Loading...Loading...

トランシルバニア地方の
Ibarakiken というところには
語り継がれている伝説があります
いつの晩のことか月の様子をうかがいながら
筑波山の方から大きな影が夜の空を横切って来るのです
見た人の話ではコウモリの形だったと
そして降り立つと既にその影はなく
近くにはおみやげをたくさん積んだ大きな車が
まるで何かの売り出しのように大げさに人寄せをしているのだそうです

ある日のこと
いつものフェラーリレッドの愛車を駆って
テレパシーで聞こえた時間と場所へ・・・
そこにはセクシーでハンサムなバンパイヤがいて
気の遠くなるほどこの体を抱きしめられ
若さあふれる真っ赤な血を訳が分からなくなるほど吸われてしまいます
永遠の若さを保つための神聖な儀式に私をなげだしてしまうつもりです
何にしたって AB ってバンパイヤにとっても究極のメニューでしょう?
200でも 400でも よろしかったらリットル単位でも
「吸えるだけすって欲しい」と
もう心はめろめろとろとろです

気を失なってしまいそうになる頃に
「終わりですよ」って
なぁ〜んだちっとも儀式なんかじゃない
洗剤とレモン紅茶とリポビタンと救急絆創膏
バナナにチョコレートにビスケット
何度もお礼を言われているのはヘンな気分
もらったものは “永遠の命” ではありませんでした
一体なんだろう?
後から検査結果が来るバンパイヤって・・・

帰り道は何だかいい気持ち
古い血無くなってさっぱり
また若返ってしまいました
64回吸われたからすっかり
入れ替わってしまっている私です

ドラキュラがABOに恋をする   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 AB Rh+ 200”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2013年2月10日 at 7:12 AM :

    めぐみさん おはようございます。トランシルバニアは森の彼方の国。Ibarakiken というところには素敵なご一家が幸せに暮らしております。西の富士、東の筑波、朝夕に山肌の色を変える筑波・女体山山頂からコウモリ、人だまり、バンパイヤ、AB、200、400とこころとき
    めかせました。洗剤、レモン紅茶、リポビタン、救急絆創膏、バナナ、チョコレート、ビスケット、お礼、これは「64回」のめぐみさんへの特例措置でしょうね。私は若者がワイワイと学び会う職場を転勤ししまして、毎年、6月頃に、20歳の若者の列に並んで献血をしましたが、トータルで20回程度。小さなドリンク1本でした。自分が手術するときに人様の血を優先的にいただけると「献血手帳」を大切にしていましたが、7年前の大手術では事前に自分の血を採っておいてそれでまかないました。ところで、私は川柳を書きながら時に「表現者」もどき。が、やはり「表現者」は詩人。ドラマの展開に意気を呑みます。学ばせていただき、ありがとうございます。
    ドラキュラがABOに恋をする   めぐみ
    ヒトよりも人間らしい吸血鬼   茂 男
    今日は、7時15分スタート。行ってきます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月10日 at 8:57 PM :

      茂男さん、お出かけ前の貴重なお時間に、うれしいメッセージをありがとうございます。

      茂雄さんの大事の時にはご自分の分でまかなえたのですね。私事ですが、父の時にはずいぶんと輸血のお世話になりました。少しばかりの献血では恩返しにもなりませんが、御礼の気持ちもあります。
      というのは格好良い理由。内緒ですが、学生時代に気になっていた先輩と二人で初めて献血車に乗って、その時の楽しい?経験が忘れられないのが、ホントの理由でしょうか。

      チョコレートはこの季節だから、特別のおまけだそうです。

  2. 無冠帝 on 2013年2月10日 at 10:01 AM :

    今日のブログはファンタジック(和製英語)な内容でしたね。本来の英語、ファンテステックを使おうと思ったが、今では本来の意味より「素晴らしい」の意味の方が強くなってるので、あえてファンタジックを使いました。素晴らしい内容だからファンタスチックでも良かったのだが、あまりにも幻想的なもですから・・・。
    ボクの年代では献血は年齢オーバーで提供できません。吸われて若返りが出来るならボクも若返りたい。
    吸われなくてもボクは確実に若返ってます。種を明かせば70歳以上になったら、毎年、歳を取る(引く)からです。例えば71歳は「1」、歳を取って(引いて)69歳、72歳は68歳に・・・。こうして歳がだんだん若返っていく。今年4月には還暦に戻ります。来年は59歳です。馬鹿は歳を取らない!
    楽しいブログを読ませて頂きました。有難うございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月10日 at 9:03 PM :

