Loading...Loading...


 

幾つになってもそれはそれですることが次々とあって

頭の中もひとつしかない体もそれなりにbusyなのですが

 

それじゃ何もしないで何も考えていない時には

何をすればいいかって言っても とても難しい問答のようで

 

とりあえずは9月になったらと手元にある大根とホーム玉ねぎ

お天気と蒔き時とやる気を揃えるのが難しくて困ります

 

まずはお休みのゆったりとした時間に最優先の

遅ればせながらの月遅れのバースデープレゼント

 

 

あれこれとコーディネートも良いけれど歳を重ねたあなたが素敵 めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 優先順位”にコメントをどうぞ

  1. てじま晩秋 on 2017年9月3日 at 9:48 AM :

    めぐみさん、おはようございます。

    大根とタマネギの季節がやって来ます。これを見ますと即カレーライスが浮かびます。(笑)
    家のかみさんも同じパターンで、はじめるでしょう・・ただタマネギは近くの農協直売所で苗を克買って、一本ずつ植え替えているようです。現在、雨の上がった畑にナスの様子を見に行ってるようです。~相変わらず役に立たない亭主でPCを見ています。・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月3日 at 11:27 AM :

      晩秋さん、こんにちは。
      いいお天気になりました。元気があれば午後からささやかな畑仕事の予定です。奥さまのお誘いがあったら喜んでお付き合いくださいね。新鮮な野菜の並んだ食卓は最高の贅沢ですよね。
      カレーといえば家でも昨日が茄子カレーでした。お嫁さんも喜ぶ秋茄子がたくさん取れてうれしい秋です。ますます美味しい秋になりますように。朝一番にありがとうございます。

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2017年9月3日 at 11:14 AM :

    惠さん 長雨の8月から、9月に入りました。20日は彼岸の入りです。早速、お楽しみの大根と玉ねぎですか。健康的ですね。理想的ですね。ところで、余生は田舎暮らしに限ります。私も「長男=墓守」のしばりがなければ、転勤先、人気の地域情報などを参考にして、「静岡県」で余生を送りたいと考えておりました。今でも、田舎暮らしにあこがれます。また、ざっくり、20余年の余生をお楽しみ下さい。ご健康で仲睦まじいく支え合い日々の質を深めて下さい。私たち老夫婦は昨日からメダカを飼い始めました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月3日 at 11:36 AM :

      茂男さん、こんにちは。
      新しい家族にメダカが仲間入りとのニュース、ニューフェースはうれしいですね。涼し気な姿は可愛らしくて見ていて飽きないですね。
      じゃんけんに勝って‥‥と胸を張って言えるように、私たちも今日の暮らしに丁寧に向き合いたいと思います。遠くから思う故郷、田舎はリアルに生きている者の思いとは少しずれるような気もします。でも良いところも沢山ありますね。同じ景色でも見方で変わってくるでしょう。もっと大人にならなくちゃと思います。
      今日もありがとうございます。明るい日曜日になりますように。

  3. エム on 2017年9月3日 at 7:52 PM :

    プレゼントはツキオクレでも
    ぱーてぃーはやったんだろ〜な

    おいし〜モンやオクリモンは
    いくちゅになってもうれし〜モンだよな

    ところで
    重ねたトシはいくちゅなんだろ〜
    重ね着よりもネイキッドが素敵ってか?

