Loading...Loading...

 それは例の国立行の次の日のことです。決して晴れがましいとは言えませんが、明日からは寒波という端境の静かな空なのです。こんな天気がよろしいのだと誘われるままに乗り込んだ助手席で、やはりそうだったかという行き先に今日は自分が主人公ではないと言い聞かせているのでした。
 止まった所は川べりの野球場のファミリーカーばかりの駐車場。少し歩きなさいと体が囁くこともあって、言われた通りの忍者の足取りでついて行きます。誰もいない。水と背の高い葦原にけもの道。家では聞いたことのない鳥の囀りが、初めてだろうこんな川辺の風景の一つとして聞こえてきます。知っている限りのキキナシを思い出して見るのだけれど、当てはまるものは無いし姿も見えません。ただ分かるのは、竿を伸ばし糸を結び浮きを付けて、そこには魚たちに痛みと束縛をもたらす針が容赦無く括りつけられているのだろうという事だけです。そうして水辺に立つ人を含めた人間の、頂点だという勘違いに一人だけが気づいているのだという大いなる勘違いもあります。
 水面に小さな波紋がひとつ生まれました。心に広がる大きな波音に不思議な驚きを覚えるのは、動物として存在する宿命のせいなのでしょうか。何だろうという好奇心と、子供のように手に取って確認をしたいという所有欲が生まれて、針の痛い事も命さえ奪ってしまうかもしれない事も、獲るという本能のまえに消えてしまいそうになるのでした。
 言わば細い棒の先に糸をつけて餌を水中で散歩させています。大の大人がそんなことに子供のように真剣になっている姿を見ると、大恋愛の末に結婚をして三人の宝物を育てて来たことがウソだったような気持ちになって、くすくすと笑い出してしまいそうになっています。男の人しか知らない不思議な空間で、大きな手のひらに乗せられてふわふわしている心持ちを楽しんでいました。
 サンダルでついて来てしまった後悔やら、何処にもトイレが見当たらない不安が心をよぎった時、少年の声です。この歓喜のために、周りの事などすっかり忘れているように水のそばに立って水面を見つめていたのでしょう。陽射しの中に自然本来の美しさで釣れ上がって来たのは、お店に並ぶ魚たちとは全く違う存在感です。近寄って小さい体を手に乗せて写真を撮る本当の気持ちは、決してフェミニンではありませんからここには書けません。書けないというよりも、言葉ではなく心に直接響いてくる理屈抜きの震えてしまうような感覚ですべてが満たされてしまったということなのです。楽しかったと言ったら罪かも知れません。命だけは奪わなかったのだからと、何度も何度も言訳をしながら、このまま川べりになってしまいたいという気持ちも解らないではないと感じていたのでした。

お魚の幸せもある人魚姫   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 オイカワ”にコメントをどうぞ

  1. love on 2012年11月21日 at 8:44 AM :

    読み入ってしまいました。

    ほんの小さな出来事に心がいろんな風に動いたのですね(u_u)

    心の中を垣間見せてもらいました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月22日 at 6:39 AM :

      つれづれに毎日を暮らしています。取り立てて大きな事件が起きることもなく、穏やかに過ぎて行く日々は本当に有り難い事だと思います。けれどもその間の数時間を切り取ってみれば、心の中はあれこれと忙しなく動いているものですね。それが生きていることなのかもしれません。今日は主人公ではないと言いながら、自分の中ではやっぱり自分が主人公なのでした。

  2. 二宮茂男 on 2012年11月21日 at 8:58 AM :

    おはようございます。平凡な日常から非日常の気宇な世界へ脱出してのリフレッシュ。けものみちをかき分けて、一歩、また一歩。いいですね。お相手が、大恋愛の主。うらやましい。日常から非日常、落差がおおきいほど楽しいですね。私は、つりが下手。特に、川釣りであまり獲物を手にしたことはありません。それで、川面を見つめるひとときは楽しいですよね。お供をさせていただいたような気になりました。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月22日 at 6:40 AM :

      茂男さん、おはようございます。ほんの数分で非日常の風景に立てるという、何とも素晴らしい環境です。心の中だけでもリフレッシュはできますが、やはり誰もいない川べりという場所に立つことは、不思議な魅力がありますね。季節が夏で自分は子どもで川がきれいならば、きっと飛び込んでみたくなる一瞬です。以前瀬戸内海でボートの周りで泳いでいたら、この辺りはフカが出るんだよね〜という声に慌てて海から上がったものでした。水を独り占めしているお魚たちには、人間はどんな風に見えているのでしょうね。

  3. 竹内いそこ on 2012年11月21日 at 10:22 PM :

    なんでしょうね。
     川辺に立った時、そこに群れになってちいさな魚たちが流れにむかって泳いでいるのを見つけた感動は。
     そこからその感動は人それぞれに分岐するようで、捕まえたいと思う人と、美味しそうと思う人と、誰かに見せたい まだほかにあるかな…・・・・・

     それはともかく、子供の頃は平気でつかめたザリガニやフナが今は掴めなくなってしまいました。トンボも掴むことができたのに。
     いろいろなことに注意が行くようになって、可能なことが増えた分できなくなってしまったことも多いです。
     大人になるって複雑・・・・・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月22日 at 6:41 AM :