      無冠帝さん、こんばんは。毎年年齢を引き算していくのは良い考えですね。どんどんお歳が若返って、もうすぐ追い抜かれそうです。ちなみにドラキュラは若くて美しくて魅力的な女性だけを狙っているということです・・・お願いしても私も遠慮されてしまいそうです (T T)

      ファンタジックとはなんて素敵な言葉でしょう。現実の世界では、その正反対の毎日を生きているような気もしますが、心だけはコウモリのように飛び回れたらいいなぁと思います。言葉が翼になってくれるでしょうか。

  3. love on 2013年2月10日 at 3:55 PM :

    神聖な血を分けたのですから、お礼を言われて当然です!
    しかし元気になりそうなお土産ですね^^;

    先日久しぶりに血液検査をしました。
    ちょっと鉄分不足だからと、錠剤をもらいました。
    からだに足りないものを錠剤で補えるなんて…
    良いことなのかどうなのか(´・_・`)

    献血は痛いので一度しかやったことがありせません。
    でもスッキリするならやってみたいなぁ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月10日 at 9:14 PM :

      loveさん、体調はいかがですか。鉄分不足のための錠剤、ちゃんと飲んでいますか。心強い味方があってうれしいですね。きれいになれる錠剤、やさしくなれる錠剤、若返りの錠剤・・・あったらいいけれど、そんなものができたら大変でしょうね。毎食後、あれもこれもと山ほど飲まなくてはいけなくなりそうです。

      献血のあとはとてもスッキリいい気分。ほとんど趣味ですね、と係の人に話したら、いいご趣味ですねと言われました。
      そうかもしれない・・・?

  4. いそこ on 2013年2月10日 at 5:08 PM :

     我が家の家族は健康診断がわりに献血に行くので、二週間後に結果が載った葉書がとどき、数値が増えた、まだ大丈夫だななんて盛り上がっています。父子の会話がそれ。なんかねー
     トランシルバニアの吸血鬼なんてロマンティックな雰囲気とはどうも縁がないみたいです。
     最近ではティッシュペーパーの箱を貰えるみたいで主婦は助かっています。(^^)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月10日 at 9:28 PM :

      いそこさん、こんばんは。
      親子の会話も盛り上がって人助けにもなって、一石二鳥かもしれませんね。毎回コレステロール値に注意信号の出る私です。理由は想像がつきますが、好きなものは止められない優柔不断な人間。いつも結果をもらってからほんの少しの期間、悩むところです。

      実用的な景品は助かりますね。しきりと休養と水分補給を言われるのですが、栄養ドリンクをもらっても、何だか違うんじゃないかと思いました。
      移動献血車も楽しいですが、献血ルームが最近豪華です。

  5. このみ on 2013年2月11日 at 5:19 AM :

    おはようございます

    山の端を飛んでいるのはUFOですか?
    もしかしたらIbarakikenは未確認飛行物体の集まる場所なのかもしれません
    「未知との遭遇」すごかったですね~~
    誰でも大アップで宇宙船を見ることができました(外側からだけですけど)。感動でした。
    昔少女マンガを夢中で読んでいた頃トランシルバの吸血鬼のお話がとてもロマンチックに描かれていて、私もこういうまんがを描きたいな~とあこがれたものです

    さて
    現実へ戻ると、めぐみさんの献血回数にはとにかく頭が下がりますね
    私は一度もやったことがありません
    一見、がっちりと健康タイプに見えますが、私もどうも鉄分が不足しているらしく妊娠しているときは鉄分の真っ黒な巨大な注射を毎回受けました
    献血は今度機会があったらやってみようかな?そんな背中を押されためぐみさんのお話でした

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月11日 at 7:53 AM :

      このみさん、おはようございます。
      山の端を飛んでいるのは、他でもないドラキュラ伯爵・・・だろうと思われます。大きな声で呼び止めたのですが、忙しそうに遠くへ行ってしまったのでした。

