Loading...Loading...

覚えているのは
体寄せあう極寒の曇り空の日だったこと
そして本当に(マジで)二人とも若かったということ
あなたの手作りマフラーとミルクホールという喫茶店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこの前来たのは
歴史の本に載る(?)かれこれ半世紀も前
何もこの慌ただしい年末を選ばなくても
それでもどうしても抑えきれなかった思い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃のままの佇まいに迎えられて
たくさんの時間を飛び越えて急にそこにいるような感覚
それでもこの街の歴史は少しも動揺などせず
若返りそうなカップルを笑っているようでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段葛を歩いて八幡様へ
お決まりの小町通りは修学旅行のはしゃぐ声
あまり喋らずいやいくら話しても足りない
必ずまた来る約束とそろそろお腹がすいたなぁの結末

 

あの頃の二人の写真はもう撮れぬ   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 思い出にひたるには”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2023年12月27日 at 5:17 AM :

    おはようございます
    ロマンチック街道かな?お二人のロマンの発祥地?それぞれの若さとその時々の想いが交差して甘酸っぱい大切な思い出ですね。
    見合い結婚だった我々にはほとんど「ロマン」はなかったような気がします。(冷めた目)
    私の一目惚れで押し掛けた結婚でしたが(見合5月結婚10月)はじめから主人には「恋」というより「家族愛」だったような。とりあえず結婚42年め。ずっと記録更新したいものです。

    昨日なんとなく今年いただいた賞状を数えてみました(暇だね~)56枚もありました!われながらびっくり。2023年はいろいろと私比ではホットな一年でした。来年も棚ボタを期待してがんばってみようと思います。笑

    これから実家行きです。今年最後になります。

    • めぐみ on 2023年12月27日 at 2:41 PM :

      このみさん、こんにちは。
      今年最後のご実家行きはお疲れさまでした。朝早くはホントに寒くて大変ですね。いろんな形の親孝行があるけれど、このみさんの姿をお子さんたちはしっかり見ているのだろうなぁと思います。来し方は消えてしまったし行く末は見えないけれど、そうして目の前を大切に生きていることが何よりも大切なのでしょう。あったかい家族の生活をこれからも更新したいですね。
      来年もホットな一年でありますように。今日もありがとうございます。

  2. AKK on 2023年12月28日 at 10:32 AM :

     雨の降るあの花の季節に、ボーイフレンド(男友達)と明月院に行ったことがあります。マジで若かった頃です。人々の傘がずっとぶつかっていて、動く傘のトンネルを行くようでした。アジサイはその頃から好きです。
     少しもロマンチックなんかじゃなくて、それでもホントに懐かしい思い出です。めぐみさんのようにあの時の友と再び訪れることはないと思いますが、タイムスリップするように思い出させてもらいました。ぐちょぐちょのスニーカーがよみがえりました。
     冬の鎌倉、いいですね〜。新しく恋人でもできたら誰にも知られずそこにいてみたいものですね。まあペコちゃんとポコちゃんのレストランはないでしょうけど、隠れるように暖かいものでもいただいて、、嗚呼妄想が止まらない。
     そうそう、最後の写真の左上の「・・アール」はきっとあれですよね。今でもあるんですね。コーヒー頼むと「お砂糖とミルクはお入れしますか?」って。あれでフツーだったんですものね。まあ、今じゃ自分で運んで砂糖とミルクも自分で持ってきて、そうおしぼりも。なんだかなあ。さてさて、新しい恋人と隠れ宿でも探しますか。

    • めぐみ on 2023年12月28日 at 11:06 AM :

      AKKさん、こんにちは。
      本当に久しぶりの街にいて不思議な時間でした。もうあれもこれも姿は変わっているはずなのに何も変わっていないような。たまにはそんな小さな旅もいいですね。
      有名な明月院、私はおばあちゃんと出かけましたよ。やっぱりすごい混雑で懲りてしまいました。花やお寺巡りは人の少ない時期を見計らって出かけるのがいいかな。
      新しい恋人さんの夢を見ながら?あったかい1日をお過ごしくださいね。いつもありがとうございます。

  3. このみ on 2023年12月30日 at 4:59 AM :

    おはようございます
    晦日になりました。今年はなんか正月という感じがまったくしなくて、1年ぶりに準備するものが何かと抜けていて、ちょっとボケを感じている今日この頃です。
    昨日までにお墓掃除やご仏壇掃除を済ませ、今日はトイレ掃除をチャチャッとして(4か所あります)お餅を飾ろうかと思っています。家の掃除はお祭りの時に1か月励んだので、チャチャッとするだけ。相変わらずアバウトなワタクシです。

    先日は裏のマンションのご夫妻のお呼ばれで主人と4人の忘年会。「今日は中華です」と言われ、美味しい食事が次々と。。。♪やはり3時間があっという間でした。今年は3度ほどお邪魔しました。「大変ですよね。いつもありがとうございます」とお礼を言ったら「おもてなしは嫌いじゃないんですよ」とのこと。なんか羨ましい~~~~。

    めぐみさん、今年も本当にお世話になりました。たわいないたくさんのおしゃべりを聞いてくださって本当に感謝しています。来年も生きていたら(最近体調に自信ないので)またどうぞよろしくお願いいたします。めぐみサロンに集まるいそこさん、AKKさん、千四師匠、みなさんもどうぞよろしくお願いします。いい年をお迎えくださいね

