Loading...Loading...

天気予報に相談したら
だいじょうぶ雨のち晴れ
枕さんにお願いしたら朝早くに起こしてくれました
うれしい楽しいお出掛けです

 

何も言わない案内ロボも心なしかにっこりしています

ご近所ではお目にかからない道路標識にわくわく

 

道の駅かと思いきや滝の駅です

 

メイバクの漢字は難しい
ここは 吹割の滝(ふきわれのたき)

 

上からながめる滝は初めてです

 

下りていきます

 

近くからでも足元から落ちていきます
白線から前には出ないでください

 

水に飛び込む青いおさかな
それを見ているのは誰でしょう

 

滝壺は竜宮城につながっているとこっそり紛れ込んで聞きました
行ってみたいけれど一人では怖い
連れて行ってくれる人は・・・?

 

見~つけた!

 

 

竜宮でお刺身食べるかぐや姫   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 案内人”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2013年6月25日 at 7:36 AM :

    めぐみさん おはようございます。気になる、天気予報は、「だいじょうぶ雨のち晴れ」、これで、安心ですね。案内ロボ、楽しい道路標識、滝の駅、「吹割の滝」、この滝壺、私は、以前、群大の仲間たちと草津に行ったとき、予定したが、結果的に、立ち寄れなかった「思いに残る滝」、「白線から前に出ないでください」の注意書き、滑ったら大変ですよ。滝壺につながる「竜宮城」、そこでの鯛やヒラメの「お刺身」が、妙に気になります。ドキドキしながら、後からついていきました。楽しかった。ありがとうございました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月25日 at 7:59 AM :

      茂男さん、おはようございます。朝からご一緒にありがとうございます。

      白線を描くのには、よく運動会で活躍していた懐かしい石灰のライン引きを使っていました。それでも線をまたいで覗き込む人が何人もいます。屋外放送では “注意してください” の放送がエンドレスで流れています。ポスターには “落ちたら二度と帰って来られません” との赤字の注意書き。それでもよく事故があるそうで、スリルを味わうという楽しみもある場所です。
      気がかりだった場所を少し味わって頂けたらうれしいです。

      お刺身は確かに気になりますね。竜宮城ではメニューにはないかもしれません。乙姫さんゴメンナサイ。

  2. 思考 on 2013年6月25日 at 9:46 AM :

    お出かけにはまず天気予報を見ます。
    予報士は責任を取らなくてとしたらどうなる。
    おそらく 
    予報図へ二三例外つけて載せ   思考
    (今は「所によると」で逃げていますが・・・)
    これでは予報になりませんが、競輪場の予想のようになる。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月25日 at 11:54 AM :

      思考さん、こんにちは。気温が上がってきました。

      予報図へ二三例外つけて載せ   思考

      例外をつけるのはアイデアですね。昔から不思議だった天気予報は “晴れのち曇り 所によりにわか雨” というものでした。子ども心にも毎日コレでいけるよねと思っていました。でも何事にも例外はあるものです。予報士さんに苦情がいくのも可哀想でしょうね。
      競輪といえば、自転車にはブレーキが付いていないと聞いたことがありますがどうやって止まるのでしょう。前進あるのみ、なんでしょうか。厳しい世界です。
      スケートならブレードの向きを変えてなんとかなりそうですが、自転車には車輪が二つもあります。馬に乗るのも大変ですが自転車も思い通りに扱うのには技術が要りそうですね。

      • 空飛び曉星 on 2013年6月25日 at 10:47 PM :

        めぐみさん、ご無沙汰していました。
        毎日楽しく拝見しています。

        そうです競輪用自転車にはブレーキがありません。
        自分の脚で止めるのです。
        普通の自転車のようにうしろのギヤがフリーで回転しないので
        チェーンがあってもペダルと直結しているのと同じ。
        子供用の三輪車を漕ぐときを思い出して下さい。
        停める時減速する時はペダルの回転に逆らうように逆に踏むのです。
        その特性を利用すると、プロはいつまでも一カ所に
        停まっていられます。
        上手く説明出来ませんがお解りいただけたでしょうか?

