Loading...Loading...

ドキドキしているのを
止めるためには準備が大切
自分のことではないのにこんなに
緊張しているのはどうしてだろう

招待状をいただいてから
今日までに巡らした思い
結婚て何だろう夫婦って何だろう
私にとって姪にとって

明日横浜11時
お祝いの言葉を携えて
いそいそ出かける伯母の私も
あの日は角かくしの新婦だったの

IMG_1128

 

 

 

 

二つ並んだ歯ブラシは
新婚という私のシンボルイメージ
すき間をキレイにしてくれるって
二人のすき間 心のすき間じゃありません

 

距離ゼロの二人の間にあるものは   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ビトイーン”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2016年9月18日 at 7:46 AM :

    恵さん お早うございます。嬉しい「ご結婚招待状」で、明日19日11時、お揃いで「横浜」ですか。誠に、おめでとうございます。許されれば、例えば、横浜駅中央通路の「赤い靴像」など分かりやすいところで3分間、立ち話をお願いしたいですね。ご主人さんが優勝された大会で初めてお会いしてから何年でしょうか。私はいい爺さまになりました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月18日 at 8:34 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      毎日見ているのは田んぼの風景ですから、都会に出向くだけでも緊張です。その上ご挨拶という大役は、まるで自分のことのようにドキドキ。無事に終わりますように。幸せオーラをしっかりともらってきますね。
      またお目にかかれる日を楽しみに毎日ご活躍を拝見しています。朝一番にありがとうございます。

  2. たかこ on 2016年9月18日 at 8:30 AM :

    めぐみさん
    おひさしぶりです。明日は姪御さんの結婚式、おめでとうございます。
    妹さんのお譲さんなのですね。妹さんにとっても素晴らしい一日。妹の幸せは姉の幸せ。倍も三倍もうれしい日になりますね。

    どうか明日がいいお天気でありますように…

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月18日 at 8:44 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      赤ちゃんの頃のイメージが抜けない花嫁さん姿はどんな風でしょう。楽しみです。
      お忙しい中でも昨日はちゃんとお墓参りなんですね。私も見習わなくちゃと思います。ネット句会は難しいなぁ…というよりみなさま上手ですね。選評もしっかり読んで勉強しますね。
      いつもありがとうございます。予定ギッシリの九月も楽しみながら過ごせますように!

  3. このみ on 2016年9月18日 at 8:48 AM :

    めぐみさん
    姪御さんのご結婚おめでとうございます♪(もしかしたら息子さんかな?とドキドキしながら読みました)
    そしてその上もしかしたら二宮先生ともデートですか?なんとも羨ましいですね。
    横浜と最後に逢ったのはもう35年も前になります。「東京も変わったよ。また行けば?」と言う方もいますが私にはまったくその気がありません。
    実はこちらも姪の結婚式が年末にあるのですが場所が名古屋なんですね。6人の従兄たちの3人がこちらで結婚式だったので、ちょっと戦力失せかけているワタクシです~~。もしかしたら息子に代理で行ってもらうかもしれません。

    話はゴロリ変わりますが、入選作などをつけているマイノート7冊目も9月いっぱいで終了予定です(1年1ヶ月分)。まぁほぼ日記代わりなのですが、去年の8月中旬から3人の子どもたちそれぞれがワンステップを上がる状況の一年間で母としてはグチャグチャの想いがふんだんにつづられてますね~~。入選作は色々含め450くらいでした。「がんばってるね!私」と誰も褒めてくれないので自分でこっそり褒めてあげました。笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月18日 at 10:42 AM :

      がんばってるこのみさん、こんにちは。
      マイノートも、もうすぐ7冊目がいっぱいになるんですね。450余りの入選記録はすばらしい記念碑ですね。子どもたちが超スピードで成長して行く時には詩もたくさん生まれたことでしょう。母としても一生懸命の日々は密度も濃いですね。最中にはよく分からないものですが…。これからもいいペースで記録を更新して行って下さいね。
      年末の結婚式はちょっと遠いかな。でもせっかくならお二人で出かけて、その機会に名古屋辺りを観光してくるプランはいかがでしょう。名物もいろいろありそうです。
      こちらは静かな雨降りで涼しい日曜日になりました。台風は大丈夫ですか。気をつけてお過ごし下さいね。今日もありがとうございます。

  4. エム on 2016年9月18日 at 5:28 PM :

    ケッコンてなんなんだ?
    色ちがいのオソロイのハブラシって
    ショーガクセーぢゃないんだから
    オレにセもっとツメーしてよ

    ケッコン式なら知ってるゼ
    トーヨーでもセーヨーでも
    神さんの前で
    ウソつきあうヤツだろー

    距離ゼロってさ
    オレとめいこは参拾八マンキロ
    月でもビトイーン売ってっかな
    ウルトラセブンはいてもセブンイレブンはないかもナ

    デンシャ?クルマ?
    ドレス?キモノ?
    こんぢゃめぐみさんのことナンもわかんない
    これがオレとめぐみさんのスキマ?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月19日 at 4:06 AM :

