Loading...Loading...

珈琲がわたくしに恋をしている
つれなくしているつもりなのに
何となくいつでも傍にいる
まったく気がない訳でもないから
つい誘われるままにデートを重ねることになる
一日に何度も何度も口づけをして
甘い香りやちょうどよい刺激にくすぐられ
すぐにでもすべてを許してしまいたくなる

 

ミスター・ブラック
ムッシュー・カフェオレ
スィニョール・カプチーノエスプレッソ
レーコーさん
名前も姿もみんなステキ
その上世界中で有名なのだから困ってしまう

 

でもね
わたくしには忘れられない café がいるの
一晩中わたくしのために
何も語らずじっと水の中で
この世の一番になるために
味や香りだけではなく
魂そのものをすべて投げ出そうとしている
そしてあれほどわたくしを魅了したのだから
それは女冥利に尽きるというもの

 

また会いたい
もう一度だけでもいいから会いたい
逢って
そうして
二人きりで
・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

自販機に深く頭を下げている   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 コーヒーの飲み方”にコメントをどうぞ

  1. たかこ on 2013年2月5日 at 6:57 AM :

    ロマンチストなめぐみさん。おはよう。

    今日も休みの私は、ベッドの中で偶然「こーひー」の句を作りました。「コーヒー」ではなくて「こひ」ですよ。
    この句は、ある結社に出句するからここには書けません。

    朝からふわふわいい気持ち。血圧が上がっているかも…(うへ)

    午後は、ラジオで当たったチケット持って名古屋へお芝居を見に行きます。
    今年は、もう一つラジオで「ミカン一箱」が当たりました。何人かに応募したことを言ったので五個ぐらいずつおすそ分けをしたら殆ど残りませんでしたが、とっても美味しかったです。

    今年はなんとなくいい年になりそう。

    コーヒーにこひもできそうかな。めぐみさんのように。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 2:42 PM :

      たかこさん、こんにちは。
      伸ばす棒がないだけで違う言葉になっている、日本語って面白いですね。

      お芝居はいかがでしたか?
      本物の舞台は刺激的でしょうね。
      この間久しぶりに映画館に行ってきて、その迫力に圧倒されてきました。レ・ミゼラブルは一見の価値ありかもしれません。豪華俳優陣だからというだけではなくて、演出も歌声もため息の出るほどの出来栄えです。原作もきちんと読まないと、と思いました。

      みかん一箱はうれしいですね。たかこさんはくじ運の強い方ですか? 幸先の良いスタート、何よりです。家族が大勢だったころは、みかんの一箱は数日でなくなってしまったものですが、この頃はずいぶん長持ちするようになりました。うれしいような、さみしいような・・・?

  2. 二宮茂男 on 2013年2月5日 at 7:41 AM :

    めぐみさん おはようございます。私は、残念ながら居酒屋派。ビールやカクテルがないお店では、ミスター・アメリカン。でも、自宅では、毎日、一杯程度、いただきます。緑茶とは、どこか違ういい雰囲気がありますね。詩人の文は素敵ですが、写真にも魅せられます。朝のひととき、楽しませていただきました。有り難うございます。今夜から、明日にかけて、成人の日以上の大雪とか。ご留意下さい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 2:20 PM :

      そう、ミスター・アメリカンを忘れていました。
      インスタントコーヒーでも簡単に美味しく飲める道具をいただいてから、面白くてつい飲み過ぎてしまいます。

      写真も楽しんでもらえてうれしいです。光と影をとらえる写真は、言葉のスケッチにも似ていますね。シャッターチャンスを逃さない、アングルを工夫する、すべて川柳と同じでしょうか。もっと物事を真っ直ぐに深く見つめる目を持ちたいと思います。表面しか見えない自分がもどかしいです。きっとまだまだ人生の苦労が足りないのですね。

      雪の日の外出には気をつけてくださいね。お身体を大切に、暖かくしてお過ごしくださいませ。

  3. エム on 2013年2月5日 at 3:51 PM :

    めぐみさん 今回の出演はどれ?