      大人って、何でもできてもっとカッコ良くてあまり迷わなくて、堂々と生きているものだと思っていました。自分が大きくなってみると、想像していた人物像とはかなり違う事に驚かされます。幾つかは進歩したけれど、間違いなく幾つかは忘れたりできなくなったことがありますね。それがいいことなのかどうか分かりませんが、戻れないなら仕方ない。今を楽しむことにしましょう♪
      お魚を見つけるとまず思うのは、ムギューではないけれど、それは食えるのか?旨いのか・・・?
      お口に針が刺さって痛そうなんて言ってはいますが、お刺身も大好きな私です。

  4. このみ on 2012年11月22日 at 6:30 AM :

    まさに小説ですね(ワタクシにはちょっと難解でした→昨今まったく本を読まなくなり読解力が極端に減っているような気がします)

    11月は1週間が早いのにとても長く感じます
    行事が多すぎたせいでしょうか
    心労もバカみたいに多いです
    健康で平凡な日々が一番素晴らしいことに気づく年齢なのかもしれません
    世界情勢も日本情勢も先行き不安と思いやりの無さで寂しい。
    木の葉のように大海の渦でくるくる。。。
    それ以下かもしれませんね
    ため息ですが今日も一日が始まります。がんばります!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月22日 at 6:53 AM :

      このみさん、おはようございます。
      心労やストレスというものが、一番体にこたえるものですよね。抱えているものも多い立場だから仕方がないとはいっても、生身の人間ですからあまり無理をなさいませんように。ため息もエネルギーに変えてとりあえず今日一日は歩いてみよう、とこれは自分に言い聞かせています。
      それでも疲れた時にはゆっくり休んでくださいね。休むのも仕事のうちですから。
      今日は長い間の懸案事項だった歯医者さんに、とうとう勇気を出して出かけることになりました。大人になってもギリギリまでできれば行きたくない場所ですね(T T;)

  5. このみ on 2012年11月22日 at 7:08 AM :

    歯医者さん!!??

    私もズ~~~~ッと先延ばしにしている懸念事項です!!!
    まだギリギリを伸ばしています

    ぅわ~~~~~ん。。こわ~~い。。。どうなるんだろ?
    めぐみさん!私の分もがんばってくださいねっ!!(?)

  6. エム on 2012年11月22日 at 6:26 PM :

    いそこさん
    トンボ掴めないの? 弱虫だなぁ
    ザリガニでもフナでもオレが掴んでやるよ
    何のために? 代わりじゃダメじゃん!

    ただオレは「カ◯キリ」だけはダメなんだ
    だって「カマ◯リ」って書くだけで身の毛が・・・
    おっとシッケイ オレ固くて毛は無い!

    • 竹内いそこ on 2012年11月23日 at 2:45 PM :

       うん だめになってしまったの。
       昔は捕獲したとんぼコレクションをセーターに並べて自慢していたのに、いじめた反動でこわくなったのかな。今じゃ立場逆転 とんぼが頭や肩に止まりに来るの。すっかりなめられてしまって・・・
       かまきりさん(だよね)はーやっぱりダメかな。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月23日 at 3:49 PM :

        いそこさん、とんぼさんから好かれているのですね。頭や肩に止まりにくるのは、一緒に遊んでほしいのでしょう。
        やわやわしたか細い身体を持つ昆虫は、手の中でばらけそうで私も苦手です。小さなアマガエルくらいかなぁ、今でもやっとつかめるのは・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月23日 at 3:28 PM :

      エムさん、そう言えば カマキ◯ の三角形の顔や手を振り上げる姿は、あんまり可愛くないですね・・・人間の方がずっと大きいのに何だかコワい。
      注射針も刺さらないし毛もない腕も、寒さはこたえるでしょう。あったかい飲み物でからだを温めて、風邪ひかないように気をつけてね。

      • エム on 2012年11月23日 at 5:28 PM :

        だから
        みんなで
        カ◯◯リってはっきり言わないでよね
        ヤツと一緒に嫌いになるよ

        自販機でコーヒー買った時肩に止まったんだ
        体が硬くなったのはそれからかも・・・うそ!

        小説は続きあるの
        オレの話よりいいね (^_^)☆

  7. AKK on 2012年11月22日 at 6:28 PM :

    ふと手に取った本を読み始めた、そんな気がしました。上品上質な私小説の始まりの様です。続きを読んでみたくなりました。短編集でもいいですね。〆切はありません。催促もしません。でも、待っててみようかなぁ。ありふれた毎日を、主人公はどんな風に心を震わせながら生きていくのでしょう。

    11月22日はいい夫婦の日?子供みたいな旦那様と少女のままのめぐみさんに、いい事いっぱいありますように・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月23日 at 3:42 PM :

      ありふれた毎日、当たり前の毎日が続いているので、小説にしたら大河ドラマになりそうな分量です。それにしては山場が少ないですね。何でもないことにどれだけ心が動くものか、楽しみではあります。何も感じなくなるのが一番悲しいかもしれません。
      今日は小町庵で美味しい常陸秋そばをいただきました。歌碑は十年たってもあの時のままで、私よりも長生きしてどんな風景を見るのかなぁと不思議な気持ちです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K