Loading...Loading...

IMG_5628

誰? いつ? なぜ? なんてこと?

寒空に春を夢見る我が家のシンボル

 

餌台にヒマワリの種はフンパツしましたが

キャベツもどうぞとは言った覚えがありません

 

一面の畑なら大きな心で許すとしても

指の数ほどの苗にありったけの愛情という毎日なのです

 

ちぎって食べたの? 覗いただけなの?

ここのキャベツの中には赤ちゃんはいませんからね

 

 

遠い近い畑に独り春キャベツ   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 探し物はなんですか”にコメントをどうぞ

  1. 太陽の陽子さん on 2016年1月17日 at 1:33 PM :

    ありゃ! やられちゃったね。
    芯はちゃんと残してあるみたいだから、大丈夫かな?

    今日はこちらも冷たい雨です。
    ぼた子さんの嫁入り日なんだけど、嫁ぎ先があるかな?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月17日 at 2:34 PM :

      陽子さん、こんにちは。
      今度はぼた子さん!?美味しいものがいろいろ出てきますね。お近くなら飛んでいきたいところです。先日は陽子さんの真似をして、頂き物の金柑を似てみましたよ^^
      大阪での番傘大会が日帰りとは強行軍だったでしょう。でも収穫もあって良かったですね。ちなみに2月20日の大会は、欠席投句はできなかった…?準備も大変でしょう。でも楽しみにしている人が沢山いると思います。マイペースでがんばってね。
      寒さは本番の時期です。どうぞご自愛下さいね。ありがとうございます。

      • 太陽の陽子さん on 2016年1月18日 at 10:35 AM :

        欠席投句?出席する人に呼名まで依頼できるならOKですよ❤
        めぐみさんも投句参加してくださる?????
        嬉しすぎぃ~~~~~

        きんかん、うまくできましたか?
        レシピ公開してないよね?
        きんかん1キロ さとう500グラム 酢100cc 
        良く洗って傷を入れたきんかんを鍋に入れ、砂糖と酢を入れて強火にかけて、沸騰を始めたら、全体に火が回る最低限の沸騰を続ける火かげんで、クッキングペーパーの落し蓋をして20分。火を止めると同時にふたをして、冷めるまで絶対に蓋を取らない。

        って、聞かれてもいないのに (*^^*)

        • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月18日 at 11:57 AM :

          早速のお返事をありがとうございます。代返をお願いするのも恐縮ですね‥‥次の機会を楽しみにしています。盛会を祈っていますね。
          きんかんは、陽子さんほどではないけれど何とか上手くできました。砂糖も適当で酢も入れなかったけど大丈夫だった!私は手のひらいっぱいくらいの量だったけど、20kgも煮るには下ごしらえが大変だね。手際良く何でも作ってしまう陽子さんにいつも感心させられます。お母さんの手作りおやつが食べられるお子さんたちも幸せですね。手元にある材料であまり面倒でなく(←ここ大切)できるおやつのレシピをまた教えてください。
          ぼた子さん160個の完売おめでとう。入来ももこちゃんもネーミングがGood!夕遊市お疲れ様でした (*^^*)

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2016年1月17日 at 2:10 PM :

    恵さん こんにちは。被害者は、ご丹誠のキャベツ。犯人は、ヒヨドリ級の大型の野鳥と見ます。味を占めて、また、やって来る可能性があります。大切な時期ですから、ネットをかけたらいかがでしょうか。横浜は曇天。洗濯物も、布団も、取り込みました。これから、冷え込みそうです。ご自愛ください。

    遠い近い畑に独り春キャベツ   めぐみ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月17日 at 2:54 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      その後、物置の整理は順調ですか。私も片付けたい引き出しや気になる棚があるのですが、いつかそのうちと先送り状態でちっとも捗りません。スッキリと暮らせる人がうらやましいです。
      キャベツの四隅に棒を立ててテグスを張ってみたら、ピタリと食べられなくなりました。大きな鳥の鳴き声もほとんどしません。もしかすると生き返ってくれるかな。もっと早く気がついてあげれば良かった。ほんとに可哀想なことをしました。
      冬の庭は色も少なくて静かですが、私は好きです。昨日は小枝を並べて文字を作って遊びました。茂男さんにとっても心は晴れやかな日になりますように。今日もありがとうございます。

