Loading...Loading...

バースデーじゃなくてもプレゼントいっぱいがうれしいな
火曜日から金曜日はゴミの日ですからお願いします
ちょっと火にかけてあるこのお鍋見ててくださいな
これからもあなたへのたくさんの請求書には真っ赤なハートの透かし入り
そしてその分の領収証は後でまとめて発行するつもりではいます

子どもたちにはまず大きな領収証を出そうと思います
小さい頃にあなたたちから受け取ったものの証です
ただ もう少しの間は請求書が届く手筈になっています
これからをどんなふうに生きていくのかを見せて下さい
もしかすると領収証は渡せないのかも知れませんね

母には元気でいてくださいとまだ請求書です 
父にはもう何も渡すことができません
子どもたちがしっかりと大人になったら
ありがとうの領収証を手渡すことにしましょう

理想の愛は
真実の愛は
与え尽くす無償のものだとしても
欲張り我侭な私は生きる証として
今はまだ奪い求める愛にこの身を置きたいのです
私からの領収証は後ほど必ず送らせて頂きますから

わたくしはもらったものでできている   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 請求書送付の件”にコメントをどうぞ

  1. 川柳ファン on 2013年6月10日 at 5:47 AM :

    うぁーメグ・ライアンさんがすっかりオバアチャンに!
    川柳がこれからどう変わっていくのか楽しみに見てますよ。
    それにしても可愛い赤ちゃんですね。
    メグさんのDNAをしっかり受け継いでいますよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月10日 at 7:02 AM :

      川柳ファンさん、おはようございます。
      まだおばあちゃまの自覚はないのですが、何と呼ばれても許せる気がするから不思議なものですね。赤ちゃんはお顔が赤いからそういう名前になったのでしょうか。大きな身体をした大人もみんなこんなに小ちゃかったのだなぁと見つめてしまいます。
      朝早くから見てくださってありがとうございます ^^

  2. 二宮茂男 on 2013年6月10日 at 6:28 AM :

    めぐみ さん おはようございます。「請求書」と「領収証」の素敵なドラマの主人公、お孫さん、大きくなられましたね。愛の手で、励まして、すくすくと育ち可愛いですね。また、ケガも病気も「愛」と言う薬で治るのですね。「与え尽くす無償の愛」へ、こころの中の「ありがとう」の領収証。私の中に引き込んで楽しませていただきました。今朝も、ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月10日 at 7:03 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      私自身も、身体はもちろん中味も周りの人の影響で作られていることを思うと、領収証が幾つあっても足りないようです。川柳のご縁で知り合うことができた人たちにもたくさんの “ありがとう” を届けたいです。
      わがままな私は、なかなか与え尽くす愛という理想の形には近づけないで困っています・・・

  3. 由利子 on 2013年6月10日 at 8:57 AM :

    初孫さんの御誕生 おめでとうございます。
    今にもハイハイしそうな格好をして・・・なんて可愛いんでしょう!
    めぐみさんのお婆さま振り・・・どんなんでしょうね。
    「おばあちゃん」「めぐさん」なんと呼ばせるつもりですか?
    因みに私は「大ママ」と呼ばせています。52歳の初孫でしたので、さすがお婆ちゃんはチョッと抵抗が有りまして(笑)
    健やかな成長をお祈り致します。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月10日 at 10:07 AM :

      由利子さん、ありがとうございます。
      大ママさんというのも可愛い呼び方ですね。どんなふうに呼んでもらえるかあれこれと考えましたが、パパとママにお任せがいいのではないかと思いました。どんな決定でも受け入れる覚悟です (-_-)
      子どもたちが大人になったと思ったらまた小さな命が生まれて、こうしてみんな繰り返していくのですね。役には立てなくてもいつでも見守っているよという気持ちです。
      由利子さんと大切な人たちにとって、今日もいい日でありますように。

  4. えむ on 2013年6月10日 at 5:34 PM :