    純なハートが透けて見えるカラッポのコーヒーカップか・・
    それとももしかして
    森の中ですっかり無防備になっているヒロインか・・

    カタそうだけどヤワラカそうだね
    オレの逆かな 
    めぐみさん銅像になった気分はどう?
    寒そうだけどオレはこのいい男の役がいい!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 4:40 PM :

      や やだぁ〜〜
      エムのエッチ! (H_H)

      写真出すだけでけっこう恥ずかしいのに
      何か言わせるつもりなの?
      けっして彼女はわたくしではありません(ダンコ)

      こんどエムさん罰として
      コーヒーごちそうしてね

  4. AKK on 2013年2月5日 at 5:02 PM :

    深煎りのコーヒー豆を一晩水につけておきます。それをいつもの紙フィルターで濾してやれば出来上がり。高価なウォータードリッパーなど要りません。何か手をかけてやりたいなら、温める時には大事に湯煎。確かにこの味を知ったら「もうオトナだよ~」って言ってもいいでしょうね。コーヒーの美味しいとこだけ取りですものね。

    目を閉じて、素敵なお店やお相手を思い浮かべながらはどうでしょう。例えば私は、自宅のお風呂で窓を開けて、浴槽の壁に触れないようにして目をつぶって入ります。すぐさま、露天大浴場!

    まあ、めぐみさんが書くと恋愛小説もこんな風なんですね。私は伏せ字なんかあるほうがどちらかと言わなくても好きです。
    どこか虚ろなヒロイン、真っ赤なハート、抱き合う裸の像・・・
    ああ、また、勝手な妄想が・・・
    ダッチコーヒーと還暦妄想人、ちっともオシャレじゃないなぁ〜  (^^;)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 8:10 PM :

      オシャレな還暦妄想人の AKK さんはコーヒー通!!
      時間をかけてそれさえも楽しむ、大人のコーヒーですよね。深い味わいなのにスッキリしていて、タマリマセン。何度も飲んだことがないので尚更美味しい記憶があります。同じテーブルでいただくにしても、ここは古都の一角、それとも高原のテラス・・・想像をふくらませて楽しむことにしましょう。

      真っ赤なハートは、最近仲間入りをしたポットホルダー。毎日大活躍のお気に入りです。

  5. love on 2013年2月5日 at 5:13 PM :

    電車の中でマックの100円コーヒーを飲みながら書き込んでいます^ ^

    心もからだも解き放たれる感じが何とも言えないです。

    カフェインの取り過ぎはダメだよっていう人がいますが、とり過ぎるほど飲むことなんてありません♫
    たった一杯でこんなにしあわせにしてくれて
    感謝感謝です(*^^*)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 8:17 PM :

      loveさん、今日もおつかれさまでした。電車の中からのライブレポートをありがとうございます。高級珈琲店ばかりがいつも良いわけではないですね。体調と雰囲気と、その他もろもろが影響します。缶コーヒーでも好きな人と一緒なら最高!だったりね。

      時と場合によってはノンカフェインの方がお勧め、ということもあります。疲れがとれたように錯覚してがんばりすぎてしまうから・・・あんまり無理をし過すぎないようにしましょう。健康第一です。

  6. 無冠帝 on 2013年2月5日 at 8:01 PM :

    体調を測るバロメーターは朝のコーヒーと夜のアルコールです。
    美味いとgood、不味いとbadです。体調が良いときはウイスキーも甘く感じます。毎朝、ブラックで飲んでますが、何杯も飲むので利尿作用が活発になってこの頃いささか困ってます。
    コーヒーを飲みながら読書するが、アルコールを飲みながら読書をすることも多い。今、直木賞受賞作品「何者」「等伯」を交互に読んでます。百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」が良かったので、「永遠の0ゼロ)も手元に置いてあります。
    コーヒーはスタバの焙煎が濃いのより、どちらかと言うとドト-ルの方が飲みやすくて好きです。
     自販機に深く頭を下げている   めぐみ
    めぐみさんの様子が彷彿とします。微笑ましい!ボクはまだ自販機に頭を下げたことがないので、今度一度してみようかな~(笑)。