    • めぐみ on 2023年12月30日 at 5:51 PM :

      一年の仕上げに素敵なディナーの集いは良かったですね。中華料理までこなされるってきっとプロ並みの腕前なのでしょうね。おいしく楽しく食べてもらえて作りがいもあるのだと思います。いつまでも仲良くお付き合いしたいお友だちですね♪
      こちらこそ、いつも支えていただいて感謝でいっぱいです。みんなで元気に年を越せますように。

  4. 竹内いそこ on 2023年12月30日 at 11:34 PM :

     こんばんわ ロマンチックなめぐみさん 親孝行のこのみさん
    お写真をみてどこの町かな と思いをはせていました。
    Aķk さんのように○○アールに引っ掛かりました。
     私が学生時代を過ごした大学町にもありました。私がいったお店も健在かな?
    年末はどこも渋滞と混雑。
    昔ほとお節料理は作らないし、みんなが手をださないものもはぷいて楽をしています。
     このみさん、ご実家に通ったりお仕事も忙しいのに快挙でしたね。そのバイタリティーを見習いたいとうたの日と365俳句は年末まで続きました。まだまだやれそうです。来年も更新していきますね。
     皆さん のんびりといいお正月をお過ごしくださいね。

    • めぐみ on 2023年12月31日 at 6:26 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      人間が恋しいけれど人混みは苦手なので、いつも空いた時間に空いた場所を狙ってのお出かけ。それでもどこにでも人はいるものですね。(自分のことは棚にあげて><)
      短歌と俳句の投句も続けてこられたとのことで来年はもっと豊かな年になりそうですね。継続は力なり、はホントだと思います。
      今年も心にかけてくださってありがとうございます。みなさまでどうぞ良いお年をお迎えくださいね。

  5. このみ on 2023年12月31日 at 4:23 AM :

    おはようございます
    いそこさんのお顔が見えてうれしいので。またデベソです。笑
    今年のお正月は、なんと長男一家もやって来ると言うので急に気ぜわしくなりました。末っ子も驚きの結婚で、なんか気持ちがざわざわしています。もうしばらくしたら落ち着けるかな~。なんせキャパが狭くなっているので、色々なことに対応するのに青色吐息です~~。

    いそこさんも投稿がんばってるんですね!
    私は去年は「おりひめひこぼし川柳句会」に1年参加。今年は二つの短歌俳句に1年参加しました。で来年は久々に「川柳マガジン」に1年参加してみようかなと思っています。1年の軸ってせっかちな私には本当はめんどくさいところもあるのですが、とりあえず1年間の宿題として課してみようかなと思っています。なので来年はめぐみさんやいそこさんの作品と会えるのを楽しみにしています♪

  6. めぐみ on 2023年12月31日 at 6:29 AM :

    末っ子さんのご結婚おめでとうございます♪
    ホッとするような寂しいような嬉しいような、複雑な心境でしょうか。何かと忙しくなりそうですね。長男さんご一家もご来訪で、お揃いで新しい年を迎えられるのですね。新しい年も、みなさまのご健康とお幸せをお祈りいたします。

  7.   千 四 on 2023年12月31日 at 1:52 PM :

    こんにちは。
    いよいよ今日になりました。今年も何かとお教えいただきありがとうございました。
    おかげさまで気持ちの面でも大きな病気もせずに何とか今日まで漕ぎつけました。齢ですねえ。
    来年もまた恵さんの素敵な文章にお目にかかれるよう頑張りたいものです。

    今日は子供たち孫たち全員集合の日だったのですが、孫たちも爺とは別世界が広がりつつあります。だんだん寂しさが増してきます。仕方がないんですかねえ。

    このみさん 爪の垢を少し分けてくださいな。晩酌のつまみにしたいのですがねえ。

    皆さん どうぞよいお年を

        郵送をせよと宣うお年玉

    • めぐみ on 2023年12月31日 at 8:27 PM :

      千四さん、こんばんは。
      全員集合でにぎやかなひと時は何よりでした。お孫さんたちのお手本として千四さんの存在は大きいですね。小さい人たちの成長ぶりは目覚ましくて人格もできてくるのは頼もしいこと。でもそれはそれで寂しさもありますね。そして自分は少しは成長しているのだろうかと心細い限りです。できる範囲でがんばろう〜。
      一年の締めくくりに千四さんのお声が聞けてうれしい日になりました。いつも見守ってくださってありがとうございます。穏やかなお正月となりますように。

  8. このみ on 2023年12月31日 at 4:49 PM :

    師匠、こんにちは
    師匠のお顔が見えて本当にうれしいです♪
    若い人たちとの距離はやはり埋められません~~。どんどん年取りになっていく自分を感じます。まだ小さい子とは近い気もしますが。
    さびしい時はぜひめぐみサロンへお寄りください。(なんて私が誘ってどーする)いつでもおしゃべりいたしましょう♪
    私はいつも爪を短く切っているので、差し上げる垢がありません~~~。
    今年は本当にラッキーが続いただけなんです。でもまた来年がどうなるかお楽しみではありますよね。自分ができるところには積極的に参加したいと思っています。やはりやる気がなくなったときは、私の「おしまい」でしょうから。
    来年もよろしくお願いします。よかったらちょくちょくお顔を見せてくださいね。お待ちしています♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K