    Aya ちゃんでしょ
    ダレが撮ったのかな
    ナーンニモ言わないで
    ダマって見ているだけで
    チョー幸せなキブンになるね

    あのときの光のカゲン
    あのときのタオル
    オッキイあたま
    手と足
    ミミ
    カミ
    みじかいシッポ
    パパ&ママの宝物 PHOTO になるね

    オレだってきっとチッチャイ時  ≤•,•≥
    って 生まれたときからデカイカタイ
    ミニチュアあるけどオンナジかたちだぁ〜 [º∆º] 

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月10日 at 7:50 PM :

      しっぽ (??)

      よ〜く写真を見てみると
      確かに小さなしっぽみたい
      不思議なPHOTOでありました

      ≤•,•≥

      えむもこんなだったらかわいいね

      [º∆º]

      でもこんななの?
      大きくて固くて頼りになって人気者のえむくん
      明日もスマイルでいきましょう!

  5. 竹内いそこ on 2013年6月10日 at 8:21 PM :

    短いしっぽ?
    あわててスクロールして確認しにいったではありませんか。
    めぐみさんと同じに えむくんにだまされました。(^^)

     愛は与えるモノ、でもいっぱい要求してしまいますね。
     笑って、
     こっち向いて
     声だして
     
     だんだん命令形になって

     たまにはー電話しなさいよ
     もっと長いメールちょうだい
     帰ってきなさいよ 一年に一回ぐらい・・・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月10日 at 8:50 PM :

      いそこさん、こんばんは。
      最後の一行にすご〜く共感できて・・・(++;) ホントにそうですね。頑張っているのは分かっているから困らせたくもないし、何も言わずに応援しようと心に決めてはいるのです。でも生きている証拠だから、もっと自分に素直になってもいいのかもしれないですね。今頃になって、当時の自分の親に対する態度を大いに後悔したりしています。

      天使のしっぽ、分かった?
      えむのおかげで楽しい写真になりました ^^

      それではそろそろオヤスミナサイの時間です。夢の中でいそこさんも会いたい人に会えますように☆

    • えむ on 2013年6月10日 at 8:57 PM :

      いそこさんもアトで
      リョーシューショーか?

      オレもなんだか
      愛はゼェーンブ
      うばっちゃいたい  [ø_ø]ƒ♡

      オレはアトでも出さない
      だって
      リョーシューショーが
      カタカナしか書けないもの  n[._.;]n

  6. たかこ on 2013年6月11日 at 7:54 AM :

    めぐみさん
    ただいま。可愛い赤ちゃんの写真に思わずえみがこぼれます。

    少しのハプニングと、数多くの出会いと、チョッピリの口惜しさと、生涯忘れられない想い出を一杯持ち帰りました。

    青森の県民性?なのでしょうか。あの日、静かに燃えていましたね。
    なんといっても食べ物が美味しい。一度も裏切られなかった。味だけではなくて、料理すべてに肌理が細かい。
    お酒もビールも飲み物全てが美味しい。
    もう、食べたもの飲んだもの書き出したら、原稿紙50枚で足りない。

    次に、人が優しい。気配りがすごい。

    そうそう、ここでお目にかかる「伊藤詩乃」さんにお会いしました。
    ちゃきちゃきお姉さんてかんじでした。当日呼名されてました。私は全没でしたが、そんなこともうすぐ忘れられるくらい、楽しくて…。
    いそこさんのお知り合いの方にも声かけていただきましたよ。
    来年の富山、今から楽しみにしています。

    そうそうちょっと面白いこともあったのですよ、「いいたい放題」にもそのうち書く予定ですが、三日目、ホテルの前でその日案内してくださるという青森の人の車を待っていたら、知らない男性が「タクシーを待っているのなら、お送りしますよ」と声かけてくれました。素敵な人でした。長いことこんなことってなかったのですこし焦って、人を待ってると答えましたが…。黒いいい車に乗って右手をさっと振って行ってしまいました。
    うーーーん、あと20歳若かったら舞い上がっていたでしょうね。同行者に(その人はまだロビーにいた)言ったら、不思議そうに「ナンパされたん?」と言って笑いをこらえていました。

