Loading...Loading...

海が波のページをめくると
生きるもののすべてを見てきたから
どこから来てここにいるのかこの先に何があるのかを語り始める

 

 

 

 

 

 

窓辺に見開きのままの本
風が何かを読みたがっている
吹き返すこともなく戻れないところまで吹き飛ばすつもり

 

 

 

 

 

 

時がめくっていくのは
いつのどこのだれのどのページ
あなたの一つ覚えのせいでみな進むことしか知らない

 

 

 

 

 

 

繰り返しの中にいれば
立ち止まれるような気がして
このままここ 私はわたし 誰も知らなくても

 

 

まばたきの一瞬 長い午睡かな   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ページはめくられて”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2013年6月15日 at 5:56 AM :

    めぐみさん おはようございます。海から這い上がってきた私のいのちが、かけがえのない、今日、一日を生きる。喜んで、進んで、開港記念会館へ。少し、早く行って、抽選会の前に、いのちの生みの親の「海」と対面したい。海のときめきへ私の鼓動を合わせたい。戻れない、今日のページを輝かせたい。今朝も、楽しませていただきました。ありがとうございます。

    まばたきの一瞬 長い午睡かな   めぐみ
    くらべ合う海の鼓動とときめきと 茂 男

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 6:41 AM :

      茂男さん、おはようございます。朝一番にありがとうございます。お便りを拝見して私の心も弾みます。

      くらべ合う海の鼓動とときめきと  茂男

      横浜市開港記念開館は1917年の創建とありますから、もうすぐ100年たつのですね。ジャックの塔もステンドグラスも横浜の自慢です。そんな場所で記念の会が開けたらいいですね。外海のように波は大きくなくても、海の鼓動は格別です。今日も予定が一杯ですが、何もかも上手くいきますように。カラオケの茂男さんのお歌を聴いてみたいです (^-^)

  2. 竹内いそこ on 2013年6月15日 at 8:29 AM :

     黄金の色の写真 不思議な景色ですね。
    やはりこの国はジパングだった?!
     霞ヶ浦ですか?夜明けの水辺と山なみ・・・・
     
     二番目の句 風が読みたがっているという発想が素敵ですね。
     私の好きな富山の川柳作家さんのこういう句もあるのですよ。
      
       うたたねへ風が源氏を読破する  八木孝子

     今日は富山はちょっと涼しいです。心地よいお昼寝ができそう(^^)

    • てじま晩秋 on 2013年6月15日 at 11:17 AM :

      めぐみさん、スペースお借りします。
      青森で伊東志乃さんと約束したので(鬼が笑う話かな)来年の富山大会に参加予定です。その節はどうか宜しくお願いします。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 12:07 PM :

        晩秋さん、こんにちは。来年は富山へおでかけ決定ですか。私も行きたくなっちゃいます。

        ところで “鉄道員” 見ましたよ。これを名作と言わずしてどれが名作なんだと思いました。私が生まれた年にもうこんなにスゴイ映画があったのですね。サンドロの可愛らしさといったら! そして今なら少し分かるお父さんの切なさとお母さんの心持ち。最後に家族を見送る時の表情はそれだけで女優賞かと思います。モノクロなのにカラー以上の迫力ですね。まだ私の知らないイイ映画がこの世にどれだけあるのかと思います。またお勧めがあったら教えて下さいね。ありがとうございます (^-^)

        • てじま晩秋 on 2013年6月15日 at 12:33 PM :

          こんにちは。
          「鉄道員」ご覧になりましたか。ありがとうございます。確かに稀代の名作でした。
          もう一本のお勧めは同じく伊映画、アンソニークイン&ジュリエッタマシ―ナの「道」です。「鉄道員」の如くモノクロですが、ラストシーン=「モノクロが効いている。」といつも思っております。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 12:56 PM :

            “道” ですね。書き留めました。ありがとうございます! モノクロが効いていてるラストシーン、楽しみです。わくわく ☆

      • 竹内いそこ on 2013年6月15日 at 9:32 PM :

         晩秋さん お待ちしております。
        青森も素敵ですが、富山もいいところですよ。寛いで、いい景色と美味しいものを堪能して、名句を披露していただきたいとおもいます。
         来年お目にかかりましょう。  