    マホーツカイさんはセンパイなんだよね
    いくちゅチガイか聞けば
    めぐみさんのオバアチャマ度も数値化されるね

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月4日 at 5:53 AM :

      お誕生日のロウソクが
      十本くらいまでは何とかなるけれど
      もっとイッパイになったら大変ですね〜

      若さだけのパワーではなくて
      歳を重ねたところで現れる魅力
      私もそんなふうになりたいです

      誰でもいつもがそうですが
      エムも今が一番輝く時間
      自分に素直に生きていかれたらいいね

  4. このみ on 2017年9月3日 at 8:01 PM :

    こんばんは
    魔法使い様、お誕生日おめでとうございます♪
    こんなシックでお洒落なセーターが似合われるとは。。。魔法使いさんは誕生日を迎えるごとに素敵になられるのですね。すごいことです。
    人は必ず平等に年を取っていきます。両親もそうですが、昔からしっている方を見ると当時からの変わりように本当に唖然とすることがあります。
    鏡の中の私もすっかりおばあちゃんになりました。

    ここんとこお天気がいいので毎晩変わりゆく月を愛でて楽しんでいます。昼間は美しい風と光る木々にパワーをもらっていますが、夜はお月様です。
    今、恋の歌にチャレンジしようと思っていますがなかなかできません。ガツンと一発、何か目のさめるような句を書いてみたいなあ!とは思ってはいますが。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月4日 at 6:00 AM :

      このみさん、おはようございます。
      満月も近いせいか昨日もきれいなお月さまでした。婚約会見で、お相手のことを「お月さまのような…」という表現をしていましたね。素敵な月を見た時に伝えたくなる話したくなる人が、やっぱり本当に心に住んでいる大事な存在なんだよねと思ったことでした。私は昨日、九州でも同じようにみえるのかなぁと思いましたょ^^
      目の覚めるような恋の歌、きっと出来ます。旦那さまと出会った頃のことを思い出して〜。楽しみにしています。今朝もありがとうございます。元気な一週間でありますように。

  5. 佐藤 千四 on 2017年9月4日 at 8:51 AM :

    おはようございます。
    なにかお月様が急にきれいになりました。大根と月、玉ねぎと月、そして・・。
    昨日今朝といいお天気です。さあ大根とお月様の季節ですね。
    月見れば千々にものこそ哀しけれ 圭眞子お二人のロマンスを思い浮かべます。そしてもう一組のお二人にも。季節に合ったプレゼント、なるほどなあ。

           セーターに化け背の君に縋りつく

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月4日 at 3:08 PM :

      千四さん、こんにちは。
      学生時代に太陽のような人と月のような人とどちらが魅力的かしらと友だちと話したことがありました。ギンギラギンに明るくても疲れるし控えめすぎてももどかしいし、時に応じてがベストだろうという結論でした。今は多面的なお人柄がステキだなぁと思います。
      今宵も綺麗なお月さまと乾杯できますように。いつもありがとうございます。

      落花生 生れし時より許婚

  6. 竹内いそこ on 2017年9月4日 at 10:17 PM :

     こんばんわ めぐみさん
    本当に美しいお月様ですね。
    これを打ち込んでいる窓からも見えます。
     今日、お月様を見上げた人はきっとあのお二人のインタビューを思い浮かべたことでしょうね。
     
     魔法使いさん、お誕生日おめでとうございます。
    涼しくなってきたこの頃、セーターは朝夕に必要です。鍛えている身体を冷やさないようにってめぐみさんのお心遣いが染みてきますね。

     さて、行ってきました。鶴彬忌川柳大会。
     反戦川柳作家 鶴彬の生誕の地 かほく ということで、集まる句も反戦句とか、時事吟が多かったです。北の国のミサイル。きな臭い世相。会の最中にスマホニュースであの国の水爆実験のニュースが入ってきたから、のんびりした句ばかり作っていてはいけないんだなあ、と少し反省。大会によってカラーがさまざまっていうのを実感してかえってきました。

        追伸の一行だけで済む用事   いそこ  「追伸」
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月5日 at 12:07 AM :