    追伸 めぐみさんのご連絡で二宮茂男さんから返信コメントを頂きました。お気遣いに感謝してます。
    めぐみさんの心がこもった素早い返信にいつも心が癒されています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月5日 at 8:32 PM :

      無冠帝さん、こんばんは。茂男さんに声が届いてよかったです。公私ともにお忙しい毎日だったのでしょう。

      だって、缶コーヒーの自動販売機の取り出し口は、地面に近い所にあるのです・・・頭を下げて取り出すしかないのです。まるでみんながお辞儀をしているみたいですね。買う方が頭を下げている光景は、ちょっと楽しいかな。

      本を読みながら、好きな飲み物があれば最高ですね。直木賞のご本はいかがでしょう。コーヒーよりもアルコールに似合いそうですか?
      私は十七音字で四苦八苦しているのに、原稿用紙で何百枚も綴れる作家さんはすごいなぁとうらやましく思います。

      それでは、無冠帝さんの明日の朝のコーヒーが美味しくなりますように!おやすみなさい。

  7. いそこ on 2013年2月5日 at 9:11 PM :

    そういえば、私も無冠帝さんのようにコーヒーを飲みながら、毎朝「等伯」を読んでいましたね。単行本ではなく、受賞される半年前、日経新聞に「等伯」が連載されていたのです。
     バタバタと出勤者を送り出して、ようやく私の朝が落ち着く頃にはもう冷めているコーヒーですが、立ち飲みでしばしの至福。いまは浅田次郎さんの連載につきあってもらっています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月6日 at 6:19 AM :

      いそこさん、おはようございます。日経新聞を読んでいるのですか。社会や経済の勉強のためには良いテキストなのだろうと思いますが、難しそうで手に取ったことがありませんでした。一度のぞいてみようかな。

      連載小説は山場も多くて面白いですね。浅田次郎は大好きな作家さんの一人です。泣かせてくれる、笑わせてくれる、日本人の心を教えてくれる・・・。本になるのが楽しみです。

  8. てじま晩秋 on 2013年2月6日 at 1:03 AM :

    『お飲み物は? 』
    「ブラック」
    日本語はいいですね。毎日数杯! やってます。日が暮れるとアルコールゆえ、それまで。
    その方面に行くと必ず立ち寄るコーヒーの美味しいお店①新橋烏森口②前橋駅際③横浜野毛山(3軒共、僕的なのでお勧めではありません)
    ③は、この2月第4土曜に野毛の句会場に入る前にWでやって来ます!
    二宮茂男さんのブログでの温かきコメントを、深謝です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月6日 at 6:21 AM :

      晩秋さん、おはようございます。
      僕的なのでお勧めできませんと言われると、ますます気になります。マスターのこだわりが感じられる時に、いいお店だなぁと思います。お気に入りの場所があるのはうれしいですね。遠征したときもホッとできるでしょう。

      初めてブラックを頼んだときは、背伸びした気分でした。大人の世界に足を踏み入れたような・・・。大人の世界というものも、入り込んでしまうと、香りもお味もややこしいことばかりです。

  9. 無冠帝 on 2013年2月6日 at 11:22 AM :

    なぜ女性は缶コーヒーを飲まないのか?という
    おもしろい記事が日経新聞(1/29)に載っていた。
    スターバックスの利用者は男女半々。
    サントリーによると、缶コーヒーを飲む人の男女比は7:3くらいだそうです。
    コーヒーは女性にも人気のある飲み物だけど、缶コーヒーを飲んでいる女性が少ないのは何故でしょうかね?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月6日 at 2:24 PM :

      そうですね、私は缶コーヒーも好きですが、女性に人気がないと言われればそれも分かるような気もします。
      理由を考えました。庶民感覚ではお高いことでしょうか。一気に飲まないと持ち運ぶのに困ること。空き缶の始末も厄介なこと。それと、美しく見えるように飲むのが難しいこと・・・?
      それにしても、何でも調査するものですね。いったい何人くらい統計をとったのでしょうね。
      雪がちらついています。無冠帝さんも、今日はホットでどうぞ ^^