  3. エム on 2016年1月17日 at 2:48 PM :

    イタイって言わないから
    好き勝手にするって
    ヒドイじゃないか

    大きくまあるくなるのを
    めぐみさんが春とイッショに
    待っているんだぞ

    リッパに育ったら
    めぐみさんが壱マイずつ剥がして
    ホーチョーで刻んで

    アジフライとイッショに
    おサラに乗せてから
    おナカん中へって めぐみさん!?

    盛り付けはキャ別にしてねアジフライ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月17日 at 5:12 PM :

      ハーイ了解
      きゃ〜ベツにするね (๑╹ڡ╹๑)

      それにしても大事に育てて食べちゃうんだから
      それって優しいのか意地悪なのか分からないね

      とにもかくにも
      エムもキャベツの復活を祈っていて下さいね

      夕方1時間しっかり歩いてきたので
      今日は足も喜んでいます
      これが毎日続けば健康ライフなのになぁ

  4. なごみ なごみ on 2016年1月18日 at 7:39 AM :

    恵さん~~~ヾ(^∇^)おはよー♪こちらは⛄しんしんの朝を迎えてまーす。大雪にならないように今日はでじっとしてるしかないよ~
    にしても、このキャベツを襲ったのは?ほんとうにしょうがないねえ、次は許しませんよね。
    お風邪にお気をつけあそばせ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月18日 at 8:23 AM :

      なごみさん、おはよ〜!寒い朝になりましたね。雪景色の写真は家の中からですか。積もってますね。こちらはまだ雨ですが雪も大変。今日はお家で暖かくしていられるといいですね。
      エフエムみっきい特選おめでとうございます!「虹色の風船飛ばす春の朝 なごみさん」季節を先取りの一句、春が待ち遠しいですね。さわやか介護セミナー終了証書も立派ですね。なごみさんの学ぶ姿勢を見習わなくちゃ。
      雪だるまの絵文字が入るの、楽しいね。今日もありがとうございます。何か良いことがありますように。

  5. 竹内いそこ  on 2016年1月18日 at 10:49 AM :

     めぐみさん おはようございます
    そちらも関東だから雪降っているのですか?
    ここは雨。東京のニュースをききながら不思議な感じです。 
     キャベツくんかわいそう。青虫でなくてヒヨドリですか?けっこう大きめの鳥で、うちには椿の花びらを食べにやってきます。
     こんな悪さもするんですね。
     こらーっ!!めぐみさんが怒っているぞー
    謝りにきなさい!
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月18日 at 12:09 PM :

      いそこさん、こんにちは。雪になるかと思っていましたが朝からずっと雨で池が溢れそうです。干からびてしまいそうだった畑は喜んでいるのかな。
      それにしても赤い椿の花びらは美味しいのでしょうか。見た目は和菓子みたいな色合いではありますね。今度味見でもしてみようかな^^
      ケシカラン鳥がテグスに引っかかる現場を目撃したいものです。でも一度懲りると二度と近づかないと書いてあった通りでなかなか見られません。今までうまく行き過ぎていて初めての挫折にショックですが、もう少し見守ってあげましょう。私の気持ちを代弁してくださってありがとう!

  6. 佐藤 千四 on 2016年1月18日 at 11:05 AM :

    こんにちは。
    病気ではないと思って見ましたが鳥でしたか。植物は動物に食べられる宿命を知っていますから多少のことではへこたれません。芯芽が元気そうなのでこの子は立派に育ちますよ。向こう側に見えるのは畝でしょうか。もう少し引き寄せてもいいですよ。畝は風上にあればより効果的です。
    先日牛久に行ったとき、よっぽど関鉄常総線を通って空気を感じようと思いましたが時間繰りが難しく新幹線と常磐快速を選んでしまいました。なにかお心使いを頂いたようで感激です。御礼申しあげます。

    復興の気力充分春キャベツ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月18日 at 12:21 PM :

