Loading...Loading...

気取った振りでフォークの背中に

ライスという名のごはんをのせて

どこまで行こうか迷っていたら

右手のナイフが邪魔をした

 

裏返しのとがった4本指は

お口に入れる格好じゃないし

迎えに行くのは立場じゃないし

落ちるなつかまれ頑張れごはん

 

お家で食べれば美味しいはずが

レストランだと微妙に変わる

わがままだとはわかっていても

お願いしますお箸をください

 

そんなこんなで行き着く先は

決まってみれば答えは簡単

まず入れ物を作っています

次のミステリーツアーのためのマイ箸

 

securedownload-3

 

時々は助けに入る五本箸   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 迷人の御裁縫”にコメントをどうぞ

  1. 太陽の陽子さん on 2016年1月22日 at 8:45 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    この時間で一番乗りは珍しいですねヽ(^o^)丿

    マイ箸ですか? 良い心掛けですね。 私は思いつきもしません。
    チクチクお裁縫。
    昨日は着物の中に待ち針がかくれんぼしていて、さてどうやって取り出そうかと悪戦苦闘しました。
    袖の部分だったので、裏がえしたら袖裏から透けて見えていて、見ながらだったら簡単に取れました。これに気づくまで30分ほどのロスタイム。
    あーあ・・・でも取り出せてよかった。
    ある方に差し上げる着物だったので (*^^*)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月23日 at 6:54 AM :

      陽子さん、おはようございます。
      待ち針は大変でしたね。気がついて良かったです。私も掛け布団の中に針が入っていた経験があります。もちろん新品なので連絡したら取り替えてはくれましたが、グレードが下がったような感じでモヤモヤ。今なら大騒ぎになるところですよね。
      キモノ普及委員会会長さんの陽子さんには針仕事なんて日常茶飯事ですね。めったに裁縫箱を使わないので家庭科の時間を思い出しました。わずかな作業がなかなか進みません…そのうち出来るでしょう.
      今日はFMラシオ放送ですね。楽しい放送になりますように。ニュースで鹿児島も雪と言っていましたが大丈夫ですか。影響が無いといいですね。いつもありがとうございます。

  2. 竹内いそこ  on 2016年1月22日 at 11:38 PM :

     こんばんは めぐみさん
    マイ箸の袋ですね。そうか、布製ならカチャカチャ音がしなくていい。お弁当を持っていった時代、バックに入るサイズをさがしました。で、結局幼稚園児用のものを使っていました。
     裁縫は楽しいよね。チクチクゆっくりと仕上がるのがいい。そのうち、小さな人たちへいろいろお道具袋を作ることになるでしょう。
     

     
     
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月23日 at 7:16 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      園児用の箸箱はデザインも可愛いでしょ?ごはんの時間が楽しくなりそうですね。
      割り箸で食事をする度に今度は自分のお箸を持って来ようと思いながら何年も経ってしまいました。思い立てばあとは完成へ近づくはずです。あわてることはありませんね^^ ちょうどいい布がコレしかなかったので、上手くいったら新しい布を買ってもいいかなと思います。私の宝物は右側にある毛糸でできた針山。おばあちゃんのお手製で、もう◯十年も愛用しています。天国で喜んでくれているかな。
      寒さも今がピークですね。週末も気をつけてお過ごし下さいね。冬ならではの一句に出会えますように。今日もありがとうございます。

  3. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2016年1月23日 at 8:20 AM :