        蛇足:滑稽俳句協会で検索して、川柳天国のバックナンバー
        第3回をクリックすると、動いて喋るワタシが見られます。
        7月に入ると第9回が見られるかもしれません。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月26日 at 7:13 AM :

        暁星さん、おはようございます。やっと動いて喋っている暁星さんにお会いできました!川柳天国しっかりと拝見いたしました。

        七輪がやはり好きだという秋刀魚  暁星

        みなさまに高評価でしたね。私もお魚が大好きです。七輪で焼いたものはひと味違うそうですね。焦げたところなんか美味しいでしょうね。やっぱり屋外で焼きたてを食べてみたいです。七輪と秋刀魚のベストマッチを何気なくさらりと詠んで美しい立ち姿の一句だと思います。

        曲線があるからみんな円くなる  暁星

        この作品がとても好きです。そうなんだよね、と改めて大切なことに気付かされます。記念になる一句というお話でしたが、川柳デビューの時の作品でしょうか。どんな賞をもらっても不思議ではない作品ですね。

        暁星さんはシャイでおしゃれでスポーツマンで、思っていた通りの魅力的なお方でした。もうすぐ次の出演番組が見られるということで楽しみにしています。

        番組で一つだけ気になったのはアシスタントの人が作品を読む時に
        五七五で区切っているところ。進水さんも言いづらいのかな。

        インターネットで川柳天国が見られるのは感激です。全国のみなさまに宣伝したいですね。番組を見終わって、川柳っていいものだなと思えます。

        暁星さんは自転車競技もなさるのでしょうか。ブレーキの法則、ありがとうございます。理屈は分かったような気がしますが、やはり難しい技ですね。公道でブレーキのない自転車に乗っているのを見かけたことがあるのですが、すごく危ない感じ。本人は良くても急には止まれないですよね。

        編集会議は無事に終わりましたか。日曜日は今治川柳大会が楽しみですね。ご活躍をお祈りします。ありがとうございます。

        • 空飛び曉星 on 2013年6月26日 at 11:23 PM :

          早速のコメントありがとうございます。
          サンマの句、ふっと出来た句でした。
          お魚を食べる時のお箸の使い方、難しいですね。
          それを詠んだ句を29日(土)に紹介出来ます。

          記念の句は、朝日新聞地方版の伊予川柳(現在は愛媛柳壇)の
          2008年 年間最優秀賞を頂いた句です。
          賞品の万年筆はいまも大事に使っています。
          短歌・俳句の最優秀・優秀の方々、選者の方々との昼食会が
          楽しかった! 二度とない記念になりました。

          自転車、好きで10km先の勤務先まで通勤したことが
          ありますが競技はしません。
          ブレーキのない自転車の公道での運転は道路交通法で
          禁止されていて、違反すると5万円の罰金を科せられます。

          番組へのご指摘、ありがとうございます。

          それにしてもめぐみさん、私を褒め過ぎです。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月27日 at 6:29 AM :

            暁星さん、おめでとうございます。やはり年間最優秀賞の作品でしたか。大切な記念の一句ですね。そして賞品も豪華ですね。使えるもの食べられるものは嬉しい景品だなぁと秘かに思っています。

            10kmの自転車通勤。健康にはいいかもしれませんが、雨の日風の日雪の日そして真夏も厳しいですね。そう考えると丁度気持ちの良い気候の日は少ないですね。色々と鍛えられそうです。
            なるほど道路で私が見かけた自転車は罰金ものでしたか。通報すれば良かった。でもおまわりさんはきっと間に合いませんね。

            箸遣いは難しいですね。どんな川柳になるのでしょう。昨日は玉こんにゃくにも難儀した私でした。目指せお箸美人、の毎日です。

  3. 思考 on 2013年6月25日 at 11:26 AM :