      千四さん、こんにちは。
      風上に畝、ですね。貴重な情報をありがとうございます。引き寄せの件は早速キャベツチーム(メンバー2名)のリーダーに相談してみます。植物は人間なんかよりずっと丈夫なのですね。信じて待つことも大切かな。
      お客さまの予定のなかった昨日は「今日が先週だったらよかったのに!!」と一週間も経つのに未練がましく家で愚痴っておりました。今度会う楽しみが増えたんだと理屈では自分を納得させているのですが、まだまだ大人になりきれませんね。でも千四さんにとって充実の旅時間となったことを喜びます。またの機会を楽しみにしていますね。

      百円で買っては申し訳ないね手塩にかけて育てた緑

  7. 夢香 on 2016年1月18日 at 5:04 PM :

    めぐみさん、こんにちは。
    思わず、めぐみさん家にイノシシ出没か?と・・・・・。
    でも土を掘り返していないので違うなぁとも思いましたが・・・。
    せっかく丹精込めて育てておられるのに残念ですね。

    今日のニュースは、雪の話題が中心ですね。
    大都会は、パニック状態ですね。
    これからも日本列島はまだまだ寒気に覆われていくようですね。
    先ほどから風が強くなってきました。
    明日の天気予報は、こちらも「平野部でも雪」のようです。
    寒さ対策をしっかりしないといけません。
    体調管理を万全になさってくださいませ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月18日 at 5:33 PM :

      夢香さん、こんにちは。
      一日中空を見上げながらファンヒーターの灯油をチェックしながら縮こまっていました。これだけの雲が一体どこに隠れていたのかと思うくらいに空一面を覆っています。夢香さんのところは雪は大丈夫ですか。山が近ければ農家や果樹園の人たちはイノシシや鹿の対策も必要になってくるのですよね。獣も鳥も人も、お互いに生きていくためには大変です。
      生きるための買い物に行かれないとコープさんがホントに有り難い存在になります。便利な仕組みを考えてくれた人に感謝です。食品はもちろん日用品や普段着くらいは間に合ってしまいますから。宣伝マンという訳ではではありませんが…。
      夢香さんもあったかくしてお休み下さいね。いい夢を見られますように♡ 今日もありがとうございます。

  8. 加藤 鰹 on 2016年1月19日 at 6:50 AM :

    ありゃりゃ~せっかく育てていたのにやられちゃってガッカリでしたね。

    「この子」と思った野菜にはザルでもかぶせておいたらどうだろうね

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月19日 at 7:08 AM :

      ザルがたくさん要りそうです〜〜(@@)
      がんばれと祈るような気持ちで見守っています

      たかね新年会も盛会で何よりでした
      出会うべくして出会ったという言葉は重みがありますね
      はじめて鰹さんにご挨拶できたNHKが昨日のことのようです

      公私共に今年もご活躍下さいね♪
      いつもありがとうございます

  9. たかこ on 2016年1月19日 at 9:17 AM :

    めぐみさん
    ふう、やっと書けます。いつもいろいろありがとうございます。
    キャベツ、一瞬「サル?」かと思ったり、虫にしては荒っぽいし、そうか…鳥ですか。
    空からやってくるものには。やはり網かザル?
    ほら、よく稲穂にきらきらテープ、あれ真似たらどうですか?

    いやいやいつも話のネタがすごいですね。

    昨夜は9時間くいっと寝ました。鈴鹿の空は真っ青な日本晴れです。各地の天気を見ていると、日本もやはりひろいなあと思いますね。
    新年句会もあと自分ちを残すのみとなりました。これが一番大変で、でも一番楽しみ。
    そろそろ景品つくりをしなくっちゃ。

    いつの日かめぐみさんがひょっこりと来てくださる…そんな日を夢見ながら…

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月19日 at 9:51 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      怒涛の新年会ラッシュの毎日ですね。そんな中でのネット句会選評もお疲れさまです。昨日のアクセスの3つは私でした♪ 入選句を見ればボツも納得するしかありませんね。次は頑張ります。軽い人間にはあまりに近すぎるお題で難しかったのでした(@@)たかこさんの軸吟はさすがですね。大いに共感いたします。
      土曜日は鈴鹿川柳会の例会、景品も出るんですね。みなさまも作品作りに力が入りますね。楽しい時間となりますように。
      腰の具合はいかがですか。明日のミニ句会、それから大切な例会の週末のために、どうぞご自愛くださいね。寒い一日も心はホットにいきましょう。今日もありがとうございます。