    恵さん おはようございます。私も、レストランでは遠慮がちに箸をいただきます。若いときには、家庭でも、時に、フォークやナイフを食卓に並べましたが、最近は、洋風のメニューも少なくなり、食卓は箸オンリーです。割りばしのために原野の樹木が切り倒されるニュース等を見るたびに「マイ箸」を考えるのですが、あと一歩踏み込めずに、実行できずにいます。さわやかな実行力へ拍手を送り、パワーをいただきます。ありがとうございます。今日は夕刻が降雪かも。温かくしてお過ごしください。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月23日 at 9:20 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      暦は正直ですね。今朝も冬らしい空です。
      エコの意識というよりも美味しく食べたいなと思う気持ちの方が勝っていますがお味はどうでしょう。デビューの暁にはまたお知らせしますね。
      リニューアルされた炬燵の天板が以前よりほんの少し小さくなりました。それもあって並べる食器もなるべく減らしたいなと思います。お箸は素晴しい発明ですね。和食普及研究会によると箸の持つ機能は15個もあるそうです(๑^_^๑) 今年の目標→美味しい箸遣いができる大人を目指しましょう。
      今日もハートは熱い一日になりますように。いつもありがとうございます。

  4. 佐藤 千四 on 2016年1月23日 at 9:55 AM :

    おはようございます。
    近い将来、箸も持てない時が来ると覚悟しています。今しがたテレビ8で見ましたが木のフォークやスプーンがあるのですね。これからはマイそれ等を持ち歩るこうかなあ。素手で食う、それが本来なのかも。

    おにぎりを箸で食うほどキザじゃない

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月23日 at 10:35 AM :

      千四さん、おはようございます。
      カレーも右手で食べるのが正しい作法という国があるそうですね。物を使うよりはダイレクトに美味しさが伝わるのでしょう。難しそうですが一度試してみたいです。木のスプーンやフォークは口当たりがよくて気持ちがいいですね。軽くて持ちやすいマイスプーンもこれから流行りそうな気がします。ブームの最先端をいきましょうか。
      今日もありがとうございます。美味しく健やかな一日でありますように。

      炊きたてでおむすび愛が熱すぎる

  5. たかこ on 2016年1月24日 at 8:13 AM :

    めぐみさん
    おはようございます。鈴鹿はきれいな青空です。部屋の温度は7℃でした。

    マイ箸入れを手作り…これは出来たものより、作っている時間に至福を感じます。
    「針山」まず目が行きました。毛糸でできているんですか?おばあちゃんが大切に使っていたものなんてこれもゆっくりとした時の流れが感じられますねえ。

    あわただしいだけの日々に、癒されました。

    かなり昔、鈴鹿サーキットのレストランで「フランス料理の講習会?」だったかに参加して、超豪華なフルコースの食べ方(実際食べた)を学んだことがありますが。美しくフォークを使えば使うほどお料理の味は低下して行きました。
    やっぱり、日本人は「お箸」ですね~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月24日 at 10:10 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      こちらも大雪の予報がうれしい方に外れてくれました。気持ちの良い青空です。
      ミニ句会に続いて今年初めての鈴鹿川柳会の句会とお疲れさまでした。すぐに編集作業ということで息つく暇もありませんね。そんな中での御結婚記念日である木曜日はスイートなひと時をお過ごしになれましたか。おめでとうございます。私には自分の誕生日よりも大きな生まれ変わりの記念日だと思っています。たかこさんにとっても、ますます仲良しで楽しい毎日となりますように♡
      針山を見て下さってうれしいです。できてからもう半世紀以上になるんじゃないかな。大きさ柔らかさ使い勝手、どれをとってもこれ以上のものには今のところ出会えません。一つあればよいものなのできっとずっとお付き合いするんだろうな^^
      来月に届く『川柳すずか』ではすずか路鑑賞を担当させていただけるということで、秘かにとても緊張しているのです。ドキドキ。楽しみにしていますね。
      今朝は早朝ウォーキングなどをやってきて頭はスッキリです。良い一日になりますように!今日もありがとうございます。

  6. 夢香 on 2016年1月25日 at 6:52 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    ミステリーツアーの準備をされているんですね。
    マイ箸を持って♪~~。
    フオークでライスは、なかなか難しいものがありますね。
    早く暖かくなってお出かけできるようになるといいですね。