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 11:58 AM :

      いそこさん、こんにちは。関東地方は蒸し風呂のような状態になってきました。といっても自然気象に歯向かう訳にはいかないので、上手くやり過ごすしかないですね。ちょっと涼しい富山がうらやましいです。でも体調に気をつけてください。かくれ脱水がコワいそうです。

      うたたねへ風が源氏を読破する  八木孝子

      なんて素敵な作品でしょう。こういう情景を詠みたいと思っていたのに、もうこんなに上手く作っていた人がいたのですね。参りました。私も好きな作家さんの一人です。いい川柳を紹介して下さってありがとうございます。

      黄金の色の写真は、朝早くのこの時間しか撮れない光景です。手前の方にはもうサーファーが集まり始めています。黄金の国ジパングとは、なるほどですね (*o*)

  3. えむ on 2013年6月15日 at 9:25 AM :

    風の話 いそこさんにとられた
    風は何をよみたがっている?
    オレのバヤイは
    『イヅレノオントキニカ・・』あたりでもう [-.-]…zzzZZZ
    あとは風がカッテに読んどいてくれないかなぁ

    めぐみさんはもうひとつ
    スンゲェことに気がついたね
    ジカンはこのセカイがこのセカイであるための
    なくしてはならないジューヨーなふぁくたーだろ?
    過去からきっと未来までそのボーダイな
    くうぉりてぃーもくうぉんてぃてぃーも
    ざっくりとヒトカラゲ
    ジカンにむかって「あなた」って
    テツガクシャたちびっくりするよなぁ
    「一つ覚え」ってちっともほめてないものなぁ
    「◯◯のヒトツオボエ」しかオレは知らない

    タチドマルコトモドウシデイキルコト  
    マバタキノイッシュンナガイゴスイカナ

    いいねいいね すきだね きにいってるね
    オレでも覚えていられるってことがスゴイんだよ  [ˆ©ˆ]√

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 12:19 PM :

      [-.-]…zzzZZZ

      えむは午睡の真っ最中かな?

      立ち止まることも動詞で生きること  

      覚えていてくれたのですね、うれしいな。いつも立ち止まってばかりの自分に言い訳してるわけじゃあないのです。外から見たら進歩がなくても気持ちの面では忙しく動いていることもあるしね。

      [ˆ©ˆ]√

      まばたきの一瞬 長い午睡かな

      気に入ってもらってありがとう。えむの言う通り、時間はこの世になくてはならない重要なfactor。でもその人の感じ方一つで長くもなり短くもなり。こんな不思議なものはないですね。

      またえむにいいねと言ってもらえるような作品ができますように!いつもありがとうです ♪

  4. 思考 on 2013年6月15日 at 10:05 AM :

    今 「ローマ人の物語」Ⅱを読んでいます(塩野 七生著)
    紀元前 2百年頃のこと 人の歴史は 「まばたきの一瞬」ですね。
    しかも「午睡」の中。
    この世を70年と2年生きて感じています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月15日 at 12:52 PM :

      思考さん、こんにちは。
      紀元前2百年頃のお話に夢中になっていると、ふと読書から離れた時に今自分が何処にいるのだろうなんていう気持ちになりそうですね。
      ”ローマ人の物語” はとても長い大作ですね。Ⅱということは、ハンニバル戦記ですか。図書館で手にとってみたものの、難しそうで諦めて棚に戻してしまった本でした。でもこういう本をきちんと読まなくては本が好きなんて言ってはハズカシイですね。

      思考さんは歴史がお好きですか。歴史の授業では事件ばかり次々と習いましたが、どの時代のどの場所でも人が生きていたのですよね。そう思うと人物に光を当てて書かれたこの本はぜひ読んでみないと、と思います。やっぱり第一巻から読んだ方がいいのでしょうか・・・。最初の書き出しがとても入り込みにくかったので。たぶんそこを乗り越えたら楽しくなるのですね。
      私たちは年表の長さのほんの少しの部分しか体験できないですが、それなりに独りよがりでも楽しくやれたらいいなぁと思います。