  10. AKK on 2016年1月19日 at 1:49 PM :

     一日一日がとても長く、始まったばかりの人生をピチピチと跳ねる魚のように生き生きと送っていた頃のお話です。ある時、akk は大好きな先生の影響で十姉妹を買うことになりました。木製のりんご箱を調達して、小鳥小屋を作るための金網を取り付けます。りんご箱はもらってきます。金網はその箱にぴったりでした50円。小鳥さんは好みの羽根色を選んで番いで400円だったと思います。自分も先生と同じように小鳥が飼えるんだという喜びでいっぱい。何をおいても十姉妹のことが第一。野球よりもご飯よりもそして宿題よりも、、、。猫にやられないようにすることも大事ですが、決して欠かしてはいけないのは毎日の新鮮な水と餌です。
     小鳥たちは青菜が大好き。庭先へ小松菜の種をまいて育てるのがコスパのいいやり方です。10センチくらいに育つと次々に食べさせます。つぶつぶの餌を食べてばかりいるのかと思っていた十姉妹が夢中で小松菜をついばみます。目的があって初めて種から育てた青菜に感動し、それを喜ぶ小鳥たちをとても可愛く思っていた小学4年生でした。小鳥小屋の中にいる十姉妹はまるで手のひらの中にいるように感じていたのでした。
     いくら冬でも野にはいろいろな草たちがあるはずです。それも鳥たちには食べきれないほどですよね。なのに何故めぐみさんのキャベツが狙われるのか?間違いなく美味しいということですよね。何か防御策は取れたのですか?ここまでのことは許してあげてください。
     「空を飛ぶ鳥たちは明日のことを思い煩ったりはしていない」といった喩えで何かを説こうとした方もいらっしゃいますが、鳥たちは囀ったり飛び回ったりして楽しんでいるわけではないでしょう。今この時を必死で餌を探すために飛ぶんだと思います。飛ぶために軽く出来ている、たくさん食べると重くなってしまう、少ししか食べられない、しょっちゅう食べることだけ考えている、そんなだと思います。
     ある日、餌箱に餌があるからいいやと遅刻しそうな akk は十姉妹の世話をしないで学校に行ってしまいました。実は、餌のように見えていたのは彼らが必死で剥いて食べた餌の殻だったのです。結末はあっけなく悲しいのでここには書けません。否応なしに、空行く鳥と鳥かごの小鳥の幸せについて何か考え始めようとしていた akk なのでした。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月19日 at 5:31 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      短編小説のようですね。楽しいお話をありがとうございます。繰り返し読みました。今のAKKさんを作った大きな経験の一つなんだなぁと思います。目の前の命との触れ合いは、どれだけ本を読むよりも話を聞くよりも意味のある体験だったことでしょう。そしてそんな貴重なチャンスを作って下さった素晴しい先生との出会いは本当に有り難いことですね。感謝の気持ちを直に伝えたいですね。
      自由に空を飛べる鳥はいいなぁと思いますが、空から一日中必死で餌を探しているのですね。やっぱり人間で良かった。人間は人間で辛いことも有るけれど楽しいこともたくさん有るから。食べることもその一つにできるから。
      鳥さんを傷つけない防御策としてテグスをはりました。鳥は見えない物をこわがるらしいです。そして此処はコワいぞと学習もするんですって。その効果か、お隣の土地までは来ますがもう畑には近寄らなくなりました。まぁ見えない物がこわいのは人間も同じですね。正体の分からないお化けは不気味です。
      小さなakkくんが大人になっても、その頃の気持ちはきっと変わっていないですね。明日も生き生きとした一日となりますように。大人にはほんの少しの努力も必要ですが私もがんばろうと思いました。

       手のひらの小鳥は飛んでいかないよ

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K