  10. AKK on 2013年2月7日 at 8:25 AM :

    本日は、少し雪の残る外の喫煙所。
    70円の紙コップ、増量ボタン押して
    エスプレッソもどきです。
    目を閉じていれば、オープンカフェ。
    隣にめぐみさんがいると思って、、、

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月7日 at 9:28 AM :

      朝からオープンカフェとは粋ですね。
      それではこちらからも、カンパイ!
      空気は冷たいけれど、確かに春の気配ですね。
      正直な季節が不思議です。
      今日も元気にお過ごしください。

  11. このみ on 2013年2月7日 at 8:28 AM :

    おはようございます

    昨日は主人と次男と3人で一日実家へ行っていました
    十数年ぶりに弟一家と再会
    二人の子どもも18と16。大きくなっていました
    みんな気持ちのいい人たちで会話も弾みました
    会えて本当によかったです

    珈琲は欠かせませんね
    目覚めは必ず珈琲ですがインスタントで私の場合は充分
    カフェオレで飲んでいましたが今年からとりあえずダイエットを決意しているので最近は砂糖を入れません
    暴飲暴食を控えだしてからはとりあえず4キロ減
    まだまだ目標の体重は遠い~~~~のでこのままがんばる予定です~

    息子たちには毎朝カフェオレを一杯入れていましたが、これがどうも癒しになっていたようです

    今日は7日
    月初めには自分に課した投稿の宿題がかなりあるのですが大体前半にやっつけるので今は空っぽです
    気分がちょっと暇になりました~~
    今日一日は脳を休めようかと思っています~

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月7日 at 9:29 AM :

      このみさん、よかったですね。
      久しぶりの再会でも、家族ならそんなブランクは感じないものでしょうね。ご実家でもみんなが集まってお喜びでしょう。何でもない時に、そうして顔を合わせることができるのは、うれしいものですね。

      投稿の締め切りに追われるのではなくて、追いかけてしまうこのみさんはスゴイ。まだ時間がある、まだ大丈夫、なんて先延ばしにしてばかりいる私には耳の痛いことです。今年は少しでも余裕をもって投句できるように、がんばります。

      少し暖かくなりそうな空です。春の一日をゆったりと過ごせますように!

  12. ムツゴロウ on 2013年2月8日 at 8:53 PM :

    おーおー。
    私はコーヒーになりたい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月9日 at 6:27 AM :

      それでは私はお砂糖とミルクになりましょう (^-^)
      溶け合って美味しくなって
      そして珠玉の五七五!?

      ところで もし間違っていたらごめんなさい
      かもめ舎1月の特選 届かない想いへ撫でるぬいぐるみ
      はもしかしてムツゴロウさんの作品でしょうか・・・?
      素敵だなぁと思って見てました

  13. 無冠帝 on 2013年2月9日 at 6:30 PM :

    めぐみさんのコメ辺にはいつも感心してます。ムツゴロウさんのコメ返「それでは私はお砂糖とミルクになりましょう (^-^)、溶け合って美味しくなって、そして珠玉の五七五!?」泣かせますね。
    ボクは殆ど俳句関係の本しか読んでないが、ブログで交流があるムツゴロウさんの川柳ははWebで読んでます。
     届かない想いへ撫でるぬいぐるみ
    はムツゴロウさんの句です。まだムツゴロウさんからの返事がないのようなので替わって返事します。
    ボクは朝日川柳にしか投句してませんが、実力不足でなかなかいい句が詠めません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年2月9日 at 8:33 PM :

      無冠帝さん、お心遣いをありがとうございます。お名前を間違えてムツゴロウさんに失礼があったかしらと心配していました。ほっとしました。

      犯行を初めは誰も否定する

      朝日川柳に掲載とのこと、おめでとうございます。年間20句の掲載とは素晴らしいですね。新聞は投句する人も多いので、かなり狭き門でしょう。
      毎月川柳マガジンで一番苦労するのが時事川柳のコーナーです。時間が経っても前書きなしの一句として残るような、この句のようなものが詠めたらいいなと思いますが・・・難しいです (><)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K