Loading...Loading...

DSC_0003

 ちょっと前から、この季節にしては冷たい雨の中にボク達はいる。苛められているのではない。乾いた喉にナチュラルな補給というおもてなしだ。

「私と一緒にあの車でお家に帰りたい?」

優しい気持ちはたっぷりと伝わってきた。ボク達が言葉を持たないということは有り難いことだ。心と心は誰と誰でもいつもまっすぐそのまま、良い心根だけがコミュニケーションを共有する。ボクたちは一度もパンドラの箱を開けたことはないからだ。

 実はボク達といっても、こちらがボクであちらがワタシという訳ではない。そんな気がするだけで、はっきりしているのは二人とも枝垂れの花桃であるということ。まだ居場所も無いのに家族の仲間入りとは、まるでお嫁入りしてきたような立場と言えるかもしれない。枝垂れという容姿の美しさや紅白の花を咲き分ける賢さを気に入られたとなると、ここで自分の精一杯を生きてみようと決めている。もちろん初めから帰るところなどないのだから、古風なボクがお嫁さんを引き合いに出したのは当たっているのかもしれない。

 古風といえば、唐突だがボクについて少し聞いて欲しい。イザナギノミコトが黄泉の国へ行くのは、火の神を産んで死んでしまったイザナミノミコトに会うためだった。そこでイザナミとの約束を破ってしまったイザナギは、鬼達に追われて黄泉の国から逃げることになる。その時に鬼に向かって投げつけたのが桃の実だったのだ。ボクの遠い祖先は、その時から意富加牟豆美命と名付けられた。オオカムヅミノミコトはこの世で人を救う神様なのだ。その末裔の末裔としてボクたちはいる。

 孫悟空が食べたような実を生らすことはできないが、美しく花開くことは運命付けられている。春のいい日に蕾のままこの家にやってきたボクの決断にシンクロしてくれているかのようにその日から微笑みを絶やさないこの人のため、ボク達は記念樹として心の中にまで咲き乱れることを約束しよう。今年、そしてこれから・・・。

 

今日を生きる記念樹として枝垂れ桃赤白ピンク咲き分けて春   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ももぐみとめぐみ”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2015年4月15日 at 8:19 AM :

     恵さん おはようございます。「枝垂れの花桃」を記念樹にお求めになったのですね。私達二人は、10日ほど前、噂を聞いて、町内の友人のT・H氏の庭の「枝垂れの花桃」を観に行った。あいにく、主はお留守でしたが、町内の仲間たちが10名ほど、散策中。私達も一緒になって、ひとときを楽しみました。ところで、意富加牟豆美命様。イザナギが黄泉の国から逃げるときに桃の木から桃を取ってそれを投げつけて醜女を追い払い、その功績から神名を賜わったのですね。庭先の「枝垂れの花桃」は「意富加牟豆美命」の子孫なのですね。素敵な記念樹を植えられました。果実は、小さめと聞くが、末永く、岡本邸のシンボルとして咲き誇ることでしょう。水海道の銘木に育ちますように。お陰様で、「枝垂れの花桃」が好きになりました。今日の午前中、もう一度、友人宅へ観に行きます。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 8:53 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      立派な枝垂れ桃、それも赤と白が同じ樹に咲く桃が随分前から気になっていました。その名前が源平梅であることを初めて知って益々心魅かれる日々でした。
      記念樹と言っても特別な意味ではなく、何もない毎日への記念です。まだ見下ろせるほど小さなものですが、元気で育ってくれたらいいなと思います。
      貴重な晴れ間を気持ち良くお過ごしくださいね。朝一番にありがとうございます。

  2. 佐藤 千四 on 2015年4月15日 at 9:09 AM :

    おはようございます。
    桃は福島県の特産。旨さでは日本一。皇室もご愛用くださいます。毎年献上もしています。一面の桃畑は春の絶景です。飯坂温泉がお勧めです。我が家の枝垂れ花桃はまだつぼみ。今から楽しみです。

    枝垂れ桃江戸の華を愛でる め組

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 9:25 AM :

      千四さん、おはようございます。
      もうすでに千四さんのお庭には、憧れの枝垂れ花桃があるのですね。これから暖かくなって蕾もほころんで・・・楽しみですね。お花見に飛んで行きたくなりました。
      福島県産の桃は立派で、お店では眺めるばかりですが、果物の王様のようなオーラがありますね。お花もいいけど実が魅力的なことは言うまでもありません(o´∪`o)
      いつもながらの粋な一句をありがとうございます。

       桃源郷はこちらですよと福島県 ジアマリ

  3. エム on 2015年4月15日 at 10:36 AM :

    桃組恵ブログ300回御芽出度ー

    今ネ
    シゴトチュー
    ムダな待ち時間
    またあとで

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 10:42 AM :

      エムくん
      お忙しい中をありがとう♪
      この世の中にはムダなものなんて無いのですって
      今日だってこうしてお話できるから

      そうでした
      気がついたらちょうど300回
      一緒に歩いてもらってありがとうございます

  4. 竹内いそこ on 2015年4月15日 at 10:42 AM :