    追伸
    「おもい たかし」も良いけれど
    志行(しこう)です。
    井上 志行
    PCサロンでは 一休(いっきゅう)です。
    「ひとやすみ」ではありません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月25日 at 12:08 PM :

      志行さんというお名前でしたか。
      一休さんというお名前にも、またどこかでお目にかかれるのを楽しみにしています。名は体を表すということで、コンピューターが人の心も併せ持ったような、お悩みは立ち所に解決しますというような頼れるお方を思い浮かべています。
      こんなに暑い日の午後は “ひとやすみ” して下さいね。ありがとうございます。

    • 竹内いそこ on 2013年6月25日 at 10:42 PM :

      こんばんわ 思考さん 竹内いそこと申します。
      めぐみさん 割り込んですみません。
      もしかしてウオーキング川柳の一休さん、ですよね。
      いつぞやは私の句をとりあげていただきありがとうございました。
      本当に川柳がお好きなのですね。あれ以来ときどき読ませてもらっています。

    • 竹内いそこ on 2013年6月25日 at 10:49 PM :

       めぐみさん こんばんわ 
      案内人は黄色い標識のイノシシくんかな、それとも・・・・・
      小さい写真の赤いシャツの方が竜宮城へのエスコート役なのかな。
      せっかくだから、もっと、大きくとりあげましょうよ。

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月26日 at 7:26 AM :

        いそこさん、おはようございます。

        この標識はイノシシですね。写真を撮れなくて残念でしたが、その他にもサルとシカバージョンがあります。山の中に来た実感がありました。
        小さな写真を見つけてくださってありがとうございます。緑の中の赤い色はそれだけで絵になるようです。恥ずかしがり屋さんなので小さくなりました。でも頼りにしています。

        吹割の滝遊歩道には “詩の小道” があって、ずらりと句碑が並んでいます。川柳のような作品もあって一つずつ鑑賞して歩いたら大層時間がかかってしまいました。団体行動だったらきっとバスに乗り遅れていました。

        今朝は少し涼しくて助かります。歩き過ぎた私は今ごろになって疲労感が出てきました。いそこさんにとっても健やかな一日でありますように。

  4. えむ on 2013年6月25日 at 2:51 PM :

    ヘンなヤツがいる
    ふたぁりいる
    四角いのは「ノームチューイ」なんてカンジでシャベルからイケスカナイ
    石のオジさんはオレにはできない三角メダマ カワイイね
    それにカタすぎて動けないだろーな ツライね

    めぐみさんはオデカケの時は行き先オシエテもらうの?
    ”みすてりいつあぁ” にしてもらえばイイのに タノシーと思うよ
    でも どんなとこにでもタイオーできるカッコはムズイかな?
    ”アンナイニン”のウデしだいだと思うけどなぁ  [ˇ◊ˇ]+-x÷?

    しばらくまえだけど
    マンガで見たことがあるよ
    乙姫とかぐや姫は仲がワルい
    おサシミは無理だな ザンネン!!!  ƒ[-.-;]

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月25日 at 5:36 PM :

      [ˇ◊ˇ]+-x÷?

      何て言っているのかな。かげんじょうじょ? かげんじょうずに?
      我が家の案内人は最高の腕前なのですよ。いつも連れて行ってもらう方は何の心配もなくお任せばかりで申し訳ないくらい。”みすてりいつあぁ” という企画も面白そうですね。

      えむは固いお顔にはライバル意識があるみたいですね。楽しい感想をありがとう。案内ロボはいつもはあれこれと注意事項を発信しているのにニコニコしていました。大きな石のお顔は眉毛までついているみたいでしょ。

      ƒ[-.-;]

      乙姫とかぐや姫に接点があったとは・・・。世の中は狭いものですね。二人でどんな会話をするのでしょう。いろいろ想像して今日は楽しい夢がみられそうです。ありがとう ☆

  5. えむ on 2013年6月25日 at 6:06 PM :