      未知との遭遇も、とんでもないスケールでしたね。ああいう映画はスクリーンで堪能したいものですね。今は、あたたかい部屋に居ながら宇宙へも行かれるし深海探検もできるし、人間ってすごいなぁと思います。

      献血は子どもが小さいころには全くできなかったので、かなりのブランクもあります。遠くの献血ルームまで出かけるのは難しいので、移動献血車の来る日のお天気と周りの状況が上手くいった時だけがチャンスです。次はいつになることやら、あと何回できることやら。
      健康診断の代わりと思って、このみさんも機会があったらぜひ試してみてください ^^

  6. AKK on 2013年2月11日 at 4:00 PM :

    吸血鬼。そんなものに襲われたら先ず血の気が引いて、その上血を吸われたら薬なんか飲まなくても高血圧なんかどこかへ行ってしまいますから、そりゃ有り難い。
    でも、恵さんの仰る通りに私の様な者は対象外だとしたら、永遠の命なんて端っから要りませんので、筑波山の空に写っているものは UFO だったら愉快ですね。

    それならば、私がバンパイヤってのはどうでしょう。映画なんかじゃ私の様なセクシーなイイ男がなるもんですよね。コップに入れて氷とレモン、それじゃダメですよ。肌もアラワなロングドレスの美女からダイレクトに・・・。
    するりと逃げられてしまわない様に「けんけつ」の滑り止めの付いた手袋。還暦ですから、赤い自転車ではぁはぁ言って・・・
    どうも日曜の午后の妄想はケンコウ的だな。

    ところで、その学生時代の “先輩”っていうのが気になりますね。献血だけだったんですかぁ〜? その後の話も聞きたいなぁ。得てして “おにいさんといもうと” そんな関係がいちばんアヤシイ。本人たちは良くても、まわりは恥ずかしくなってしまう程「ヘン」だって気がつきませんか?
    もしやその先輩がめぐみさんにとってのバンパイヤ?
    女性はそれを “白馬に乗った王子様” とかって表現したりしますからね。

    まあ、いいでしょ。
    永遠の命なんかより、生きてるうちはずっと元気、出来れば財布も一緒に元気が望みですね。そのためにはトマトジュースにレモンでカンパイ??

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月12日 at 6:23 AM :

      セクシーなイイ男のAKKさん、さわやかなお目覚めですか?
      本日はケンコウ的な妄想で楽しませていただきました。ありがとうございます。

      吸血鬼は大体カッコいいハンサムな男子と決まっているので、抱きしめられてその上永遠の命をもらえるっていいよね、と思っていました。でもよく考えたら、滅びない命というのも良いとばかりは言えないみたいですね。周りに友だちはいなくなるし、次の生け贄を必死で探さなくてはいけないし。それなりに悩みも多いのだろうと思います。
      普通の人間で良かった。この身体、色々と注文はあるけれど、有り難く大切にしないといけませんね。

      センパイ、お元気ですか?
      お互いに、生きてるうちは元気で長生きしましょう☆

  7. たかこ on 2013年2月12日 at 5:50 PM :

    献血
    今は年齢的にも無理でしょうし、血圧の薬を飲んでいるから出来ないと思いますが、定期健診のたびに、2・3本注射針で血を抜かれます。大腸のCT検査の日は、右手から造影剤を入れるため、血管の出にくい左の腕から採血。「あ、また失敗、あ、今度もごめんね」と看護師さんは汗だくになります。「焦らなくていいですよ、痛くないから気にしないで」と言ってあげると、すっと針が通ります。

    献血は、中学2年のとき友達が白血病になって、400CCあげました。身体が大きかった(今もですが)ので平気でしたが、子供から400も抜いたと医師が院長先生に叱られていました。
    次に、高校生のとき、大好きな伯母が胃がんで、3回ほど輸血に行きました。伯母は喜んで40年以上前に2000円ほど包んで持たせてくれました。
    私はO型、めぐみさんは何型ですか?(どこかに書いてあったらごめんなさい)

    あ、ちょっと宣伝させてくださいね。
    ネット句会「脱」締切りが近づいてきました。よろしくご参加ください。「鈴鹿川柳会」で検索してくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月12日 at 8:37 PM :