      いそこさん、お帰りなさい。
      独特な大会のカラーは参加してみて初めて分かるものでしょうか。興味深いですね。短い詩型で鋭く詠める川柳は反戦句や時事吟に向いているのかもしれません。ご紹介の一句は追伸というお題での入選句かな?おめでとうございます。とても共感いたします。その一行のために何枚の便箋を使ったことでしょう…。
      私は自分の中へ中へと作品の題材を探してしまうことが多いのですが、アンテナは外側にも向けないと幅広いものは生まれないですね。今を切り取ったフレッシュな一句に憧れます。たっぷりと刺激を受けた一日がいそこさんの栄養となったことと思います。今週はもう一つ選者を努めるお仕事ですね。体調を整えて良い選ができますように。ありがとうございます。

      また少し大きくなって帰り道

  7. このみ on 2017年9月5日 at 5:33 AM :

    おはようございます
    いそこさん実り大き大会でよかったですね。
    鶴彬川柳句会、一度だけ誌上句会に参加したのでずっと案内だけは来ていますがまったく私の中にないカラーなので以後は参加していません。「生きる」ということに真剣なので、アバウトな私にはちょっと近づけない感じ。でもいそこさんは積極的だなあ~~。すごい。
    あまり多くない参加しているネット句会も本当にかなりイメージが違いますね。選者さんのカラーにどうしてもなるとは思うのですけど。それなりに面白く参加しています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月5日 at 6:37 AM :

      大会も個人の作風も、いろいろなカラーがあるから面白いのでしょうね。み〜んな同じようでは勉強にもならないし‥‥。知るほどに奥の深い世界だなぁと思います。
      今日もいい句が生まれますように♪

  8. 竹内いそこ on 2017年9月5日 at 2:44 PM :

    めぐみさん このみさん 
     お月様に惑わされて書き忘れていました。
     鶴彬忌 ということで、この大会は献句というものがあるのです。
    会場正面左側に 鶴彬さんの遺影とお花が置かれてありました。
      (鶴彬さんはちょっと童顔のイケメンでした)
     全員の献句が披講されるのですが、反戦句ばかりと思いきや、
       八月になって彬に会いにくる   (詠み人失念しました)   
     という句もあり、お墓参りをしたあとは友人と同窓会みたいな感じもあり。
     この辺も、また参加したくなる魅力なのです。

     鶴彬誌上大会のほうは、選者の一人がわがさわらび会の伊東志乃さん。
    各秀句のなかから最優秀句を選ぶときは、熱い(!)ディスカッションをして時間をかけて選び出すそうで、投票で点数が集まる句ではないそうです。
     選出された秀句は、行灯に仕立て上げられて展示されてありましたよ。
     このみさんも、来年はやりましょうよ。あの行灯にかかれたこのみさんの句を拝見したいです。(そのときはなんというお名前で出るのかな・・・・)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月5日 at 4:35 PM :

      集う人たちが一つになれるような独特の雰囲気のある大会なんですね。志乃さんも選者さんとして参加されたのですか。さわらび会の存在も大きいですね。ディスカッションでの選考は理想的な形だと思います。お話を聞くほどにいい大会ですね。
      少しだけご一緒したような気分を味わいました。ありがとうございます(^o^)

  9. AKK on 2017年9月5日 at 3:21 PM :

     「おでん大根」は煮物に最適ということでしょう。大根は偉いやつです。どんな風にも生きられるので、どこででも生きることができます。誰とでも仲良くして、最後はめぐみさんの口の中へですね。
     畑の仕事もbusyのひとつですか?それとも何か気になる話でもあってややこしいのかな?まあ兎に角ひとつずつですよ。最優先がバースデープレゼントなのが私もうれしい。少しくらい遅れたって構わない。これを着てまたミステリーツアーねって無言のおねだりになりますね。 

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月5日 at 4:46 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      大根の畑にウサギの足跡のような穴を幾つも見つけました。なんの動物でしょう。根付くまで誰もいたずらしてはイケマセン。玉ねぎも毎日見ていても伸びないし、そんなに直ぐには育たないですね〜><
      おしゃれな野菜も色々ありますが、ジャガイモや大根に勝てるものはありませんね。地味で定番ですが本当に役に立つお助けマンです。頼りにしています。
      大きな問題があるわけでもないのに自分で自分を忙しくしているような感じです。一つずつ片付けるしか方法はないのでしょう。千里の道も一歩から。とりあえず目の前の課題、夕食の準備にかかりますね。
      9月のスタートはいかがですか。今週も健やかな毎日でありますように。いつもありがとうございます。

