Loading...Loading...

あじさいの花の咲く少し前の頃でした

驚きと感動とたくさんの幸せを
私のために小さな掌にしっかりと握りしめて
あの日あなたは今日という未来から来たのですね

その日からは喜びも楽しみも哀しみさえも
いつもあなたと一緒でした

そうして季節はいくたびも繰返し
あなたは少女に
そして私は母に
何気ない毎日がとても幸せでした

いつの間に気まぐれなキューピッドの矢が
あなたに飛んできたのでしょう
光の中にあなたともうひとりのまぶしい笑顔

時の神様がいま私の前で一瞬立ち止まろうとしています
今までのひとつひとつの場面が一度に私を包み込んでいます
どうかこの思い出たちが どこへも行ってしまいませんように

パン焼けて母と娘の聖五月   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 I miss you.”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2012年5月27日 at 5:57 AM :

    めぐみさん
    おはようございます。昨日は、小学校の校庭。孫の運動会に招かれました。小三の孫は聖火リレー、体操演技「そうらん節」、障害物競走などに活躍しました。ビデオ片手に、目を細める息子。それは、40年前の私の姿そのものでした。楽しかった。

    パン焼けて母と娘の聖五月   めぐみ
    子を思うこころ重ねる父と父  茂 男

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年5月28日 at 6:34 AM :

      お孫さんの運動会は
      自分の息子をながめる楽しみもあるのですね
      子を思うこころがたくさん重なって歴史になるのですね

      時間がたつのは速いもんだよ とよく言われてきたけれど
      実感として分かるようになってきました

  2. 無冠帝 on 2012年5月27日 at 8:47 AM :

    こちらは「親離れ子離れもある四月かな」です。社会へ旅立ちました。「嬉しくもあり淋しくもある四月」でもあります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年5月28日 at 6:37 AM :

      複雑な心境の四月ですね
      独り立ちできるようにと一生懸命育ててきたはずなのですが
      心からうれしいできごとのはずなのですが

      親になってみなければ分からないことがこんなにありました

  3. ムツゴロウ on 2012年5月27日 at 8:56 PM :

    子等巣立ち破れぬ障子見て過ごす
    それでも茶色くなってきましたので去年張り替えましたが。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年5月28日 at 6:41 AM :

      子等巣立ち破れぬ障子見て過ごす の一句に  
      心から共感です
      ふすまの楽書きや障子の穴
      何もなくなると自分で悪戯したくなります・・・
      真っ只中にいては気が付かないかけがえのない時間でした

  4. いそこ on 2012年5月27日 at 9:18 PM :

     朱鷺色の夢花開く佐渡の空  文字どおりの巣立ちもありましたが。 
    巣立ちの朝 双方の雛たちは何を思うのでしょうね。先行きの希望に闘志に武者震い・・・その心の中に親への思いはどれくらい?
     親心は片想いに似ているかもしれません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年5月28日 at 6:48 AM :

      よく考えると雛の方が大変かもしれませんね
      未知の大空に旅立つのですから

      ずっと片思いの親ですが
      心からのエールは送り続けています
      しっかりと受け止めてくれますように

  5. このみ on 2012年5月28日 at 6:00 AM :

    お宝映像天使の写真をありがとうございます

    めぐみさんの美しい詩に言葉をなくしました

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年5月28日 at 6:55 AM :

      眠っているときは確かに天使でした・・・?

      みんな最初はこんなに小さかったのにね
      自分の足で立つことも想像できなかったのに
      いつのまにか明日の方へ歩き出してしまいました
      時間の魔法ですね

  6. AKK on 2012年5月28日 at 11:25 AM :

    I miss you.
    めぐみさんに寂しい思いをさせているのは誰?

    パン焼けて母と娘の聖五月 めぐみ
    娘さんに慶び事ですね
    おめでとうございます

    そうですか ふたりが光の中に見えるのですね
    キューピッドがいたずらをしても
    めぐみさんの思い出は誰もどうもしません
    決して何処へも行きません

    みなさんの奥床しいコメントを拝見して
    私までうれしいようなさみしいような・・・
    ありがとうございます

    ところで
    ”I miss you.”と”はなむけ”にどなたかメロディをつけませんか?
    クラシックの曲でもいい感じじゃないでしょうか

    • めぐみ on 2012年5月29日 at 6:42 AM :

      ありがとうございます
      すべては誰のせいでもなく
      み〜んな かみさまのいうとおり なのでしょうね
      すべてを受け入れてというのは 言うは易く行うは難し
      まだまだ修行中 というより入門一歩手前です
      これからもみなさまに学ばせていただきます

      曲づくりの心得があればよかった・・・
      I miss you. と はなむけ は歌になるでしょうか
      クラシックをBGMに読んでみたいと思います

  7. LOVE on 2012年5月31日 at 10:21 PM :

    自分がどこにいるのか分からなくて、これから何が起こるのか想像できなくて…不安でどうしようもなくて手をぎゅっと握りしめているのかもしれません

    親は選べないなんて言いますが
    赤ちゃんはお父さんとお母さんを選んで生まれてくるのだと思います

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年6月1日 at 6:45 AM :

      いってきま〜す と出かけたら 
      いつも ただいま〜 と帰って来ました
      そんな当たり前に慣れてしまったので
      新しい状況に慣れるにはしばらく時間がかかりそうです

      でも大丈夫 
      親が元気でいることが何よりの子ども孝行ですね

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K