    まあね メグミサンノイウトオリ
    カゲンをジョウズにしましょか?てなグアイかな  q[•_–]p

    乙姫とかぐや姫 
    オレはオンナはコワイんだよ
    他にもいるからね 織姫とかさ  [¬¬];

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月25日 at 6:37 PM :

      [¬¬];

      こわがらないでね。オンナの人はこわくなんかないからね。
      というよりえむはお姫さまにヨワイのかな?

      q[•_–]p

      謎解きみたいでしたね。久しぶりに頭を使いました。今日は朝から集中が効かなくてミスしてばっかり。明日はもっとシャキッと、がんばります。

  6. てじま晩秋 on 2013年6月26日 at 8:41 AM :

    吹割の滝、こちらからは近いので幾度か行ってます。
    8年程前NHKの大河ドラマ「ファイト」のロケ地でしたね。
    読書家の俳優・児玉 清演じた、四万温泉の旅館の旦那の
    印象が強く、今も忘れません。
    (お問い合わせの返信、Eメール届いたでしょうか)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月26日 at 8:59 AM :

      晩秋さん、おはようございます。

      大河ドラマにも登場した場所だったのですね。ずっと行ってみたかった所なのでうれしくて歩き回ってしまいました。他の季節にはまた違った味わいかしらと思います。今度お出かけのときには、詩の小道もゆっくり見てみてくださいね。

      お返事メールをありがとうございます。”川柳明日香” の課題詠欄 “美佐緒の花暦” は全国から秀句揃いですね。選評のスペースもたっぷりで読み応えがあります。どうぞよろしくお願いいたします。

      • てじま晩秋 on 2013年6月26日 at 3:07 PM :

        ごめんなさい。
        「大河ドラマ」でなく「朝ドラ」でした。すみません。
        花暦へのコメント、千四さんのと合わせて、メールで
        先程、大宮の戸田美佐緒女史に報せました。
        「跳びあがって喜んでるそうです」感謝! です。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月26日 at 4:47 PM :

          こちらこそ、新入生です、よろしくです。恥ずかしくない作品を、なんて思うと何も浮かんでこなくて困りますね。

          雨が降ってきました。空は気まぐれです。昨日は素麺日和だったのに今日はどうしよう。夕方は頭を悩ませる時間です。

  7. AKK on 2013年6月26日 at 6:10 PM :

    いつもすてきな案内人さんとご一緒なのですね。それならメイバクじゃなくても「うれしい楽しい」ですね。この次ぎは竜宮で食べたお刺身のレポートブログをお願いします。
    滝壺に入らなくても、どこかで亀を助けるっていうのはいかがですか? まあ、そんなに都合よくいじめられてる亀はいませんやね。ヤラセじゃダメなんですものね。それに浦島太郎は亀を助けてあげたのに、最後はさびしいお爺さんて一体どういう筋立てかって思いません?

    階段のフォトが好きですね。めぐみさんが美人。上手い!
    めぐみさんが撮った案内人さんもいいんじゃないですか。彼が主人公なのですか? それとも木々の緑のアクセントの添え物?・・・オット・・・
    青いさかなは誰の悪戯でしょう。ウェブサイトをアチコチしましたが、他にはありませんでしたよ。人の目は横に同じものが並ぶと顔と認識するようですね。バスや電車、クルマなんかもそうです。最近は目のつり上がったクルマが多いのは残念なことです。

    何年も前になりますが、NHKの大河ドラマのオープニングでこの滝をものすごいアングルから撮っていました。音楽も付いて、実際以上だったと思います。これも探したのですが見つかりませんでした。どこかにあったら教えてください。

    「はーい」って、そろそろお風呂の時間です・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月26日 at 8:43 PM :

      AKKさん、こんばんは。

      大河ドラマのオープニング映像は噂には聞いています。是非もう一度見てみたいものですね。NHKの関係者さんがもしもご覧になっていたら、どうぞよろしくお願いいたします。

      竜宮城に出かけた浦島太郎の行く末は可哀想です。飲んで食べての接待だけで恩返しが終わりでしょうか。玉手箱を開けずにいられる人なんかいるかしら。良い行いが不幸を招くというのは不合理な教訓のような気がします。お伽噺には納得できない部分も多いですね。

      とここまで書いてふと思いました。人生は不可思議、思ったようになんかならない、見返りを期待してはいけない、何事も油断しちゃいけない、なんていうことを言いたかったのでしょうか。子ども相手に?