      こちらは暑くなってきました。お手紙をありがとうございます。ローマ人の世界を楽しんでくださいね。

  5. AKK on 2013年6月15日 at 9:10 PM :

    すっかりブログのページの中に睡り込んでしまいました。

    眼を閉じていなければ見えてこないような切り口。3枚とも人間の目で現実をこんな風に見ることはないものです。いつもは嫌なことばかりに気持ちがいってしまいますが、こんな写真を見せられると、この世界は一瞬たりともおろそかには出来ないワンダフルワールドなんだと思い知らされますね。

    そこへ、めぐみさんの言葉ときたら、、、。私をなんてソフトに刺激するんでしょう。それは大きくて小さくて、長くて短い、軽いけど重いといったような感じ。誰か説明してください、どうしてこんなに気持ちがいいのか。書いているめぐみさんはもっといい気持ちなんですか?それなら私もめぐみさんになってしまいたい。

    すてきな催眠術をありがとう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月16日 at 6:13 AM :

      AKKさん、おはようございます。催眠術が効いてしまいましたか。
      改めて写真を見てみると〜鑑定団みたい!?〜人間の眼では見えない角度や範囲が切り取られているのですね。楽しい機械です。もっともっと上手く使えたらいいですね。あまりにも普通な洗濯物も、ちょっと別のものに見えてきたりします。
      もっともっと刺激を差し上げられたらいいのですが。言葉には限界があるでしょうか。
      喜んでもらってこちらこそありがとうございます。今日もワンダフルワールドの旅に出かけましょう。

  6. 伊東志乃 on 2013年6月15日 at 11:03 PM :

    繰り返しのように見えて、ちっとも繰り返しじゃない毎日………
    繰り返しだったら、楽なのか、詰まらないのか………
    でも、お生憎様、繰り返しは絶対無い………
    毎日毎日が一期一会の繰り返し………
    それが極度に来ると疲れる………
    長い長い歴史の中で、瞬きほどの人生………
    その瞬きを捉える川柳………
    面白いかもしれない………人生とは

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月16日 at 6:19 AM :

      志乃さん、おはようございます。
      きっといつまでも答は出ないまま誰かに何かに問いかけながら歩き続ける旅、なのでしょうか。一瞬を捉える楽しいはずの五七五に自分が捕われてしまったような気がすることもあります。でも主体は私のはずですから。せっかくなら面白くしたいものですね。
      大会に向けて少しずつ忙しくなってくることでしょう。どうぞご自愛くださいね。ありがとうございます。

  7. 佐藤 千四 on 2013年6月16日 at 11:57 AM :

    こんにちは。
     寄る年波のページを捲るのは
        私を産んだ母なる海でしたか。
     海は千の風になって
        その生き様を不甲斐ない私に教えているのですね。
     そして私の余生がどんなものか
        知りたがっているのでしょうか。
     だからまだ読んでないページを
        見たがるのですね。
     過ぎたことにくよくよするなと
        常々言っていたあなた。
     でもお母さん 
        私は今のままでいられれば それでいいんですよ。
     エ、宝くじが当たったら?
        それはその時。はい。

       居眠り余生の他であれ
     

    • 佐藤 千四 on 2013年6月16日 at 12:01 PM :

       すみません。手元が狂いました。

          × 居眠り余生の他であれ
          ○ 居眠りは余生の他であって欲し

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月16日 at 2:01 PM :

      千四さん、こんにちは。
      波のようなうたが聞こえてきます。

      “私はいまのままでいられれば それでいいんですよ”
      千四さんの今は、きっと大切にしたい時間なのですね。過ぎたことをくよくよするよりも今日が穏やかな一日でありますように。

      “居眠りは余生の他であって欲し”
      起きている時間こそが夢か現か、とも思います。眠りの大切さも今になって分かります。どちらも自分の時間なんですね。

      うれしい缶ビールのお味は格別でしょうね。優しい息子さんに育てた素敵なお父様に乾杯! 今日もありがとうございます。

      • 佐藤 千四 on 2013年6月16日 at 4:21 PM :

        すてきなポエムの芸術性を壊してしまいました。お許しください。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月16日 at 4:29 PM :