     おはようございます めぐみさん
    桃の実は封神演技でも太公望が食べていましたね。
    桃太郎伝説もあるし、日本人ゆかりの実なんですね。
     花桃には実はつかないのですか?
    薄紅から深紅、見事な花をつけた花桃を御近所でも見かけます。
     めぐみさんちのお庭が桃源郷になるのが楽しみ。
    またブログでそのお写真を見せて下さいね(^∇^)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 10:53 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      お花のコトしか気にしてなかった・・・実はなるのかしらね。調べてみます。でも花だけでもうっとりできそうなのでそれでいいような気もします。
      道を歩いていると素晴らしい枝振りに花盛りの桃の樹に出会いますね。丹精されているんだなぁと持ち主さんにご挨拶したくなってしまいます。まだ赤ちゃんの苗木ですが何十年かたって立派になってくれますように・・・。
      さすが読書家のいそこさん、封神演技についてはこっそり調べてやっと分かりました。スケールの大きなお話なんですね。いつか読むリストに入れました。不思議な力の有りそうな果物ですね。あぁ桃が食べたくなってきました(((´~`)))

  5. 太陽の陽子さん on 2015年4月15日 at 1:38 PM :

    恵さん、こんにちは。
    やっと南の果て鹿児島にも「つくばね」4月号が届きました。
    改めまして、1位と4位おめでとうございます。立派だなぁ~・・・
    私は全体で1句だけ掲載されていて、それでも「よかった」と喜んでいるところです。

    もしかして花桃は「1位」と「4位」の記念ですか???
    まさかですよね、めぐみさんがいちいち記念樹を植えていたら、おうちは森になってしまうから (@_@)

    うちにも花桃がありますが、梅の実を少し大きくしたくらいの実がたくさん生ります。
    そして放っておくと、いつのまにか芽が出て根が生えて・・・ 抜くのが大変になるので、実は早めに片付けた方がいいみたいですよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 2:06 PM :

      陽子さん、こんにちは。
      花桃情報ありがとうございます。何も分からないので、取り扱いの方法はこれから勉強しなくてはいけないの。まだ廊下に置いてあって、午前中陽が射したので外に出して、風が出てきたのでまた取り込みました。枝に触らないようにドキドキしながら・・・。ちょっと過保護状態ですね。
      陽子さんのお庭にも桃の花が咲くのですね。ひな祭りにはちょうどいいですね。この小さな枝にいつか実も成るのかしら。楽しみが増えました。
      ところで、日曜日の選挙では良かったですね。国文祭のためにも力強い応援が期待できそうで何よりです。つばさ会員の方がトップ当選なんてスゴイ。どの人かしら・・・?うれしいニュースですね。
      来月9日には第2回鹿児島県民川柳大会。もし鹿児島県に住んでいる方がココを見ていたら、ぜひ参加してみて下さいね。太陽の陽子さんの笑顔で、きっと忘れられない一日になるでしょう!

  6. AKK on 2015年4月15日 at 3:35 PM :

     桃組は保育園、め組は江戸火消し?

     ぐんぐん伸びる樹ではなくて、枝垂れるものたちは物思い人のようですね。前回の三百年の枝垂れ桜のふところに抱かれてみれば、たとえ写真でも心が通じ合うような気がしますから不思議です。梅でも桜でもなく、記念樹として桃を選んだのは何故ですか。それより何の記念なのでしょうか。また何か良いことがおありでしょうか。

     今日を生きる記念樹として枝垂れ桃赤白ピンク咲き分けて春

    「今日を生きる記念樹」は何か哲学的な匂いがしますね。「枝垂れ」には若い時のように進むだけではないというような落ち着いた気持ちが含まれているのではないかと考えています。それでも人生はいろいろあって「赤白ピンク咲き分け」ているようで「春」と表現すればこの季節を歌うのにぴったり。3回続けて短歌。いえ、なに、私、短歌好きですから、、、

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 8:41 PM :

      私の想像ではおそらく歌詠み人でいらっしゃるAKKさんに見せるには恥ずかしいような歌ばかりです。でも、あるがまま以上の素晴らしい解釈をありがとうございます。拙い言葉でも思いが形になった時はそれなりにうれしいものですね。この形なら、どうしても五七五では表し切れないというもどかしさを感じなくて済みますから・・・。
      「毎日を記念日として過したい」私ですから、特別な祝賀行事よりも何もないことの喜びへのお祝いという意味合いなのですが、分かっていただけますか?春の主役の顔をした桜ではなく、その香りで誰にも負けないまっすぐ枝の伸びる梅でもなく、俯き加減の桃の花には憧れてしまいます。AKKさんのおっしゃる通り、時には足元を見て立ち止まることも覚えて歩きたいものですね。
      明日のAKKさんは何色でしょう。桃色の一日なんてどうですか・・・ナンカヘンダナ?