      青いお魚は大発見の自然のアート。まるで飛び込もうとしているみたいでしょう。でもみんな足元の滝ばかり見ていて壁の絵までは気が付かないようです。他の人が見ない所を探すのも川柳作句の秘訣かもしれませんね。

      お風呂で温まるのが、夏でも冬でも大好きな時間です。眠ってしまうこともあります。 中で音楽を聴けたらいいなぁと思っているのですが・・・。防水仕様の iPhone ケースが気になります。
      お誉めの言葉を緑の中の赤い案内人さんに伝えておきますね。ありがとうございます。

  8. 佐藤 千四 on 2013年6月28日 at 8:24 AM :

    おはようございます。
     予報が外れて今日は曇り空です。
     今日は私もお出かけです。町内の仮設に住まう浪江町民との交流です。歴史の町の当町をチョコッとご案内です。その名も「チョコット歩って見っぺ事業」。つまり避難の皆さんのストレス解消企画です。
     浜通りの浪江町中通りの当町では少しの違いはありますがお互い方言で付き合うつもりです。チョコットってお分かりですか。
     方言ドラマが終わったので出かけます。

        避難者に町を教わるジェジェジェのジェ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月28日 at 9:21 AM :

      千四さん、おはようございます。

      「チョコット歩って見っぺ事業」ですか。千四さんの命名かしら。タイトルからして楽しそうですね。”チョコット” は “少しだけ” ですか?

      茨城弁も福島と似ているところがあるみたいですね。水海道も長くなったので随分覚えましたよ。でれすけ、ごじゃっぺ、そうだっぺ、したら、いかっぺ、しゃーめ、など。”だいじだいじ” は “大丈夫ですよ” と言われるよりもやさしく気持ちが伝わるかもしれませね。でもネイティブの発音で早口で話されるとまだ全部分からないかもしれません。奥の深い世界です。

      朝の方言ドラマは面白くなってきましたね。主役も脇役も魅力的で、奈落の様子を覗けたりして、明日も楽しみです。

      お気をつけてお出かけくださいね。集まってくれたみなさまにとって良い時間になりますように。

      • てじま晩秋 on 2013年6月28日 at 9:47 AM :

        おはようございます。
        方言「でれすけ」は僕の育った栃木県足利市でも使ってました。
        以前、栃木県出身の作曲家・船村 徹がNHKのインタービュー時
        「私はお袋にでれすけーといつも言われてました」と笑い乍ら
        回顧していました。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月28日 at 10:35 AM :

          でれすけとかごじゃっぺとかを最初に覚えたのは、私がよく言われてきたからかもしれません。足利でも使っていましたか。同じ方言を話す人には親しみを感じるものですね。

          美佐緒の花暦の2句を今日ポストに入れてきます。締め切りの一ヶ月も前に出すなんて何年ぶりのことでしょう。懸賞ハガキの場合は直前が良いと言う人もいますが、川柳は関係ないはずですね。輸送途中で行方不明にならずに無事に晩秋さんの手元まで届きますように。

          • てじま晩秋 on 2013年6月28日 at 2:13 PM :

            ありがとうございます。
            美佐緒の花暦は、勿論、清記選ですが、作者の作品配置・位置は
            毎回、変えてます。でないと選者に作者がわかってしまうので。

            編集者の僕としては早目のご投句は凄く嬉しいです。所謂、安心
            感が湧くのです。(本日、〒は6人目が来てます。)

            めぐみさんのご参加! 本当に嬉しいです。感謝!!