          そんな・・・とんでもないことです。喜んでいます。少しだけ千四さんの心をのぞかせてもらって、少しだけ近づけたようなうれしさがあります。どうぞお気軽に遊びに来て下さいね (^-^)

  8. えむ on 2013年6月18日 at 1:01 PM :

    めぐみさんのシャシンとコトバ見ていて
    ブログってなんだろーとカンガえてた
    そーしたらコメントはナンなんだ?
    そのコメントが少ないなぁ
    じゃあオレが書く

    ニッキだと言う人がいるから
    きょうナニをしてナニをしましたと書いてあっても
    そりゃしかたないね でもオレは読まない
    ユーメー人なら許されるかも 
    イシノマコとか・・・ ƒ[a_n];?

    そこでめぐみさんのブログのケイコーをカイセキしてみた
    オレが付けるテンスウが高いほどコメント少ない
    ステキ スゴイ オモシロイ カクチョー高い トートー

    まず素直にいいなぁと思って 口あけてヨダレたらす
    くそオレだってできるヨって でもできなくてハギシリ
    こんなの書けてウラヤマシ〜 だから指クワエル
    ナンデめぐみさんだけサイノー有るのか 
    これも素直に ネタマシー トートー

    だものなぁ
    コメントなんて書けなくなっちゃう
    こんどいつかツマンナイの書いてよ
    ちがった フツーのにしてよ
    いやそうじゃない
    ソーだなぁ〜    [≈•o•≈]

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月18日 at 6:31 PM :

      ƒ[a_n];?

      分かった
      えむはイシノマコのファンでしょう?
      お顔の中にちゃんと fan って書いてある!

      [≈•o•≈]

      訳の分からない表情が可愛いね
      一番分かってないのは私かもしれないけれど・・・

      ところで先ほど久しぶりに献血してきました
      今日初めてのAB型ということで
      大いに感謝されて恐縮しました
      でもお土産はとっても少なかった (@@)
      まぁそんな日もあるでしょう
      えむの腕は固くて針が刺せないのですね
      心は柔らかいのにね
      いつもエールをありがとう ☆

      • えむ on 2013年6月18日 at 8:21 PM :

        ♬ ジュリーがラ〜イバ〜ル

        紅白歌合戦に新人だから一番で出てきたんだよ
        赤いミニスカートに赤い帽子
        かわいかったね〜
        あれからこっち本物のアイドルは出ていない
        三枚組のLPはポスターもたくさん入っていてさ [=ˆøˆ=]

        誰と結婚しても
        もちろん離婚しても
        そんなことは関係無し

        ♫あなたも狼に変わりますか〜
           あなたが狼なら怖〜くない〜♪

        オオカミになっちゃうぞ〜って毎日妄想してた

        アレレ?
        オレは幾つなんだ
        それに漢字書けてる感じ?

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 6:14 AM :

          [=ˆøˆ=]

          だから〜そんなに夢中にならないで〜こっちも向いて〜
          それ以上妄想しないで〜

          でもいつの間にか漢字が書けるようになった感じで
          おめでとう
          そんな感じでまた来てね!

  9. たかこ on 2013年6月18日 at 10:28 PM :

    めぐみさん
    またしても…($#*+#$)
    ネット句会にご参加くださった皆様。入選句の発表が済んでいます。
    そして「言いたい放題」に「書き放題」しています。よろしかったらご覧ください。抜くことが出来なかった方、捨て台詞でもどうぞ。
    次回も懲りずにご参加くださいね。

    明日は雨と聞いています。乾涸びそうな大地は喜びますね。

    • 伊東志乃 on 2013年6月19日 at 12:36 AM :

      たかこ様、秀3にお取り頂きありがとうございましたm(__)m
      富山の川柳とは傾向が少し違うのでどう書いたらよいのか分からず、自分の好きなように書かせて頂きました。
      これからの励みにさせて頂きます、ありがとうございました(^^*)v

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 6:29 AM :

        志乃さん、おはようございます。うれしい入選おめでとうございます。自分の思う通りに詠んで認めてもらえることが何よりうれしいですよね。居ながらにして新鮮な作品群を見せてもらえることは刺激になりますね。
        これからもますますのご活躍を!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 6:25 AM :