    家に帰ったら、即処理しなくてはいけないことが2・3あって、これから頑張ります。
    鈴鹿の大会まであと、11日。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月11日 at 9:54 AM :

      たかこさん、お帰りなさい!
      青森は、美味しくて楽しくていい旅でしたね。
      何よりも知らない男性が優しく声をかけてくれたなんて。一人で佇むたかこさんが、心細い風情の大和撫子のようだったのでしょう。黒いいい車に乗った素敵な人ですか ♡ 人生が変わっていたかもしれないのに、何だか残念な気もします・・・?

      “いいたい放題” での台湾のみやげ話も面白かったけれど、たかこさんのトークはとっても楽しいですね。次に本を出す時には、川柳だけでなくてエッセイもたくさん載せてくださいね。

      鈴鹿市民川柳大会が近づいてきました。盛会を祈っています。ハードな日々と思いますが、どうぞご自愛くださいね。

    • 竹内いそこ on 2013年6月11日 at 9:40 PM :

        たかこさん お帰りなさい。長旅お疲れさまでした。
      すごい盛り上がりだったみたいですね。楽しそうな様子がこのブログのあちこちのお部屋から洩れ聞こえてきます。たぶん たかこさんに話しかけたのは鈴鹿ネット句会で二月に秀3をゲットした角丸弘之さんでしょう。志乃さんは来年の富山大会の事前準備に大忙しだったみたい。十日後に鈴鹿の大会ですか!?とても休んでいられませんね。体調をくずさないように頑張ってください。

      • たかこ on 2013年6月12日 at 10:52 AM :

        いそこさん
        いろんなところにメッセージが挟まっていて、楽しいスリルのあるめぐみさんち。

        10月の富山の案内行きましたか?青森でも郵政の人たちがたくさん来ていて、楽しい交流がありました。
        来年の富山はもう手帳にチェックしました。来年は鈴鹿の大会のあとなんですね。
        めぐみさんも行きましょう。前夜祭が無理なら当日参加で。
        この世での楽しみはこの世でしか味わえませんよ。
        ね、志乃さん。(と、ここで志乃さんに振ってしまいました)

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月12日 at 12:23 PM :

          たかこさん、そうなんですよ ^^
          いつどこに誰からのメッセージが挟まっているかワカリマセン。油断なさらずにいつも見ていて下さいね。

          いいですね、富山の大会は10月ですか。直線距離ならいくらもなさそうですね。
          この世の楽しみはこの世でしか味わえない、ってホントですね。身に沁みます・・・。名フレーズです。

          志乃さん、たかこさんの声が聞こえましたか? 私からも3つ下にメッセージがあります ♡

        • 伊東志乃 on 2013年6月12日 at 9:30 PM :

          はい、この世の楽しみはこの世で………
          いくつになっても今が旬(^^)V

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月13日 at 1:04 PM :

            幾つになっても今が旬で
            今日が人生の一番若い日
            時々それを忘れています
            梅雨空も楽しみましょう

  7. 伊東志乃 on 2013年6月11日 at 8:55 AM :

    かわいい~~~\(^O^)/
    これからどの様なドラマが待っているのかしら~~~♪♪♪
    今、この瞬間にとどまらずあっと言う間に大きくなる~~~~
    自分の子供と違い、客観的に見れる余裕の喜びを楽しんでくださいね(^^)V

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月11日 at 10:06 AM :

      志乃さん、お帰りなさい ♪
      青森は楽しめましたか ?
      ちゃんと入選も果たして、よかったですね。

      大人だってみんな最初は小さかったのに、そんなことは自分では覚えていないし一人で大きくなったように勘違い。何も言えない赤ちゃんだけれど、瞳はくるくる、時にはひたと見つめられたり。見ている間に成長していくような感じは不思議です。追いつかれないように私も少しは成長しないと・・・ (><)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月12日 at 6:54 AM :

