Loading...Loading...

ボクたちはいつでもこうして
こんなにあたたかい気持ちで待っているんだ
なのに誰もこっちを向いてくれない

少しだけでいいから
ほんの小さな理由でもいいから
立ち止まってくれないかな

ワタシたちは並んで立っています
夏の間は気持ちのよい風をいっぱいに受けていたけれど
今は冷たい風が通り過ぎてくれるように
葉っぱを全部落としてしまったの

同じ季節の中 こよみは春
私はまた何かを待っている

幾たびの春新しい顔をして   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 あと何日で”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2012年2月6日 at 6:10 AM :

    めぐみさん
    おはようございます。幾たびの春新しい顔をして めぐみさんの句は、詩の凝縮、詩を背景に配しての詩性川柳。膨らみがありますね。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年2月6日 at 9:16 AM :

      茂男さま 朝一番に来てくださってありがとうございます
      おかげさまでうれしい一週間の始まりになりました
      もう何回春を迎えたことでしょうか
      今年はひときわ大きな節目の季節になりそうです

  2. このみ on 2012年2月6日 at 8:21 AM :

    すこしだけ座らせていただいてもいいですか?

     陽だまりのベンチいい夢見れそうで

    ゆきづまったときには空を見上げてみよう

     だいじょうぶ空はまだこんなにも高い

    美しい写真ですね!
    遠くから眺めてみるのも一案ですね
    昔パリのリュクサンブール公園で迷子になった時、空を突き刺した冬枯れの木々が怖くてたまりませんでした
    こんなふうに離れてみたらすこし違って見えたかもしれません

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年2月6日 at 9:21 AM :

      このみさん なんとパリで楽しい迷子になっていたのですか・・・
      リュクサンブール公園 広い所なんでしょうね
      でもいいなぁ〜素敵〜不思議の国のアリスみたい!
      疲れたらどうぞゆっくり休んでいってくださいね

  3. 山の あなた on 2012年2月6日 at 1:17 PM :

    ここは校庭 日曜日の朝
    サッカーのネットはまだ眠っています

    ポプラの樹も11本
    彼らもサッカー部員なのでしょうか

    校庭に伸びる怪しい影
    憧れの人でしょうか 春の使者でしょうか

    行くよ行くよ大八車くん
    そして語ろう 雲くんも一緒に

        風止めて樹は父であり友であり

    • めぐみ on 2012年2月6日 at 6:11 PM :

      どの木も葉を落としているだけではなく
      北側の枝は短くなっていました
      寒い風をよける精一杯の工夫なんでしょうね
      根をはって大地に立っているというのも苦労の多いことです

  4. AKK on 2012年2月6日 at 8:17 PM :

    佳いことをお待ちなのでしょうね

    真冬の薄い日差しのベンチに静かに微笑み
    冷たい風の中で春の方を向いてきりりと立つ
    めぐみさんがちゃんと写っていますね

    私はコメントなどせずに春を待ちながら
    何度もブログを読み返して幸せな気分 
    ということにしましょうか

    • めぐみ on 2012年2月7日 at 6:28 AM :

      写真や文章の中に私が見え隠れしていたらうれしいことです
      何度も読み返してもらえるなんてこれ以上の幸せはありません
      元気を拾い集めてやっと立っているような状況ですが
      微笑みを忘れずにきりりとしていたいものですね

  5. いそこ on 2012年2月6日 at 8:51 PM :

    暖かい日だまりのベンチ、青空にりりしく伸びる並木。
    初めてだけれど、懐かしく見える風景です。
     誰かを、何かを待っている。人待ち顔の情景がこちらにドラマをかんじさせてくれるのでしょうね。
     葉っぱは次の新芽が準備できるのを待って、落ちるそうですよ。

      春が来る教えてくれたのはあなた    いそこ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年2月7日 at 6:44 AM :

      葉っぱは偉いのですね 
      人間よりもずっと物を考えているのかもしれない
      大きな木にこんなにも心魅かれるのはどうしてなんでしょうか
      シエル・シルヴァスタイン『おおきな木』私の中では No.1 絵本です

  6. LOVE on 2012年2月8日 at 11:48 PM :

    私も春を待っています
    どの季節も平等だけど特別な感じがしますよね

    春が来るまではワクワクして
    春が来るとあたたかい風や小さな花にうれしくなって…
    毎年違う春だけど今まで良い思い出ばかり
    だからこの春もきっとそうなると思って
    春を楽しみに待ちたいと思います

    静かに立っている木たちも本当はわくわくしているはず
    だから冷たい風も雪もへっちゃら

    • めぐみ on 2012年2月9日 at 7:57 AM :

      そうですね 黙って立っているように見える木も
      きっといろいろなことを感じているんでしょうね
      LOVE さんにとっては思いっきり特別な春になる
      そんな予感がします もうすぐは〜るですね〜♬ 

  7. このみ on 2012年2月9日 at 5:34 AM :

    おはようございます

    夫がオークションで買ってくれた本

    おーなり由子(ゆうこ)さんの「ひらがな暦」

    きっとめぐみさんも好きになりそうな本だと思います
    機会があったらぜひお手にとってみてくださいね

    • めぐみ on 2012年2月9日 at 8:01 AM :

      ちらりとのぞいてみたらとっても楽しそうな本ですね
      これは読んでみなくては
      うれしいご紹介をありがとうございます
      やさしい husband さま ですね

  8. ムツゴロウ on 2012年2月9日 at 9:21 PM :

      近頃はベンチがあれば座り込む
    ようなこちとらは、何回春が来たでしょう、よりも後何回春がくるでしょう、ですが、それでも春は待ち遠しいのです。
      落羽松今年も春を疑わず
    でも個人的には茶色い紅葉が一ばん好きです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年2月10日 at 6:19 AM :

      生まれ変わったような新緑も錦絵のような紅葉も
      そして葉を落として凛と立つ冬木立も
      どれも人生の先輩のような気がします
      ベンチには座ってあげるのが一番の思いやりですよね

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K