      たかこさん、おはようございます。お心遣いをスミマセン。この次はたかこさんのハートを直撃できるようにがんばります。
      いつも驚かされるのですが、ネット句会のスタッフのみなさまの迅速且つ強力なるチームワークはスゴイですね。そして選後感まで伝えてくれる心配りは有り難いことです。願わくば掲示板よりも発表の場に、選後感として大きくスペースをとってもらえたら、もっと読み易いかもしれません。共選ということも気苦労の多いこととお察しします。お疲れさまでした。

  10. たかこ on 2013年6月19日 at 7:37 AM :

    志乃さん
    私がいつもちょっぴり堅苦しい、真面目そうな選評を書いているため、全部の人が読んで下さっているわけでもないのに、傾向がかた
    寄ってきたかも分かりません。(おこがましい?)

    三重県の他の柳社からも「鈴鹿は細かい」とか「こうるさい」とか言われますが、なんでもありの川柳会が結構多いので、この路線は逆に新鮮なのではないかと、密かに思っています。

    川柳大学時代の私を知る方は「たかこさんらしくないねえ」とかおっしゃいますが、どちらも私です、二重人格ですとか言ってぼけています。
    そんな私ですから、自分は抜けないけど、もうちょっと自由な句が出てもいいのではないかなんて、今回特にそう思いました。共選の相手に進さんをお願いしたことが無になってしまいそう…。進さんもやさしい方だから、もっと奇抜で面白い句をくださいなんていえないのかも(これは私の想像です)

    志乃さんの句、迷わず入選でした。伸び悩みまで行くと少々言いすぎかなとも思いましたが、上五のリズムに負けました。

    ああ、長くなります。ここらでちょっと切ります。美容院の予約時間が迫ってきました。

    めぐみさん、続きはまた午後。
    夜は前の団地の人たちとお喋り会です。よりによってこんな時期になぜ頷いてしまったのやら。
    でも、ストレス発散にいいのです。またね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 7:51 AM :

      たかこさん、忙しい合間にありがとうございます。
      自由で奇抜で面白い・・・そんな作品が自在に詠めたら楽しいですね。たかこさんの真摯な姿勢がこのネット句会の大きな魅力の一つでしょう。私は幾重にも重なって読み取れない人柄というのに憧れています。

      季節やお天気は関係なく、気の置けない人たちとのおしゃべりはいいものですね。大いにストレスを発散してパワーをもらって、楽しい時間をお過ごしくださいね。

    • 伊東志乃 on 2013年6月19日 at 9:31 PM :

      たかこ様ありがとうございますm(__)m
      今までマガジン以外は井の中の蛙でおりましたので、これからは色々と挑戦していきたいと思います(^^)
      どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月20日 at 6:10 AM :

        ネット句会の運営も何かと大変なことだと思います。全国のみなさまの作品に会える私たちにはうれしいことですけれど。志乃さんの川柳にここでも会えるので楽しみです (^-^)

  11. 二宮茂男 on 2013年6月19日 at 10:26 AM :

    てじま晩秋
    2013年6月19日 8:04 AM
    返信 めぐみさん、AB型ですか。そういえば友人の病院関係者が
    「いつも不足している血液型」と言っていました。御苦労
    さまでした。因みに僕は典型的な? O型です。
    (晩秋さんからのものを書かせていただきました。よろしく。横浜、今日、荒れ模様、風雨が強まりそうです。)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 10:56 AM :

      茂男さん、ご連絡をありがとうございます。

      晩秋さん、お便り拝見しました。

      晩秋さんは 0型なのですね。O型には一途で熱い性格の人が多いそうで、何となく納得しています ^^
      献血車の人によると “地域によってかなり偏りがあってこの前行ったところはほとんどO型”だったそうです。面白いですね。
      無事に65回を数えましたが何回までできるかしら。血を採ってもらうと妙に頭や身体が冴えてくるのは気のせいでしょうか・・・?今回お土産が少なかったことがとても残念な私です。そんなことを言ってはイケマセン。

  12. えむ on 2013年6月19日 at 11:09 AM :

    ん〜〜〜
    オレはケツエキあるのか?
    あればきっと 0(ぜろ)ガタかな   0Ô[ºoº]Ô0

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 1:41 PM :

      0Ô[ºoº]Ô0

      全部マルでできてるよ 面白いね
      とながめていたら気がつきました

      あれれ
      晩秋さんは “0型” なのですね って書いてある
      正しくは “O型” ですね
      似ているけど違う活字でした ゴメンナサイ
      えむはきっと C型・・・!?