      目に見える距離は問題ぢゃないね
      離れていても近いこともあり
      目の前にいても遠く感じることもあり

      でも
      分からないから分かり合おうとする努力があって
      それで二人はもっと仲良くなれるはず

      大切な今日が
      新しい二人にとって
      幸せな記念の日となりますように
      エムにとってもいい日でありますように

  5. 竹内いそこ on 2016年9月18日 at 9:37 PM :

    こんばんわ めぐみさん
    姪御さんの結婚式ですか?
    おめでとうございます。
     もしかしたら、めぐみさんがお祝いのスピーチをされるのかな?
    ドキドキの理由が納得です。
     幸せなお二人の門出を、ナマのめぐみさんの言葉で祝福してあげてくださいね。

     ちなみに、めぐみさんは お着物なのかな?(留袖?)
     お気をつけていってらっしゃい!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月19日 at 4:17 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      スピーチ担当は花嫁さんの叔父にあたる主人ですが、私も落ち着かない気持ちでいます。たっぷりの愛情が伝わりますように。
      裾までのスカートにヒールという出で立ちはこれで何度目になるかしら。いつもの運動靴とは訳が違うので転ばないようにとそれだけが気がかりです。忘れ物のないようにもう一度見直して…。
      いそこさんも楽しい連休をお過ごし下さいね。今日もありがとうございます。

  6. 佐藤 千四 on 2016年9月19日 at 11:29 AM :

    こんにちは。
    今頃は厳粛なお式の最中でしょうか。おめでとうございます。敬老の日の結婚式なんて世代の絆と連帯が見えて洒落ています。昭さん、きっと素敵なスピーチなんだろうな。
    私も出席するたび自分の当時を思い出して若返ったものです。が、何時の頃からかなあ近所親戚に結婚式がパタリとなくなりました。そういえば近郷の結婚式場の数が減りました。お式をしない人も増えているのでしょうか。若者は何人か居るには居るのですが・・。

    美味い酒忘れかけてる白いタイ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月19日 at 8:53 PM :

      千四さん、こんばんは。
      大役も無事に終えて安全運転で戻りました。人前結婚式という形も私には新鮮な経験。ご馳走も堪能していつもとは全く違う時間を過ごしました。幸せオーラを分けてもらえたような気がします。
      ところで、先日アドバイスを頂いた大根です。7ヶ所ほど流された場所を除いて可愛らしい芽が出てきました。空いた所にはまた蒔いてあげようと思います。小さな種なのに生命力があるものですね。感心しました。人間も見習わないといけませんね。
      千四さんの、いつもながらの粋な一句を味わっています。白いタイが効いていますね。地元に最高のお酒もあることですし、秋の夜長は美味しいお酒を召し上がって下さいね。いつもありがとうございます。

  7. AKK on 2016年9月21日 at 1:49 PM :

     みんなどうして結婚をしたがるんでしょうねぇ。人間のいろんな感情を含んだ少し厄介な関係に、自ら入っていこうというのですから自己責任自己責任。姪御さんの横浜ウエディングおめでとうございます、めぐみさんのご結婚もおめでとうございました。

     距離ゼロの二人の間にあるものは

     原子の周りを回る電子のマイナス同士が反発しあって、物と物はくっつけない。人と人もくっつけないとしたら、スキマは避けられませんね。ビトイーン歯ブラシでいつもきれいにしましょう。思考ばかりがたまってしまってもいけませんね。お互いに裸の自分で向き合う時に何か見えてくる特別な関係です。今少しの勇気と継続する力でしょうか。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月21日 at 9:30 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      今少しの勇気と継続する力が大切…いいお話ですね。人生で何かにぶつかった時に思い出したい言葉です。そんな大きなことでなくても、毎日何かしらそんな場面がありそうですね。
      シコウは掛詞かしら。頭でっかちではなく動ける人にならないといけませんね。
      横浜は素敵な時間でした。美味しくて楽しくて、しっかり充電してきました。子どもたちのことや自分のことを思い出します。久しぶりに会う人とお話しできるのもうれしかった。結婚式は、みんな笑顔なのでいいですね。
      明日はカレンダーでは祝日ですね。週の半ばで得したようなお休みです。AKKさんにとっても楽しい一日になりますように。今日もありがとうございます。

  8. 夢香 on 2016年9月22日 at 6:13 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    姪御さんご結婚とのこと、おめでとうございます。
    心からお祝いを申し上げます。
    めぐみさんのドレスアップの姿を想像しております♡(国立でのお姿を思い出しながら・・・・)。
    19日夜、FM放送から山口百恵の「いい日旅立ち」が流れてきました。
    めぐみさん達ご家族にとってピッタリの唄ですね。

       幸せなスタート祝う今日の唄

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年9月22日 at 6:36 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      笑顔の素敵な花嫁さんでした。たくさんの人が時間を合わせて集まるというそれだけでも一大事なのですね。私もいろいろな人に支えられてここまで来られたんだなぁと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。久しぶりの横浜でしたが式場へ行って帰ってきただけでちょっぴり心残り…?
      夢香さんにとっても毎日が「いい日旅立ち」気分でいられますように。雨の日も心は晴れやかにお過ごし下さいね。お休みの朝にありがとうございます。

       いい日への扉を開ける君の声

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K