      志乃さんへ大きくなっておめでとうここで出会えた不思議に感謝

      今日はお誕生日ですね (^o^)

      • 伊東志乃 on 2013年6月12日 at 9:31 PM :

        えっ、何で知っているのですか?
        そうなのです。今日が誕生日です。
        マガジンに今日投函して、54才と書きました(^^)

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月13日 at 12:58 PM :

          志乃さん、おめでとうございます。この一年もますます良い年にしてくださいね ♪
          もしかして、三猿さんの所の写真の右の方に見える青い着物姿の女性は志乃さん・・・? なんとなくふとそう思いました。違っていたらゴメンナサイ。

          • 伊東志乃 on 2013年6月13日 at 11:17 PM :

            こんばんは(^^)
            いえ、その青い着物の素敵な女性ではなく、
            ねぶたで盛り上がる次の写真の左の騒いでいる青い着物が私です(^^;)

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月14日 at 5:46 AM :

            そうでしたか
            初めてお会いしてドキドキ・・・!
            笑顔の素敵な方ですね
            海峡のお題に合わせたようなお着物の色合いも
            カッコいいですね ♪

  8. たかこ on 2013年6月11日 at 9:23 AM :

    ぎょ
    「伊東志乃」さんでしたね。微妙に字が違いました。すみません。

    • 伊東志乃 on 2013年6月11日 at 10:42 PM :

      いえ、話題にして頂いてありがとうございます(^^)
      もう少しお話しをしたかったです(^^*)
      ブログと川柳って有り難いですね、まったくお知り合いに成れるはずもない距離なのに、すぐに肩を組んで騒げるなんて\(^O^)/
      富山でお待ちしております(^-^)

  9. 思考 on 2013年6月11日 at 10:00 AM :

    仲間に入れてください。
    食事の前に「戴きます」 その意味と同じですね。
    私の6番目の孫は今3歳です。よろしくお願いします。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月11日 at 10:18 AM :

      思考さま、はじめまして。ようこそいらっしゃいませ。

      幼稚園で習いました。食事の前に手を合わせて “いただきます” 食べ終わったらまた手を合わせてきちんと”ごちそうさまでした”。誰にともなく、手を合わせなくても声に出さなくても、心で唱えないと食事が完結した気持ちにならないのが不思議です。幼児教育の偉大さを思います。

      思考さんはお孫さんが6人いらっしゃる人生の先輩なのですね。3歳のお孫さんも可愛らしい盛りですね。仲良く付き合う秘訣などあったら教えて頂けるとうれしいです。想像以上に小さくて可愛くて戸惑うばかりなのです。

      こちらは今にも雨が落ちてきそうな空です。思考さんは日本列島のどの辺りで空を見上げていらっしゃるのかしら。メッセージをありがとうございます。どうぞまたおしゃべりしに来てくださいね。心からお待ちしています。

  10. AKK on 2013年6月11日 at 2:35 PM :

     akk が2年間、子どもたちが3人。キリスト教の幼稚園の名前は「ふたば」です。金曜日が半ドンで、土曜日がお休み。そして、日曜学校です。「あーめんそーめんうどんのにゅうめん」とふざけていても、賛美歌はちゃんと歌いました。献金を入れた袋を持って、あの頃はバスが無いのでお友だちと手をつないで連れ立って家を後にする akk の可愛かったことと言ったら、、、