  10. このみ on 2017年9月5日 at 7:28 PM :

    こんばんは
    めぐみさん、今夜のメニューはいかがでしたか?
    わが家は唐揚げをしましたが先日テレビで「もっと美味しくなる唐揚げの作り方」と言う番組をたまたま見ていて、今日実行しました。ちょっとした一手間プラスなのですが、そういえば皮がカラッと揚がっていたように思います。あっという間になくなってしまいました。

    いそこさん、お誘いありがとうございます。昨年の入賞作品を見てきました。う~~~~ん。。。私には遠い。。。。。。。。。
    でも、いそこさんは来年もぜひがんばって行燈に展示されてくださいね♪
    私はネット句会以外はほとんど本名ですよ~~。でも先日短歌を行燈に書いていただいたのはハンドルネームでしたね。(賞状もハンドルネームでした!)
    私は推敲することがほとんどなく、いつも思いつきで書いているので、出したところから確認メールが来て自分の書いたものを見ると本気で叫びたくなります。
    たまたま入選して掲示される作品においては、ひとまず「よかったのかな?」と納得することにしています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月6日 at 2:39 AM :

      本名もハンドルネームも色々な顔の自分。使い分ける楽しさもありそうですね。

      手作り唐揚げはスペシャルなごちそうですね。美味しさの秘訣は二度揚げでしたか? お料理番組でいろいろヒントはもらうのですが、実行にいたるものが少なくて反省です。
      偶然に昨日は我が家も鶏肉でした。塩コショウしてヘルシオで焼きました。たっぷりの秋ナスと一緒に。乾麺の蕎麦は上手にゆでてもらったのでお蕎麦屋さんもビックリの美味しさで大満足。オイシイはシアワセですね。今日もオイシイ一日にいたしましょう (๑╹ڡ╹๑) 

  11. 夢香 on 2017年9月6日 at 6:52 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    計画をきちんと立てていても、優先順位はどうしても変わることがありますね。
    「あなたが素敵♡」・・・どうもごちそう様。

    あなたがいるだからわたしもここにいる

    昨夜は、雨に濡れながら応援しました。しっかりパワーをもらいました!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月6日 at 7:17 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      昨日は9回の裏まで見応えのあるシーソーゲームでしたね。夢香さんの祈りが通じました!サヨナラ勝利の瞬間のスタジアムが見えるようです。優勝マジック12…今年もワクワクさせてくれますね。いい時間になって良かったです。雨に濡れて風邪をひいたりしませんように。
      優先順位の一番は、やっぱり毎日の暮らしの為にしなくてはならないこと。でもその次は〜?好きなことなら最高なのですが難しいですね。あわてずさわがずいそがず。今日もいい日になりますように。朝早いお時間にありがとうございます。

      ラブレター瞬間移動で届く朝

  12. 夢香 on 2017年9月7日 at 5:18 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    臨場感溢れるコメントをいただきましてありがとうございます。
    私の祈りが通じまして、本当に嬉しいですね!!
    昨夜もまたまたさよならの勝利・・・テレビ観戦しました。
    生き生きとした選手達のパワーは見ごたえがありますね。

    特上の香りを添えて来る便り

    今日の優先順位は、もちろん「○○○一色」です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2017年9月7日 at 6:43 AM :

      昨日もおめでとう〜! チームの底力を感じます。今日も真っ赤な一日になりそうですね。夢中になれるものがあるっていいものです.
      応援しながらの十句なんていかがでしょう。生き生きしたものが出来そうな気がしますが‥‥あぁそれどころではないですね^^

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K