Loading...Loading...

 

川柳マガジンの投句締め切り日が近づくと

頭の中は いくつものお題でいっぱいになってしまう

なかなか形にならなくて 結局全部そろうのは当日の朝 ということが多い

それからあわてて8枚の投句用紙に住所と名前を書いて

封筒に宛名を書いて切手を貼って

これを何回繰り返してきたことか

オール川柳時代から投句(もちろんすべてのコーナーで)

は一度も欠かしたことなんかない

回数にするといったいどれだけ!

のわりには字は上手にならない・・・

 

センマガ投句らくらくセットの存在を知った時

こんなサービスが欲しかった と思った

迷っていたけれど思い切って頼んでみたら これがとっても有り難い

句がそろったらあとは清書するだけ

住所と名前は一枚のかわいいシールになってるので はがして貼るだけ

封筒には新葉館さんの宛名が印刷してあるし 切手も貼らなくていいし

赤字で「せんまが柳壇」と書き込む必要もないし

おかげで毎月かなりのストレスから解放されてます

 

イチオシのおすすめですね

ありがとう うれしいセット(^^)

 

幸せの工房はここ住所欄   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 センマガ投句らくらくセット”にコメントをどうぞ

  1. 進水 on 2011年8月8日 at 11:29 AM :

    私はマガジンが届いたら直ぐに投句用紙を切り取り、住所・名前等を書き込み、封筒に宛名を書き、切手を貼って机の前に置く。全ての準備を整えておいてからゆっくりと作句に取り掛かる。これがオール川柳の時からの儀式になっています。投句用紙に書き込む時間が好きです。

    • めぐみ on 2011年8月9日 at 6:26 AM :

      進水さんのような背筋の伸びた生き方を見習わなくては・・・
      投句用紙に書き込むひとときはいいものですね
      心(の一部)が形になるみたいで
      少しばかり作家気分を味わったりしてます

  2. 美高けい on 2011年8月8日 at 8:34 PM :

    恵さんこんにちは

    先ほどマガジン本部ブログにも書いたんですが、私の投稿はたぶんいの一番だと思います。もう楽しくて楽しくてその月の号を手にした途端脳内がお題でいっぱいになってくるくる川柳を考えます。
    そして全部の課題を1~2日の間で出してしまいます。時間は早いのですが、やはり達成感はあります。
    こんなことが丸々5年続きました。幸せな時間でした。今月末9月号が5年最後になるのでしばらくお休みをいただくつもりです。
    恵さんは「オール川柳」と言う頃からの川柳とのお付き合いで私より10年くらい川柳の先輩なのですね。私がよちよち歩きを始めた頃から恵さんの作品とお名前はいっぱいあって、恵さんはずっとあこがれの人でした。(もちろん今でも)
    川柳の右も左もわからないままにスタートしましたが、この5年間の間に川柳マガジン誌には150句くらい掲載していただきました。本当にうれしかったです。
    今後はしばらくネット句会のほうを楽しませていただこうかなと思っています。
    こちらで恵さんのブログをときどき訪ねて恵さんの素敵な世界を見せていただければうれしいなと思っています。

    長々とすみませんでした。

    • めぐみ on 2011年8月9日 at 6:41 AM :

      けいさん
      「風強き日には翼が生えてくる」特選おめでとうございます
      この句いいなぁと思って作者を見たら 美高けいさんでした!
      編集部への投句一番乗りってすごいですね 
      そんなに詩があふれているのにお休みするなんてもったいないですよ〜
      大きな翼で飛べる所まで飛んでみましょうよ
      継続は力なり 参加することに意義がある 
      などと自分に言い聞かせながら あっというまの時間でした
      川柳のおかげでけいさんとの出会いもあって
      うれしいご縁に感謝です

  3. 太秦 三猿 on 2011年8月9日 at 10:11 PM :

    今月こそは早めに作句して、十分推敲してと思いながら、結局ギリギリ、当日消印の投句になってしまう繰り返しです。らくらくセットは確かに便利ですが、句の方はらくらくとは行かないのが残念です。

    • めぐみ on 2011年8月10日 at 6:33 AM :

      インターナショナルな雅号の三猿さま
      そうですね・・・
      でも あまりに手を加えすぎた作品よりも
      ストレートな生まれたままのもののほうが良かったり?
      というのはいつも見切り発車の自分への言い訳ですが
      さわやかなイメージの北海道でも暑さが続いているのでしょうか

  4. 美高けい on 2011年8月10日 at 10:24 AM :

    おはようございます

    めぐみさんありがとうございます♪
    やはり特選の壁は厚く、この5年でいただいたのは2回でした。

    マガジンの購読をしばらくお休みしても川柳を休むわけではありません。せっかく出会えた川柳という友人とは一生旅をしたいと思っています。ただせっかちゆえの宿題提出の性格をしばらく解放してあげたいだけなのです。ぼちぼちゆっくりじっくりちょっとやってみたいな~~と思って。
    ひたすら5年間突っ走ってきたので息切れかも!?めぐみさんより多分ひとつくらい年上ですので。

    めぐみさんの文章にはゆったりしたやさしさがあふれていて、それが皆さんをとりこにする由縁でしょうね。

    • めぐみ on 2011年8月10日 at 12:17 PM :

      うれしいメッセージに 暑さが吹っ飛びそうです:)
      ありがとうございます
      シルクより木綿が似合っていたり
      日向干しに心が軽くなったり
      妻を抱く手が届かなかったり そんなけいさんの作品 大好きです
      ゆったりじっくり取り組む時間 いいものができそうですね!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K