Loading...Loading...

Excelで一週間の表を作ろうと言い出した

全部で12人の予定と食べる事

買い物メモにお風呂の順番その他諸々

結局は書類の裏の手書きが残ることになった

 

頭の中に置いておくものがあると

きっと抜け落ちてしまうからと

何もかも書き出せば表の形が崩れていく

誰もが元気で過ごせるようにと頑張る消しゴムと鉛筆

 

始まってみれば予定は予定

時間と状況は加速し続けすっ飛んでいく

歓声や泣き声や寝息が主役だから

私の思惑も枠から外れるくらいが幸せ感は大きくなる

 

そして送り盆には静かな我が家に戻った

この暑さの中でもこんなにも蒸発しにくい記憶を

予定表の上にきちんと並べてみようとしているけれど

今度はいつと約束した声がそれをかき回している

 

 

吹き抜けてバイバイまたね百日紅   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 夏が好きになる”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2018年8月18日 at 7:24 AM :

    おはようございます
    めぐみさん、お盆はたくさんの人たちのおもてなし、本当にお疲れ様でした。
    少人数の少日でも私は相当くたびれましたから、めぐみさんを思えば何をか言わんやです。笑
    でも一度にみんな帰ってきたらわが家には泊める部屋がありません~~~~。ホント、これは大問題です。でもそれはそのときが来たら考えることにします。

    めぐみさん
    鈴鹿ネット句会、入選おめでとうございます♪
    私も珍しく2回続けて入ってましたが今月はボツ。なんですけど~~
    今日発表の新葉館さんのネット句会ではテーマ「普通」では秀句、ユーモア川柳ではなんと!3句とも佳作に選んでいただいてました~~~。びっくりです!それもすべて現実ありのままの句なので本人がちょっと笑ってしまいました。ちょっとうれしかったので朝から自慢でした。(笑)失礼しました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月18日 at 10:51 AM :

      このみさん、こんにちは。
      ネット句会もたくさんの入選おめでとうございます。どれも共感できました。お母さまは90歳になられるのですか。まだまだこちらが学ぶことも多いですね。そして普通の食事が何よりホットできますね。我が家も健康に配慮したシンプルな献立を目指します^^
      明け方は少しだけ秋の気配でした。これからそんな朝が増えるのでしょう。今日もいい日になりますように。いつもありがとうございます。

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年8月18日 at 7:17 PM :

    恵さん こんばんは。茄子の馬に乗ったご先祖さまをお迎えしての一週間は12名さんでしたか。お買い物、お食事、お風呂と大賑わいでしたね。Excelの登場でしたか。夏が好きになられましたか。集われたお一人お一人がこころから気を許せてありのままの自分でいられる場所、それがご家族、ご一族ですね。ご先祖さまも目を細めてご覧になられていたことでしょう。そしてこの週に「終戦記念日」がありました。皆さまで黙祷もされました。平和で暮らせることへの感謝でしたね。「吹き抜けてバイバイまたね百日紅」、次はお正月ですね。お楽しみでし
    た。お疲れ様でした。「やれやれと立つ姫やれやれと送る」こんな句を書いたことがあります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月19日 at 6:02 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      大切な人たちが顔を見せてくれる幸せをかみしめました。こんな時間が続けばいいなぁと永遠などはないことを分かっているからこそ強く思います。茂男さんのお姫さま御一行も、今年もいい時間をお過ごしだったことでしょうね。
      一山超えたような心持ちですが、大人には次の課題も待っているようです。積極的な休養に努めて体調を整えましょう。
      今日も爽やかな青空でスタートです。気持ちのよい一日になりますように。ありがとうございます。

  3. このみ on 2018年8月19日 at 8:48 AM :

    再びおはようございます。(皆様はお忙しいのでしょうね)
    今朝のNHK短歌で放送していただきました。いの一番に読まれ、ちょっとギクッ!一席から三席には入りませんでしたが、一席と三席の方はネットでよく知っている方たちでした。私の歌はあまいあま~~い恋の歌で軽やかすぎるくらい軽かったです。笑
    はじめて松村先生のお姿を拝見しましたが、知的で静かな語り口の素敵な方でした。今のところ相性がいいのか、選者が変わって5月から3回選んでいただいています。