  13. 二宮茂男 on 2013年6月19日 at 11:14 AM :

    めくみさん 黙々と、献血、65回ですか。すごい、私は、その三分の一くらいで、高齢による、抜き止めになりました。この数字は、めぐみさんのお人柄を物語る一つの素敵な個性ですね。ところで、私はB、かみさんはA、娘はO。娘は、小学生の時、この親子の血液型に密かに悩んだそうです。失意しました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 1:47 PM :

      茂男さんは何型ですかとお尋ねしようと思っていたところでした。娘さんに無用の心配をさせてしまったのですか。本人には一大事だったことでしょうね。生物で習って疑問が氷解したのでしょうか。良かった ♪
      私はAB 主人はO 子どもたちはAとBで、家には全種類そろっています。だから血液型の本を見ると、あちこちあてはまっていたりして結構楽しめます。
      突然ですがお昼はヤキソバを作りました。

  14. てじま晩秋 on 2013年6月19日 at 4:31 PM :

    じぇじぇじぇ・・0キー押してしまいました。

    茂男さん、転送ありがとうございました。
    O型の性格診断、まさに仰せの通り! 特に
    一目惚れしやすい…項はその通りで、若い頃は
    いつも失恋レストランでした(笑)
    近頃は、煙草と一緒に恋のバーも捨てました!?
    (ほんまかいな)川柳・お酒・散歩が主です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月19日 at 6:57 PM :

      いえいえそそっかしいのはワタシなのです。晩秋さんは正しくお書きです。お騒がせしてごめんなさい。ゼロとオーでは大違いですね。

      ♪失恋レストラン♪ って懐かしすぎです。ニヒルな歌声が新鮮でしたね。
      恋多き晩秋さん・・・さぞかしバイタリティーにあふれて魅力的なお方なのでしょう。川柳とお酒と散歩なら全部一緒に楽しめそうですね。無理かな?

      朝のドラマは私も毎日見てます。今回のはちょっと面白いかな。アイドルがもう母親の役なので、時の流れを感じたりします。それではまた ☆

      • 伊東志乃 on 2013年6月19日 at 9:34 PM :

        割り込みましてすみません(^^;)
        ちなみに私は………たぶん言わなくても予想はつくと思いますが
        B型です\(^O^)/(^^;)

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月20日 at 6:20 AM :

          楽天的で気取らない、さみしがりやだけど考えが柔軟、マイペースでお祭りが好き、きれい好きで人なつこい、そして血液型占いは嫌い・・・って当たってる? 相性としてはO型(の晩秋さん)がベストパートナーとか。
          育つ環境にもかなり左右されるそうで、見た目ではワカラナイですよね。ABとは良い友人になれるそうです。よろしくお願いします m(_ _)m

          • 伊東志乃 on 2013年6月20日 at 10:32 PM :

            よろしくお願いします(^^*)v
            図太いように見えるB型ですが、個人差はありますが意外にナイーブです。ナイーブに見えないように演技をしていました。かつて昔は。でも今は本当に図太いかと………ある程度成長させて頂きましたので………
            あるテレビのセリフで「ナイーブなんて、なんの得にもなりゃしない、そんなものは捨てちまいなさい」というものがあり、かなり感心をして聞いた(^^;)その通りだけれど、だからってすぐに捨てられないから困っているのに………

            めぐみさんの繊細さは分かるつもりですよ、よろしく(^^*)v

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月21日 at 5:42 AM :

            前のページにメッセージを見つけると、大発見をしたようなうれしい気持ちです。自分の性格は人には分からないし自分が一番良くわかっていないのかも、ですね。だから面白いのでしょう。志乃さんは幅広い人なんだろうなぁと想像が膨らみます。お会いするのが楽しみになってきます ♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K