     前置きが長くなりましたが、”無償の愛” ですよね。
     帰る時に、カードを貰うのです。やさしいマリアさま、イエスさま誕生の場面、山上の垂訓。その中でとても印象深かったものがあります。きっと、そのカードだけはいつまでも机の引き出しの奥にあったように思います。道ゆく少女は、次々と出会う恵まれない人たちに自分の着ている物をすべて与えてしまい、最後は薄い物一枚だけになってしまうのです。彼女がひざまづき、手を合わせお祈りをしているところに明るい光がさしています。きっとタバコの箱よりも小さなカードだったと思います。
     akk はたくさん言葉を知りませんから、きっと「かわいそう」と感じていました。フランダースの犬のネロのことを思うようにです。見ては握りしめ、その手を大切に半ズボンのポケットにしまって帰りました。幼いながらに「これじゃさむくなっちゃう」「もらったひとはなにもあげないの?」と複雑な心を抱えていたのですから、頭の中でニューロンが新しくどんどん繋がっていったのでしょうね。もしかすると、オヤジのゲンコツよりも大きな衝撃を akk は受けていたのかもしれません。
     無償の愛という言葉を初めて見た時に、あのカードの絵がフラッシュバックしてきました。私の中でこの言葉は、あの絵以外の物ではありません。そんな経験が良かったのか悪かったのか、人格形成になんらかの影響を及ぼしたのかどうか。十字架から蘇り神のもとへ行かれたイエスさまなら知っているかもしれませんね。

     請求書と領収証で語るめぐみさんに脱帽です。そして、私はあえて「奪い尽くす」と言い換えて、「生きる証として」に共感します。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月11日 at 6:49 PM :

      今、頭の中が小文字の akk さんで一杯になっています。ご自分でおっしゃる通りに !? さぞかし可愛い賢い幼稚園児だったことでしょう。大切なカードを半ズボン(今はあまり見かけなくなりました ^^ )のポケットに握りしめて歩いた帰り道。心の中は渦巻く複雑な思いでどうしていいか分からない・・・。その気持ちを今も覚えているのですから、どれだけの衝撃だったのかは察するに余りあります。 
      無償の愛なんていう言葉は使わなくても、一枚のカードで幼心にそれだけのインパクトを与えたことはすごいですね。私の幼稚園は仏教系でしたが、そこでの ”合掌” も似ているでしょうか。

      大人になって言葉をたくさん身につけてからの大文字のAKKさんが敢えて言い換えた “奪い尽くす” という言葉には熱いものを感じます。一人の人間が ”生きる証として” 為すことですから思うままに振る舞えばいいのだと思います。

      もらったものばかりで作られている私が今度はどんなふうに恩返しができるのでしょうか。ちょっと心配です。誰も見ていなくてもどこかで誰かが見ているのかな。もう少ししっかりしないといけないな。立ち止まって振り返って少しだけ反省する時間をありがとうございます。
      これから晩ご飯です。イタダキマス、ゴチソウサマ。

  11. 佐藤 千四 on 2013年6月11日 at 6:54 PM :

    こんばんは。
     あやちゃん、美人ですねえ。秀でた額、研究心旺盛な眼、温厚な性格を示す鼻、福が宿っていそうな耳、皆に愛される頬、それに早くも未来に半歩踏み出したかわいいアンヨ。彼女から頂く沢山のオーラに白字の小切手を何枚切っても痛くない、そんなオバアちゃんが見えるようです。

     クラス会の後始末が今までかかりました。なんとか赤字は回避できるようです。

          クラス会悩みの種は請求書

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月12日 at 6:46 AM :

      千四さん、おはようございます。楽しいクラス会からオカエリナサイ! 大成功で何よりでした。幹事さんはその後まで大変なのですね。お疲れさまです。無事に収まって良かったです。

      見えていない所までよく見えるのが川柳眼というものでしょうか。そうですか、美人になりますか。頼もしいお墨付きを頂いてありがとうございます ^^  世の中には隔世遺伝ということもあるので気がかりな所が無きにしも非ずですが、大いに期待しましょう。小さいお顔にも、もう個性が現れるのが面白いものですね。

      今日は梅雨の見本のような朝になりました。心の中は晴れやかでありますように。ありがとうございます。

  12. えむ on 2013年6月13日 at 5:22 PM :