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月28日 at 3:57 PM :

            晩秋さんのところには郵便物が毎日山のように届くのでしょうね。宛名の住所は何も要らないかもしれませんね。
            もう6人も来ているとは人気のコーナーですね。発表誌はまだかな・・・ってまだですよね。諦め半分期待半分で楽しみにしています。

  9. えむ on 2013年6月28日 at 3:09 PM :

    そーか ワカッタぞ
    あの2ガツ14ニチに
    キンキューキシャカイケンして
    オレたちをビックリさせた
    例の「せんぱい」だな

    初トージョーでしょ
    ちょっとカッコよすぎない?
    めぐみさん
    サリゲに 
    ジマン。 ジマン! ジマン?
    やっぱオトコも遠くからだとハンサムだね

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月28日 at 4:01 PM :

      ここだけの話だけれどオオアタリ
      遠くから小さくて格好いいでしょ

      えむは遠くても近くてもハンサム
      今日もスマイルで頑張ってますか

      • えむ on 2013年6月28日 at 4:15 PM :

        “すまいる”はタダっていったって
        ニンゲンの顔はキカイじゃないから
        バニラシェークみたいにカンタンにはツクレナイ
        いっちばんムズイから
        ¥1004/@ くらいはホシーよね   [ˇ◊ˇ]
        「コチラデオメシアガリデスカ?」 [ˆøˆ]ƒree~

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月28日 at 5:54 PM :

          [ˆøˆ]ƒree~

          「イイエ モチカエリデオネガイシマス」
          ほとんどの場合そうでした。子どもが3人待っていたので。
          それにしても¥1004/@ とは・・・!?

          [ˇ◊ˇ]

          簡単には作れないスマイルだからうれしいのですね。
          私は今日はいくつ作ったかしら。

  10. 伊東志乃 on 2013年6月28日 at 9:30 PM :

    アウトドアには良い季節ですね(^^)
    私はアウトドアが大好きですが、行事が多くて行く暇がないのと、まわりにアウトドアが好きな人がいなくて………

    七月の末に我が句会の三十周年記念大会があり、それまではアウトドアはお預けです(^^;)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月29日 at 6:41 AM :

      志乃さん、おはようございます。

      三十周年記念大会ですか。歴史のある会ですね。大きな節目の大会を司るのは苦労でしょうがやり甲斐もありそうです。志乃さんならではの味が出るといいですね。

      滅多にこんなに歩かないのでしばらく身体が悲鳴をあげていました。情けないですね。もっと意識して歩いたり動いたりしないといけないとつくづく思いました。
      行事の多い毎日は楽しそうです。今日もご活躍くださいね。ありがとうございます。

  11. 空飛び曉星 on 2013年6月29日 at 11:41 AM :

    めぐみさん、こんにちわ。
    26日にコメントくださった句の読み方については
    今日午後のTV収録前に主催側とご意見番に話してみます。

    私なりに考えましたが、原因はホワイトボードに貼るための
    色紙への句の書き方にあるようです。
    すべて5・7・5と3行に書かれていますから
    アシスタントはどうしても区切って読んでしまうのでしょうか。
    第1回から第8回までの録画を見直して感じました。

    大会の披講でも5・7・5とぶつ切りにして読む選者さんが
    ときにおられますが、場合によっては句意を損ねますね。
    勉強になりました。ありがとうございます。

    編集会議は無事終了し、今日は発送の日、会長は収録なので
    奥さんがひとりで作業してくれます。感謝です。

    あすは今治大会、行く途中で前編集長のTさんを乗せて
    行ってきます。全没覚悟です。
    主題は「伝統」「永久」「行方」
    いずれも3人の選者による共選です。

    つかの間の晴れ間、さっき散髪して来ました。

    梅雨晴れ間眩しいなあとカタツムリ  暁星

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月29日 at 12:33 PM :