    愚陀仏庵ネット句会、今月で終了とのお知らせが書いてありました。個人的に6月で投稿をやめていたのですがやっぱりちょっとショック。5年間参加して特選は13回でしたので13枚のイラストゲットでした。記念にファイルに収めています。八木先生もまだ70代の後半だと思われますが、お忙しすぎるのか毎月特選句にイラストを描かれるのにお疲れがあるのか、詳細はわかりませんがこうやって面白い公募が終了して行くのは寂しいですね。
    もう投稿するつもりはなかったのですが、最後と知って3句投稿しました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月19日 at 12:35 PM :

      このみさん、こんにちは。
      アマリリスの歌ですね!恋知り染めしお年頃の少女の作品のようにフレッシュですね。恋心たっぷりの毎日をお過ごしとお察しします^^ 先生とも相性がいいなんて嬉しいこと。これからも楽しみですね。
      そして特選のイラストは13枚も集まったのですね。個性的なイラストが添えられると作品も光って見えます。最終回もいい結果となりますように。
      やはりお昼になると夏らしい暑さですね。もう少しがんばらないと‥‥。そのためは少しお昼寝でもしましょうか。このみさんも夏のお疲れが出ませんように。

  4. AKK on 2018年8月19日 at 1:41 PM :

     数日間の野分けが吹き抜けて、お別れはもう一度抱きしめたくなる幼さの「バイバイまたね」。夏空にこれほど似合う花はないと思えるほどの満開のサルスベリは少しだけ秋の気配を匂わせながらとても印象的な色で揺れていた。でいいですね。
     めぐみさんお疲れ様でした。延べにしたら何人分の美味しいご飯だったのでしょう、代わりにごちそうさまでした。計画予定から全て滞りなく最後までは、主役の小さな方たちを中心に、きっと脇役に徹せられためぐみさんの幸せ感が支えていたのですね。
     久しぶりに顔を見せた時のかけがえのない笑顔も、去っていく時の満足安心感やほっとする正直なお気持ちもみんなめぐみさんのものですよ。ほんの少しの間にも成長を見せてくれることへの驚きは、またしばらく会えない間にどれだけ育つのかと思う期待感の贈り物ということです。
     サルスベリは花が終わったら間髪を入れずの枝先を切ると、もう一度花をつけてくれるのだそうです。今年はそれをやってみようと思います。暑さのせいか花つきは良くなかったような気がしますから、バイバイまたねとぜひもう一度咲いて欲しいものです。涼しくなるまでの間、もう少し夏を楽しみましょう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月19日 at 5:03 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      本当はもっと色々やってあげたかったという思いでいっぱいなのです。でも体力も下降線気味ということで許してもらいましょう。優しいお言葉胸に沁みました。恙無く終えられたとしたら、脇役の心強い味方の魔法使いさんのおかげです。有り難いことです。
      サルスベリの剪定が上手くいくといいですね。今年は暑すぎたせいか、どこでもあまり元気がなかったような気がします。もう一度花をつけてくれたら、ぜひご報告をお願いしますね。今日もありがとうございます。

  5. 竹内いそこ on 2018年8月19日 at 3:48 PM :

      おはようございます めぐみさん このみさん。
      NHK短歌観ていましたよ。おめでとうございます!!
      アマリリス シフォンケーキ 甘い乙女心。
      いろいろなキャラを演じこなしてこのみさんは女優さんなんですね。
     
      最近はどうも小細工をしてしまって、無意識に(こっち向いて、こっち向いて)と狙ってしまっています。きっとその辺が透けてしまって入選から遠ざかっています。
     抜かれることにこだわるな と言われるけれど、やっぱり自分を否定された感じで寂しい。

      さて、気を取り直して、
     秋の大会向けのジュニア原稿がドサッと届きました。
      私もExcelに向き合っているのですよ、入力して二次選考用の原稿を作ります。
     
      学校が力を入れてくれているみたいで、小学生たちがたくさん参加してくれました。
     これに、絵をつければすぐに絵日記として完成しそうなキラキラした句ばかりです。
      夏休みなんだから、と超大作の提出作品に取りくむ子供たちもいるでしょうが、この句を短冊に書いて消しゴムハンコで自分の名前を掘って、刻印して思い出に飾ってくれるといいなあ と思います。
     さあ、夏の終わりの一仕事、頑張りましょう。