    シャシンからチューシツした Aya ちゃんのヨコガオ二次曲線は
      y = axジジョウ + bx + c
    口のあたりをセッテンとしたセッセンを引いてみてよ
    分かってるかな? ビブンだよ   *[ˇøˇ]*
      y’ = ax + b
    このチョクセンのこっちがわに鼻はある

    ほらね
    おっぱい飲むとき Aya ちゃんの鼻は
    けっしてふさがれない くるしくない
    もちろんオカアサンのおっぱいのセッセンは
    くしゅぐったいのでソーゾー計算

    スウガク的ジッショウ的ジュニュー  [ˆdˆ]

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月13日 at 8:29 PM :

      天使のしっぽを発見してくれたえむくん
      今度はヨコガオ二次曲線ですね

      *[ˇøˇ]*

      得意そうなお顔でビブンを説明してくれるけど
      習ったことがあるようなないような・・・
      えむが数学が得意とは知らなかった

      [ˆdˆ]

      それは確かに
      おっぱい飲むときお鼻がふさがれないかたち
      ソーゾー計算もしてみると
      スウガク的ジッショウ的ジュニューなんですね

      ちゃんと飲めないと大変だもの
      うまく出来ているものです
      そしていつの間にか
      美しい横顔二次曲線になるのでしょうね!

  13. えむ on 2013年6月14日 at 6:42 AM :

    y’はセッセンのカタムキだな
    まだ先があるね
    ダイニューして
    とかさ・・・

    いろいろ考えてたら
    アタマの中がすこしヤワくなってきた
    アリガトね [^_−]☆

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月14日 at 6:47 AM :

      朝から数学を思い出してみても
      なんだかややこしくなってくる
      えむはシャープな理数系の頭脳
      かたくてもやわらかくてすごい
      五七五もサクサクいけそうです
      こちらこそ補習授業を有り難う

  14. たかこ on 2013年6月14日 at 8:19 PM :

    めぐみさん、またお借りします。

    鈴鹿川柳会ネット句会明日締め切りです。
    題は「根」です。ご応募お待ちしています。♪
    http;//suzusen.sakura.ne.jp ネット句会へお願いします。

    • 伊東志乃 on 2013年6月14日 at 11:12 PM :

      色々とお忙しく大変ですね(^^;)
      鈴鹿川柳ネット句会に、今月はかなり前に出させて頂きました(^^)
      よろしくお願いいたしますm(__)m

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 5:43 AM :

        志乃さんを見習わなくては 。
        余裕をもっての作品作りも志乃さんパワーがあってこそですね。次こそ早めの投句を目指します ^^

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 5:41 AM :

      たかこさんへ
      やっと昨日投句できました。選者さんの心に届きますように・・・。
      毎月きちんと誌上句会を運営していくのも苦労が多いとは思いますが、出かけられない人にとっては励みになります。今回もたくさんの作品で充実の句会となりますように!

  15. たかこ on 2013年6月15日 at 5:32 AM :

    志乃さん

    いつもありがとうございます。若さ炸裂の富山、なにもかも楽しみです。

  16. たかこ on 2013年6月15日 at 5:57 AM :

    めぐみさん、ありがとう。集中力が勝負ですね。最近集中することができなくなってきました。何かしていてもこころがばらばら…

    しかし、朝もはよからいいですねえ、この世界。
    今から郵便局へ行ってきます。アルバイトついでに、今日は3歳になった孫娘に誕生日プレゼントを送ります。どうせ行くのだから便利です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 6:03 AM :

      鈴鹿のネット句会は “言いたい放題” という掲示板で選の後のつぶやきが聞けるのでそれも楽しみです。どこを直せばもっとよくなるか、具体的にたくさんの意見をきけたらとてもうれしいですね。期待しています。

      私の大好きな郵便局にお出かけとはうらやましい!? お気をつけていってらっしゃい (^0^)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K