    今朝も雪の朝でした。家の周りは、5センチ位積もっていますね。
    今日も冬眠状態ですね。
    冬用タイヤにしてはいますが、外出は控えることにいたします。
    寒さが厳しい毎日ですね。
    お互いに気をつけましょう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月25日 at 7:19 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      雪が5cmも積もっているんですね。銀世界と言えば美しいですが歩くにも細心の注意が必要でしょう。あったかいイメージのお住まいですが今日も油断しないで気をつけて下さいね。
      今朝は西の空に沈んでゆく月が見事でした。北斗七星は分かります。そして北極星もいつも同じ場所。他の星座も分かったら楽しいだろうなぁ。琴奨菊バウアーみたいな姿勢になって見上げてしまいます。冬のお楽しみですね。
      冬眠状態の一日には、課題を頭の隅に置いて一句でいいから残せたらいいなと思います。今日もいい日になりますように。いつも心に懸けて下さってありがとうございます。

  7. エム on 2016年1月25日 at 2:06 PM :

    ウマくできてもウマくない
    やっぱハシだぜ
    ほンでソレよっかゴホンバシ
    バーガーオニギリニギリズシ

    だからさ
    ハシ袋ぢゃなくって
    オレにはテブクロ作ってよ
    ジミ〜なヤツがEな

    試しにオニギリ作って
    手から手にワタシテ
    そのまま食ってごらん
    食べるってコーイのシンズイが見えてくる!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月25日 at 5:22 PM :

      昨日サザエさんで、仲良しの二人が手をつないで「手袋よりもこの方があったかいね」と言ってました。いいな〜と思いながら見ていました。お母さんの手を当ててもらうだけで傷も治りそうな気がしたり、手には不思議な力があるのかな。
      みなさまもご一緒に、エムのお勧めオニギリで食べる行為の真髄を極めてみましょう(^o^)v

  8. AKK on 2016年1月26日 at 3:36 PM :

     裁縫や編み物に没頭できる時間はまるで三昧の境地。自分の物でも誰かのためでもまるで仏様に救われているのと同等だと思います。手仕事の最中は集中していますが、後になって豊かで優しい幸せな自分だったと思い返す時にもありがとうって言いたくなったりしませんか。出来上がったものはこの世にひとつしかありませんから、大切な宝物になりますね。もうおばあちゃまになられためぐみさんのそのおばあちゃんの針山にはめぐみさんへの思いが詰まっていて、こんな風に使う時にきっと「思い出の国」で二人は再会しているはずです。マイ箸も素敵そうに見えますが、箸袋はゆっくりでいいですから一針ずつ心を込められたらいいと思います。
     次のミステリーツアーはいつでしょうね。どこでしょうね。私まで楽しみになってきました。ドラえもんに頼んで小さくしてもらって、エムと一緒に箸袋の隅にでも隠れてついて行きたくなりました。美味しいもの巡りだといいですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年1月27日 at 7:35 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      何かに夢中になっている時って他のことを何も考えられないから幸せなんでしょうか。やり直しのないようにミスのないようになるべく細かい針目で…と集中している割には初心者っぽい仕上がりになりそうです。でも◯十年眠っていた端切れが活用できて良かったな♪気に入った小説と同じで、こんな時間が終わってしまうのも寂しい感じです。
      写真では良く分かりませんが、頂いたまま仕舞い込んであった若狭塗の夫婦箸も、やっと本来の目的のために使ってもらえるので喜んでいるでしょう。めでたしめでたし。
      「思い出の国」は青い鳥のお話でしたね。私もそこで会いたい人がたくさんいます。そして自分もたまには思い出してもらえるような人になりたいと思います。優しいAKKさんのような人に。
      今朝は一番部屋の温度が低かったようです。春はすぐそこまでとはいっても油断できませんね。どうぞご自愛下さいね。いつもありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

加藤鰹 電子書籍版も配信
かつぶし
定価: 1,080円
四六判変形ソフトカバー・106頁
978-4-86044-609-3

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K