      

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月19日 at 5:14 PM :

      いそこさん、こんにちは。
      手応えのある大仕事に向かっていらっしゃるのですね。川柳の夏ですね。ジュニアの作品には時々大人では思いつかない発想や表現があります。仕事をしながらいい勉強になったりもしますよね。学校で取り組んでくれるなんて嬉しいことです。川柳に出会って人生が変わる子どももいるかもしれません。いそこさんがそのきっかけを与えているとしたらすごいことですね!
      秋の大会も大成功をお祈りいたします。
      こっち向いてと思うのは当然で、分かってもらってこそ命を得る作品です。細工もテクニックも使いこなしてください。真っ直ぐ浮かんできた言葉そのままが良いこともあります。自分に嘘をつかないものがやっぱり選者さんに届くなぁと思いますが、それが難しいですね‥‥。だから面白いのかな。
      ますますお仕事もはかどりますように。ありがとうございます。

  6. このみ on 2018年8月19日 at 7:19 PM :

    こんばんは
    めぐみさん、いそこさん、ありがとうございます♪
    いそちゃん、番組ライブで見ていてくれたんですか~~!?ありがとうございます♪♪♪
    恥ずかしいけど創作の上では私は女優。テヘッ!
    だっていろんな人やものになるって楽しいも~~~ん♪
    実物の自分からどんどん離れるって楽しいよ~~。
    ワタクシ、実はボツを恐れていません。私は私。充分に楽しみたい。それだけなんです。入選したらラッキ~~と思うだけ。
    いそこさんはまっすぐ素直ないそこさんが素敵です。いそこさんに小細工なんていらないと思うよ。

    ジュニアに力を入れてるんですね!素晴らしいです。たくさんのパワーをもらってまた楽しいいそこさんに会えるのを楽しみにしています♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月20日 at 4:14 AM :

      創作の上では女優さん!
      名言ですね
      そして
      私は私、という気概を持つことが大切なんですね
      少し肩の力が抜けそうです♪

  7. このみ on 2018年8月23日 at 8:20 AM :

    おはようございます
    皆さんが夏眠(冬眠の夏バージョン)なさっていらっしゃるようなのでネットの中だけは元気なおしゃべりおばさんの再々登場です~~。
    実家へは高速バスを二つ使って行きますが、一つのバスの所要時間はだいたい1時間10分くらい。ほとんど爆睡していますが行きはちょっと脳がまだ新しいので創作に励むこともあります。
    90歳の方の短歌集を読んでいますがその一行からひらめくことがあり、昨日は10首以上できました。9月と10月締め切りの短歌募集へは毎週このバスの旅でできた歌を送ることになりそうです。真っ白から何か生まれるのは興味深いし楽しいですね。もちろん眠っていた潜在意識が形になるだけだとは思うのですが。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月23日 at 12:13 PM :

      バスの中も創作スペースになるんですね。どんな歌が生まれたのでしょう。発表が楽しみです。まだ眠っている潜在意識が今もすくすくと成長しているのでしょうね。このみさんの引き出しの数も深さも宝物ですね。
      高速バスは座り心地もいいですか? バスと言えば、水海道駅から東京駅へ一本で行けるバスがなくなってしまいました。ますます不便な我が町です><

  8. 夢香 on 2018年8月29日 at 8:15 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    抜けるような青空ですね!!
    猛暑の8月はあと少しとなりました。
    少しずつ涼しさが増してまいります。
    虫の音も声が大きくなっています。

    山間の夏を惜しむか百日紅

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月29日 at 9:59 PM :

      夢香さん、こんばんは。
      今日は少し過ごしやすくて助かりましたね。夕方少し歩いてこようかなという気持ちになりました。途中の空き地に満開だったヒマワリも枯れていました。確かに夏の終わりの風景です。
      でも今年は一本だけあるイチジクがよく実をつけてくれて随分楽しめました。自然な甘さが後を引いてつい食べ過ぎてしまいます。お菓子より健康的ということで許されるかな?
      季節が移る時には心が俳句モードにもなりますね。季節を詠む川柳もアリでしょう。
      夢香さんも夏のお疲れが出ませんように。今日もありがとうございます。

      まだ夏を遊びきれない百日紅

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K