      暁星さん、こんにちは。

      今日は鎖樋の愛媛県生活文化センターで川柳天国の収録ですね。お疲れさま。緊張しましたか。せっかくだから、みんなの机の上に名前のボードでも置いてくれたら良いのにと思います。
      読み方については偉そうなこと言ってすみません。番組の都合もあるだろうし分けて読んでもらった方が分かり易い人もいるかもしれませんね。

      梅雨晴れ間眩しいなあとカタツムリ  暁星

      こちらもこの句の通りのお天気になってきました。
      散髪されて心機一転、明日は楽しい今治大会ですね。いい作品との出会いがありますように。伝統、永久、行方。難しいお題ですね。みなさんどんなふうに詠まれるのかしら。格調高い川柳が集まりそうな予感です。暁星さんに、遠く茨城からエールを贈ります。
      束の間の大切な時間にメッセージをありがとうございます。今日と明日と川柳三昧でしょうか。どうぞ良い時間をお過ごしくださいね。

      • 空飛び曉星 on 2013年6月29日 at 3:41 PM :

        ああ、カン違いでした。
        アシスタントが読むのはA4横1枚に書かれた全員の句でした。
        すべて1行に印刷されていますので読む人の感性ですね。

        事前打ち合わせで間違いに気がつき、帰宅後取りも直さず
        コメントさせて頂きました。  失礼しました。

        これから明日の投句の推敲しようと思いますが
        「下手な考え休むに似たり」ですかねえ???

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月29日 at 6:35 PM :

          暁星さん、お帰りなさい。収録は無事に終わりましたか。
          そうでしたか。作品はA4の紙に印刷して準備してあるんですね。なんだか放送の裏側をちょっと覗いたみたいでドキドキします。ありがとうございます。

          明日の準備も上手くいきますように ☆

  12. てじま晩秋 on 2013年6月29日 at 2:21 PM :

    花暦着きました!
    三文…を知っていれば上位でしょう。楽しみです。

    これから自治会の知人と12㌔早足で、歩いてきます。
    (3時スタート)瞬間ですが2Kgほど目方が減ります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月29日 at 6:39 PM :

      12キロも歩くんですか。ウォーキングのレベルを越えてますね。でも体重が2キロずつ減ってしまっては大変です。ビールを飲んで補充しなくちゃね。歩いた後の一杯は、さぞかし美味しいでしょうね。
      今日も元気だビールが美味い。カンパイ!

  13. 竹内いそこ on 2013年6月29日 at 8:37 PM :

     めぐみさん   !!!! マガジンすご~い !!
    二人の選者のハートを鷲掴みにしましたね。
     特選おめでとうございます。

     のびちぢみする巻き尺が人気です  
        (私も欲しいです あれば絶対に買います)
     今度こそ今度こそはと投票所
        (選挙は国民の義務・・・だったよね) 

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月30日 at 1:53 AM :

      いそこさん、ありがとうございます。

      6月が行ってしまうと思っていたところにやっと届いた7月号でした。諦めないで投句していると嬉しい事もありますね。心なしか表紙まで明るく見えてくるから不思議なものです。一番に気がついてもらってますます励みになります。

      たくさんの作品に向かい合う選者のみなさまの苦労を思います。いそこさんも大きな大会で選をする側に立つと勉強になることも多いでしょうね。高浜虚子の “選は創作なり” という言葉を思い返しています。

  14. 伊東志乃 on 2013年6月30日 at 7:12 AM :

    おはようございます(^^)

    マガジン特選おめでとうございます(^^)V

    めぐみさんとはブログでしかお話ししたことは無いのですが、特選になっていらして、まるで自分の親友が特選に成ったかのように嬉しかったです(^^*)v
    私も頑張りま~す♪(^^)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年6月30日 at 7:41 AM :

      志乃さん、おはようございます。
      最近は川柳マガジンが来ると名前の方から見ていってます。志乃さん見つけた、いそこさん見つけた、という感じです。いつかリアルに会えた時の挨拶はきっと「お久しぶり」ですね。

      今日の茨城は曇り空です。涼しくて助かります。
      うれしいエールをありがとうございます ♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K