      たかこさん、こんばんは。
      模範的な患者さんですね。みんながそんなに優しかったら、採血の係の人もさぞかし気が楽でしょう。あれだけはあまり何度もやり直してほしくないですね。

      受付で、今日は400はどうですか、と強く勧めるのです。変だなと思いつつ、あまり時間も変わらないのなら、と O.K.しました。でも比重が少し足りなくて、結局200しか取ってもらえなかったのでした。あとで良く聞いてみたら、その日のAB型は私でやっと二人目という理由。目標に全然届かなくて困っていたそうです。希少価値の血液です。

      たかこさんはO型なんですね。血液型占いによると、おおらかで寛容、頑張りやのリーダー気質、責任感が強くて自主的、とのこと。みごとに当たっていますね ^^

      • たかこ on 2013年2月12日 at 10:01 PM :

        あらん、自分のためですよ。自己防衛というか、たまに怒る患者いるじゃないですか。すると看護師さん(新人さんは特に)よけいびびって、うまくできないみたい。自分に甘くするため人にも甘く…偽善者かしら?とほほ

        AB型ですか。主人と同じですね。AB型の友達多いですよ。前住んでいた家のご近所グループ、7人中3人がAB型です。あんまり関係ないかも分かりませんが、皆歌が上手いです。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月13日 at 6:21 AM :

          歌が上手かったり楽器が弾けたり、というのはうらやましいです。豊かな時間を過ごせそうな気がします。周りに誰もいなければ、好きな歌を大きな声で歌ったりするのですが・・・
          歩くことも声を出すことも、身体のためには良いですね ♪

  8. ムツゴロウ on 2013年2月13日 at 8:38 AM :

    めぐみさん  おはようございます。
    書き込みを頂き、先生にいたずらを見つけられた生徒のように舞い上がっております。
    ありがとうございました。
    茨城には9年間住みましたが、よく載せていらっしゃる筑波山には3回しか登ってません。でもさいたまや東京の平野に近い山からよく眺めています。
    蛇年でAB型で気が弱い
    私のことです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月13日 at 10:02 AM :

      AB仲間のムツゴロウさん、おはようございます。
      茨城にお住まいだったことがあるのですね。気がつけば私はここが一番長くなりました。住めば都とはよく言ったものです。

      それにしても、ムツゴロウさんのかもめ舎の特選句は素敵です。こんなふうにドラマを感じる作品に憧れます。自分がドラマチックでもない毎日を過ごしているせいでしょうね。
      今日は少し春らしい日射しです。いい日になりますように・・・☆

  9. エム on 2013年2月13日 at 1:57 PM :

    ふむふむ どうもアヤシイな 

    「めろめろとろとろ」はあまりに不審な表現だし
    「気になっていた先輩」はだれ?
    オレも気になるんだよなぁ
    「気が遠くなるほど・・・抱きしめられ・・」
    「若さあふれる真っ赤な・・・」
    めぐみさんダイジョウブ?

    この前もちょっとオカシかったよね
    “写真” も文章もさ
    「何度も何度もくちづけをして」
    「魅了・・・女冥利・・・」
    「逢って・・・二人きりで・・・」

    春が近いって
    めぐみさんの季節?
    「すっかり入れ替わって・・・」
    それでどうしようっていうのかな?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月14日 at 6:16 AM :

      本日は全国的に津々浦々にて
      ハートマークが吹き荒れそう
      という気象予報が出ています
      気をつけてお過ごしください
      お菓子屋の罠にはまってみる
      のも一興かと思う訳なのです

  10. 加藤 鰹 on 2013年2月15日 at 9:49 AM :

    僕は辰年でAB型で左利き。かなりのあまのじゃくです(笑)

    だけど歌は上手いし楽器はできるし、料理も上手、川柳も上手。添い寝もしてあげられます。

    一家に一台いかがでしょうか?(笑)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月15日 at 10:53 AM :

      素晴らしい、スーパーマンみたいね、鰹さん!
      常備しておくときっといつか役に立つ予感。
      特に川柳も上手というところに魅かれました (^-^)

      チームABへようこそ。
      AB型は、良く言えば多面性があって天才的なのだそうです。
      天才ではなくて天才「的」
      一文字だけで随分と意味は変わってくるものですね。

      あまのじゃくな視点も、きっと上手な句作りの秘訣なんですね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K