香さんの鬼は可愛らしいですね。そんな鬼なら仲良くなれそうな気がします^^ もう少しいてくれていいよって。
      ところで「紅」には特別な思い入れがお有りですか?気になります〜。
      週末は過ごし易くなってくれるといいですね。どうぞご安全にお過ごしくださいね。いつも心に懸けてくださってありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K