  7. りんご詩姫 on 2015年4月15日 at 4:31 PM :

    めぐみさん、こんにちは。お疲れ様です。

    花桃、これから育てられるのですね。梅よりも少し大きな実がなるんだ。それって、2~3年先かしら。甘いのかしら、酸っぱいのかしら。楽しみですね。ぜひ成長過程のお写真を時折アップなさってくださいね。

    桃と言えば……昔、岡山の桃を送ってくださる方がいらしたのを懐かしく思い出します。私の店のお客様だったんですけど、当時、脚色して1句詠みました。

    はつ恋の人から届く白き桃(まゆみ)

    今年も誰か桃を送ってくださらないかしら。(笑)

    (#^.^#)

  8. 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月15日 at 8:58 PM :

    りんごさん、こんばんは。
    桃の句は脚色ではなくて本当のお話ではないかしらと想像してしまいます。りんごさんにお似合いの花だから。それに花言葉は「私はあなたのとりこ」ですよ。岡山の桃は有名ですね。新幹線で広島に帰る時に、ちょうど岡山を通る辺りで車内販売に来ました。とても高級で学生には買えませんでした。それにしてもお客さまから贈り物が届くなんて、普通は逆だもの、りんごさんのお店がどれだけ魅力的かという証でしょうね。
    宮崎番傘川柳会も新体制ということで、りんごさんは句会部長のお役なのですね。今年度も句会が楽しい学び合いの時間になりますように。お忙しいと思いますが、あまり無理をしないで、ちゃんと睡眠時間をとってお元気にご活躍下さいね。今日も忘れずに訪ねて下さってありがとうございます。

  9. このみ on 2015年4月16日 at 8:17 AM :

    おはようございます
    そうですか。めぐみさんのブログも300回を迎えるのですね。継続は力なりですね。初めのころからいらしたお客様も新しいお客様も主であるおだやかなめぐみさんのまわりに腰かけ、静かな気持ちでお茶をいただきしばし談笑させていただいてはまた現実の世界へ戻ります。いつも和やかな空間をありがとうございます。

    いそこさん、「封神演技」を読む力をお持ちなんですね。尊敬です。この漫画がうちには全巻あるのですが、長女がはまっていて中学だったか高校のときだったか夢中で読んでいました。その影響で二人の弟たちも読んでいたようですが、私はペラペラとめくってみてその難しさに一度で閉口。まったく読むことが出来ませんでした。

    桜も桃も春の風物詩。しだれ。。。は私も大好きです。育てる力はありませんけれど。さくらといえば「あなたのさくら色」の公募が始まりました。皆さん、チャレンジなさってみませんか?
    4月も半ば。春は何やらざわついていて気持ちが落ち着きません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月16日 at 9:18 AM :

      このみさん、おはようございます。
      さくら色の公募は毎年やっていて、それなのにいつも新しい作品がたくさん集まることがすごいなと思います。入選常連のこのみさんは今年はどんな切り口で攻めるのかしら。できたら私も参加してみたいと思います。さくらと言えば、昨日から使っているシャンプーが何と「さくらドリーム」という名前です。ボトルも香りも桜色という春にぴったりのもの。ちょっとイイですよ。
      最初からずっと変わらずに、いつもこのみさんが支えて下さったおかげでブログの今日があります。本当にありがとうございます。
      今日は気温も上がってくれそうです。蕾がいくつもほころんできました。このみさんにとっても穏やかないい日になりますように♪

  10. 竹内いそこ on 2015年4月16日 at 9:23 AM :

     おはようございます 
        このみさん、めぐみさん
     封神演技は、児童向けに翻訳されたものから読んだのでわかりやすかったのです。佐竹美保さんの挿し絵が美しくて、まずそこにはまりました。
     次にマンガ。あらすじがかなりアレンジされてしまったので、改めて文庫本の封神演技で本場の話を読みました。キャラクターがいいのですよ。
     もし図書館に行く機会がありましたら、この児童向けの封神演技の挿し絵(話も勿論ですが)をおすすめします。
     今回の本屋大賞の上橋菜穂子さんの本の挿し絵をよく描いていらっしゃる方ですよ……………
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月16日 at 9:39 AM :

      タイトルも知らなかった私ですが、いそこさんの説明を聞いてますます興味が湧いてきました。上橋さんの挿し絵のあんな雰囲気のお話なのかな。中国の小説なんですね。登場人物が生き生きと魅力的なお話は夢中になれるから大好きです。

  11. 夢香 on 2015年4月17日 at 6:45 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    ブログ300回、まことにおめでとうございます(^_^)v。
    規則正しく継続されることただ尊敬の念だけでございます。
    花桃も一緒にお祝いしてくれていることでしょうね。
    これからもブログを楽しませていただきます。
    あまりご無理はされませぬように(*^^*)。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2015年4月17日 at 7:21 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      桃の花は幾つもほころびました。でも咲いてしまうとお終い・・・もうすぐだねと言っているころが一番いいのかな。
      いつも応援して下さって本当にありがとうございます。声をかけてもらえるのが何よりの励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。
      今日は春らしい日になりそうですね。昨日はドラッグストアでピンクの口紅を買ってきました。一本で何年も持つので、しばらくぶりのお買い物でした。そんな訳で気分だけは?春です。夢香さんも楽しい一日にして下さいね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K